とさかふたたび〜立ち返る原点

e0081334_01522498.jpg

「とさか」リハがゆっくり、でも密に動き出しました。
いつにもまして色とりどりのダンサーさんたち、すばらしいです!

「オリジン」=原点
いろいろな「根っこ」を探ります
音楽ももちろん
既製品は一切使いません
添加物、甘味料、着色料も禁止!

近藤さんはもちろん、わたしもです
あの時あの場所で聴いていただいたあの曲が
また聴けるかも!

さぁ…
タイヘンだぞぉ〜!😅

小さい会場ですので、ご予約はお早めにどうぞ😊

セッションハウス リンゴ企画
近藤良平 神楽坂とさか計画「THE ORIGIN」
2018年2月17日(土)19時
18日(日)13時/17時
神楽坂・セッションハウス
入場料/前売一般3000円 前売学生(高校・大学・専門生)2500円 前売こども(4歳〜中学生)1500円

構成・演出・作曲・振付・出演/近藤良平
出演/柿崎麻莉子、山崎麻衣子、あきたけだ、池田仁徳、池田絵理、酒井大輝、下島礼紗、中川絢音ほか
作曲・演奏/廣澤麻美
演奏/石渕聡
e0081334_01523450.jpg


[PR]
# by saskia1217 | 2018-01-31 01:51 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

第一歩〜共に祈るチャレンジ

e0081334_01435150.jpg
e0081334_01435717.jpg

声明と教会音楽が共に祈るコラボレーション「仏響コンサート」初リハ!

松島ご住職の作品、メンバーのヴァイオリニスト池田枝子さんのアレンジ、そして私の作品とアレンジ…
ご住職には図々しくも半ば強引にアレコレご提案させて頂くわ、今回初めてご一緒する弦の皆さんのお人柄と柔軟性にも大いに助けていただくわ…
とにかく音を出してみるまでは先が見えなかった内容なのでドキドキでしたが。

不安は一気に解消しました!
なかなか、いや、かなり良かったです(自画自賛…笑)
これに、当日はルーテル東京教会の熱血牧師、関野先生の祈りのメッセージが加わることを想像すると…
これはそうそう無い、得難い時間になる予感!
ほんと素晴らしい一夜になりそうなので、是非たくさんの方に立ち会い、目撃し、ともに分かち合っていただきたいです!

仏響コンサート〜声明と教会音楽の出会い〜
2018年2月16日(金)19時開演/18時20分開場
日本福音ルーテル東京教会
入場料:3,000円(礼拝席・全席自由)
チケット予約:功徳院 03-3949-4600(09:00〜17:00)
メール gen-bu@tera.or.jp
または私までFBメッセージでも承ります
    
詳細、公演パンフレット:http://www.tera.or.jp/archives/1212

公演紹介動画:https://youtu.be/hgJG2tO28YI

<プログラム>
J.S.バッハ/我ら苦しみの極みにあるとき(オルガンソロ)
カンタータ147番より コラール「イエスこそ我が喜び」
大中寅二/前奏曲(頌歌)(オルガンソロ)
高野山真言宗僧侶による祈りの法要
同・声明唱和
松島龍戒/四智梵語
般若心経
廣澤麻美・編曲/御詠歌「追弔和讃」
廣澤麻美/廻向(懺悔随喜)
ほか

<出演>
声明・読経/松島龍戒(高野山真言宗功徳院東京別院・住職)
ヴァイオリン/池田枝子、佐藤奈美
ヴィオラ/羽藤尚子
チェロ/野津真亮
オルガン/廣澤麻美


[PR]
# by saskia1217 | 2018-01-31 01:49 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

本当の強さ〜エレファントカシマシ新春コンサート2018 NHKホール〜

e0081334_17535898.jpg
大晦日には居ることが叶わなかったNHKホールへ。
3時間にわたるコンサートのトリプルアンコール、最後の一曲にまさかの・・・

「今宵の月のように」

この曲のわたし史上の最高をまた塗り替えてしまった。
きっとまたすぐに、次のベストを聴くことになるのだろうが。

エレカシ新春コンサート。
私にとって55回目のエレカシライブ、この超メジャー曲でコンサートを終えたことなんて今までなかった。
特に新春は「やわい」曲やったとしても必ず最後の最後は「男シリーズ」とかさ、「富士に太陽」的なゴリゴリで終えるのがお約束だったから。
紅白の時同様、いやそれ以上に丁寧に、一言一言いとおしむように、曲を終えるのが勿体ないように心を込めて、宮本さんはまるで3600人ひとりひとりに目の前で歌ってくれているようだった。
「今宵」って考えてみると本当に不思議な曲かもしれない。
やわらかい、心地よい、ポップ、「世間」にわかりやすい・・・なのに、しっかりと大地に足のついた、根のしっかりした太さ、強さ、逞しさがある。
紅白を受けての万感を持った、またそこに留まらず新たな未来を見据えての、敢えての決意の選曲・・・と私は受け取った。

