今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217
e0081334_16180771.jpg

今頃・・・ですが。
毎年恒例、エレカシの新春コンサートを武道館で聴いてきた。
そうか、昨年は国際フォーラムだったから武道館は久しぶりかな。
やっぱり武道館はいい。
しかもこの日は、快晴の青い空から、きりりと冷えた月の冴える夜に。
エレカシのコンサートが終わって外に出て来たときに月が見えるのって、本当にいい。
夏の野音、Zepp東京の観覧車にかかる月、そして武道館の広い空の月。
それぞれに思い出がある。

今年は東側スタンドの、とてもステージに近いところで観た。
広いステージの中央にこじんまりと置かれたセット。
4人+サニーさんのキーボードとヒラマミキオさんのサポートギター。
6人という絶妙の締まり具合。
セットを見たときから期待が高まる。

ソールドアウトの、上階まで満員の武道館。
嬉しいね。
いろいろあったね。
いまようやく落ち着いたエレカシを思うにつけ。
いろいろあって、こっちも落ち着いてエレカシを聴けるようになった。

宮本さんは昨年のZeppと打って変わって絶好調の声。
「夢のちまた」の第一声で「今日はいいぞ、大丈夫だ〜」なんて思う。
ちょうどドラムの冨永さんの手元がよく見える席で、いつも聴いている音源では気づかなかった面白いリズムに新しい発見をしたり。
エレカシの曲(特に初期の)って、ものすごい変拍子だったり、変なとこに拍入れたりするんだよね(笑)。
やっぱりすごいや、トミ!
この日も終始すばらしかった。

最近はあまりMCをしない宮本さんだが、さすがに新春とあって嬉しそうなコメントを時々。
「おめでとう!」
「大丈夫だ!」
「今年はいい年になる!」

「新しい季節へキミと」が聴けて清々しく嬉しい。
全体的に落ち着いた演奏、特に「デーデ」とか「星の砂」なんかも腰が据わってて浮ついたアッチェレランドがない。
音も声もすべてがしっかり、言葉もはっきり。
地に足がついた響きがしていた。
安心感、かな。

「愛すべき今日」やっぱりいい曲だあ
「はじまりは今」(「住む街を変えて若くてキラキラしていた頃の曲です!」)
「翳りゆく部屋」 ひさしぶりで嬉しかった
そして何故か「翳りゆく」の後でギターかかえたまま「晩秋の一夜」の一節を朗々と。
「ああ、ここ(マイクの前)・・・歌いたくなっちゃうんだ」
歌いたくなっちゃう人・・・それが歌手だもんな。

6人なのにすごい量感、あの広い武道館で。
音楽的落ち着きはあったんんだけど、間奏のインプロとか、かけ声とかが今まできいたことない斬新なものもあったのが楽しかった。
「星の砂」だったっけな、「うわっはっはっ」とかものすごい悪魔笑いとか(笑)
相変わらず左右にかけずり回り、お客さんにサービス。
ステージ際の大砲型の照明にまたがって、それが気に入ったのか何度も繰り返し、そのたびにコンピュータ制御の照明が正しい位置に自動で戻って行くのが可笑しくて。
途中ギターのペグが弛むというアクシデントに「もーだめっ!このギター、失格!」に笑い。

「珍奇男」なんかもこのところワンマンではあまりやってなかったメジャーどころ、この日はそんな曲が再び聴けた。
「俺たちの明日」「桜の花舞い上がる道を」「ハナウタ」のお正月三点セット!
そしてやっぱり「笑顔の未来へ」
「夢を追う旅人」やっぱりいい
「RAINBOW」はもしかしたら過去最高の演奏だったかも。
「ガストロンジャー」さえ、ものすごい丁寧な演奏。

「第二部」は珍しく黒に白紐のスニーカーで登場。
白シャツ黒パンツにそれだから、なんか初々しくて若いぞ。
「ちょっと変わった曲なんだけど」と「東京ジェラシイ」も嬉しい。
そこから「i am hungry」「so many people」「ファイティングマン」とノリノリの盛り上がり。

アンコールはメンバー休憩で「涙」弾き語り。
これ聴けるのは本当に嬉しい。
やっぱりライブのなかで数曲は弾き語りが聴きたいよ。
ここでまさかの「今宵の月のように」
そしてここで終わるわけないな・・・と待ってました「待つ男」
これやらないとお正月が来ないね(笑)

30周年のエレカシを聴きはじめて、私は9年。
いつもそこにエレカシがいて、新曲のCD聴いて、時々出るテレビ見て、ライブに行って・・・
ある意味安定したローテーション、それがかけがえの無い幸せなんだということも噛み締める。
舞台に乗る側も聴く側も、ハッピーな時、辛い時期、お互いいろいろある。
それでもその「当たり前」の繰り返しが、そしてその度に受け取る思いが、変わらないこと。
お互い変わっているのに、変わらないもの。
たとえブランクがあったとしても、戻って来られるところ。
それって、両方スゴイんだと思う。
エレカシも自分もバンザイ、エレカシも自分もガンバレ!

