生!砂曼荼羅

昨日テレビニュースで知り、チベット仏教の砂曼荼羅の制作を見に行ってきた!

昨日から明日まで護国寺で開催中のチベットフェスティバル。
ダライ・ラマゆかりの南インド・セラ寺より招聘した12人のお坊さんたちによる仮面舞踊(チャム…馬頭観音のものは日本初)、声明(ドンパ)、僧院の経典に基づく占い、瞑想体験、解説、講演など。
明後日以降は相田みつを美術館に会場をうつす。

最近曼荼羅について学んだときから砂曼荼羅には独特な不思議さを感じていたので、その制作過程を目の当たりに出来るなんて貴重なチャンス!
高僧チャド・リンポチェ師の解説も少し聞け、あとはもうずーっと曼荼羅の横に立って制作する5人のお坊さんの手元を見つめてた。
先が細くなった細長い管に砂を入れ、その管を少しずつ叩きながら必要な量を画面に落としてゆく。
管を叩く音が桂昌殿に響き続ける。見飽きない。
見学はフリーだし映像も写真も撮っていいので、多くの人が近寄ってきてパシャパシャやるが、お坊さんたちはただ淡々と手先を動かすのみ。
彼ら同士は時折静かに談笑して和やかな空気だったが、やはりこれは修行なんだなーと思った。
今回、護国寺では3日かけて作り、明日最終日にその曼荼羅におまつりする馬頭観音の開眼法要の後、破壇式で一気に壊されるのだ。

日々、作業に入る時と作業を終えた時に、声明を唱えるという、それも楽しみにしていた。
僧衣に重ねたエプロンを外し、袈裟を肩にかけ直して床に座り、まず1人の僧侶が超低音ボイスでドローンのような声を出し始めたあと、残りの僧侶が唱和していく。
ホーミーと、ロシア正教会の男声合唱を混ぜたような印象。
不思議な響き。
しばらく低い音域で唸るようなユニゾンが続いたあと、途中段階的に同じモティーフのゼクエンツが高い音域に登っていき、また再び冒頭のような低い音域に戻り、12分ほどで終わった。

もちろん言葉もわからないし、ただ音として聞いているのだけど、聴き終わった後はなんだか静かにすっきりした気分だった。
日本以外の仏教を体験できる機会は少ないので、ほんとに貴重な時間だった。
e0081334_17065316.jpg

e0081334_17065563.jpg

e0081334_17065674.jpg

e0081334_17065733.jpg

e0081334_17065986.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2018-04-29 17:04 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217
プロフィールを見る
画像一覧