この日はもう。
最初から最後まで、ただもう、宮本さんが幸せそうで幸せそうで。
それに尽きるコンサート。
会場中、宙を舞う埃さえもが幸福に満たされた3時間。

いつもより余計にクルクル旋回し
いつもより余計に1人でボケては自分でツッコみ自己解決(ちょっともうどこの芸人かと・・・)
いつもより余計に上下奥手前走り回り(珍しくワイヤレスマイクで丹下さんのおシゴトが楽に・・笑。そもそもNHKホールにはもうコードマイクなんて無いのかも・・・)
コンテンポラリーダンスにスカウトしたいくらいの、セッションハウスに呼びたいくらいの、いつもより多種多様なタコ踊り!

「今はここが真ん中さ」「新しい季節へキミと」「桜の花舞い上がる道を」「俺たちの明日」「真冬のロマンチック」
で新春を感じ

「今を歌え」→大宮よりさらにおっっそいテンポ、トミよく保つなあ・・・
「RESTART」「夢を追う旅人」
でしみじみと、今の自分と今のエレカシを噛み締め、

懐かしい「夢のかけら」「はじまりは今」でキュンとし…
(やっぱりいい『愛と夢』!)

MCが丁寧すぎて(笑)「うんうん、大丈夫、わかってるよ、それさっき言ってたよ」みたいにお客さんが微笑みながらブンブン頷いてるのも可笑しかったし。
「悲しみの果て」では「一度(レコード会社を)浪人して、その後『まんまと売れた』曲です」
「旅」で久々の「ギターーーー、オレ〜〜〜!」が聞けたり(何度きいてもオモシロイ)
最近お決まりの「みんなカワイイぜーーー!」を散々言った後に「だけどコンサートって・・・不思議なものですよね。だって『カワイイぜ』とか(自分で笑う)普段、絶対言わないでしょ、人に向かってさ」
「しぶやしぶやしぶやしぶやしぶやしぶやーーーーーーっっ!!!!!」連発事件
「昔の侍」が『東京の空』に入るはずだったけど結局佐久間さんとの仕事で『明日に向かって〜』に入ったこと、「東京の空」のトランペットの近藤等則さんにお願いしたくてしたくて頼み込んで「近藤さんて顔が怖い・・というか濃いんです」とか
「翳りゆく部屋」で「女性に畏怖の念を抱いていて、尊敬していて・・・あ、いや、今でも尊敬してますよ(アタフタ)」とか
「四月の風」イントロでギターのチューニングが狂ってた際に「昔若い頃、録音で自分のギターを『何でもっとレベル上げてくれないんだ!』って文句いったら『宮本さん・・・ええと、その、ギターはそれ以上大きくしたらちょっと・・(まずいです)』って言われちゃってさー、自分では上手いと思ってたの(笑)。それが今じゃあ、ねえ(やってればそれなりになるもんです)」とか・・・
オモシロイ瞬間はいっぱいありました。
ライブ恒例「ご当地ソング」・・渋谷の歌、も良かった!

「RAINBOW」から「ガストロンジャー」へのトミのドラムが凄くて、ほんとに凄くて思わず「トミすごい」と声に出して呟いてしまいました・・
この日は3階席だったのだけど、遠いほど、上に行けば行くほどドラムが見えるのは私は嬉しいな。

「奴隷天国」のとき、遠目ながら、ごくごく短髪になった宮本さんが客席のあちこちを指差しながら「そこの!・・・そこの!・・オメェだよ!・・・なに笑ってんだよ!なに頷いてんだよ!・・・そこの!!・・・オメェだよ、オメェ!」って睨んでるシーンに、それこそ昔の怖かった当時の恐ろしい形相でお客さんを怒鳴ってた青年が重なって見えた気がして。

アンコールの「ファイティングマン」からの「so many people」へのテッパンの盛り上がりも堪能。
からの・・・「今宵」

お友達の1人が、もう今は解散してしまったバンドのお話をしてくれたんだけれど。
彼女はそのバンドがそこそこ好きで、ライブも何度か聴きに行っていたのだけど、そして歌もいいし、ステージも好きだったけれど、結局やる曲やる曲全部が暗くて、どこまで行っても明るくならない、バンドが時を重ねてもそれが変わらなかったので、聴かなくなってしまったそうだ。
そしてそのバンドは、解散してしまった。
だから、ではないかもしれないけど、人は音楽に、コンサートに、やっぱり希望を求めているんだよね。
暗さ、辛さ、悲しさ、憂鬱・・を共有、わかり合えるためには、その先に光が無いと。
光があるってことを、ステージに乗ってる人が身をもって表してくれないと。

