今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

調理室で書楽家時間!

昨日は12人でカレー大会、もとい書楽家時間
2時間ちょっとで4種類のカレーを作り、その4つの鍋がコトコトしてる横で2時間字を書き、それからみんなで頂きまーす🍛

鹿肉カレー、家庭風安心カレー、キーマ&パクチーカレー
番外編で先生作→鶏&茄子欧風カレー、オマケのピクルス
どれも美味😋

私は鹿さんチームの配属
野生味溢れる肉を大量の生姜、ニンニク、擦りリンゴ、白ワインに漬け込み少し寝かせてから、ターメリック、カレーパウダー、ガラムマサラ、オールスパイス、赤ワイン、最後に醤油、コーヒー、ヨーグルト仕上げました
自分1人で作るのとはまた違う味になるけど、それもまたよし

全身にカレーの香を纏って帰宅(笑)上着にファブリーズ、シャワーも浴びてサッパリ!
…と思ったら、まだ部屋がカレーくさ〜い😱
リ、リュックだ!笑
7時間のカレー空間、おそるべし
仲よくがんばった皆さんと、たくさん準備して下さった先生に感謝
e0081334_22132995.jpg

e0081334_16271698.jpg

e0081334_16271660.jpg

e0081334_16310201.jpg





[PR]
by saskia1217 | 2016-04-24 16:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

続いてゆくもの

内戦の混乱下で流出し日本で保護されたアフガニスタンの文化財たちを、いま東京藝大美術館・陳列館で無料で観ることができます。

鮮やかな色彩で石に描かれた、大きな目をしたたくさんの小さな仏様たち。
ギリシャ風の彫りの深い顔立ちの、ヘレニズムの仏頭や動物の頭。
ヘレニズム仏像、好き☺️

2階には、タリバンによって破壊されたバーミヤンの大仏壁画「天翔ける太陽神」の原寸大・3Dの再現。実際の洞窟とそこから見える景色を忠実に。
大日如来と太陽神アポロが融合したようなイメージの「神」の足元には、これまたギリシャ神話を思わせる8頭立ての馬車。
壁の摩滅具合、手触りも実際に触れて感じることができる。

目に見えるモノ、人間が作ったモノ…それはいつか必ず滅び、永遠に存在することはない。わかってはいるけれど、それでも人々が作り上げてきたものの何と美しく、強く、そして恐ろしく饒舌なことだろう!
モノ、存在、所有に執着することはたしかに愚かだろう。
残す、守る、伝える…利欲とは一線を画す尊さに、思いを馳せる。

6/19(日)まで
東京藝術大学アフガニスタン特別企画展
バーミヤン大仏天井壁画
〜流出文化財とともに〜
東京藝術大学大学美術館・陳列館
入場無料

展覧会専用HP
http://www.bamiyan-hekiga.com/
e0081334_23014341.jpg

e0081334_23014391.jpg

e0081334_23014448.jpg

e0081334_23014486.jpg


e0081334_23014509.jpg

e0081334_23014588.jpg



e0081334_23014689.jpg

e0081334_23014630.jpg

e0081334_23014681.jpg

e0081334_23014751.jpg




[PR]
by saskia1217 | 2016-04-21 22:54 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(1)

同い年

同い年のふたり、稀な共演。
今回も大阪でしか聴けなかったステージ。
音源を聴いた。

RCがカバーした「明日なき世界」で交錯する2人の声は嘘のように同質なことに驚く。
もはやどっちの声だかわからない。
気がつけばそうだ、ふたりとも艶のある、柔らかくて強靭な声を持ってる。
個々で聞いてると全く感じたことないのに。

この「共演」のど真ん中にお互いの名曲をサンドイッチ。
「あの」ドラマ主題歌のあのギターに宮本さんの声が乗るなんて(笑)
和義さんが「あの」歌詞をシャウトするなんて!

