カテゴリ:エレファントカシマシ( 121 )

e0081334_00545122.jpeg
エレカシZepp Tokyo2日目。
セトリは昨日と同じだが、何曲か歌い回しに高音の素敵なアドリブ多し。
ギターもだけど、宮本さんの声によるメロディの即興は本当に本当に素晴らしいのだ!
他の誰にも作れないフレーズなんだ。

時折僅かに掠れながらも、声は昨日よりずっと楽そう。
客席の熱量は、今日のほうが開演時から高かった気がする。
昨日は宮本さんの緊張感がピリピリ伝わってきたが、今日はもっとリラックスしてた感じで客席への語りかけもラフだったな。

「このZeppが出来た時、宇多田ヒカルに招待されて2階中央で見たんですよー…えーと、自慢です」
ツァーオープニング、喉の不調で名古屋キャンセルを謝罪会見。
(過去最高に症状が酷く、スタッフも俺も『いつも通りすぐ治る』と思ってたんだけどダメでした)
「(私が死んだ後に価値が出る曲、の話題)まー自分は死んでるからわからないけどさ、いや、でも俺90、100歳まで生きるから。」
(90歳になったら国民栄誉賞を!是非!)

超絶タコ踊り、超速インベーダー移動、悪魔高笑いは今日は少なめ。
アンコール終わって2時間でキッパリとSE流れる。
それでいいと思う。
今まで普通に3時間超えがおかしかったんだよ。

今一番好きな「今を歌え」の密度は増してたし、あの雄大なる「旅立ちの朝」をもう一度浴びられる幸せ。
ステージもフロアもご機嫌、どちらもが無限の幸福感に包まれた一夜。

カーテンコール恒例のストーンズ挨拶、今日は全員で恋人繋ぎ成功。
ほんとになんて愛らしい人たちなんだろう・・・

フェスに行く予定のないわたしには、おそらく平成最後のエレカシライブ。
ありがとう。
昭和〜平成〜…3つの時代を一緒に駆け抜けられることに、乾杯!

[PR]
by saskia1217 | 2018-07-07 01:00 | エレファントカシマシ | Comments(0)
e0081334_00425900.jpeg
旅立ちの夜。
11年目、私の57回目のエレカシのコンサート。

なにこの八百屋声…(涙)
ガッラガラ!
ツァースタートの名古屋公演を丸々キャンセルした喉がまたぶり返したのか、無理して大阪やって治ってないのか、はたまた昨日リハしすぎたのか、今日のゲネで張り切りすぎたのか…
今日という今日はこりゃホントにダメじゃん、宮本さん!
と、もうほとんど怒り😡
実は名古屋キャンセルの話を聞いたときも私は「うわあお気の毒だ、大丈夫かな」というよりも「なにそれ!ダメでしょそれは〜!!」という怒りの方が勝っていた。
(耳のご病気の時はそれはそれは深刻に心配ばかりしていたけど)
過去、ライブ中に喉が復活するのはあるあるだった宮本さんだが、これは再度ドクターストップか?

…という冒頭3曲の超ガッカリを電撃的に覆す4曲目「悲しみの果て」
からの、残り19曲艶やかに歌い切る。

一体どんな声帯なんだよ⁉️

とてつもなくライブ化けしていた「旅立ちの朝」が今夜のベスト!
エフェクトのかかったボーカルと青紫の照明がつくる透明感。

12年前のアルバム「町を見下ろす丘」を彷彿とさせる「オレを生きる」
インタビューで読んだことだが、このアルバムではタイトルに「俺」と「オレ」が両方登場する。
かなり好きな、レゲエ調「神様俺を!」は「どちらかといえば自分を含むみんな」、そして「オレを生きる」は「自分自身」のことだと。
♪悲しんでなんていられない♪
の一言で、その共感は最高に達する。

そして「RESTART」「i am hungry」の名演、快演!
「私が死んだ後に価値が出る曲です」とのMCの(笑)懐かしい曲「シャララ」の秀逸さは、生きてる今すでに宝物。

説得力と貫禄と。
危うさとチャーミングと。
不器用という真っ直ぐささえ孕んだ才能が昇華した職人技。

今日もまたいろんな思いを孕んで幕が下りた。
こうやって時は過ぎる。
街は変わるけど、その人がいた場所、あの時間は確かな魂となってまぎれもなく残る。
今日何度も眼差しを上に向け天を指差し歌いかけた宮本さんの祈りのベクトルを、痛いほど共有する雨の朝。
e0081334_00433651.jpeg
e0081334_00435548.jpeg
e0081334_00441523.jpeg
e0081334_00500858.jpeg


[PR]
by saskia1217 | 2018-07-07 00:42 | エレファントカシマシ | Comments(0)
タイトルはバッハだけど(笑)
なんだか頭にフッと出てきたもんだから。

「覚醒」ってコトバはこのアルバムの曲中にも出てくるし、「覚醒(オマエに言った)」という名曲もあるじゃないか。
エレカシ23枚目のアルバム「WAKE UP」
(ん〜ここんとこ英語タイトルが多いね〜。ここらで「生活」みたいのもいいんじゃない?)

CDが到着してから2日置いて、ゆっくり開封して、歌詞カードを眺める。
時間がなかったわけじゃない、ただ何となくそんな気分、今の私は。
詞を見て思う「うわぁ言葉の繰り返し多い!」
視覚的にはそんなことばかりが目立ってそこからなかなか先に進まないのは、私にファンタジーが足りないからなんだろう。
それからまた時間を置いておもむろに音のほうと向き合う。

聴くとね。
もうね。
姿がみえなかった何かが、距離が、瞬間で目前に迫り、自分のなかに突き刺さる。
何度やったら懲りるんだろう、結局毎回、このエレカシマジック。
気づいたら・・・5曲目くらいで、正座してる(笑)

「生まれかわる」「神様」「笑い」
通して聴いて残ったキーワード。
既にシングルとして聴き込んでいた曲が6曲、お初が6曲、全12曲を正直に収録順に聴く。
単純に「大好き曲」は
「神様俺を」と「自由」
そして「旅立ちの朝」が続く(村山さんのアレンジいい!)。
そして、今だにそれらを上回る「今を歌え」
これはもう超絶に好きすぎる。

「神様俺を」は、歌詞が近い、とにかく近い。
私だよ、それ!っていう。
ああ、その感覚!いつも感じてるのと同じ、ぜ〜んぶおんなじ!
年齢なんだろうなあ、やっぱり同年代だなあと思う。

ここ数年のアルバムリリースが3年に一度とはいえ、宮本さんはとにかく「枯れる」ということがない。
どうやら常に、年がら年中、曲を作っているそうで、発表されてない曲もたくさん溜まってるし、日々どんどん作りたくて仕方がなくて、実際じゃんじゃん書いてるそうだし。
やっぱり、これこそが「天才」だと思うんだ。
いつもご一緒する尊敬する舞踊家、近藤良平さんにもいつも感じていること。
近藤さんはリハしながらいつも言うのだ「もういくらでも振付けできちゃうんだよ〜、時間で切らないとキリが無いから今日はもうヤメ!」って。
時間と、身体の限界さえなければ、きっとこの人たちって無限に創り続けるのだろうな。
クリエイト、創る人って、本当に本当にすごい。
その片鱗のひとかけらも無い私からは、井戸の底から天国見てるみたい。

