ようこそ!

廣澤麻美公式ブログ「A線上のアリア」にお立ち寄りくださって、ありがとうございます!
日々の記事も随時アップしています。
「コンサートスケジュール」「チェンバロ教室のご案内」に続いて下へスクロールしていただくと、最新記事がご覧になれます。
よろしければ、ゆっくりしていってくださいね!
[PR]
# by saskia1217 | 2019-12-31 23:59 | Comments(0)

コンサート・スケジュール (8月5日更新)

現在、出演が決まっているコンサートスケジュールです。
各コンサートの詳細は随時補足、更新、またこの日程以降の情報も追ってアップしていきます!
お問い合わせはコメントにて随時承りますので、どうぞご遠慮なくメッセージをお送りください。
個人的メッセージ、個人情報を含む場合は必ず「非公開コメント」にチェックを入れて下さい。ブログ主である管理人のみが見られる状態になります。



★能・オペラ「カーリュー・リヴァー」(ブリテン作曲)
2018年9月15日(土)14時開演/13時30分開場
つくばノバホール
入場料/S席4500円 A席4000円
お問い合わせ・お申込み/ノバホール 029-0852-5881 つくばカピオ 029-9510-2886

<出演>
狂女/山中一馬
渡し守/品田広希
旅人/白石陽大
修道院長/高崎翔平
梅若丸/井上あかり 木田悠子
 
合唱/堀越尊雅 吉田拓真 佐藤由基 山口義生 髙橋駿 山田健人

フルート/木村佳苗
ホルン/溝口哲矢
ヴィオラ/栗原由樹
コントラバス/井口信之輔
ハープ/梶彩乃
パーカッション/倉田沙紀
オルガン/廣澤麻美

★岩下智子フルートリサイタル「ヘンデル フルートソナタの夕べ」
2018年10月9日(火)19時開演(18時30分開場)
東京オペラシティ・近江楽堂
入場料/一般3000円(当日3500円) 学生2000円
お問い合わせ/オーパスワン 042-313-3213 info@opus-one.jp
チケット取り扱い/チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード117-103

<プログラム>
G.F.ヘンデル/ソナタ ホ短調 HWV350b
       ソナタ ト長調 HWV363b
ソナタ ロ短調 HWV367b
ハレンザー・ソナタ第2番 ホ短調 HWV375
ハレンザー・ソナタ第1番 イ短調 HWV374

フルート/岩下智子
バロックチェロ/懸田貴嗣
チェンバロ/廣澤麻美

e0081334_21205666.png
合唱団「まい」第20回演奏会
2018年10月21日(日)14時開演(13時30分開場)
ザ・ハーモニーホール(松本市音楽文化ホール)
入場料/一般1500円 大学生以下800円
お問い合わせ/090-3403-2487(宮井)または合唱団HP

<プログラム>
モンテヴェルディ/アリアンナの嘆き
         西風戻り 他
ヴィクトリア/めでたしマリア
パレストリーナ/谷川を慕いて
ラッソ/めでたし天の后
J.S.バッハ/み霊はわれらの弱きを BWV226
大中恩/島よ
信長貴富作品集

チェロ/西澤央子
チェンバロ・オルガン/廣澤麻美
ピアノ/平林知子
指揮/雨森文也

★桜美林大学オラトリオプロジェクト2018 NEW!
J.S.バッハ「ロ短調ミサ」BWV232
2018年11月9日(金)19じ開演
パルテノン多摩 大ホール

※オルガンを担当します。
詳細は後日。



★東京女子大学 第64回メサイア演奏会
2018年12月1日(土)16時開演

ヘンデル「メサイア」全曲

※オルガンを担当します。
詳細は後日。

★横須賀学院「メサイア」公演
2018年12月18日(火)17時開演
よこすか芸術劇場大ホール

ヘンデル「メサイア」全曲

※チェンバロを担当します。
詳細は後日。

★荻窪栄光教会「メサイア」公演
2018年12月23日(日)
杉並公会堂

※チェンバロを担当します。
詳細は後日。





[PR]
# by saskia1217 | 2019-12-31 23:58 | コンサート・スケジュール | Comments(73)