いいなぁ、歌って、音楽っていいなぁ。
なんか…涙が出た。


[PR]
by saskia1217 | 2016-04-18 02:02 | エレファントカシマシ | Comments(0)

秘密の花園

一番好きな場所の一番好きな花が咲いた知らせ。
また今年も会いに行った。
御衣黄と福禄寿。
ささやかな、秘密の花園。
都会の狭間に、信じ難い静寂。

ただ…
その数日前にメディアに取り上げられたらしい。
この朝も、雑誌なのかテレビなのか、脚立を持ったカメラマンとスタッフ達がアングルの確認に走り回っていた。

ついにきたか…きてしまったか😥
うん、みんなの場所、みんなの桜!
でも…
ほんとうに静かな場所がどんどん減ってゆくね。
独り占めしようなんて、けして思ってはいないけど
やっぱりちょっとさみしい。
e0081334_19272628.jpg


e0081334_19272673.jpg



[PR]
by saskia1217 | 2016-04-14 19:24 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

スターのふるさと

ソメイヨシノ、染井吉野。
10年ちょっとくらい、もうずっと毎年、春になるとここの桜に会いにいっている。
染井霊園から染井稲荷神社、西福寺、駒込小学校あたりの、江戸時代植木屋さんばかりだったこの通りが、まさに「発祥の地」
お寺のご住職の苗字があまりにもドンピシャで驚く。

毎年、バシャバシャと性懲りも無く写真を撮る。
毎年同じ場所、同じ桜、同じアングル。
同じ写真じゃん、馬鹿みたいだなあ、って思う。
でも。
同じ、じゃあないのかもしれないな。
e0081334_1104640.jpg

e0081334_112165.jpg

e0081334_1114540.jpg

e0081334_113161.jpg

e0081334_1145654.jpg

e0081334_1165347.jpg

e0081334_1163349.jpg

e0081334_117258.jpg

e0081334_1182068.jpg

e0081334_1175815.jpg

e0081334_1263382.jpg

e0081334_1202875.jpg

e0081334_1211826.jpg

e0081334_1284542.jpg

e0081334_1291251.jpg

e0081334_1295072.jpg

e0081334_1301477.jpg

e0081334_1303215.jpg

e0081334_1313464.jpg

e0081334_1322726.jpg

e0081334_1324420.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2016-04-07 01:33 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

弥生最後の桜

いつもの六義園。
ふだんはあんなに空いているのにね。
なんとか午前中だったこともあって、5分くらい待つ列で済んだ。
正面のスター桜「しだれ桜」の周りには、それでも黒山の人だかり。
「撮影が終わられましたら速やかに左周りでお進みください」と、警備員の拡声器が叫ぶ。
いやいや、どなたさまもお疲れさまだ。

混むところには来ない主義だけれど、花の季節は仕方ない。
そんなワガママいってないで出かけなくてはならない。
毎年必ず会いに来る、この大好きなギガントのために。

それは庭園奥の「吟花亭のしだれ桜」。
見上げるほど高く高く、飄々と空へ向かって立つ桜。
今年も会えてよかった。

人々が連なって渋滞している池周りをふちどるメインの小道を避け、これまた大好きな正門と染井門を結ぶソメイヨシノと椿の並木を通り、午後にはもうこの大きな庭園を囲む長大な塀の角をとっくに曲がっている入場待ちの列を横に見ながら家路についた。

さよなら。
また来年、会いたい。
会えたら、いいな。
e0081334_2317015.jpg

e0081334_2318815.jpg

e0081334_23185611.jpg

e0081334_231957.jpg

e0081334_23193874.jpg

e0081334_23194639.jpg

e0081334_23201810.jpg

e0081334_23202910.jpg

e0081334_23204414.jpg

e0081334_23205360.jpg

e0081334_2321598.jpg

e0081334_23252120.jpg

e0081334_23263244.jpg

e0081334_23271221.jpg

e0081334_23274317.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2016-04-03 23:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)