<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

明日は来ることになっている〜コンドルズ・2015夏の全国ツァー「Tomorrow Never Knows」東京公演〜

e0081334_4141018.jpg

ダンスカンパニー「コンドルズ」の今年の夏の全国ツァーは、東京からスタートした。
その、まさに大初日と、それから東京千穐楽を観た。

1つの演目を2度みるのは久しぶり。
「初日に来るんじゃないよー!」と、こわいメンバーさん(笑)に冗談ぽく怒られることもあるコンドルズだけど、別に初日だからといって何ら欠けがあるわけでもない、もちろん。
ただ、毎日毎日、手直しやら改良が施されるので、結講な様変わりをしたりする。
それを味わうのも、時にはやっぱり面白い。

通常運転の安定感と、ちょいちょい混ざってくる、音、言葉、動きの実験。
流れるように進むひとつひとつの演目の、どの場面からも漂う心地よい温度。
懐かしいもの、まだみたことのなかったもの、そうだったのかーと唸っちゃうもの・・・
すべて、これまたいつものように、この楽しい時間の終焉へとまっしぐら。
面白くて楽しくて吃驚して、そして1人残らずカッコイイ。
もうそれを、その同じことを、毎回確認しに来ているようなもんだと思う。

今回は1人欠けた残りの総勢16人で、あのグローブ座のこじんまりしたステージをキッチキチに占領した彼ら、幕が開いたとき、全員がとても大きく見えた。
はち切れそうな画面、飛び出しそうなチカラ、輝く表情。
愉しさ、弾け、生命力、僅かのゴリ押しの後ろにある経験という自信。
今年の南アフリカ遠征で、全ての大陸での公演を経験したコンドルズ。
20年前、このグローブ座という劇場から出発した彼らが今日立っているこの同じステージは、今の彼らにはもう、とてもとても狭すぎる。
その最初からコンドルズをみてきた人たち、ずっと支えてきた人たちには、きっと胸に迫るもの、格別な思いがあったことだろうな。
そのうちわずか半分の10年を共に歩かせてもらった私は、今日幕があがって初めのいつもながらの群舞シーンで、なんだか知らないけど鼻の奥が突然ジンとして。
よくもまあこの人たちに、この私が出会えたものだ、と。

舞台から溢れ出していたもの。
まったく同じことを思ったんだ、昨年のエレカシのさいアリライブで感じたことと。
愛、愛なんだよなー。
始まった瞬間からもう、舞台いっぱいに溢れる何か。
舞台上にいるメンバーの中に流れる愛、一緒に作っているスタッフとの間に行き来する愛、演者からお客さんに向かう愛、それぞれのダンスへの愛・・・
人間が好き、楽しいことをしたい、前を向きたい、そしてそのための力を惜しまない。

いま、終演後に残るのは、興奮というよりももっとずっと地に足のついた熱感。
10年前は、きっとこちらの熱量も違っていたのだろう、手が付けられないくらいぶっ飛び、浮いたままだった。
いまは、ちゃんと噛み締めることができる。
落ち着いて、反芻して、味わって。
分析なんかしない。できない。
考えることもあまりしない。

「明日は明日の風が吹く」 ・・・思おう、と思わないと思えないけど、時には無理して思ってみる。
「明日やればいいことも今やってしまわないと気が済まない」小心者の私でも、明日が来るのが当たり前だとどこかでまだ思ってる。
モーツァルトの手紙のなかに「僕は、明日の朝目が覚めるかどうか考えると不安でならない」みたいな記述がたしかあって、ときどきそれを思い出すのだけれど、明日があるって、明日が来るって、そしてそれが確信できるって、素晴らしいことだよ。
スゴいことだよ。
「明日になってみないとわかんないよ」なんて思えるのも月に1度くらいの諦めの悪さも持ち合わせてるけど、それでもきっと、明日は来る。
明日の明日も来る。
たぶんね。

全力で、流されよう。
全力で、抗おう。
全身全霊で、味わおう。
使い尽くそう。

扇風機さえ要らない今夜。
虫の声が聞こえる。
コンドルズの全国行脚はまだまだ続くけど、
これがそう、いつもの、いつも通りの、
夏の終わり。
ああ、なんていい夜だろう。
[PR]
by saskia1217 | 2015-08-24 04:14 | コンドルズ | Comments(0)

街の力

いくら暑くても、毎日家に引き蘢ってるにも限度がある。
てくてく散歩好きとしては「交通機関を使ってのお出かけ」は「散歩」には入らないのだけど、この殺人的猛暑ではそんなこと言ってたら命にかかわる。
ということで、電車で出かける。

かなり久しぶりだった浅草。
4年前にここの「一言不動尊」にちょっとしたお願いごとをしたら、数ヶ月後になんと本当に叶ってしまったことがあった。
のに、何年も御礼を言ってなくて気になってた。
ついでに、美味しいものと、探しものと。
e0081334_1737366.jpg

e0081334_17374865.jpg

e0081334_17381244.jpg

すごいなあ、もう。
地下鉄の駅も既に、コロコロカートを引き摺ったタンクトップ&ホットパンツの外国人観光客でごった返してるけど、地上に出たら、もーすごい陽射しと照り返しと熱気と、そして人の波よ。
夏休み、観光シーズン、とか関係ないのかもなあ、浅草は。
さすがだ。
雷門前の交番には女性警察官がスクッと立っていたけど、本当に大変そうな職場、お疲れさまです。
e0081334_1743357.jpg