チェンバロ教室のご案内 (随時受付)

あなたもチェンバロを習いませんか?
チェンバロを弾いてみませんか!
e0081334_1202983.jpg

私が日々お仕事をしているなかで、とても大切な部分を占めるもののひとつ、それはレッスンです。現在おもに自宅で行っているレッスンには、受験生から趣味で弾かれる方まで、いろいろな生徒さんがいらしており、ソロ、また通奏低音をご指導しています。
「チェンバロ科を受験したい」また「ずっとチェンバロを弾いてみたかった」「いちどチェンバロのレッスンを受けてみたい」という方、私とご一緒に楽しくレッスンしませんか?
一年を通して、いつでも受付をしております。お問い合わせだけでも、どうぞお気軽に、ご遠慮なくどうぞ!

対象:
すべての方。年齢、経験を問いません。鍵盤楽器初心者も最初から丁寧にご指導いたします。「練習楽器がない」とご心配の方も、とりあえず始めてみませんか。追々、練習楽器の確保についてもご相談にのります。
音高、音大チェンバロ科受験生、入試で副科チェンバロや通奏低音がある受験生、急に本番でチェンバロを弾くことになり「とりあえずこの曲だけチェンバロで仕上げたい」というピアニストの方、ピアノも弾いたことがないがチェンバロをやってみたい、など、色々な方に対応いたします。
なお通奏低音だけのレッスンもいたします。

レッスンの場所:
都内、JRの駅からすぐ。楽器はフレンチタイプ2段を使用します。出張レッスンにも対応いたしますので、お気軽にご相談ください(会場費・楽器レンタル代・会場までの交通費などは別途ご負担をお願いいたします)。

レッスンの日程や時間:
原則として毎回、生徒さんのご都合と私の予定を合わせて決定します。平日や日中も可。また、期間限定でもお教えできます。

レッスン料:ワンレッスン制です。レベルに関わりなく、1回のレッスン料(約1時間)は一律にしています。なお、受験生や、ソロと通奏低音両方のレッスンを希望される方など、1時間を大幅に超える方については別のカテゴリーになります。金額についてはお問い合わせください。

レッスンご希望の方は、このブログのコメント欄に「チェンバロレッスン希望」のメッセージと、メールアドレスなど可能なご連絡先をご記入の上、必ず『非公開コメント』の欄にチェックを入れてご送信ください。折り返しこちらからご連絡させていただきます。
<重要なお願い>
こちらへのお問い合わせ、お申し込みの際にお知らせいただくご連絡先、メールアドレスなどはお間違えのないよう十分お確かめの上お書きください。特に「携帯のメールアドレス」をいただいた場合、こちらからの送信を受け付けずにメールが返ってきてしまい、連絡に行き違いが生じてレッスンが不可能になってしまったケースが多々ございます。こちらから差し上げるメールはフリーメイルになりますので、大変お手数ですがメール受信の設定をいまいちどご確認いただけますよう、お願い申し上げます。
殆どの場合、お問い合わせいただいた翌日、遅くとも2〜3日中にはお返事さしあげておりますので、万が一お返事が届かない場合は再度コメントくださいますよう、お願いいたします。
また、こちらからの情報を差し上げた後、レッスンをご希望にならない場合でも、どうぞご遠慮なくその旨はっきりとお知らせいただけますと幸いです。そのままお返事いただけませんと、上記のような事故の可能性もあり行き違いが生じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

e0081334_1204548.jpg

[PR]
# by saskia1217 | 2019-12-31 23:57 | チェンバロ教室のご案内 | Comments(67)