楽しいことより悲しいことの方が増えてゆく年齢、おそらくは同じ悲しみを経験しているはずの宮本さんが、満面の笑みと身体中で言う。
「今51歳。61歳、71歳で自分が、バンドが何を出来ているか、新しいことをしているか、楽しみで仕方がない!
これから先、楽しく素晴らしいことしか想像できない」

なんて強い人なんだろう、と思う。
私も強くなりたい。
ポジティブなんていうコトバとは一線を画すその揺るがない背中は、大ホールの中央で精一杯うごめく小柄で華奢な姿の何百倍も大きく、頼り甲斐のあるリーダーのものだった。
e0081334_19480261.jpg

[PR]
# by saskia1217 | 2018-01-16 19:50 | エレファントカシマシ | Comments(0)

恩師

私には、今の私を作ってくださった、私の人生の道をつけてくださった恩師が何人かあります。

原田茂生先生。
二つめの大学で、専攻のチェンバロより夢中で取り組んだドイツリートを卒業後もずっとご指導いただき、若造の私をステージにもお誘いくださいました。
ヴォルフのスペイン歌曲集、楽しかった…
身に余る共演に緊張して舞台袖までメイク用のヘアクリップ付けっ放しだったのを、笑いながら教えてくださったなぁ…

DAADのドイツ留学試験の際には、たくさんのアドバイスと励ましをいただきました。
無事合格したものの初めての外国行きだった私を
「大丈夫じゃー、あんたは北極でも南極でもやっていけるっ!」と豪快に笑って送り出してくださった先生。
DAAD大先輩でいらした先生が、留学説明会での昼食のテーブルで、ブレートヒェンにナイフを入れながら
「ドイツではこうやって横に切って食べるんじゃ!懐かしいなぁ…」と目を細めていらしたっけ。
先生がいらっしゃらなかったら、私はドイツに行けていなかった…

芸大学部長をされていたときは、全身を黒革のツナギでキメた先生が大きな真っ黒なバイクで、あの煉瓦色の校門を颯爽と飛ばしてこられるお姿も脳裏に焼き付いています。

先生が育ててこられた素晴らしい歌手は数えきれないほどいらっしゃいますが、
声楽科学生でない私のような者にも本当に惜しみなく、音楽への愛とエネルギーを全身全霊で伝えてくださった方でした。

決して焦らず、慌てず、押し付けず、
そして何よりも、本当にいつも
楽しく明るく
ノンビリと。

先生にお会いできて本当に幸せでした。
合掌。

[PR]
# by saskia1217 | 2017-12-22 01:30 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

笑いにはかなわない

昨日、師走初日。
お誘いいただき、ディケンズの「クリスマスキャロル」を下敷きにした「音楽狂言〜寿来爺」を観た。

東中野の梅若能楽堂は初めて訪ねたが、年輪を感じる古い作りは落ち着きがあっていい。ロビーにたくさん置かれた椅子も、ほぼ「アンティーク」のような佇まい。
ただ昔の建物の常で客席がとても狭く隣の方と肩や腕がくっついてしまうほど。
外国人や男性の方にはかなり辛い…

寿来爺(スクルージ)の善竹十郎さん。
舞台を拝見するたびにいつも感銘を受けること…そこに立っていらっしゃるだけで、見ている方に自然と笑みが浮かぶ。
お顔だけ、仕草だけ、歩くだけで、その手先のちょっとした動きだけで、気がつくとこちらがニヤニヤしている。
もちろんご本人はただ立っているだけであるわけはなく、熟練の末のお姿なのだろう。
同じ体型、体勢の同一人物なのに、冒頭は守銭奴の憎たらしさや醜さ意地悪さ、物語が進むに従って時には可愛そうに、またかわいく、いじらしく見えてくる。
少しずつ改心してゆく心の動きが見える。

前半は楽器だけのコンサートで、この編成にアレンジされたグリーク、ショスタコーヴィッチ、ストラヴィンスキーが演奏された。
能舞台で西洋楽器やっぱりきついのかなと思ったら、弦楽器はやはり通りにくい。
今回はアコーディオンが入っていたので、さすがその貫くリードの音は比較的届きやすい。
アコーディオンて生で聴くチャンスがあまり無いのだけど、特徴あるヴィブラートのような単旋律がほんとにうつくしくて惚れ惚れする。

休憩挟んでいよいよ狂言。
じつは善竹家のご兄弟、富太郎さんと今回ご出演の大二郎さんは、数年前の「バロックオペラin能楽堂」の素晴らしいコラボレーションでご一緒して以来のお知り合い。
国内での初演から、大成功だったスイス、フランス公演まで喜びと苦労もご一緒したご縁で、その後も時々御一家御一門の舞台をたのしく拝見している次第。
で、この作品、なんと我々のスイス公演を観た現地の作曲家が触発されて書いたそうだ。

能舞台と言うことであえて大きな鍵盤楽器ではなくアコーディオンにしたんだろうか。
狂言という何処か滑稽さも哀愁も兼ね備える場所に、同じ特性を持つアコーディオンの音はとても合っている気がする。
今回は前半からずっとだったからかもしれないけれど、この3つの楽器のみで一晩聞かせるのは(響きのこともあり)なかなか難しいなぁとも感じた。