今年、エレカシは全然(苦笑)東京に居てくれない。
エレカシが居ない東京なんて・・・って思うけど(笑)
8月を抜かしたほぼ一年間、4月から12月まで、北海道から沖縄まで47回のコンサートツァー。
そのどこかでまた聴きにいけることを、そしてエレカシの元気を、
年頭に祈る2017年新春。
e0081334_16180712.jpg




[PR]
# by saskia1217 | 2017-01-14 16:16 | エレファントカシマシ | Comments(0)

都心の静謐

e0081334_23453575.jpg

三が日最終日。
新年修正会@永平寺東京別院長谷寺
山門、ヒルズ、鏡餅。

麻布観音様の足下。
物凄い太鼓の連打にのせての般若心経、聞き慣れた大悲心陀羅尼。
15名ほどのお坊さんの力強い読経が観音堂の天井高くこだまする。
そしてダイナミックな大般若。
この転読の風に当たると今年一年病気にならないとか。
勇壮な掛け声が勇ましく五臓六腑に響く。
e0081334_23453691.jpg

読経の前に散華。
ボーッと見とれていたらあっという間にすべて拾い集められポカーン。
隣にいらした年配のご婦人が一枚私に手渡してくださる。
色うつくしい天女の絵。
e0081334_23453601.jpg

e0081334_23453744.jpg

短い法話。
集まった参列者が30人くらいと少なく、お話されたお坊さんは一人一人の目を見て話されていた。福酒をひと瓶いただく。
続いて、境内反対側の微通亭にお祀りされてる麻布稲荷様の法要。
参列者もお焼香。
お世話になっている雲水さんたち、覚えていて下さってご挨拶を交わす☺️

思ったより人の少ないお正月の表参道。
静かで、自由で、キリリとした
気持ちのいい時間。
なにかのけじめ。
ただただありがたい。
e0081334_23453803.jpg

e0081334_23453854.jpg

e0081334_23453934.jpg

e0081334_23454033.jpg


[PR]
# by saskia1217 | 2017-01-09 23:39 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

自分ニュース

2016年、あと2日。
今年の個人的ニュース。

神楽坂セッションハウス・近藤良平とさか計画「カバレフスキー&ハチャトリアン」(1月)
ソロ・リサイタル(6月)
声明ミニコンサートと阿字観
タップダンスWS(7月)
コンドルズ20周年NHKホール
エレカシ野音(9月)
永平寺参禅(10月)
阿佐ヶ谷教会チャーチコンサート(11月)
永平寺東京別院参禅(12月)

十大、と思ったけど10なかった(笑)

今年の漢字、一文字。
「禅」?
「寺」かな・・・
永平寺はそれだけ強烈な、現在の自分へのカンフルと、未来に繋がる体験だった。

声明コンサートを聞きに行ったつながりでその後毎月参加している阿字観、これもご縁に感謝。
9年ぶりのソロ・リサイタルは色々と個人的にはどん底の状況のなか、たくさんの人たちに助けていただいて何とか精一杯終えることができた。
かなり長い間待ってからやってきたコンドルズのNHKホール公演は、期待通りに楽しく期待に反して気負いの無い自然体の舞台。
思い立って急に行ってみたタップダンスはやっぱり面白くて楽しかった。

考えてみると、今年のキーワードは
「思い立って行ってみたら」
どれもこれも結局は、動機はあんまり上手いこと説明できないことばかり。
なんか、今だ、すぐに行きたい、今行かなければ・・って感じで、結果いろんな人やモノに会うことができた。
ありがとうございます。

今年ありがとう。
来年もよろしく。

[PR]
# by saskia1217 | 2016-12-30 02:48 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