アディオス❗️グラシアス❗️

朝9時に映画館に行き「ブエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を観る。

いつも、気づくのが人より遅い。
出遅れすぎて、最寄りの映画館ではすでに上映時間が9時か21時になっちゃった😅
この10日あまりで第一弾のヴェンダースの映画、伝説のオリジナルアルバム、カーネギーライブCD….と一気に20年間を取り戻し、今日やっとの事で映画"アディオス"に辿り着いた。

数々の辛い過去を持つキューバ音楽の歴史を知ることから、今回のドキュメンタリーは始まる。
前作で未公開だったシーン。
それぞれの生い立ちと過去、レコーディングでのミュージシャンたちのぶつかり合い、18年経って80〜90歳となった彼らの「今」。
音楽、酒、ロマンス、家族・・・
老いてゆく現実と、次世代への希望。
生き様と、サヨナラの仕方。

キューバではカストロ議長が亡くなり、アメリカはオバマ大統領の時代になって、激動の変化の中で1世紀を生きた人たち。
ホワイトハウスに招かれて演奏した、オバマさんとのシーンは象徴的で深く心に残った。

特に私が惹かれた音楽家、歌手のイブライム・フェレールとピアニストのルーベン・ゴンザレスはもうこの世には居ない。
爆発的に売れてから世界ツァーで日本にも来たのに、彼らを生で聴けなかったことが本当に残念だ。

「引退?まさか。最期の音は墓の中で弾くよ!」
「最期の最期まで歌い続けたいわ」
「人生の花は誰にでも必ず訪れるよ」

彼ら全員の共通項・・
音楽は命。
私もその端っこの端っこに居させてもらいたいな。

(さい芸リハの真っ最中、近藤さんがふと「知ってる?」と話題にあげてくださった「ブエナ・ビスタ」。
「観てないです」「いいよ〜」
素敵な、偉大な音楽をスルーして終わるところだった。
近藤さん、ありがとうです!)
e0081334_01593187.jpeg

[PR]
# by saskia1217 | 2018-08-08 17:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

もう二度と戻らない日々を〜彩の国さいたま芸術劇場・光の庭プロムナードコンサート

彩の国さいたま芸術劇場・光の庭プロムナードコンサート「どっかで聞いたね、このメロディー!」
無事終了しました!
楽しかったぁ〜!

36℃の与野本町
たくさんのお客さま、本当にありがとうございました!
最前列には小さい子どもたちがズラーッと、クスクスゲラゲラよく笑ってくれました。
みんなで踊るコーナーも、子ども編はもちろん、オトナ編も皆さん殆ど全員踊ってくれた!
(意外とみんなやりたいんですね、じつは)

相変わらず詰め込みすぎて時間オーバーでしたが、終演後オルガンの周りには楽器が見えなくなるほどの人だかり。
ふだん着飾ることもない茶色のオルガンくんも、今日は花いっぱい、シャッター切られまくりのモテモテ!

個人的には、最後まで詰めに詰めたエレカシ「今宵の月のように」にチカラが入りまくりましたが
一番の懸案だった、1番2番の言葉割りの違いから来るリズムの細かい差をなんとかクリアできてホッと。
2番から紙吹雪を降らせた中庭に近藤さんが踊る景色を、私も見たかったナ。
(庭を背に弾いているので見えない…けど、目の前のお客さんのざわめきやため息で「何かが起きた」のはわかる…笑)
涙してくれたエレファンにも感謝です(泣)

昨夜22時まで福岡・博多座で舞台をつとめられ、今朝早い飛行機でさい芸に駆けつけ、また風のように次のリハに飛んでいかれた近藤さんに、心からの感謝を!
そして、ダンサーが乗って踊る高〜い台から、紙吹雪から、くす玉から、紙テープから、ブドウ(笑)まで、即座に用意してくださったスタッフの皆さま、音響、映像、カメラマンの皆さま、本当にありがとうございました!
ほ、ん、と、さい芸のスタッフさんは世界一です!
e0081334_03511340.jpg

e0081334_03511618.jpg

e0081334_03512092.jpg

e0081334_03512324.jpg

e0081334_03512597.jpg



[PR]
# by saskia1217 | 2018-08-05 03:34 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