このアルバムの魅力はそこここに。
村山さんのアレンジの豊かな色彩。
あとはね、「いつもの顔で」に突然でてきた宮本さんのコーラス「シャラッ、ラッ、ラッ、ラッ〜」の昭和感に、ちょびっとだけ『クールファイブかよ』って微笑んだり。
(宮本さんのコーラス、すごい好きですよ、ええ)

それから、最近の曲にむか〜しの曲に出てきた同じ言葉や言い回しが出て来ると、何ともいえない気持ちになるんだよね。
時間、時代、道のり、変わらないもの。

そうそう、オマケのデモ音源。
思っていたより「聴いちゃってよかった」
特に「Easy Go」の3段階は面白かった!
やっぱり最初期は「ベースとメロディ(歌)」なんだね〜(と、バス弾きの優越)、しかもこの段階でもうかなり長い!
あの「歴史前夜」的な未完状況が、もう延々と続く。
あんな感じでずーーーっと歌っちゃうんだろうなあ。
そしてそこから次のヴァージョン(主題歌になったドラマ「宮本から君へ」の監督に最初に聴いてもらったもの)までが2週間弱。ハーモニー、メロディーライン、そして構成や長さもほぼ完成ヴァージョンに近いけど、歌詞はまだ3/4くらい。
そして最終ヴァージョンの「手拍子」(ドラムがそこで強く拍を打ち続ける箇所)に熱がこもってる!
こうして聴くと、やっぱり「Easy Go」って良く出来てるよなあ!
しかーし!
こんなものを世に出しちゃうってご本人はいいのかな〜、なんて思ったりもしちゃったり。
だってデモって、なんだか通りをハダカで歩いちゃうみたいな感じじゃない?
我々には興味深くて面白いし、嬉しいけど。
スタジオの隅っこにひっそり身動きもしないで小さくなって座り、宮本さんが曲創りに没頭するのを、息を詰めて見てる気分・・・
ちょっぴり怖くて、でも至福。

「ロックは生命を肯定する
すなわちロックは我々を覚醒させる」
昔、そんなことを言ってたよね、宮本さん。
♪悲しいなんて言ってられねえ♪(アルバムラスト曲「オレを生きる」)
に、聴く人とピッタリ一体になる、血の通ったアーティストの円熟を見た気がした。

e0081334_20550058.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2018-06-09 20:54 | エレファントカシマシ | Comments(0)
e0081334_02073958.jpg
e0081334_02074913.jpg
東京に桜の開花宣言が出された土曜の午後、さいたまアリーナでは3万人の目の前に桜の花が舞い上がっていた。

エレファントカシマシ30周年記念ツァー・ファイナル。
1年をかけて全国47都道府県をくまなくまわってきた彼らが戻ってきた最終公演。
春や新春によく歌ってくれる「桜の花、舞い上がる道を」で花道の根本から桜の紙吹雪が噴き上がる(けして「散ってくる」のではない!)演出は、4年前のさいアリで記憶に新しい。
2曲目「奴隷天国」で大量の風船が頭上に落ちてきたのも、あの時の想像を絶する驚愕を懐かしく思い出していた。
そうだ、あの時は私、風邪で熱があったのにマスクして聴きに行って、帰りはすっかり元気に回復して帰ってきたんだった(笑)。
紙吹雪、風船・・・そしてこの日は、バンド名が書かれた銀テープは降るわ(エレカシで?!)、「RESTART」ではステージ上に炎を高く揚げる何本ものフレームマシンまで登場し曲の間じゅうブオンブオン炎を噴き続けていた。
度肝を抜いたな、だってエレカシのステージだよ?
してやったり、と喜ぶ宮本さんの笑顔が浮かぶようだった。

スタジアムモードでのアリーナ席ほぼ最後尾という座席は、出演者の姿はおろか、ステージがどこにあるのかさえ見えないし、上記の「降ってくるモノ」たちなんてカスリもしない(苦笑)。
なので、左右にある巨大モニターを見ながら(それさえもクリアには見えず)それでも全身で音を浴びる。
こうして後方から観ると、このバカでかいお化けのような入れ物に3万7千人?がギッシリ詰まって、「ガストロンジャー」で一斉に拳を揚げ、叫び、また「涙」弾き語りなどではコトリともしない完全な静寂を作り、「風に吹かれて」でさようならの手を振り、「星の砂」でキラキラで埋もれる。
本当に現実とは思えない、不気味ささえ感じる圧巻の光景だった。
この人たちが皆1人残らず、エレカシを聴きにきているという事実。
もし全員がエレカシを「好き」であるとするなら、ここには3万7千人の「いい人」がいることになる・・・
なんてことを妄想しながら。

こんなところをソールドアウトにしてしまう4人。
ロックって、いや商業ベースに乗る音楽って、ほんとに凄いんだなあ・・・なんて今さらヘンな感心をしてしまう。
NHKホールを満員にしたホロヴィッツも、普門館が売り切れたカラヤンも(古い!)、いやメディア路線に乗ったひと頃のドミンゴやパヴァロッティだって、どんな人気者だって無理だろう。
そう考えるとクラシックって、ホントにこじんまりしてる・・・特質だから、性格だから、良さだから、比べることもないんだけど、ついそのスケールの違いに思いを馳せてしまう。

私にとっては56回目のエレカシのコンサート。
SEからカオス音へいつのまにか移り、そしてステージに果たして出演者が登場したかしないかもわからないまま、高い位置に陣取っているため微かに見えるストリングスの弓が動いているのがチラッと目に入る。
ああ、始まっているのか!
そうして「3210」から「RAINBOW」へといつもの滑り出し。
巨大モニターにはメンバーの写真、ツァーやライブのもの、プライベートなショット、若い頃、子どもの頃の姿などがフラッシュバックのようにめまぐるしく映し出され、そこから高速で動く幾何学模様に変わる。

いつも嬉しい「夢のかけら」、青い光の「風に吹かれて」や、青、緑から赤に変わる光が美しい「昔の侍」・・・
そうだ、後ろだったせいか、この日は照明の歌詞のタイミングにぴったり合わせた細かい技が一段と光ってた。
弾き語りに「涙」ではルビーのような深紅の点々の中に、ラストで白い光がキラキラしながら上から下へ落ちていったのが印象的。
「あ、涙・・・」