すごいな道元

e0081334_00482169.jpg
またか・・・と言われそうなのだけど(笑)
10月に永平寺での4日間の参禅修行から帰ってからおよそ1ヶ月くらいの間に、気がついたら結構な数の本が手元に増えていた。
どうしても欲しいものだけをしかも古本中心に集めたのだが、「正法眼蔵」に至ってはあと7巻もあるので(苦笑)まだまだこれから増えそうだなあ・・
(お経本は実家から発掘したもの・・・笑)

「食う寝る坐る 永平寺修行記」だけは、東京に帰ってすぐに注文し、届いて2日間で一気に読んでしまった。
この本のことはまた後日書きたいと思っている。

どれも面白いのでどれから読み始めていいか困った。
ちょうど折しもNHK・Eテレ「100分de名著」が始まったのでそれは番組と共に読んだ。
それもあって、やっぱり道元禅師に向かうなら、まず真っ正面から「正法眼蔵」だろう、と。
聖書みたいな超大作だから、きっと時間はかかる。
いくつかある版のうち迷った挙げ句チョイスした原語と注釈と現代語訳が併記してある、講談社学術文庫のもの。
昼間、移動中や待ち時間空き時間、家にいる時間などにはこれをちまちま読んでいくことにした。
そして、おんなじくらいすぐに読みたかった「正法眼蔵随聞記」(道元の弟子である孤雲懐奘禅師が、師の道元禅師からの教えを書き留めたもの)を、夜寝る前に読むことにした。これはエッセイみたいに、ひとつひとつの話が比較的短く、おまけにちくま学芸文庫の水野弥穂子さんの訳が素晴らしく明解で分かり易いので、寝る前にウンウンうなる必要もない。

昨夜読んでいた章が、短いのにあまりにもハッとしたのだ。
「法談の次に示して云ク、直饒我レ道理を以て道ふに、人僻事を言フを、理を攻めて言ヒ勝ツは悪しきなり。
次に、我れは現に道理と思へども、「我が非にこそ。」と言ツて負けてのくもあしばやなると言フなり。
ただ人をも言ヒ折らず、我が僻事にも謂ヒおほせず、無為にして止めるが好キなり。耳に聴キ入レぬやうにて忘るれば、人も忘れて怒らざるなり。第一の用心なり。」

(訳)
「法の話をなさったおりに、教えて言われた。
よしんば自分は道理にかなったことを言っているのに、相手が間違ったことを言っても、理屈で攻めて相手を言いまかすのはよくない。
また次に、自分では、たしかに自分の方が道理に合っていると思っても、「わたしが間違っているのでしょう。」と言って、敗けて引きさがるのも、あきらめが早すぎてよくない。
ただ、相手もへこませず、自分の間違いにもしてしまわず、何事もなく、そのままにしておくのがよいのである。相手の議論も、聞こえないようにして、気にかけないと、相手も同様に忘れて、怒りもしないのである。何より大切な心得である。」

すごいなあ!
まるで目の前に道元が現れて諭されてるみたいに電撃的だった。
今はもうずいぶん治ったと思っているけれど、ドイツから帰ってきてから暫く、私は話し相手を「こちらの道理を出来るだけ強烈に示して打ち負かす」という所謂欧米風の会話を、平気でしていた(ようだった)。
家族からさんざん注意され、悲しまれ(時に母には泣かれ)、さすがに直接は言わなかった友人知人もきっと同じ不快感を持っていたに違いない。
良い悪いという意識はなく、自然にそうなっていたのだと思うけれど、厄介なのは自分でそれが「相手を不愉快にさせている」ということに全く気づかなかったことだ。

なるほど、この道元の言葉、冒頭は「ほう、そうか。言い負かすというのはやはり良くないのだな。日本の美徳でもあろう」なんて感心するのだが、それよりも面白いと思ったのはその次。
「自分が違っている、と引き下がるのもよくない。どちらでもなく、決着をつけることなく、そのまま流す」のが良い、というところ。
うやむやにする、ぼかしておく・・・それはついつい、日本の「悪いところ」と思われる事が多いけれど(特に西洋に近い意識を持った人には)、いやいややっぱりね、これってすごく大事なことかもしれない。

目の前にあることをそのまま受け止め、肯定も否定もせず取り込んで、自分がまるで金網かフィルターになったようにそれを通してやる。
「坐禅の途中に何かが頭のなかに浮かんでくる、そのこと自体は悪い事ではないが、それを膨らませないでそのまま流してゆかせる」という曹洞宗の坐禅の心得を思い出した。
対話、対人に於いても、相手を無視してそのまま「聞かない」のではなく、ちゃんと聞いて受け止めた後でそれを流す、ということなんだろう。
対人関係のノウハウ、ということ以上に、真剣に向き合いながらも怒りや衝突を避けることが出来る術。
いつも相手をまっすぐに見つめ、凛としている僧侶の姿のような、そんなイメージを持った。