モヒートはずっと好きだったのに

e0081334_00481630.jpg
「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」を観た。
レンタルDVD。

今ごろ〜?
なんだけどね。
いつだって私は、たいてい何年か何十年か遅れてる。
そんなことばっか。
タイトルだけ記憶にあったのは、監督が割と好きなウィム・ヴェンダースだったからだろうけど、
なぜ今まで観なかったのだろう・・・

映像冒頭のライブやあちこちのシーンで表示される時の表示、98年といえば私がまだヨーロッパにいた最後の年じゃないか。
しょっちゅう行っていたアムスでこんなコンサートがあったなんて。
知る由もないわけだけど。

ハバナの街にたくさんの犬。
酒、葉巻。
水、水辺、湿ったイメージ。
ああ、世界じゅういろんな国があって、いろんな街があって、
わたしは、行って、見ることのない街がたくさんあるんだなあ。
仕方ないけど、悲しい、というより残念だ。

アメリカの歴代大統領を知ることもなく、自分のアイデンティティだったはずの音楽をしなくなってから何十年も経ち、
集まって音を出す何人もの名手たち。
ラザロを心の支えとして大切に崇める老シンガーと、鍵盤に半分吸い込まれているように楽器と同化してるピアニストが心に残る。
面白い楽器も出てくる。
ラウーとか・・・複弦楽器だから、以前近藤良平さんや石渕聡さんに見せてもらったブラジルの「ヴィオラ・カイピーラ」とよく似た音がする。
誰もが魅力的。
一流、超一流の音楽と音楽家。

レコーディング風景も、カーネギーでのライブシーンも、
本当にね、心が持っていかれる。
ちょうど、一昨日You Tube配信でライブで見ていたフジロックでのFishboneのスカで感じたのと
おんなじ楽しみだなぁって。

あーあ
もっとちゃんと音楽やろう、って思ったよ
ちゃんと、っていうのは
立ち向かわなきゃいけないような仕事(音楽)に対峙する時に
ちょびっとでもあるイヤな気分を
一切捨てることだ

音楽は
ナチュラルに
素直に
丁寧に
手を抜かずに
思い切って・・・やるもんだ。

「プロでは
軽い感じの音が出ない」
この映画でベテランパーカッショニストが言ってたセリフ。
これ、これなんだよ
わたしの目下の悩みはね。

それから
ギターはやっぱり
ちゃんと弾けるようになろう
と、思いました(笑)








[PR]
# by saskia1217 | 2018-07-30 01:12 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

東京・春・音楽祭2018 「ブリューゲル展記念コンサート vol.2」オンデマンド配信開始!

さる3/24 東京都美術館にて行われた、東京・春・音楽祭2018 「ブリューゲル展記念コンサート vol.2 廣澤麻美(チェンバロ&ヴァージナル)」のオンデマンド配信が、本日から始まりました!

コンサート全曲、アンコールまでフルでご覧いただけます。
PC、タブレット、スマホで10/19まで視聴可能。
よろしければぜひ!💁🏻‍♀️

[PR]
# by saskia1217 | 2018-07-20 09:24 | Comments(0)

次の時代も共に〜エレファントカシマシ「Wake Up」ツァー@Zepp Tokyo2日目〜

e0081334_00545122.jpeg
エレカシZepp Tokyo2日目。
セトリは昨日と同じだが、何曲か歌い回しに高音の素敵なアドリブ多し。
ギターもだけど、宮本さんの声によるメロディの即興は本当に本当に素晴らしいのだ!
他の誰にも作れないフレーズなんだ。

時折僅かに掠れながらも、声は昨日よりずっと楽そう。
客席の熱量は、今日のほうが開演時から高かった気がする。
昨日は宮本さんの緊張感がピリピリ伝わってきたが、今日はもっとリラックスしてた感じで客席への語りかけもラフだったな。

