<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

矢来能楽堂の午後

今日は矢来能楽堂。
9月につくばでオペラ+能「カーリュー・リバー」をご一緒する能楽師・山中一馬さんの会にお邪魔いたしました。

番組は
仕舞「玉鬘」「誓願寺」
狂言「千鳥」
能「海人」

仕舞でこれから広がる世界に入っていき。
狂言は何みても面白くて好きなのだけど「千鳥」は
特に素直で平和でなごむよね。

休憩挟んで「海人」
これは拝見するの初めてだったのでうっすら予習して行ったのだけど、間狂言も入るなかなかの大作。
演者は当然ながら、観客にかなりの集中を要する演目だなぁと思った。
夢幻能(に入るのかな?女菩薩物)は特に好きなのだけど、ひとしきりあってからのシテの登場の空気がタダならないのがいいんだよね。
やっぱり生身の人間じゃないモノが入ってくる、あの感じ。

海女と龍女を演じられた山中さんからは、しっとりとした落ち着きというのだろうか、光じゃないけど影でもない何か落ち着いた、成仏してない霊なのに浮ついてない、悲しみを悟っているような感じを受けた。

印象的だったのは、藤原房前を演じた子方の女の子。
小学校3年生ぐらいだろうか、きっと長いことお稽古しているからあの舞台に立てたのだろうけれど、大勢のおじさんたち(!)の中でたった1人、よく通る声と凛とした動きで本当にしっかり立派に務めていて感心してしまった。
私たち音楽家も小さい頃からお稽古して舞台に立つけれど、それとはまた一線を画した、規律の厳しい世界で…
言葉を覚え、動きを覚え、タイミングを覚え、座っている時も視線も変えずピクリとも動かない。
いやいや、私には無理だなー!

あと、どうしても囃子方に意識がいってしまう…
今日はどの方も本当に素晴らしかったけれど、藤田貴寛さんの笛が特に好きでした。
何とも言えない音程が指の角度で作られる様子や、ここぞと言う所の吹き切り方なども見事でした。

やっぱり矢来能楽堂、好きだなー。
入口の佇まいも舞台もあったかい感じがする。
古さや規模のせいもあるけど、例えば国立は綺麗で立派だけどどこかちょっと冷たい。
ただ、古い能楽堂ってお席の作りが小さくて狭いんだよね(苦笑)
梅若とかもねー
隣の方と、肩や腕がくっついちゃう。
くっつかないように2時間半過ごすのはなかなかの緊張感が…
まぁそこはなんと言っても国立能楽堂のメリットでしょう(笑)

楽しかった。
やっぱり時々観たいね、お能は。
e0081334_21462042.jpg

e0081334_21462362.jpg

e0081334_21462569.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2018-06-16 21:44 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
タイトルはバッハだけど(笑)
なんだか頭にフッと出てきたもんだから。

「覚醒」ってコトバはこのアルバムの曲中にも出てくるし、「覚醒(オマエに言った)」という名曲もあるじゃないか。
エレカシ23枚目のアルバム「WAKE UP」
(ん〜ここんとこ英語タイトルが多いね〜。ここらで「生活」みたいのもいいんじゃない?)

CDが到着してから2日置いて、ゆっくり開封して、歌詞カードを眺める。
時間がなかったわけじゃない、ただ何となくそんな気分、今の私は。
詞を見て思う「うわぁ言葉の繰り返し多い!」
視覚的にはそんなことばかりが目立ってそこからなかなか先に進まないのは、私にファンタジーが足りないからなんだろう。
それからまた時間を置いておもむろに音のほうと向き合う。

聴くとね。
もうね。
姿がみえなかった何かが、距離が、瞬間で目前に迫り、自分のなかに突き刺さる。
何度やったら懲りるんだろう、結局毎回、このエレカシマジック。
気づいたら・・・5曲目くらいで、正座してる(笑)

「生まれかわる」「神様」「笑い」
通して聴いて残ったキーワード。
既にシングルとして聴き込んでいた曲が6曲、お初が6曲、全12曲を正直に収録順に聴く。
単純に「大好き曲」は
「神様俺を」と「自由」
そして「旅立ちの朝」が続く(村山さんのアレンジいい!)。
そして、今だにそれらを上回る「今を歌え」
これはもう超絶に好きすぎる。

「神様俺を」は、歌詞が近い、とにかく近い。
私だよ、それ!っていう。
ああ、その感覚!いつも感じてるのと同じ、ぜ〜んぶおんなじ!
年齢なんだろうなあ、やっぱり同年代だなあと思う。

ここ数年のアルバムリリースが3年に一度とはいえ、宮本さんはとにかく「枯れる」ということがない。
どうやら常に、年がら年中、曲を作っているそうで、発表されてない曲もたくさん溜まってるし、日々どんどん作りたくて仕方がなくて、実際じゃんじゃん書いてるそうだし。
やっぱり、これこそが「天才」だと思うんだ。
いつもご一緒する尊敬する舞踊家、近藤良平さんにもいつも感じていること。
近藤さんはリハしながらいつも言うのだ「もういくらでも振付けできちゃうんだよ〜、時間で切らないとキリが無いから今日はもうヤメ!」って。
時間と、身体の限界さえなければ、きっとこの人たちって無限に創り続けるのだろうな。
クリエイト、創る人って、本当に本当にすごい。
その片鱗のひとかけらも無い私からは、井戸の底から天国見てるみたい。