道元。
意外と頑固だったとも聞くけれど、そんな人間味も含めて、ホントに恐るべし方である。
何年かかるかわからないけど、「正法眼蔵」どんどん分け入っていこう。




[PR]
# by saskia1217 | 2016-12-29 01:42 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

絶賛リハーサル中!

e0081334_00432414.jpg

トリ年は「とさか」で幕開けよ!💕🐔

ゴンザレスがゆっくりと始動しました!
良平さん最愛のヘンな音楽と😅
フレッシュなメンバーで
いったいナニが出来上がるんだろ?
まだまだ実体は見えないけど、すぐにニョキニョキ膨れ上がってくるんだろーな
いつものように✨

今日は久しぶりの龍朋へ。
「りゅうほう麺」でエネルギーチャージ!からのリハーサル。
このくらい食べないとダメな感じの曲です(笑)
おたのしみに!

神楽坂セッションハウス「近藤良平リンゴ企画・神楽坂とさか計画」
チリー・ゴンザレス『ソロ・ピアノ』他
1/28〜29 全4回公演
詳細は↑コンサート情報をご覧ください

キャパが少ない会場なので早いソールドアウトのキケンあり!
お決まりの方は下記HPからどうぞお早めに!
私までメッセージ頂いてもOKです😊

公演HP
http://www.session-house.net/tosakakeikaku.html

e0081334_00432482.jpg


[PR]
# by saskia1217 | 2016-12-29 00:35 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

主演俳優

大好きなエレカシのボーカル・宮本さんがドラマ初主演というので、半分ワクワク半分ドキドキで観た。
フジテレビ・ヤングシナリオ大賞受賞作品
「俺のセンセイ」

メディアで怒りまくり後日自筆の謝罪文を発表する…という、まさかのオープ二ングに半分笑いながらもじつは凍りついてたけど😱
忘れてたことを思い出させてくれて…😅
「このドラマはフィクションです」だとー?
しかもご本人再演ドラマみたいな…
よく演ってくれましたねぇ
オトナ、だからな

宮本さんが100パー地でいけるって点では
ドンピシャなキャスティングだったんじゃないかな。
音楽に集中したいだろうし、忙しいとは思うけど
これからもちょいちょい演技もしてほしいな
昔のTBS「Friends」も心に残る良さだったもの
実写なのにあれだけマンガみたいに動ける、しかもナチュラルに(笑)
…な人は俳優さんでもそういないだろうな
ナチュラルなオーバーアクション(笑)てなかなか出来ないと思う

なるほど
「全編エレカシの曲使用」ってこーゆーことか…
それなりの場面になるほどの曲が、いろんなバージョンで使われてた
ラスト鼻歌に音源が重なったときにピッチぴったりだったのが、いつもの「さすが」だったし。

挿入曲のインストのアレンジが私にはちょっぴり薄っぺらく聴こえて最初違和感あったんだけど、
選曲は(歌詞なしでも)その内容がシーンに合ってる気がしたしね。
ま、「ゲキバン」としてはあのくらいうすーいアレンジのほうが気にならなくていいのかもしれないね。

脚本は…
ヤングシナリオ大賞ってプロの登竜門なんだろうけど、うーん、それならちょっと物足りない感じだったですかね〜
話の角々で誰にでも先が読めちゃうストーリー、無理すぎるゴリ押し展開、少々雑な結末…
「ドタバタコメディー中にちょいとホロリ」を作る難しさを痛感。

まぁ…
「ミヤジドラマ」としてファンが観るには楽しいけど
普通のドラマとしては、うーん、面白いと思ってもらえるるのかな?
という微妙な。

わたしは、とっても楽しませて頂きました!
[PR]
# by saskia1217 | 2016-12-29 00:22 | エレファントカシマシ | Comments(0)

ハシゴ

いつもの阿字観、今日はすわる時間をいっぱい取って下さったのがとっても良かった☺️
体の中にスノードームみたいに浮いてる糸屑や埃みたいなものが、全部ちゃんと沈殿してから体の外に出るだけの時間の余裕が頂けた気がする。
いい時間、だいじな時間、ありがたい時間。