特にココロに響いた曲がいくつか。

「さらば青春」いつにも増してゆっくりテンポで丁寧に丁寧に。重ね重ねる「遠い」の言葉。落ち着いた演奏なのにドキドキが止まらない。
「桜の花、舞い上がる道を」花道を突き進み、とっても嬉しそうな宮本さん。いつ聴いても、完璧な名曲。♪胸をはって生きて行こう♪
私のこの日のベスト、またもや「今を歌え」・・・1月14日のNHKホールで聴いたときよりさらにテンポが遅く。トミのドラムはもう遅さの限界といっていいくらいの休符の大きさ。すごいや、トミ。
歌えば歌うほど喉の状態がいい方に向かう宮本さん、本当に尋常でない喉の持ち主。
一言一言を噛み締め、言ってふくめることの、なんて直球で響くんだろう。
続いての「風と共に」『いい曲なんです!』とまた。もちろんこれもいい演奏だったな。
陽気に始まった第2部での「RESTART」では、エレカシもこんな演出やるのか!っていう炎の祭典。驚いたのは曲が終わるまでずっと出続けてたこと。いやいや〜文字とおり熱くなった一曲。
そこからの「夢を追う旅人」オリンピック期間中、ちょいちょいCMで流れていたので嬉しかったな。
第3部!冒頭で、期待していた「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」を!
いつものようにストリングスとホーン隊、そしてメンバーの紹介を曲に載せて。律儀に名簿を見て読み上げる宮本さんの姿に会場クスクス。
ライブでのこの曲が好きで、そうしょっちゅうは観ない映像のなかでも時々引っ張り出してみる「LIFE」ツアーでのこの曲。
Sax山本拓夫さんやTrp菅坂雅彦さんはあの時からのメンバー。なんだか勝手に感無量。
ここから「So many」「友達がいるのさ」そして「涙」と一気に、ゴージャスとしんみりのギャップ。
「大勢の前で弾き語りをやりたかったから」と始まった「涙」も最高の涙だったな。
ラスト盛り上がった後で、本プロは終わっていたにもかかわらず「時計」を差して『時間大丈夫?』のジェスチャーをしながら「ホントはもう絞り尽くしちゃったんですが・・」と「四月の風」。
歌い出してしばらくして、涙で歌えず。
もらい泣きするお客さん。

途中、まだリリースされていない新曲「Easy go」を披露。
聴いた瞬間、なんかちょっとブルーハーツを思い起こさせた。ものすっごい早口で、ただなんか明るい曲だってのはわかった(笑)。
終わってから「さっきの新曲・・・どうでしたかね?うまくいった!決まった!って・・・僕は思ってるんですけど・・・」
んーーー、そうね、まだまだこれから熟れるって感じの、超早口が聴き取れない超絶技巧のさわやか曲だった。
6/6のニューアルバムが楽しみですね。

「さいたまアリーナさいたまアリーナさいたまアリーナ・・・」の超早口や、弾き語り調での「さいたまアリーナ、ありがとう」そして「友達がいるのさ」2番冒頭での「さいたま中の電気を消して」。
さいたまサービス多し。
いつもの曲をいつもの惰性で歌わない、今、まさにこの時を歌っている、今目の前にいるお客さんに向き合っている実感が伝わる。

全31曲、3時間半。
51歳の4人組、恐るべし。
途中「あれ〜もう声使い果たしたかなあ」と思ってるとすぐに復活してラストまで歌い上げるヴォーカル。
ギターが上手いヴォーカル、MCがわかりやすいヴォーカルなら他にもっともっといるだろう。
でもやっぱり「歌」は誰にも譲れない。

先日お友達の家で、少し前に録画したBSのドキュメンタリーを見せてもらったのだけど、その中で宮本さんがインタビューに答えていた言葉がとても胸に残った。
「今までずっと自分の才能を信じてやってきて(才能あるのは当然)、何故みんなわからないんだろう、いつになったら皆がそれに気づく時が来るんだろうか」ということが一番の大きな悩み、燻り続けていたことだという。
当然、そう思えないならアーティストなんてやってらんない。
その言葉通りの岩のように固い、自分への信頼が、今このときの宮本さん、エレカシを支えているのだろうと思った。

だいすきなエレカシが、私の目の前で、段々と重くなりながらどんどん高く昇っていく。
CGかと見まごうばかりの人の数と、視界には入りきれない広大な会場で、その全員から熱いまなざしを受けている豆粒のようなこの人が、この人たちが、根本的には私たちと寸分違わない日常を歩いていることを我に返って思うとき、感嘆と尊敬とそして勇気が、あらためて自分の身体に満ちていくのがわかった。

おめでとう、ツァーファイナル。
31年目のエレカシの羽ばたきを、いったいどこまで目で追えるのだろうか。
置いていかないでね、お願いだから!
e0081334_02080004.jpg
e0081334_02144636.jpg





[PR]
by saskia1217 | 2018-03-19 02:15 | エレファントカシマシ | Comments(0)
e0081334_17535898.jpg
大晦日には居ることが叶わなかったNHKホールへ。
3時間にわたるコンサートのトリプルアンコール、最後の一曲にまさかの・・・

「今宵の月のように」

この曲のわたし史上の最高をまた塗り替えてしまった。
きっとまたすぐに、次のベストを聴くことになるのだろうが。

エレカシ新春コンサート。
私にとって55回目のエレカシライブ、この超メジャー曲でコンサートを終えたことなんて今までなかった。
特に新春は「やわい」曲やったとしても必ず最後の最後は「男シリーズ」とかさ、「富士に太陽」的なゴリゴリで終えるのがお約束だったから。
紅白の時同様、いやそれ以上に丁寧に、一言一言いとおしむように、曲を終えるのが勿体ないように心を込めて、宮本さんはまるで3600人ひとりひとりに目の前で歌ってくれているようだった。
「今宵」って考えてみると本当に不思議な曲かもしれない。
やわらかい、心地よい、ポップ、「世間」にわかりやすい・・・なのに、しっかりと大地に足のついた、根のしっかりした太さ、強さ、逞しさがある。
紅白を受けての万感を持った、またそこに留まらず新たな未来を見据えての、敢えての決意の選曲・・・と私は受け取った。

この日はもう。
最初から最後まで、ただもう、宮本さんが幸せそうで幸せそうで。
それに尽きるコンサート。
会場中、宙を舞う埃さえもが幸福に満たされた3時間。

いつもより余計にクルクル旋回し
いつもより余計に1人でボケては自分でツッコみ自己解決(ちょっともうどこの芸人かと・・・)
いつもより余計に上下奥手前走り回り(珍しくワイヤレスマイクで丹下さんのおシゴトが楽に・・笑。そもそもNHKホールにはもうコードマイクなんて無いのかも・・・)
コンテンポラリーダンスにスカウトしたいくらいの、セッションハウスに呼びたいくらいの、いつもより多種多様なタコ踊り!

「今はここが真ん中さ」「新しい季節へキミと」「桜の花舞い上がる道を」「俺たちの明日」「真冬のロマンチック」
で新春を感じ

「今を歌え」→大宮よりさらにおっっそいテンポ、トミよく保つなあ・・・
「RESTART」「夢を追う旅人」
でしみじみと、今の自分と今のエレカシを噛み締め、

懐かしい「夢のかけら」「はじまりは今」でキュンとし…
(やっぱりいい『愛と夢』!)