狂言は静かなだけではなく激しい部分も多く個人的には動の要素も強いイメージだけれど、この「寿来爺」に関して言えば音楽が、作品そのものもダイナミックスの面でも割合ずっと静かなままだったので幾分単調で間延びして感じてしまうところもあったり。
狂言の動きとしてはたぶん普通だったと思うけれど、音楽のレベル(量的な)がそれより下だった気がした。
狂言の声をかき消さないように演奏しなければいけないと言う配慮も難しいところだったろうし(でも実は狂言の役者の方の声はそんなに弱いものではないのでそこまで気を使わなくてもいいような気がする)…
楽器が休んで声だけになる部分があまりなくほとんどが被っていたので、音楽の分量がもっと少なくても良いのではないかなーなんて勝手なことを思ったり。
あくまでも「音楽狂言」だから、あれでよいのかもしれないですね。

現代音楽とはいえ、想像していたような無調で即興的なものではなく、ほぼ全部が調性音楽で、物語やクリスマスキャロルの時期を醸し出す暖かい雰囲気にはなっていたと思う。
(寿来爺がハッピーになる場面のテーマに「In dulci jubilo」に似たパッセージがある?と思ったのは私だけ?😎)
あまり緊張感やドラマ性を求めるものでもないのかなー…お能と違って、悲劇でも全くのシリアスになりきらない狂言だからね。

大二郎さんが演じた3人の精はそれぞれのキャラクターが違って楽しめた。
漆黒を纏った最後の精霊は無言で動作が少ないなだけに不気味でよかったー!

寿来爺が捌けるとき
「アベマリアアベマリア」とぶつぶつ言ってたのがおかしかったなー!

最初から各場面で笑いが起こり、最後にはみんなが笑顔でニコニコ見ていたのが印象的。
最後に寿来爺(=サンタ「クロース」)がプレゼントを投げる仕草で、客席に向かって投げる時にみんなが反射的に手を出して受け取るレスポンスをしたのが興味深かった。
人を空想のなかに引っ張り込む狂言と狂言師の力を見た気がした。

いろんな可能性やいろんな課題を感じられた公演。
最後には結局「狂言てハッピーになるなぁ」
だれもが帰り道に必ず幸せで帰れるってすごいことだよね!

前回拝見できなかったので、再演をみせていただけて良かった!
お誘いありがとうございました。
狂言やお能との共同作業、またやりたいなぁ!
e0081334_20574593.jpg




[PR]
# by saskia1217 | 2017-12-03 20:58 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

武蔵国の神さま

e0081334_17441416.jpg
武蔵国一宮である大宮氷川神社を訪ねるのは、エレカシの大宮コンサートの日以上に相応しい機会はない!と思っていた。
武蔵国、武蔵野、埼玉と東京をこよなく愛すロックバンド…を聴く前の午後、素晴らしい晴天に大きな鳥居をくぐる。
e0081334_17455232.jpg
子供の頃から地元のいろんな氷川神社にお参りしていた身としては、ずっと訪ねたかったこの総本社。
さすがに参道からしてダイナミック。
e0081334_17442016.jpg
e0081334_17442641.jpg
御祭神3柱の1柱、須佐之男命繋がりの珍しい神様をお祀りした摂末社にも興味津々!
e0081334_17444349.jpg
e0081334_17443408.jpg
境内奥の竜神の泉や、美しい池に浮かぶお社の宗像三女神、お酒の神様松尾大社、いつものお稲荷さん…
歩いているだけで身体中が澄んでくるような気がする。
空気…こういうところに時々来るのって大事だね。
e0081334_17445218.jpg
e0081334_17450356.jpg
e0081334_17451472.jpg

真紅の楓、淡い黄色の蔦…池に映えてきれい。
御神籤は吉。
静かに温まった心と、シャキッとした励ましに背筋をピンとさせて、コンサート会場に向かうことができました。
この日のコンサート成功祈願も見事に届き、神様にも感謝!
e0081334_17454327.jpg

[PR]
# by saskia1217 | 2017-11-24 17:48 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

彼らが今、手にしたもの〜エレファントカシマシ全国ツァー@大宮ソニックシティ〜

e0081334_02262955.jpg
ロビーには大晦日の国民的歌合戦出場を祝う「紅白」の花。
ソールドアウトの入場待ちの行列。
エレカシ全国ツァー@大宮ソニックシティ。

紅白初出場が公式発表されてから初めての週末、昨日は群馬公演、そして今日が大宮。
まだまだその熱は冷めず、会場は今までとどこか違う熱気が漂う。
喜び、期待、祝福、興奮、感慨。