雷門大提灯の下の縁起のいい龍も、ちゃーんと触ってきたよ。
e0081334_1741384.jpg

仲見世は皆が日陰を歩くもんだから、片方だけが大渋滞(笑)。
お正月ほどじゃないから、何とかすぐにお寺までまっしぐら。
しかーし、聞こえて来るのは殆ど中国語だ。人の声も、そしてスピーカーから聞こえる案内も。
e0081334_17442350.jpg

e0081334_17452168.jpg

e0081334_17455470.jpg

e0081334_17461540.jpg

e0081334_17463234.jpg

雲1つない快晴、どこを切り取っても溌剌と明るい画になる。
新旧、外国と日本、売り買い。
食べる飲む。
とにかくいろんなエネルギーが渦巻いている、この街には。
暑さにやられるというより、そのチカラにやられるね。
e0081334_17515278.jpg

e0081334_1752559.jpg

こんなドラマもあり(苦笑)。
ここは多いんですって、凶が。
大阪の住吉さんに続いて、人生2度目の凶。
あの時はでも、境内で白い蛇を見たのだった。
必ずあるね、マイナスにはプラス。
きっちりさっぱり、置いてきました。
e0081334_17543430.jpg

これがその、一言不動尊。
本堂脇の薬師様の隣りにあります。
ひっそりとしているけど、ときどき人がやって来てながーいお祈りをしてる。
みんな一人一人、とってもだいじなことを想っているんだろうな。

お薬師様と弁天様にはやっぱり一言ご挨拶をしたい・・・・
で、本堂前を再び横切って、ついでといっては何だが浅草神社にご挨拶し、仲見世方面に引き返して弁天様へ。
神社はいっつも、お寺に比べて閑散としてるのよねー。
静かでよいけど。
e0081334_1822326.jpg

e0081334_1823121.jpg

e0081334_1823961.jpg

弁天様は小高い丘の上にあります。
弁天様といえば池なのに、乾涸びちゃっててちょっとお気の毒。
e0081334_183888.jpg

手拭屋さんを何軒かと、扇子屋さんを物色、いいものが見つかったり、見つからなかったり。

お腹が空いて、お目当ての大黒屋さんへ。
お昼時は混むかなと、わざと午後遅めに来てみたら、空いてて、ゆっくりのんびり、大きなテーブルで涼めました。
ここは外国からの知人友人が来たときによく連れて来るお店。日本通なら生魚やお寿司も平気だろうけど、魚は食べてみたいけど日本食は不慣れ・・・な場合には天麩羅はちょうどいい。
何年も前にドイツ人の友人と来て以来だから、ものすごく久しぶりだった。
ここの、ごま油たっぷりの、黒っぽい色の香ばしい江戸風天麩羅が、時々とっても食べたくなる。
天丼は、エビ、キス、オクラ、そして小柱と小エビのかき揚げ(←これ最高)。濃いめのツユの味が好き。
お吸い物にもエビ。
e0081334_1892010.jpg

再び歩き出して、浅草公会堂近く。
懐かしいな、大学生の時、大学史上初めての美校&音校共同制作、しかも学外の会場で、キャストスタッフすべて学生のみで上演した「ラ・ボエーム」が、ここだった。
メディアにも売り込みをし、話題が話題をよび、満員御礼、ソールドアウト。
チェンバロ専攻だったのにどっぷり稽古ピアノで(笑)。当日はスタッフT着て裏方で走り回ってた。
・・・とかノスタルジックになってる場合じゃないほど、灼熱の太陽。
「どんな大きさかな、合うかな?触ってみよう!」って書いてあるけど、いやいやいや、今日はムリです。
手のカタチの目玉焼きが出来そう。
e0081334_18142416.jpg

国際通り沿いのお目当ての氷屋さんに行ってみるも、なんとよりによって不定休のお休み。もう1軒目指して歩いてたら、小さな神社発見。
感應稲荷。
お稲荷さんフェチとしては素通りできない。
小さいけど、いい感じ。由来は天正19年だとか。
e0081334_18164658.jpg

e0081334_18165575.jpg

e0081334_1817373.jpg

花やしき裏の甘味処「初音」さんに辿り着くと、満員。
しばし待ってからの、宇治金時に練乳トッピング。
量は多くないけど、氷はふわふわ。天丼ガッツリの後は、このくらいがきっとちょうどよかったのかも(笑)。
e0081334_181972.jpg

氷でまた涼んで、駅へ向かう。
途中、ダメもとでブラッと入った通りの小物屋さんで、捜していたものでお気に入りにバッタリ。
そんなこともあるんだね。

久々の浅草。
たまには「遠出の散歩」もいいか。
e0081334_18211439.jpg

e0081334_18212395.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-08-06 18:21 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