MCが丁寧すぎて(笑)「うんうん、大丈夫、わかってるよ、それさっき言ってたよ」みたいにお客さんが微笑みながらブンブン頷いてるのも可笑しかったし。
「悲しみの果て」では「一度(レコード会社を)浪人して、その後『まんまと売れた』曲です」
「旅」で久々の「ギターーーー、オレ〜〜〜!」が聞けたり(何度きいてもオモシロイ)
最近お決まりの「みんなカワイイぜーーー!」を散々言った後に「だけどコンサートって・・・不思議なものですよね。だって『カワイイぜ』とか(自分で笑う)普段、絶対言わないでしょ、人に向かってさ」
「しぶやしぶやしぶやしぶやしぶやしぶやーーーーーーっっ!!!!!」連発事件
「昔の侍」が『東京の空』に入るはずだったけど結局佐久間さんとの仕事で『明日に向かって〜』に入ったこと、「東京の空」のトランペットの近藤等則さんにお願いしたくてしたくて頼み込んで「近藤さんて顔が怖い・・というか濃いんです」とか
「翳りゆく部屋」で「女性に畏怖の念を抱いていて、尊敬していて・・・あ、いや、今でも尊敬してますよ(アタフタ)」とか
「四月の風」イントロでギターのチューニングが狂ってた際に「昔若い頃、録音で自分のギターを『何でもっとレベル上げてくれないんだ!』って文句いったら『宮本さん・・・ええと、その、ギターはそれ以上大きくしたらちょっと・・(まずいです)』って言われちゃってさー、自分では上手いと思ってたの(笑)。それが今じゃあ、ねえ(やってればそれなりになるもんです)」とか・・・
オモシロイ瞬間はいっぱいありました。
ライブ恒例「ご当地ソング」・・渋谷の歌、も良かった!

「RAINBOW」から「ガストロンジャー」へのトミのドラムが凄くて、ほんとに凄くて思わず「トミすごい」と声に出して呟いてしまいました・・
この日は3階席だったのだけど、遠いほど、上に行けば行くほどドラムが見えるのは私は嬉しいな。

「奴隷天国」のとき、遠目ながら、ごくごく短髪になった宮本さんが客席のあちこちを指差しながら「そこの!・・・そこの!・・オメェだよ!・・・なに笑ってんだよ!なに頷いてんだよ!・・・そこの!!・・・オメェだよ、オメェ!」って睨んでるシーンに、それこそ昔の怖かった当時の恐ろしい形相でお客さんを怒鳴ってた青年が重なって見えた気がして。

アンコールの「ファイティングマン」からの「so many people」へのテッパンの盛り上がりも堪能。
からの・・・「今宵」

お友達の1人が、もう今は解散してしまったバンドのお話をしてくれたんだけれど。
彼女はそのバンドがそこそこ好きで、ライブも何度か聴きに行っていたのだけど、そして歌もいいし、ステージも好きだったけれど、結局やる曲やる曲全部が暗くて、どこまで行っても明るくならない、バンドが時を重ねてもそれが変わらなかったので、聴かなくなってしまったそうだ。
そしてそのバンドは、解散してしまった。
だから、ではないかもしれないけど、人は音楽に、コンサートに、やっぱり希望を求めているんだよね。
暗さ、辛さ、悲しさ、憂鬱・・を共有、わかり合えるためには、その先に光が無いと。
光があるってことを、ステージに乗ってる人が身をもって表してくれないと。

楽しいことより悲しいことの方が増えてゆく年齢、おそらくは同じ悲しみを経験しているはずの宮本さんが、満面の笑みと身体中で言う。
「今51歳。61歳、71歳で自分が、バンドが何を出来ているか、新しいことをしているか、楽しみで仕方がない!
これから先、楽しく素晴らしいことしか想像できない」

なんて強い人なんだろう、と思う。
私も強くなりたい。
ポジティブなんていうコトバとは一線を画すその揺るがない背中は、大ホールの中央で精一杯うごめく小柄で華奢な姿の何百倍も大きく、頼り甲斐のあるリーダーのものだった。
e0081334_19480261.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2018-01-16 19:50 | エレファントカシマシ | Comments(0)
e0081334_02262955.jpg
ロビーには大晦日の国民的歌合戦出場を祝う「紅白」の花。
ソールドアウトの入場待ちの行列。
エレカシ全国ツァー@大宮ソニックシティ。

紅白初出場が公式発表されてから初めての週末、昨日は群馬公演、そして今日が大宮。
まだまだその熱は冷めず、会場は今までとどこか違う熱気が漂う。
喜び、期待、祝福、興奮、感慨。

時間キッカリ、ステージには宮本さんを先頭にメンバーとサポートのお二人が姿を現す。
異常な拍手。ずっとずっと止まらない。
宮本さんの耳の病気のための活動休止が明けた、初めての野音「復活の野音」の時のオープニングもそうだった。
あのときの拍手は限りなく温かく穏やかでしっとりしていた。
今日の拍手は熱狂の音。
拍手の音だけで「オメデトウ」が響き渡っていた。
ホントはのっけから「オメデトウ」コールをしたくてしたくてウズウズしていたが、言われたくない時間もあるだろうし、空気読むのが難しい(笑)・・・と、たぶんお客全員が思っていたんだろうな。
数曲済んでからやっと、ご本人の口から「あーこんなこと自分から言うことじゃないんだけど」と報告。
「待て」を解かれた犬みたいに、皆思う存分、祝福。
嬉しくて嬉しくて、「どうすりゃいいんだ」って言いたいのはこっちのほうで。
嬉しいよ、泣きたいほど。
「大晦日は家族で紅白を見て、ゆく年来る年を見て、その日だけは夜更かししてよくて、年が明けてお年玉もらって・・っていう昭和のね、お正月の風景だったんですよ」
まさに。
まさに私の心象風景でもある。

4曲目「ハロー人生」で宮本さんの左耳に直でガナッた石森さんに驚いて即刻叱りつける歌係。
シュンとする石くんは見慣れているけど、この日はかなり後まで文句いってたなあ。
耳、コワイから、本当。
治ったといっても、きっとずうっと気をつけて、怖い思いもしているんでしょうね。
何事もなく、何十年も歌ってほしい。

「初めて来た人にもわかるように」というこのツアーのコンセプトに則ってるレコード解説みたいなMCは、八王子の時よりもっともっと丁寧になってて、学校の先生みたいだったぞ。

カウベルの音がいつもと違ってたから変えたの?の「デーデ」
ギター1本、一節歌い上げてから、が最近のトレンド「今宵の月のように」
すっごい疾走感の「戦う男」
「いつの頃から(サビで手を振るのが)自然発生して、でも俺がやんないから左から右からが錯綜してる」とお客にプレッシャーをかける「風に吹かれて」

遅い曲の「ゆったり度」がまたまた増してて、どれもたっぷり。
限界ギリギリまでテンポ落とした「翳りゆく部屋」はいつもよりずっと一言一言を噛んで含めるような、舞台俳優のセリフのような。
生で聴くのが楽しみで仕方なかった、だいすきなだいすきな「今を歌え」は、ドラムの休符がこれ以上持たないよってくらい際どい遅さで。
♪何度も何度も生まれ変わって♪きた・・・宮本さん、エレカシ、そして私。
泣かせるなよな、ほんと。

やさしく、メロウで、懐かしい空気の前半に、メリメリと激しさが混じって来るプログラミング。
凄みのあるイントロが付いた「3210」は圧巻。あんなの聴いたことなかったよ。
「RAINBOW」「ガストロンジャー」を聴きながら、紅白でこんなん歌ったらどうよ!なんて思ってみたり。
でも、爽やかに温かい「風と共に」で、やっぱり今のエレカシはコレかな、と思ったり。