時間キッカリ、ステージには宮本さんを先頭にメンバーとサポートのお二人が姿を現す。
異常な拍手。ずっとずっと止まらない。
宮本さんの耳の病気のための活動休止が明けた、初めての野音「復活の野音」の時のオープニングもそうだった。
あのときの拍手は限りなく温かく穏やかでしっとりしていた。
今日の拍手は熱狂の音。
拍手の音だけで「オメデトウ」が響き渡っていた。
ホントはのっけから「オメデトウ」コールをしたくてしたくてウズウズしていたが、言われたくない時間もあるだろうし、空気読むのが難しい(笑)・・・と、たぶんお客全員が思っていたんだろうな。
数曲済んでからやっと、ご本人の口から「あーこんなこと自分から言うことじゃないんだけど」と報告。
「待て」を解かれた犬みたいに、皆思う存分、祝福。
嬉しくて嬉しくて、「どうすりゃいいんだ」って言いたいのはこっちのほうで。
嬉しいよ、泣きたいほど。
「大晦日は家族で紅白を見て、ゆく年来る年を見て、その日だけは夜更かししてよくて、年が明けてお年玉もらって・・っていう昭和のね、お正月の風景だったんですよ」
まさに。
まさに私の心象風景でもある。

4曲目「ハロー人生」で宮本さんの左耳に直でガナッた石森さんに驚いて即刻叱りつける歌係。
シュンとする石くんは見慣れているけど、この日はかなり後まで文句いってたなあ。
耳、コワイから、本当。
治ったといっても、きっとずうっと気をつけて、怖い思いもしているんでしょうね。
何事もなく、何十年も歌ってほしい。

「初めて来た人にもわかるように」というこのツアーのコンセプトに則ってるレコード解説みたいなMCは、八王子の時よりもっともっと丁寧になってて、学校の先生みたいだったぞ。

カウベルの音がいつもと違ってたから変えたの?の「デーデ」
ギター1本、一節歌い上げてから、が最近のトレンド「今宵の月のように」
すっごい疾走感の「戦う男」
「いつの頃から(サビで手を振るのが)自然発生して、でも俺がやんないから左から右からが錯綜してる」とお客にプレッシャーをかける「風に吹かれて」

遅い曲の「ゆったり度」がまたまた増してて、どれもたっぷり。
限界ギリギリまでテンポ落とした「翳りゆく部屋」はいつもよりずっと一言一言を噛んで含めるような、舞台俳優のセリフのような。
生で聴くのが楽しみで仕方なかった、だいすきなだいすきな「今を歌え」は、ドラムの休符がこれ以上持たないよってくらい際どい遅さで。
♪何度も何度も生まれ変わって♪きた・・・宮本さん、エレカシ、そして私。
泣かせるなよな、ほんと。

やさしく、メロウで、懐かしい空気の前半に、メリメリと激しさが混じって来るプログラミング。
凄みのあるイントロが付いた「3210」は圧巻。あんなの聴いたことなかったよ。
「RAINBOW」「ガストロンジャー」を聴きながら、紅白でこんなん歌ったらどうよ!なんて思ってみたり。
でも、爽やかに温かい「風と共に」で、やっぱり今のエレカシはコレかな、と思ったり。

「また出てくるからね」と何度も何度も言ってから(大丈夫です、帰らないから・・・笑)ハケて、第2部へ。
もうひとつの真骨頂、ゴリンゴリンの音の爆発が始まる。
「ズレてるほうがいい」「奴隷天国」「コールアンドレスポンス」「生命賛歌」と止まらない、魔物のような声。
「聴かせるバラード」に、もう一つのこの日一番の圧巻はここの流れ。
ライブ開始直後は「ちょっと疲れてる声?」だったのが、予想通りの大復活・・・どころか、最後に向かって拍車がかかって良い声に。
なんなんだろう、あの喉は。
そう、そして「生命賛歌」を聴きながら、さっき『翳りゆく部屋』で囁き声出してた人と同一人物だってことを、身震いしながら噛み締めていた。

この日の私のベスト。
「翳りゆく部屋」「今を歌え」「風と共に」「ズレてる」から「RESTART」までの怒濤。

すっかり、ひと頃の「俺たちの明日」ポジションになりつつある「夢を追う旅人」から最高潮に、いつもの「ファイティングマン」へ傾れ込む。
いつものアンコール「待つ男」の、頑なにラストまで一色のみの血のような深紅の照明を身に纏った「歌係」は、この日も最後の一滴まで絞り出して、ステージを去って行った。

「また会おう」が、再び当たり前になった今日に。
来年春までに、ハレのテレビで、輝かしいホールで、どでかいアリーナで、あと何回も、こんなに「また会える」ことが夢のようなことなんだとハッと気づいて背筋がピンとした、さいたまの夜。

暗いもの、重いもの、汚いもの、悲しいもの、憂鬱なもの…
そんなものが全て吹っ切れて、軽く輝かしくなった宮本さんがいた気がした。
だから私たちも軽くなれた。
強くなれた。

