A線上のアリア☆チェンバロ奏者 廣澤麻美 公式ブログ  Asami Hirosawas Blog


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
by saskia1217
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

娯楽映画

・・・だと思うけどね、私は。
話題沸騰「ダ・ヴィンチ・コード」。

映画はいつかは見に行きたいとは思うけど、べ、べつに初日でなくても・・・
(なんであんなにたくさんの人が初日に見に行くんだろう??
この映画だけじゃなく、いっつも疑問)
だって、並ぶし(行列は嫌い)、混むし(人で一杯の映画館はうるさいよね)。

カトリックの比率の高い国々でいろいろとボイコットなどが起こっているのはまあ仕方ないとしても(それにそんなに「許せなくて」、そこまで「貫こう」とできるのは実は凄いことだ)、まあ、世の中いろんな人がいて、いろんなことを考えてて、でも所詮小説であり、映画であるし・・・なんて思っている私はかなりいい加減人間なのかもしれないけど、でもきっとカトリックの人だって全員が全員あの映画を目の敵にしているってわけでもない気がする。

私だっていろいろ信じているものはあるけれど、でも一方で「なんでもアリじゃないか」と思ってしまう。どちらかというと(というよりも「随分と」)、白黒はっきりつけたいタイプだと自分でも思っているが、最近は何故か「世の中曖昧って大切だよな〜」ってしみじみ思う。
それって楽なようで難しく、混沌としているようで実はシンプルなことなんだけどね。

あ、ちなみに世の中に遅れること半年以上、やっと「ダ・ヴィンチ・コード」を読んだ時には、「なんだ〜この映画みたいな小説は!」と思い、まさにトム・ハンクスが脳裏に浮かんだのでした。ホントの話。
ま、きっとずっとやっていそうなので、ほとぼりが醒めた頃に出かけよう。
[PR]
by saskia1217 | 2006-05-21 23:30 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)
Commented by あひるん at 2006-05-22 01:36 x
まさに今日、ウチの教会(カトリック)の聖歌隊の人たちと食事をしていたとき、「ダ・ヴィンチ・コード」の話題になりました。
「私、絶対に見に行かない!」と断言するおば様がいるかと思えば、「まぁまぁ、しょせん推理小説でしょ。そういう見方もあるってことでいいじゃないの」という少し若いおばさまも…。
私は原作を読んでいないのですが、ほとぼりが冷めた頃、映画を見てみようと思っています。(なんて言っていて、今年に入って見逃した映画はいったいいくつあるのだろう…?「有頂天ホテル」と「県庁の星」しか観てないや…。「ナルニア」も「博士が愛した数式」もいつの間にか終わっていた…)
Commented by saskia1217 at 2006-05-22 02:00 x
見たい映画、知らないうちに終わってた、ってこと、私もよくあります。「有頂天ホテル」見事に見逃しましたよ。でもこれだけはかなりロングランじゃないんですかねえ・・しかしクリスチャンの知人で小説を読んだ人が「あ〜すごいショックだった。あんなことがあったのねえ」と真面目な顔で話していたのには、こっちがビックリ。こういう人がいるから、きっとみんなデモるほど抗議するんでしょうね・・・怖い話です。ぷるぷる。
カテゴリ
ライフログ
お気に入り♡リンク集
最新のコメント
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 21:30
今頃のコメント、失礼いた..
by はるかぜたんぽぽ at 17:21
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 13:52
初めましてなのですがここ..
by はるかぜたんぽぽ at 00:53
船津洋子「傘松道詠集の名..
by とくまるくもん at 06:35
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