「また出てくるからね」と何度も何度も言ってから(大丈夫です、帰らないから・・・笑)ハケて、第2部へ。
もうひとつの真骨頂、ゴリンゴリンの音の爆発が始まる。
「ズレてるほうがいい」「奴隷天国」「コールアンドレスポンス」「生命賛歌」と止まらない、魔物のような声。
「聴かせるバラード」に、もう一つのこの日一番の圧巻はここの流れ。
ライブ開始直後は「ちょっと疲れてる声?」だったのが、予想通りの大復活・・・どころか、最後に向かって拍車がかかって良い声に。
なんなんだろう、あの喉は。
そう、そして「生命賛歌」を聴きながら、さっき『翳りゆく部屋』で囁き声出してた人と同一人物だってことを、身震いしながら噛み締めていた。

この日の私のベスト。
「翳りゆく部屋」「今を歌え」「風と共に」「ズレてる」から「RESTART」までの怒濤。

すっかり、ひと頃の「俺たちの明日」ポジションになりつつある「夢を追う旅人」から最高潮に、いつもの「ファイティングマン」へ傾れ込む。
いつものアンコール「待つ男」の、頑なにラストまで一色のみの血のような深紅の照明を身に纏った「歌係」は、この日も最後の一滴まで絞り出して、ステージを去って行った。

「また会おう」が、再び当たり前になった今日に。
来年春までに、ハレのテレビで、輝かしいホールで、どでかいアリーナで、あと何回も、こんなに「また会える」ことが夢のようなことなんだとハッと気づいて背筋がピンとした、さいたまの夜。

暗いもの、重いもの、汚いもの、悲しいもの、憂鬱なもの…
そんなものが全て吹っ切れて、軽く輝かしくなった宮本さんがいた気がした。
だから私たちも軽くなれた。
強くなれた。

宮本さんの耳の病気から紅白出場までの絵に描いたような復活劇もまた、けして平易なものではなかったはずだけれど、彼らがいま手に入れた宝物は、全てそれまでの彼らの道のりの開花、ただただ花であり実であるだけ。

最高のライブ。
一緒に、全ての悲しみを越えて。
e0081334_02264298.jpg











[PR]
by saskia1217 | 2017-11-20 22:29 | エレファントカシマシ | Comments(2)
過去を追うな、未来を願うな…
「今を歌え」
生涯に何度も生まれ変わる私たちは、今を歌うことしかできない。
かのヒット曲の最愛のフレーズが蘇る「電車乗り継いで いつかの町まで」に心震える。
「あなたの面影」の「た」がよりによって4度に置かれる瞬間の、痛みと懐かしさ。

好きになってから10年、1日も欠かさず…本当に笑っちゃうくらい、電車の中、道を歩きながら、大晦日も元旦も、本番の日の楽屋でも、毎日毎日聴かない日はなかったエレカシ。
1年ほど前から、それをパッタリとしなくなった。
なぜだか自分でもわからなかった。
今日届いたばかりの新譜の2曲目「今を歌え」を聴きながらふと思った。
そうか…
聴いたら泣いちゃうからだったんだな、たぶん。

エレカシ50枚目のシングル「RESTART」本日発売。
「RESTART」「今を歌え」どちらも「今からの再生」を高らかに歌った逸品。
御目出度う、30周年。

ところで。
「頑是ない」を辞書でひきました…笑。
e0081334_01102088.jpg



[PR]
by saskia1217 | 2017-11-09 01:10 | エレファントカシマシ | Comments(0)
e0081334_21153066.jpg
凄味と包容力…ひとことで言えばそんな一夜。
ずっと前者ばかりを武器に日本のロックシーンを牽引してきたエレカシ。
昨日の日比谷の空。幸せな空。
台風が嘘のように、開演時間前に去った。
開店前数時間から何百人も並ぶ物販の列。
ソールドアウトするグッズ。
なんだか異様な高揚感。
エレカシって…こんなに人気あったっけ・・・?

今やもうFC会員でも当選が奇跡になってしまった恒例の野音コンサート。
私が初めて行った2008年の野音は、一般発売で、しかも発売日から数日後にチケットサイトで余裕で買った記憶がある。ちゃんと指定席、しかもそこそこいい席だったなあ(笑)
それが今では、1人1枚のみ、厳重なIDチェック。
指定席はおそらくほぼ全てFC会員のみ、一般発売で運良く取れた人は最後列立ち見席。
しかも今年は開催が1日だけ。
当選メールが来た時は正直狐につままれた感じでしたな・・・

ありがたく、ありがた〜く赴く。
Mステ特番出演決定で急遽開演前に1曲だけ生中継となった。
事前に段取り説明してくれたテレ朝の女性スタッフさんの言葉にいちいち温かい拍手で答えるお客さん(笑)
メンバーがTV用のちょいシックな衣装で登場、大歓声。
既に完全に出来上がっているお客さんは、OA直前にモニター音声から流れたブルハにはノリノリ、嵐にはぽかーん(笑)
宮本さんの「ほらこんなに盛り上がって」の一声に間髪入れず拍手。
エレカシファン、好きだわ。
やっぱ生中継は緊張感あって楽しい。
私が経験した10年ほどの野音史上、一番高揚感あるオープニングかも。

スタジオのタモリさんから「そっちは暑いの?」と呼びかけられ、センターのメインカメラを探して返事される宮本さん
「はい、暑いですね〜すごくいいお天気になって・・ありがとうございます!
いや〜43位なんて、ミュージックステーション、もー感激しちゃって、ホント嬉しいです、ありがとうございます!
今もね、歓声があがったんですよ〜」
(客、間髪入れず歓声・・・笑)
元気が出る曲特集のため「俺たちの明日」をTVサイズに2番だけキッチリ演奏。
私達もキッチリ盛り上がって応援。
帰宅して録画見たら、まー、お手本のような熱血ライブ映像でした!
「43位に入るなんて嬉しい」を、この後ライブ中にも3回くらい言ってて本当に嬉しそうでした。
我々ファン的にはいつだってエレカシの曲なら全て1位なのだが(笑)そのなかでも同点1位が300曲くらいあるから困る。
今日だって「一番良かった曲」が20曲くらいあったからなぁ…
e0081334_21155995.jpg
無事中継が終了、OKでるまでちゃあんと拍手し続けたお客さんも見事なプレー。
「みんな協力ありがとう!なんか、貴重な体験だったね。え〜とまた後で出てきますんで(笑)それまでみなさん、どうぞご歓談を」会場爆笑。

17時開演。
全身黒に着替えた4人が登場。
「さきほどはありがとうございました〜!
いや〜晴れてよかった。いや雨だっていいんだけど、みんなだってその覚悟で来たと思うけど、そりゃまあ、雨よりは晴れてたほうがいいわけで・・・
じゃ、よろしくお願いします!・・いや、ヨロシクって変だな(笑)」
「今日は二段階のロケットスタートです、ロケットスタート。ロケットがどうやってスタートするのか知りませんが」

「地元のダンナ」で軽快に始まる。
なんだか何もかもが爽やかだ。
「悲しみの果て」も自然体。
やっぱりこの日もMC少なめ、テンポは全てゆっくりしっかり。
ダブルアンコール含めて全31曲、およそ3時間くらいだった?