宮本さんの耳の病気から紅白出場までの絵に描いたような復活劇もまた、けして平易なものではなかったはずだけれど、彼らがいま手に入れた宝物は、全てそれまでの彼らの道のりの開花、ただただ花であり実であるだけ。

最高のライブ。
一緒に、全ての悲しみを越えて。
e0081334_02264298.jpg











[PR]
# by saskia1217 | 2017-11-20 22:29 | エレファントカシマシ | Comments(2)

今を歌え〜再生のとき…エレカシ ニューシングル「RESTART」発売

過去を追うな、未来を願うな…
「今を歌え」
生涯に何度も生まれ変わる私たちは、今を歌うことしかできない。
かのヒット曲の最愛のフレーズが蘇る「電車乗り継いで いつかの町まで」に心震える。
「あなたの面影」の「た」がよりによって4度に置かれる瞬間の、痛みと懐かしさ。

好きになってから10年、1日も欠かさず…本当に笑っちゃうくらい、電車の中、道を歩きながら、大晦日も元旦も、本番の日の楽屋でも、毎日毎日聴かない日はなかったエレカシ。
1年ほど前から、それをパッタリとしなくなった。
なぜだか自分でもわからなかった。
今日届いたばかりの新譜の2曲目「今を歌え」を聴きながらふと思った。
そうか…
聴いたら泣いちゃうからだったんだな、たぶん。

エレカシ50枚目のシングル「RESTART」本日発売。
「RESTART」「今を歌え」どちらも「今からの再生」を高らかに歌った逸品。
御目出度う、30周年。

ところで。
「頑是ない」を辞書でひきました…笑。
e0081334_01102088.jpg



[PR]
# by saskia1217 | 2017-11-09 01:10 | エレファントカシマシ | Comments(0)

閻魔大王&不動明王な一日

子供のころからずっと家族でお世話になった方のお墓まいりに深川へ。
降りるのも歩くのも初めての街。

お参り終えてからそのお寺の大きな大きな閻魔さまに会う。
なるほど、ここ真言宗豊山派なのね…
「深川ゑんま」かなりの迫力!
お賽銭入れるところが目的別に20くらいあって、入れると急に照明が変わりどこかのスピーカーからミニミニ説法、というかお告げ的戒めの言葉が降ってくるシカケ。
今はあちこちでこういうオートマチックあるけど、なんかテーマパークみたいだよね。
e0081334_19045738.jpg
目指すは初・深川不動尊。
東京の東は、歩いていると空が広い。
そう長くはない参道の、おせんべい屋さんや漬物屋さんに目を奪われながらも、正面奥に見えるお堂のほうから聞こえてきた勇壮な太鼓の音と読経に足が速まる。
段々とハッキリ聞こえてきたお不動さまの真言!
e0081334_19055721.jpg
急いで本堂へ上がり薄暗さに目が慣れると、階段状に下がったところに何人ものお坊さんの姿。
弁慶みたいなガタイのよい僧侶が全身を使って叩く体の底まで抉り取られるような太鼓の音。
数人が吹きならす法螺貝の高音。
そして中央に高々と護摩の炎。
夢中で最前列に滑り込み正座する。
目をあげて初めて見えてきた正面上部に黒ずんだお不動さまの姿。
真言が繰り返し唱えられる。
スゴイ…

そうかー、ここ成田山の東京別院だった!
護摩法要があること、全然思い至らなかったなー
すでに終わりの5分くらいだったので、先に他をお参りしお昼を食べてから次の回にあらためて参列。
お目当ての深川めし屋さんが案の定予約で一杯で断念、門前の近為で美味しいお漬物と銀鱈の粕漬け定食。
さすがのお漬物、分厚い身の鱈の素晴らしい焼き具合、切り干し大根、ほうじ茶までどれも最高のお味!
e0081334_19070084.jpg
e0081334_19070777.jpg
境内に戻って今度はちゃんと護摩木を書いてお納め。当日法要の護摩木は5分前まで受け付けていただける。
スペインからの団体観光客の皆さまに囲まれながら前方に着席。

お経本をお借りして一緒に読経。
大声を出しているのに自分の声が聞こえない。
太鼓のあとうちリズムがシンコペーションぽくて心拍数が上がる。
尼僧さんも法螺貝や太鼓で勇ましい。

