コンドルズ2018夏公演「START ME UP」@東京グローブ座。

コンドルズ2018夏公演「START ME UP」@東京グローブ座。
ザ!コンドルズともいうべき王道は久しぶり。
懐しさ満載。

↓ここから先、ネタバレあり。今後ご覧になる方はご注意ください。


いつか観たのと寸分違わぬあのダンスもあの台詞も、ただの「使い回し」ではない「今」のコンドルズ。
先日のさいたま公演で大好評だった石渕さんのシャーマンシーン、キモチワルイ(!)ドレス姿の面々、股引でおなじみフィラデルフィアダンサーズの振りもそのままのダンス(曲だけ違う)・・・

数年前のさいたまで印象的だった、あの若手大活躍の宇宙人コントも。まさかミュージカル最後まで全部やるとは・・・笑。
セリフを言うだけで何故か可笑しい平原さん、田中さんの見事な手話。
以前からよく一緒にコンドルズを観てきた知人が「コントの5人の真ん中で良い声だった人誰?」と真顔で訊いてきて、それが有吾さんだとわかった時の驚き様。髪型って大事(笑)。そういえば初演の時も私も「誰?」って思ったなあ、あの時は宇宙人のお腹に付いてた銀色のテープが剥がれてきてカオスだったなあ、とか懐かしく思い出してた。
同じく水泳帽がどうしてもだんだん上にピョンって外れていってしまうぎたろーさんにもつい笑っちゃう。

冒頭のCMコーナーからの、白い幕落ちて激しい群舞という流れも懐かしかったナ。
最初は近藤さんだけ白学ラン(横浜ででんぱ組とやった時初めて見た白学ラン。海軍みたいでかっこいいんだよね)、メンバーは黒。
短いシーンを次から次へと見せるコーナーも、「ジュピター」を思い出させる王道のコンドルズ手法。
全員がただ歩いているようで細かい接触や動きを見せる「行き交うダンス」。

激しいシーンや悲しいシーン、バカバカしいシーンの後ですっと移行する近藤さんのギターや歌は、いつものようにホッとするオアシス。時にシニカル(笑)。
「50歳のうた」は最高。
♪少し心が広くなった〜♪という歌詞に「ほ〜、近藤さんもそうなのか」とつい微笑む同年代。

人形劇で増殖する牛、2頭は先日のさいたまでのオルガンプロムナードコンサートで出演したので!なんとなく嬉しかったのだが、まさか8頭もいたとは・・・
あれ、手触りめちゃくちゃいいんですよね〜

私には新しかったシーンの中で印象的だったのは、ドレスメンバーの真ん中で潰れたダンボールの真ん中に佇む哀しい悲しいオクダさん。
横浜の香取さんから始まるリレーがグローブ座前の道の近藤さんへと繋がるリレー映像も感動的。
どこを切っても爆笑と哀愁の涙。

ラストの近藤さんソロがいつもより長めだったように感じたのは気のせい?
祝50歳のサービスだったのカナ?🎊
相変わらず素晴らしい、近藤さんの光の使い方に感嘆。
そこから大団円までの、いつもとちょっと違う空気の流れ込みが印象的。
何だろう、全員になってからも近藤さんの動きだけが同調せずに違う振りだったのがものすごく素敵で。
今回だけは「特別」な近藤さんの立ち位置、そんな振り付け。
近藤さんは黒学ラン、メンバーは白。
曲もドンピシャ。あそこでoasis使うって、あれはズルいや!

公演後、ちらっとSNSを覗いたりしてみたけど、ダンスをよく知る方やその道のプロの方々が「ピナ・バウシュのオマージュが見受けられたけど、きっと多くの観客はそれには気づかなかっただろう」と書いていらした。
オクダさんのダンボールシーンとか、全員が行き交うシーンとかがそうなのかなあ??
そうなのかもしれないけど、例えば私にはそんなこと全くわからなかったし、それに気づかなくても全然いい気がした。
コンドルズはそれを気づかせようとはしていないと思うし、もちろん気づいた人はその面白みを楽しめばいいし、気づかなくても、知らなくてもゼロから面白い、それはもうコンドルズになっているから、なんだと思う。

主宰もメンバーもスタッフも作品も、全てがプラス方向を向いてるって凄い。
コンドルズを観ないで終わる人生は、きっとちょっぴり損な気がする。
今回、このところの作品よりももっとダンスシーンが多かったことに、今ここへきて一層のエネルギーと、そして何かの決意を感じるようなチカラを受けて・・・ラストの大団円。
ステージいっぱいに広がる白い靄の中で、メンバーが踊っている間膝をついて出を待つボス近藤さんの、肩で息をされていたその姿に、50歳という事実と重みと希望を垣間見させていただいた気がした。

コンドルズよ、永遠なれ!

e0081334_19512047.jpg

e0081334_19512134.jpg


by saskia1217 | 2018-08-28 14:53 | コンドルズ | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217