最近30周年として出したベストアルバムを中心に全国ツアー中なので、野音はそうじゃない「どちらかと言うと俺が気持ちいい曲」(笑)と言うことで少々マニアックなものばかり。
心に残ったのは
曙光、九月の雨、シグナル、武蔵野、風と共に、秋、Tonight、涙の数だけ…
なんて贅沢なチョイス!
「おまえはどこだ」「涙の数だけ」はファン歴10年目にしてようやく初生聴き。
こういうのが聴けるライブをもっと作って欲しいな!
e0081334_21153776.jpg
心に残った曲たち。
「Tonight」「真夏の星空は少しブルー」 
ファンには人気の低いアルバム「愛と夢」だけど、私はかなり好きなのだ。最近よく歌ってくださって嬉しい。
やっぱりすごくいい。今日の野音の印象が「物凄く色気のあるライブ」だったのは、20代30代前半の作品を今50代で歌ってくれたからこそ。
アルバム「ライフ」も同じ。この日の「秋〜さらば遠い夢よ〜」はまさに琥珀色をしていた🥃。まさに今、という季節感と共に。

「曙光」
この日一番心に残ったかも。「若い時、25歳のときの曲です」素晴らしかった。バンドもすごかったなあ。

「今宵の月のように」
「一番のヒット曲、好きな曲なんです。野音にはぴったりなんですよね」と、いつもの曲。
一体何回聴いただろうか、いや彼らは一体何回演ったんだろう…
アコギを弾きながら♪く〜だらねえと〜♪と、あのアドリブ風ヴァージョンで始め♪溢れる熱い涙♪までをしみじみ歌ったあと、♪いつまでも〜♪からバンドがすべり込んで来る。
最近の傾向としてすべての曲をゆっくりしっかり歌う宮本さん、すっかり音源通りにテンポの落ちた「今宵」、その噛んで含めるような言葉がこのバンドと私のいろんな思い出を蘇らせてくれた。
私史上最高の「今宵」がまた塗り替えられた気がした。

「月の夜」
開場した時にステージをみたらハモンドがあって、あ、今日は細海魚さんかな?だったら「月の夜」絶対聴きたい!と思ったのだ。
はたしてまさに!
月は見えなかったけど、月や星や秋や夏やいろんなものを見せて、聴かせてもらった。
やっぱり細海さんはずーっと跳ねてて。
神がかった迫力、ひっそりとした優しさ。
細海さんのキーボード好きだ。

「武蔵野」
野音には欠かせない曲。この日激しい曲では超キレのよかったトミのドラムが、ここではあたたかい。ラスト、歌が終わってから空白を受けて、ドラムだけが残るライブ仕様が好きだ。

「シグナル」
これも野音には絶対聴きたい曲。泣ける。宮本さんは客席の男性たちを指差しながら、たいせつにたいせつに歌っていた。♪どのみちオレは♪の最後のつぶやきが全てを語る。

「男は行く」
圧巻!!「曙光」と共にこの日の二大巨頭。
身を2つに折りたたんで自分の全てを振り絞る歌係。歌い終わるや否や、無言で退場。いつもならすぐ拍手が起こるところ、シーンとしたままの客席。ゾッとするほど凄みがあった。
すごい、を通り越して、この日はホント正直怖かった。

第二部あたまに「友達がいるのさ」
これも野音必須。上下側、まんべんなく走り回る、いつものスタイル。歌詞とともに連帯感がひろがる。

「ベイベー明日は俺の夢」
なんつータイトルだよ、って思うその50倍くらいいい曲なんだよなあ(笑)
目下わたしの目覚ましアラームがこの曲なのだが、こうやってライブで聴くと、「元気の出る歌」として今や皆に愛されてる「俺たちの明日」にとって替われる曲なんじゃないかと思った。

「3210」
ここにきて、ちょいちょい出ていた「凄み」の極致に。
次の「Rainbow」になだれ込むときの一瞬の空白がすごい。

「ガストロンジャー」から「ゴクロウサン」へ繋げるという暴挙(!)、その1曲ごとのギャップがひどく、気持ちを振り回される。

そして「風と共に」
ちょっと声が疲れてきた?感じながら、やっぱりこれ、本当にいい曲だ。
「みんなのうた」になってよかった。
そういえば今年の野音、お花がいつもより多かった気もしたけど、NHK関係からのお花が多いのが目立ちましたね〜
ん〜、年末になんかイイコトが起こるといいですねえ・・・
(期待)
e0081334_21154374.jpg
アンコールでは「花男」「ファイティングマン」からのダブルで「待つ男」という怒濤の流れ。
そこで、下手壁に持たれてスタンばってる丹下さんがヘドバンしているのがよく見えました・・

曲のイントロでちょいちょいアドリブでやってくれるスキャットや、楽器と対峙してやるインプロなどはもう、声じゃなくて楽器。
宮本さんの声の凄味、言葉の凄味、音楽の熱量。
4人(+サポート2人)の間に瞬時に光る電流。
鳴り渦巻き…からの間…からのド爆音。
人間が音でできることってすごいんだなぁ。
あらためて唖然。
e0081334_21155178.jpg
そうそう、メンバー紹介でヒラマミキオさんを
「オレが弾いてないところを全て弾いてくれるミキオさん。シャイです」と言っていて笑いを誘ってたけど、何かの曲のあとで宮本さんがミッキーに「○○していいからね」みたいに話しかけてらしたような。
遠慮しないで弾いていいよ、みたいなことだったのかしらん。
わかりませんが。
そんなステージ上の、緊迫感だけじゃなく、プレイヤー同士の気持ちの流れが見えるのも、ライブの良さだね。

「みんなありがとう!エレファントカシマシを…(止まる)あ、愛して…くれてありがとう…なんて言っちゃうとアレですけど」
と言ってから照れるフロントマン。
「今日はみんな、エレカシと一緒に素敵な時間を過ごしてくれてありがとう!
そう、うん、音楽を愛するみんな…」
愛ってコトバを素直に言えて、それが本物だとわかる年輪。

ラスト、細海さんとミキオさんに挟まれて肩をつなげて「ストーンズ挨拶」をする4人。
トミと石くんの間の宮本さんは、二人の肩にぶら下がって足をブランブラン。
なんか・・・いつもどおりの彼らをみるとホッとする。

落ち着き、熱量、天真爛漫、色気、安定、プロ・・・
蝉の声とじっとりと纏わりつく熱い空気で始まり、虫の声と風で送り出されるエレカシ野音。
いつもどおりの野音。
でも…
来年同じことができるかどうかわからない。
聞こえない見えない歩けないかもしれない。
いないかもしれない。
だから今日の奇跡。
そう思ったら「この4人はどうかこのままで…」と願わずにはいられなかった。

振り回されてびっくりさせられてどやされて泣かされて叱られて
褒められて慰められて励まされて笑いかけられて

包んでもらった。

帰り道、乗った地下鉄が反対方向だったことに20分してから気づいたのは…
不覚。
乗り間違いなんて、5年にいっぺんくらいしかやんないのに(笑)
e0081334_21160913.jpg
e0081334_21161900.jpg