帰り、通り道なのでフラリととげぬきさんへ。
小さい頃から時々来てたし、今更〜って感じでふだんは通り過ぎるだけ。
立ち寄ったのは何年ぶりだろう。
ここ高岩寺が曹洞宗って最近知った😨
ちょっと意外。

真言宗、からの〜曹洞宗…
ってどーなの😅
なんか最近、
真言宗はカトリックっぽく、曹洞宗はプロテスタントっぽい…
な〜んてちょっと感じたりしてる
スミマセン、勝手な独り言です🍵

でもって、秋の染井もいいのだ🍁
e0081334_18132318.jpg


e0081334_18132484.jpg

e0081334_18132550.jpg

e0081334_18132624.jpg

e0081334_18132718.jpg


[PR]
# by saskia1217 | 2016-11-22 18:09 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

立川ミニ散歩

リハに行ってみたら出番まで3時間あったので、
検索した近くの美味しいインドカレーでお腹いっぱいになった後、お散歩にちょうどいい距離の神社を見つけ歩いて行ってみた。

立川の諏訪神社。
立派〜〜!
しかも参道の広葉樹や境内の御神木の大銀杏が紅葉してて綺麗!
山門をくぐるといきなりパーッと空と地面が開けるのが気持ちいい。
堂々とした拝殿の曲線や、回廊へぐるっと繋がるラインも美しい。

たくさんある摂末社のなかには珍しい形の疱瘡神社や、あと「目の神様」もいらしたので、とにかく建御名方神からはじまって倉稲魂命から金毘羅さんから…ぜーんぶお参りしといた🙏

立川、いいとこじゃないかー!
ルミネとアトレには好きなものいっぱいだったし。

フラフラしてたら呼び出しがあり、急遽リハ会場にとってかえす。
ヴィヴァルディ「グローリア」の相棒はクロップのポジティフ。
静謐な空気が開ける境内みたいに清々しい曲。

本番は土曜日、池袋・芸劇にて。
e0081334_23131148.jpg

e0081334_23131380.jpg

e0081334_23131450.jpg

e0081334_23131538.jpg

e0081334_23131687.jpg

e0081334_23131812.jpg

e0081334_23132238.jpg

e0081334_23132348.jpg

e0081334_23132597.jpg

e0081334_23132592.jpg





[PR]
# by saskia1217 | 2016-11-16 23:09 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
e0081334_02444238.jpg
阿佐ヶ谷教会チャーチコンサート、晴天と180人あまりのお客様に恵まれて無事終了しました。
お運びくださった皆さま、どうもありがとうございました!

「教会らしい曲も入れてください」という、チェンバロという超俗社会の(宮廷もまぁ俗ですから)楽器には難しいリクエストになんとか知恵を絞り、前半は賛美歌ネタ中心、後半は劇場、踊り、お酒、教育、そしてチェンバロ以外の世界…と思いっきり世俗まみれに😄
前半は超真面目な空気に固まっていた客席を、どうにかゆる〜くしようと、後半は私本来の不埒な感じで攻めてみましたが😎
楽しんでいただけたでしょうか?

アンコールのピアソラ「リベルタンゴ」は6月のリサイタルで好評頂いたので、調子に乗ってまた弾きました💃🏻
派手な曲はやはりお客様にはインパクトあるようです。

チャリティーとして集まった皆様のお気持ちが届き、震災からまだ完全に復興できていない東北の教会が少しでも早く再建されますよう、祈りたいと思います。
e0081334_02445182.jpg
e0081334_02443276.jpg
e0081334_02442763.jpg
e0081334_02450322.jpg

[PR]
# by saskia1217 | 2016-11-15 02:41 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

上からの声

e0081334_02340735.jpg

トーハクがらみでもうひとつ、忘れられないものを観た。
先日書いた「写禅語」や「禅トーク」に参加するには、「禅」展のチケット半券が必要なのでそれを大事にお財布に保管していたわけだが、行ってみたらどうもそれだけじゃ「入場」そのものが出来ないらしい。
つまりイベントには参加できるけど「入館」しないとダメってことで。
常設展のチケットでも買えばよいのだけど、そういえばちょうどやってる「平安の秘仏」展、うっすら「見たいなあ」と思っていたことを思い出した。
ちょうどいいや、とこれも何かのご縁、やっぱり観ろよ、ということなのか・・・とチケット購入。
イベント参加し、秘仏展はまた後日ゆっくり来ようかと思ったが、きけば展示品はそれほど多くなく部屋もひとつだけだという。閉館まであと2時間強たっぷりあった。
早く帰って練習しなきゃとか、ああ部屋の掃除してなかったとか、心に余裕がない時に限ってそれほど大したことでもないことで自分が自分を焦らせる。
思っていて出来なかったのは自分が悪いのに、なにか他のもののせいにする。
せっかく「禅」の世界に触れたのに、まったくちっとも進歩がありゃしない。