「このZeppが出来た時、宇多田ヒカルに招待されて2階中央で見たんですよー…えーと、自慢です」
ツァーオープニング、喉の不調で名古屋キャンセルを謝罪会見。
(過去最高に症状が酷く、スタッフも俺も『いつも通りすぐ治る』と思ってたんだけどダメでした)
「(私が死んだ後に価値が出る曲、の話題)まー自分は死んでるからわからないけどさ、いや、でも俺90、100歳まで生きるから。」
(90歳になったら国民栄誉賞を!是非!)

超絶タコ踊り、超速インベーダー移動、悪魔高笑いは今日は少なめ。
アンコール終わって2時間でキッパリとSE流れる。
それでいいと思う。
今まで普通に3時間超えがおかしかったんだよ。

今一番好きな「今を歌え」の密度は増してたし、あの雄大なる「旅立ちの朝」をもう一度浴びられる幸せ。
ステージもフロアもご機嫌、どちらもが無限の幸福感に包まれた一夜。

カーテンコール恒例のストーンズ挨拶、今日は全員で恋人繋ぎ成功。
ほんとになんて愛らしい人たちなんだろう・・・

フェスに行く予定のないわたしには、おそらく平成最後のエレカシライブ。
ありがとう。
昭和〜平成〜…3つの時代を一緒に駆け抜けられることに、乾杯!

[PR]
# by saskia1217 | 2018-07-07 01:00 | エレファントカシマシ | Comments(0)

旅立ちの夜〜エレファントカシマシ「Wake Up」ツァー@Zepp Tokyo 1日目〜

e0081334_00425900.jpeg
旅立ちの夜。
11年目、私の57回目のエレカシのコンサート。

なにこの八百屋声…(涙)
ガッラガラ!
ツァースタートの名古屋公演を丸々キャンセルした喉がまたぶり返したのか、無理して大阪やって治ってないのか、はたまた昨日リハしすぎたのか、今日のゲネで張り切りすぎたのか…
今日という今日はこりゃホントにダメじゃん、宮本さん!
と、もうほとんど怒り😡
実は名古屋キャンセルの話を聞いたときも私は「うわあお気の毒だ、大丈夫かな」というよりも「なにそれ!ダメでしょそれは〜!!」という怒りの方が勝っていた。
(耳のご病気の時はそれはそれは深刻に心配ばかりしていたけど)
過去、ライブ中に喉が復活するのはあるあるだった宮本さんだが、これは再度ドクターストップか?

…という冒頭3曲の超ガッカリを電撃的に覆す4曲目「悲しみの果て」
からの、残り19曲艶やかに歌い切る。

一体どんな声帯なんだよ⁉️

とてつもなくライブ化けしていた「旅立ちの朝」が今夜のベスト!
エフェクトのかかったボーカルと青紫の照明がつくる透明感。

12年前のアルバム「町を見下ろす丘」を彷彿とさせる「オレを生きる」
インタビューで読んだことだが、このアルバムではタイトルに「俺」と「オレ」が両方登場する。
かなり好きな、レゲエ調「神様俺を!」は「どちらかといえば自分を含むみんな」、そして「オレを生きる」は「自分自身」のことだと。
♪悲しんでなんていられない♪
の一言で、その共感は最高に達する。

そして「RESTART」「i am hungry」の名演、快演!
「私が死んだ後に価値が出る曲です」とのMCの(笑)懐かしい曲「シャララ」の秀逸さは、生きてる今すでに宝物。

説得力と貫禄と。
危うさとチャーミングと。
不器用という真っ直ぐささえ孕んだ才能が昇華した職人技。

今日もまたいろんな思いを孕んで幕が下りた。
こうやって時は過ぎる。
街は変わるけど、その人がいた場所、あの時間は確かな魂となってまぎれもなく残る。
今日何度も眼差しを上に向け天を指差し歌いかけた宮本さんの祈りのベクトルを、痛いほど共有する雨の朝。
e0081334_00433651.jpeg
e0081334_00435548.jpeg
e0081334_00441523.jpeg
e0081334_00500858.jpeg