[PR]
by saskia1217 | 2017-09-20 22:12 | エレファントカシマシ | Comments(2)
e0081334_20232964.jpg
なんだなんだ、どうしたんだ〜今日は!
・・・って、ニヤニヤ、ゲラゲラでした。
私が今まで聴いたエレカシのコンサート52回目にして、涙出るほど笑ったライブは初めてだったな。
この日のコンサートを一言で言えば
「オモシロすぎた」

エレファントカシマシは、今年デビュー30周年を記念して、今まで訪ねたことのないいくつかの県を含め日本全国47都道府県をくまなく回る全国ツァーを展開中。
3月大阪城と4月北区王子を出発し、12月富山まで、フェスで忙しい8月以外ずっとどこかを訪ねている・・・
途中で一回東京に帰って来たのが、先日日曜の八王子公演。

なつかしいオリンパスホール、ここは6年前の6月に杮落しのひとつとしてエレカシの「悪魔のささやき」ツァーが行われたところ。
あれは素晴らしいアルバムだったんだけど、あの頃はもう行けるだけのコンサートにあちこち行きまくっていて関東圏で6公演まわったなあ。
震災直後の水戸や、聴衆のステージ乱入の千葉など、印象的なこともたくさんあったけど、八王子はとにかくホールがオペラハウスみたいなつくりのクラシック向きの音響を持つ素敵なハコで、宮本さんはその響きに非常に満足して「やっぱりホール公演もいいなあ、しかもこういう響きのところは気持ちよくていいですねえ」って感動されてたこと、そしてなんと「東京の空」をやってくれたことが強烈に印象に残っている。

あれから時が経って、宮本さんも、エレカシも、たくさんのお客さんたちも、そして私もいろんなことがあった。
なににせよ、エレカシがまだこうやって皆の前で演奏してくれていることが、ただただ有り難く、嬉しく、そんなことを噛み締めながら席についた。

「歴史、という曲です、聴いて下さい」
と、冒頭から演奏前に曲目アナウンス。
最初のうちは「声ちょっぴり疲れてる?」と、ファルセットの多さに感じなくもなかったけど、いやー前夜山梨でフルで歌ったヒトとは思えない元気さ。51歳の底力。
最初、声疲れてる?・・から大復活することが多い宮本さんだが、ごく稀にホントに疲れてることもあって(人間だもの)今日はどっちだー?と思ってたら、この日はメキメキ声にツヤが出て来て聞き応えがあったなあ。

あと、全ての曲が、ぜんぶが、とにかくテンポ遅め。
かなり遅め。
丁寧、なんだけど、それだけじゃなくてとにかく「遅い」。
「笑顔の未来へ」や「ハロー人生」、あの「ガストロンジャー」さえも。
だから「RAINBOW」なんて早口がはじめて全て聴き取れた、みたいな感じ。
しかも、遅いことで重くなることなく、地を踏みしめてるような安定感と、意志の強さとなってズッシリ届いてきたのが素晴らしかった。
落ち着き?
そうだなあ・・・「しみじみ」かな。
丁寧に、そして浪々と歌い上げることで、宮本さん、まるでオペラ歌手みたいだった(笑)。
噛み締めながら、だいじにだいじに演奏しているような。
4人にとって、あたかもすべての音、すべての言葉が、落したら壊れてしまうような大切な宝もの、のような。

そう、そしてMC。
全国ツァーで、本当に初めてエレカシを聴くお客さんも多いだろうし、全員が全ての曲を知ってるわけじゃないし。
「歴史」で始まって、バンドの「歴史」をひとつひとつ説明しながら、辿りながら、その曲の出来た背景や当時のエピソードなどをCD解説のように話してくれる宮本さん。
なんか・・・学校の先生みたいに親切(笑)。

ゆっくりだから曲数少なくなるかな、と思ったけど、アンコール含めて28曲。
ちょうどいいよ、いつもこのくらいでいいよ(笑)。
35曲とか普通にやってたけど。
もちろんそれは嬉しいけど。

特にココロに残った曲。
「翳りゆく部屋」
宮本さんのこの曲への思い入れと、ユーミンへの尊敬を今一度トークできく。
日本の歌の良さ。当時の歌の良さ。
「女性目線の歌ではあるけれど、男性にも通ずるもの、感じ入るものがある」
何度も何度も聴いていた曲だけど、この日は本当に・・・ズッシリ胸にくるものがあった。

「やさしさ」
圧巻・・・・いつも圧巻なんだけど、この日はいつも感じなかった何かがこもってた気がしちゃってね。
温もり?みたいな。
(いや〜、ひと頃のエレカシの空気からはとても背中がカユくなるような例え言葉だけど)
「エレファントカシマシ唯一のバラード」と、ヤマハのポプコンでやった話をしてくれたのだが。
もともとスローテンポのこの曲、いつもよりもっともっと遅くて。
これを作った17〜8歳の時と、今歌うのと、変わらない部分と違った部分とあるんだろうなあ。

「風と共に」
現在NHK「みんなのうた」で7月の歌として流れてる新曲。
放送中のは番組の尺の関係で短縮バージョンなのだが、この日は初めてフルで聴けた。
なので、歌詞の流れがちゃんとストーリーになっていて、心から味わえた。
10歳の時の「はじめての僕デス」の話を自ら嬉しそうに話し(以前はこの話題出されるたびに渋い顔してらしたのに・・・笑)、歌おうとギターでコードを探るも到達できず「弾けないなあ」と、結局歌わず。
歌わないんかいっ!(笑)
テレビ音源で聞き慣れてたせいか、レベルが大きすぎて度肝ぬきました。歌もだけど、バンドの音がものすごく大きくて。冒頭アコギと歌だけから、途中でバンドが入って来るところが急にね。
でも、ダイナミックスのせいだけじゃなくて、まるで違う曲のよう。
容量が大きく、ひろく、高く、遠くへ。
いい曲だなあ、って素直に思えた。
まっすぐな曲。
ほんとに宮本さんらしい。
今このときの宮本さんの素。

「奴隷天国」
ゆっくりだったのよ、これも(笑)
だから凄みが増してた。
おんなじように「ガスト」もセリフもぜんぶ聞こえてきて、だから○○首相のこととか、××議員のこととか、いろんなもんがフラッシュバックしたぜ。

あと、月並みだけど、ラスト近くの盛り上がりセット。
「コールアンドレスポンス」
いや〜、ほんと最高。
「生命賛歌」
完全なるコンテンポラリーダンス!
宮本さんは歌いながらよくオモシロイ動きをするけど、この日のこれはもう全曲通してちゃんとした「フリ」がついてて・・おお、コンテンポラリーじゃないか!って。
しかしいつも思うんだが、あり得ないヘンな体勢でも歌ってる声がぶれないのは、オペラ歌手と一緒で発声がちゃんとしてるからなんだよなあ〜、なんて妙に感心。
いやほんと、近藤良平さんに見せたかったよ!