エイッ、今日はもうせっかく来たのだからゆっくり観るぞ。
野寺の大観音とみほとけたち」
滋賀県甲賀市にある櫟野寺(らくやじ)の十一面観世音菩薩、がその目玉。
数日前のテレ朝「ぶっちゃけ寺」でこの移送の様子を取材していた。
日本最大の坐仏観音、秘仏なので普段は厨子の奥の奥にいらして観られないのが、2018年に33年に一度の大開帳らしい。
仏教は好きだし興味あるし仏像も好きだけれど、けして「マニア」ではないので、正直それほど期待せずに部屋に足を踏み入れた。

・・・とたんに、もうそれはそれは驚いたよ。
ほんとうにとてもスゴイものを観た。
5メートル越えという大きさ、はもちろんインパクトの根元。
けど、それだけじゃないものすごい力。
光なんだか熱なんだか力なんだか、わからないけど一瞬で何かに包まれる感じ。
部屋の中央にドーンと、かなりの高さからこちらを見下ろしておられる十一面観世音菩薩様から、何かが発せられてる。
圧巻。
思わず中央に歩み寄って合掌する。

そのまわりには同じ櫟野寺にある10〜12世紀に出来た20驅余りの仏像がぐるっと取り囲んでいて、それぞれその様式も素材も表情も何もかもが面白く、ひとつひとつがとても興味深い。
とはいっても、中央の観音様はもう桁外れに何もかもがスゴイ。
磁石みたいに引き寄せられてしまって、ついつい中央に戻って来てしまう。
厨子の中ではゼッタイに不可能な、左右横、真後ろからも観られるのが貴重。
照明もあいまって青銅色に見える身体には、よく見ると細かく鮮やかな彩色を施された衣の模様や、持ち物や装飾品も美しい。
何よりも、釘付けにされてしまったのは、お顔の、眼の表情。
坐禅のときの45度下を見つめる視線。
いろいろな位置に立ってみて、観音様に向かって左下、右目の先くらいの位置が、あちらからの視線や光線が直接私の中に届く気がしたから、その位置から動くことができなかった。

見上げると、視線が合うような合わないような。
いや確かに「ここ」という一点だけ、合っている気がした。
何にも考えずにただ見ていただけなのに、涙が出てきて仕方がなかった。
仏像を見て涙が出たのは二度目だ。
もうひとつは、芝・増上寺の三解脱門の特別開帳の時に観た、あの門の上にいらっしゃるお釈迦様。
五百羅漢に囲まれ、文殊菩薩と普賢菩薩を従えたお釈迦様。
からっぽで観たのに向こうからやってくる力が半端無かった。

この観音様、ずうっと見上げていると
「よーしわかった。オマエを救ってやろう!」
という声が聴こえてきた気がした。
ちょっと低くて、エコーがかかっているような声である。
いやいやホラーでも、ふざけているわけでもない。
何か辛かったとか疲れていたというわけでもない。
スゴイなあ、これが万人に届く仏様の力なんだなあと素直に思えるくらい、生身で現実的な説得力があった。

まわりの仏様たちをつぶさに観ながら、途中で何度も観音様のところに戻り、最後にもう一度近くから見上げ、出口のところ、少し遠くから眺め、また真下に戻ってもう一度合掌してから会場をあとにした。
後ろ髪引かれるような気持ちもありつつ、また送り出していただいているような、背中への視線も感じながら。

思いがけず、素晴らしい時間だった。
殆ど偶然のようにフラリと足が向き、出会えたご縁。
必要なときに必要なものに出会える。
有り難い、ただただ有り難い。

それはそうと「甲賀市」って「こうか」って読むのね。
ずっと「こうが」だと思ってました。
「こうが忍者」だと思ってました。
失礼しました(笑)
e0081334_02335746.jpg
e0081334_02343337.jpg
e0081334_02341606.jpg


[PR]
# by saskia1217 | 2016-11-15 02:36 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)