[PR]
# by saskia1217 | 2018-07-07 00:42 | エレファントカシマシ | Comments(0)

矢来能楽堂の午後

今日は矢来能楽堂。
9月につくばでオペラ+能「カーリュー・リバー」をご一緒する能楽師・山中一馬さんの会にお邪魔いたしました。

番組は
仕舞「玉鬘」「誓願寺」
狂言「千鳥」
能「海人」

仕舞でこれから広がる世界に入っていき。
狂言は何みても面白くて好きなのだけど「千鳥」は
特に素直で平和でなごむよね。

休憩挟んで「海人」
これは拝見するの初めてだったのでうっすら予習して行ったのだけど、間狂言も入るなかなかの大作。
演者は当然ながら、観客にかなりの集中を要する演目だなぁと思った。
夢幻能(に入るのかな?女菩薩物)は特に好きなのだけど、ひとしきりあってからのシテの登場の空気がタダならないのがいいんだよね。
やっぱり生身の人間じゃないモノが入ってくる、あの感じ。

海女と龍女を演じられた山中さんからは、しっとりとした落ち着きというのだろうか、光じゃないけど影でもない何か落ち着いた、成仏してない霊なのに浮ついてない、悲しみを悟っているような感じを受けた。

印象的だったのは、藤原房前を演じた子方の女の子。
小学校3年生ぐらいだろうか、きっと長いことお稽古しているからあの舞台に立てたのだろうけれど、大勢のおじさんたち(!)の中でたった1人、よく通る声と凛とした動きで本当にしっかり立派に務めていて感心してしまった。
私たち音楽家も小さい頃からお稽古して舞台に立つけれど、それとはまた一線を画した、規律の厳しい世界で…
言葉を覚え、動きを覚え、タイミングを覚え、座っている時も視線も変えずピクリとも動かない。
いやいや、私には無理だなー!

あと、どうしても囃子方に意識がいってしまう…
今日はどの方も本当に素晴らしかったけれど、藤田貴寛さんの笛が特に好きでした。
何とも言えない音程が指の角度で作られる様子や、ここぞと言う所の吹き切り方なども見事でした。

やっぱり矢来能楽堂、好きだなー。
入口の佇まいも舞台もあったかい感じがする。
古さや規模のせいもあるけど、例えば国立は綺麗で立派だけどどこかちょっと冷たい。
ただ、古い能楽堂ってお席の作りが小さくて狭いんだよね(苦笑)
梅若とかもねー
隣の方と、肩や腕がくっついちゃう。
くっつかないように2時間半過ごすのはなかなかの緊張感が…
まぁそこはなんと言っても国立能楽堂のメリットでしょう(笑)

楽しかった。
やっぱり時々観たいね、お能は。
e0081334_21462042.jpg

e0081334_21462362.jpg

e0081334_21462569.jpg


[PR]
# by saskia1217 | 2018-06-16 21:44 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


Music of the Couperins


Wake Up(初回限定盤)(DVD付)


エレファントカシマシ デビュー25周年記念 SPECIAL LIVE さいたまスーパーアリーナ (通常盤) [DVD]


すべての壁をぶっ壊せ!: Rock'n牧師の丸ごと世界一周


KOYASAN Insight Guide 高野山を知る一〇八のキーワード (Insight Guide 4)


史上最強 図解仏教入門 (史上最強図解シリーズ)


十字を切る

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 21:30
今頃のコメント、失礼いた..
by はるかぜたんぽぽ at 17:21
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 13:52
初めましてなのですがここ..
by はるかぜたんぽぽ at 00:53
船津洋子「傘松道詠集の名..
by とくまるくもん at 06:35

以前の記事

2019年 12月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