ラスト「ファイティングマン」
もーこれは言うことナシ!
やっぱりこれやらないとね、終わらないね。

そしてアンコール「so many people」
なんでしょ、このあたりのラインナップ。
もうハネハネですよ。
朝から5時間法事だったにもかかわらず、スニーカー履いていって良かった(笑)
何度も書いて来たけど、この曲の涙腺ポイントが私にはあるのだ。
「高速道路朝日をあびてダイナミックな町は」
「ボクらの愛は一瞬に全てがあって」
「あらゆるこの世の悲しみをあなたと乗りこえよう」
もう、これだけでやっていける気がするのだ。

前半はメロウな感じ、後半はシャウト、だったのか?
衣装も前半はスーツにネクタイ、シャツインでジャケット脱ぐと新入社員みたいな「やさしさ」。
後半はいつもの黒シャツで全身黒で暴れまくり。

以前は「第1部ラスト」の定番だった「俺たちの明日」はこの日はわりと早い頃に歌われ、2部ラストとして歌われた「夢を追う旅人」があたかも「俺たちの明日」に世代交替したような、そんな力強い応援歌に成長していたように感じたり。

それから。
「笑顔の未来へ」の2番冒頭で、キーボードの村山さんが、蔦谷さんのアレンジで弾いててハッとした。
この曲のオリジナルのアレンジは蔦谷さん、しかもエレカシが蔦谷さんと組んではじめての曲だったわけで、村山さんが弾くようになった最近はこのアレンジは聴いてなかった気がしていたので、アレ?って。
バンドの歴史を語るコンサートで、もしかして村山さんは何か思いがあってそうされたのかな、なんて思ったり。

そう、特に「オモシロ」かったことをいくつか。

その1・・・お懐かしい佐久間正英さんや、かつての所属レコード会社社長さんとか、桜ソング発注してきた若いPさんとか、色々なお知り合いの「モノマネ」
やっちゃってから「モノマネじゃあないんですが」と自己フォロー(笑)

その2・・・ご当地ネタの数々「はちおうじはちおうじはちおうじはちおうじはちおうじ・・・」って20回くらい叫んだのはどの曲だったっけね(笑)
この日いっっっちばん笑ったのは、いつも地方なんかで聴かせてくれる「即興ご当地ソング」
うろ覚えなのだが
♪八王子にはむかし来たことがあって〜
それは八王子城址を見に来たんだけど〜
(みんな知ってる?すごくいいところなんだぜ)
その橋の下からなんかスゴイ音がして〜
クマかと思った、クマかと思った
ビックリした〜
けどいくらなんでもここは東京〜
クマなんているはずもない〜♪
・・・お腹よじれました、涙出ました

ほかにも
「白鳥玲子でございます」とか
「戦う男」の♪涙を拭うな♪は「巨人の星」の♪血の汗流せ、涙を拭くな♪から来ているとか
(ゆ〜けゆ〜け飛雄馬〜、ど〜んと〜ゆ〜け〜!と1番全部歌い上げてから「ほら『ドーン』も出て来るしさ』と)
「タイアップの『アップ』って・・・なんなんですかね」とか
「商標、ってのがありましてね・・ハナウタ、鼻歌、花歌・・・オモシロイですね」とか
たいやき君とかポンキッキとか、山口さんちのツトム君とか
笑うポイントは山ほどありましたな
落語会みたいだった

捌ける時の例の「ストーンズ挨拶」も定番になってきたが、この日は中央で両側(石くんとトミ)に肩組んでた宮本さんが、二人に支えられてブランコみたいに、ふわ〜〜〜って、ふわ〜〜って(笑)足挙げてらしたのが、微笑ましくて笑いました。
まったく下校途中の小学生かっ!

例によって「オレは桜が好きじゃなくて・・」と桜ソングの誕生プロセスを話してくれたのだが、「だれかオレにクリスマスソングを発注してくれないかな」とは恐れ入りました(笑)!
聴きたいです。
な〜んかしっとりしたのが出来そう。
それか、寒々したのも聴きたい。
個人的にはクリスマスよりも「花祭ソング」はどうかなあ、なんて。
「しゃかしゃかしゃかしゃかしゃか〜〜〜〜!!」みたいなシャウトでさ。
でももうここまで来たら、宮本さんに作れない曲はなくなったんだ、と思って、なんだかじ〜んと。

もうひとつの印象。
今回は2階席前方から観ていたせいで、ステージ全体が見渡せたのだけど、1曲終わって最後の音(声)が最後の最後まで残って、ん〜〜〜、って宮本さんが終わるタイミングを決める・・・その瞬間に、音出してる他のメンバーはもちろん、上下に陣取るスタッフさんたちも全く同じタイミングで一斉に動き出す、その息が素晴らしくて、見事で、ホレボレしました。
みんなが宮本さんの一呼吸、空間に集中している。
その得難いチームワーク、一体感。

つまりはまあ、笑ったり泣いたり、超絶しあわせになって、ココロも満たされて会場を後にしたわけです。
出たら頭上に満月。
みんながパシャパシャと。
エレカシと満月、皆の思うところは同じ。

そして翌日、いつもの参禅会へ行ったのだが、
坐禅中、頭のなかに「風と共に」のサビがエンドレスで出て来て困って
あまりに抜けないので、とうとう警策を授けていただいた(笑)。
ま、ある意味、ご本尊の降臨・・・ということで(苦笑)
私にとっては、ほんと、仰ぎ見る方だから。
e0081334_20233654.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2017-07-12 22:03 | エレファントカシマシ | Comments(2)

写真展

e0081334_05094702.jpg

2008年5月3日、渋谷公会堂(当時はCCレモンホール)。
気になって気になって、1週間前にmixi(懐かしい!)で譲っていただいたチケットで聴いたエレファントカシマシ。
あれから何年かはたしかに、すべての中心にエレカシがいた気がする。

だいすきなバンド、そして宮本さんというミュージシャンの魅力。
バンドも宮本さんもいろいろあって
世の中もわたしもいろいろあって、今。
やっぱり、ありがとうと、だいすきと、よろしくねと。

今年は30周年記念で8ヶ月くらいかけて全47都道府県をくまなくまわるエレカシ。
初めていく土地のファンは本当に嬉しいだろうなぁ。
東京ラブの彼らが殆ど東京に居ないのはなんとなく寂しいけど
東京凱旋も楽しみに
さぁ、がんばろうぜ!

先日池袋パルコで開かれた写真展。
平日夕方、ひとりで、また二人連れで、どこかおずおずとたくさんのパネルの間を巡るひそやかなファンの人たち。
コンサート会場で感じるのと同じ、なんだか控えめで、でも真摯な空気が、いかにもエレカシ…って雰囲気でした。
その日数時間後に宮本さんご本人が会場に現れたときも、キャーどころか皆後ずさりしたというから(笑)
e0081334_05094882.jpg

e0081334_05094900.jpg

e0081334_05094937.jpg

e0081334_05095038.jpg

e0081334_05095032.jpg

e0081334_05095187.jpg

e0081334_05095155.jpg

e0081334_05095219.jpg

e0081334_05095335.jpg



[PR]
by saskia1217 | 2017-04-17 04:42 | エレファントカシマシ | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217