護摩終了後、しばし放心…そして、いろいろ拝見。
ご本尊地下を通る一万体のクリスタル五輪塔で出来た「祈りの回廊」はテレビで見たとおり。
法要後だけ触れる大きな木製のおねがい不動尊に触れたり、「大日如来蓮池図」という大きな天井画のある仏間、四国88カ所をを一度に回れる巡拝所とか…
出世稲荷って時々あるけど、出世とご飯の心配両方お願いするなんて、贅沢な神様だよなあ。
e0081334_19062602.jpg
「高野山は空海テーマパーク」とブラタモリで言ってたけど、ここもいってみればそんな印象。
たくさんの音や絵、匂いや光…じつにたくさんの仏様の姿で頭とお腹がいっぱいになった感じ。
ありがたい満足感もだけど、何よりも太鼓と法螺貝の音と高く上がる炎が何かを一掃してくれた気がして、清々しい気持ちで外へ。
e0081334_19063775.jpg
e0081334_19064487.jpg
たくさんのかわいい七五三たちに混じって、もちろん富岡八幡宮にもお参り。
ゆかりの横綱力士碑や有名な御神輿も堪能。
摂末社を巡るうち、花木社に松尾芭蕉「命」がお祀りされていたのにちょっと吃驚。
e0081334_19073485.jpg
e0081334_19074612.jpg
e0081334_19082004.jpg
e0081334_19080225.jpg
e0081334_19083415.jpg
八幡さまの別当寺である永代寺にもお参り。
本堂内の仏像や仏画に歴史を感じる。
e0081334_19072006.jpeg
下町三昧のシメとして老舗「いり江」であんみつ。
なめらかアンコ、やわらか求肥、しっとりお豆が美味しい!

ご縁の薄かった東京の東。
知らないところはやっぱりオモシロイ!
また行こう。

[PR]
# by saskia1217 | 2017-11-04 19:13 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

物言う仏像

e0081334_20364912.jpg
e0081334_20364213.jpg

運慶展。
確認されている31体のうち22体が一度に見られる・・それは混んで当たり前。
まあ少しでも人が少ない時間を狙って、と午後から出陣。
午前中の待ち時間は40分だったが、13時半で10分くらい。展示品の前の人の厚みは3層くらい、かな。

すごく楽しみにして、前売り券も随分前に購入していた。
久々に入場するのにドキドキする展覧会。
暗い会場に足を踏み入れると同時に、暗がりの中から褐色と金色の混じった像がいきなり目に飛び込んで来る。
大日如来。
瞬間的にぼわ〜っと涙が。
なんだなんだ、どうしたんだ!?
ぼろぼろ泣きながら近寄る。
20代の運慶が、父に来た注文を請け負って作ったデビュー作。1176年。国宝。
張り切って作った自負(当時の仏師としては異例、底に自らの銘を入れるなど)や若さ故の自己顕示も感じると言われるけど、そんなことよりもただただ「大日如来」そのものしか見えてこない。
「端正で美しい」「いい顔をしている」なんてことさえ言えないくらい、けして大きいわけでもないこのひとつのカタチが「大日如来」として「生き」「語って」いるそのパワーに一瞬で射抜かれた。

今日みた多くの仏像のうち、運慶作の殆どにみられる彼の特徴である「玉眼」
それはただの「迫力ある木の仏像」に、たちまちのうちに命や息やあるいは「まるで人間のような」生々しさを持たせてしまう。
六波羅蜜寺からきていた地蔵菩薩のようにほそ〜〜〜くて奥なんかわからないくらいの目にも、(彼の流れを汲む作品では)餓鬼や犬や鹿の目にさえもちゃあんと玉眼が入っている。
父・康慶の作品も今回ほんとうに素晴らしいものがたくさんあったのだ。
「法相六祖坐像」なんて、羅漢さんによくあるような、その表情も造形も表現力が豊かで、まるでそのお坊さんの声色や性格まで伝わるような迫力があった。
けれど、目を合わせたときの生々しさは、どうしても木で出来た目から出る力の強さが物足りなくうつってしまう。

今日は全ての仏像、特に玉眼の仏様には必ず「目が合う」ところを捜して、その地点でまず立ってみた。
玉眼は木だけの目よりも言うまでもなく「グッとくる」それは当然なのだけど、玉眼の目にはむこうからグッと掴まれて離してくれない感がある。
そしてその目が合った瞬間、その仏像が何かを言ってくる!おどろいたなー!
仏像が「その仏様」になる。
お不動様ならお不動様の、毘沙門天なら毘沙門天、大日如来なら大日如来のお役目、コトバ、ご意志。
2体の両脇侍立像に挟まれた大きな大きな阿弥陀様には、お不動様のような厳しさが微塵も感じられないのは当然。
最近は大日如来について聞いたり考える機会が多かったので、この入り口のデビュー作をはじめ、いくつかの大日如来様の前ではずいぶん長いこと立ち尽くしていた。