このアルバムの魅力はそこここに。
村山さんのアレンジの豊かな色彩。
あとはね、「いつもの顔で」に突然でてきた宮本さんのコーラス「シャラッ、ラッ、ラッ、ラッ〜」の昭和感に、ちょびっとだけ『クールファイブかよ』って微笑んだり。
(宮本さんのコーラス、すごい好きですよ、ええ)

それから、最近の曲にむか〜しの曲に出てきた同じ言葉や言い回しが出て来ると、何ともいえない気持ちになるんだよね。
時間、時代、道のり、変わらないもの。

そうそう、オマケのデモ音源。
思っていたより「聴いちゃってよかった」
特に「Easy Go」の3段階は面白かった!
やっぱり最初期は「ベースとメロディ(歌)」なんだね〜(と、バス弾きの優越)、しかもこの段階でもうかなり長い!
あの「歴史前夜」的な未完状況が、もう延々と続く。
あんな感じでずーーーっと歌っちゃうんだろうなあ。
そしてそこから次のヴァージョン(主題歌になったドラマ「宮本から君へ」の監督に最初に聴いてもらったもの)までが2週間弱。ハーモニー、メロディーライン、そして構成や長さもほぼ完成ヴァージョンに近いけど、歌詞はまだ3/4くらい。
そして最終ヴァージョンの「手拍子」(ドラムがそこで強く拍を打ち続ける箇所)に熱がこもってる!
こうして聴くと、やっぱり「Easy Go」って良く出来てるよなあ!
しかーし!
こんなものを世に出しちゃうってご本人はいいのかな〜、なんて思ったりもしちゃったり。
だってデモって、なんだか通りをハダカで歩いちゃうみたいな感じじゃない?
我々には興味深くて面白いし、嬉しいけど。
スタジオの隅っこにひっそり身動きもしないで小さくなって座り、宮本さんが曲創りに没頭するのを、息を詰めて見てる気分・・・
ちょっぴり怖くて、でも至福。

「ロックは生命を肯定する
すなわちロックは我々を覚醒させる」
昔、そんなことを言ってたよね、宮本さん。
♪悲しいなんて言ってられねえ♪(アルバムラスト曲「オレを生きる」)
に、聴く人とピッタリ一体になる、血の通ったアーティストの円熟を見た気がした。

e0081334_20550058.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2018-06-09 20:54 | エレファントカシマシ | Comments(0)
自転車の近藤ボスが笑顔でハケて幕が開くと、いつかのあの十字架たちが今日は白い矢印になっていた。
ふとエレカシの「東京からまんまで宇宙」のメロディが頭をよぎる。

100分後、虹色に変わったライトのもとへ遠く遠く運ばれてゆくメンバーの手前にゆっくりとせり上がってきたのは、いちめんの花ではなく独りぼっちのボスだった。
わたしが唯一ギターで弾ける(笑)あのイントロが聞こえてくる…

コンドルズ埼玉公演「18TICKET」
テーマは、旅。
今さら?というくらい、コンドルズにはいつも当たり前のように旅の風景が入っていたから…
そうか、でも「今」なんだ、それは。

カッコいいジントクさん、可愛いぎたろーさん、他の人には出せないイイ味のこうじろうさん、憑依の帝王石渕さんの久々の金色レオタード…
タックル選手、アノ国の総書記、サスペンスの刑事…
書ききれないほどたくさんのキラキラした笑い。

実に正しい使い方をされたショパンのバラード2番(ピアノ科的に言う「トコロテン」部分の振付が最高!)…
カラフルTシャツのメンバーが「カリフォルニア!」ってやるのかと思ったら(笑)流れてきたのは秀樹の歌声「YMCA」!
コンドルズ味の振付けが素晴らしくて。
ラストに秀樹の振りを持ってくる心憎さ!

先日の春公演がかなり実験的だったせいか、いつもの「さいたまフレッシュ」というより本場夏公演に近い印象だったのは、結構激しいダンスのせいかな?
若手が増えてそんな見せ場が出来て、コンドルズがまた次のファーゼに進んでいる実感があった。
今日はなぜかずっと
「あー、みんなこんなに踊って、いったい一人当たり何キロカロリー消費するんだろう、この舞台」なんて思いながら観ちゃったりして。
私と同年代のおじさんたちもだ。

そのせいかどうかわからないが、見ているだけなのになんかぐったりしてきて(疲れたのとは違う)。
石渕シャーマンに涙流すほど爆笑していたのに、バカバカしい人形劇や変なミュージカル観てるうちに凄まじい寂寥感に囚われてそれが最後まで離れなかった。
せつない?
いや、寂しい、だな。

エレカシのフルコーラスで観る近藤さんのソロはどのくらいぶりだろう?
いつかの「月夜の散歩」はメンバーも踊っていたから、もしやお初だろうか?
心のソロ。
あぁ!誰よりも宮本さんに見せたい!観て欲しい!
その「孤独な旅人」が流れたままでソロが終わり暗転、再び灯りがきて全員の礼と最後の一音がパシッと合う。
すごい。

幕が下りた時、拍手も出来なかった。
グッタリしてピクリとも動きたくなかった。
心がカラッポだったからか、それともいっぱいすぎたからなのかわからない。
感動、でもない、いやたぶんそれだけじゃない、不思議な作品。

「いやー作っていったらたまたまそうなっただけだよー、深い意味なんか無いよー」って言うボスの声が聞こえてきそうだけど。

さて。
次にこの愛すべき劇場に来るのは8月4日。
光の庭プロムナードコンサート「夏休みスペシャル」
近藤さんと楽しい音楽空間をつくります。
んー楽しみ!
みんな来てね!
e0081334_20560620.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2018-06-03 20:55 | コンドルズ | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217