この像と共に心に残ったのは、有名な無著と世親兄弟の菩薩像のうち、世親。
最近よく話題になる「唯識」を学ぶときには必ず出て来る学僧なので、お顔を見ながら彼らがどうやってあの複雑で壮大な体系を作り出したんだろう・・・なんて意識が遠のきそうになった。
有名なこの像、2mほどあって想像より大きい。背中から見ると、二人とも様子は違えど少し猫背ぎみな肩の丸みが、何かを語っているようだ。
テレビや本で見ていたときは無著のほうが憂いをたたえ彼方を見ている印象で心惹かれていたのだが、実物を見たら世親のほうから、より強い何か感情のようなものを受けた。
玉眼の大きさと形、角度でかなり潤んでみえる目のマジックのせいかもしれない。
「四天王像が北円堂安置とみる仮設」と題されていた配置、遠くに立ってだんだん近寄って行く途中で、無著と世親の二人共と目が合う一点があった。
二人と自分が正三角形に限りなく近いくらいの二等辺三角形を描くあるポイント。
そこから本尊(展覧会では写真)を見るとなんだかとても、全てに吸い込まれるような気持ちになった。
運慶はもちろん配置まで細かく計算していたのだろうなあ。

「これは限りなく運慶作ではないのか」というものがいくつかあったけど、鎌倉時代に由来する、東福寺の多聞天立像は素人のワタシでも「これはもう、ぜったいそうでしょ!」という運慶らしさがあった。
焼き討ちにあった東大寺の復興に尽力した「重源上人坐像」も。

息子や一門の作もとても興味深く観た。
四天王に踏みつけられた餓鬼たちや、可愛い犬や鹿たちの目は、その時代ではもう全て玉眼となっている。

観に行く前にテレビの特集番組をいくつか見て、いろんな専門家のお話が少し頭に残っていたのだけど、国宝の毘沙門天は解説通りにその身体のS字ラインが美しく、美しいだけじゃなくて力強く、そして殆どどの仏像も典型的日本人体系のドッシリ型で親近感(笑)
三体並んだセットの仏像は、正面からもいいけど、両サイドから見ると3人の横顔が同時に見られて素敵。正面は激混みでもサイドや背面はガラガラ、ってことも多いからオススメ。

お不動様が手に持つ縄が空調の微風にかすかに揺れていたり、入り口のあの大日如来様の右ひざにかろうじて残されている金属の殆ど1センチ以下の装飾(イヤリングみたいにぶるさがっているもの)を見つけたりすると、たちまちそれが作られた当時にタイムスリップできるようだった。
何よりもほとんどの仏像がガラス張りではなく、同じ空気の、手の届く(届けないけど)目の前にいらっしゃることが素晴らしかった。

各パートにテーマみたいなものが掲げられていてとても面白い展示方法だったのだが、今回の大きな注目点のひとつだった「仏像内臓品」もとても興味深かった。
テレビ番組で検証していたのを見た印象よりも、それらの仏像がずっとずっと小さいことに驚く。
こんな中にあんなに色々なものが精巧に納められているなんて。
多くの仏像の白毫が、埋め込まれていなくて額にでっぱってくっ付いていたのもちょっと意外だったし。

高野山からやってきていた、話題の「八大童子立像」は楽しかった。
「こんな人いるよなー」
実際「矜羯羅童子」なんて、激似の友人がいるし(笑)

頼朝の三回忌に作らせたという(頭部に頼朝の歯と髪が納められている)美しい聖観音像は、江戸時代に彩色しなおされた極彩色。肌の白さが際だつ。
美しいけれど、個人的にはセピア色になった仏像のほうが(とはいってももとは金ぴかだったけど)好きかな。

大日如来を始めとして真言宗風に右足が上になる結跏趺坐の、完璧な美しさとしなやかさ。
あんなふうに綺麗な結跏趺坐が出来るようになりたい、もっと修行しよう!ってめちゃくちゃ思った(笑)
足の裏は全て扁平足だった従来の仏像と大きく違って上になった土踏まずが人間らしいから、余計そんなことを思っちゃう。
しかし、うねりのある、迫力と動の仏像たちのなかで、大日如来様だけは本当に完璧にまっすぐで、ど真中で、揺るぎない安定として作られていることが印象的。
やはり全ての原点、全てに化身しているという包容力と絶対的な大きさの故だろう。
すごいなあ、というありきたりの感想と、やっぱりホンモノじゃないと何にもわからない、伝わらないってことと。

混雑なんかにめげないて行ってよかった。
最初は人混みのなか覗き込んだり、遠目にみたり、もぐりこんだり、横滑りしたり・・・と細かい動きでなんとか一通り最後まで見て、惹かれたもののところにまた戻り、閉館時間の1時間前くらいから、後からゆっくりと逆流していく。
と、入場してくるお客さんがどんどん減っていくので、入り口に戻ったころにはほぼ誰もいない状態!
心ゆくまで思う存分、大日如来と見つめ合い、ぐるぐるてくてく周りをまわり、そして最後に手を合わせて入り口から博物館をあとにした。
オススメのテクニック(笑)

11/26まで東京国立博物館、たしかあと1回展示替えがあるはず。
是非!
e0081334_20365799.jpg
e0081334_20370269.jpg

[PR]
# by saskia1217 | 2017-10-25 20:38 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217
プロフィールを見る
画像一覧