<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大放出

e0081334_259428.jpg

e0081334_2592157.jpg

昨日は絵をたーくさん見た。
ブリヂストン美術館が、改修のために5月半ばから数年間閉館してしまうので、その前に「ベスト・オブ・ベスト」って、重要な所蔵品をたくさん展示してるんだって・・・
ってきいて、そりゃあ大変、と出かけた。

ここはホントに久しぶりで来たなあ。
初めて来たのは中学生のときだったかな。美術の授業では、なんでもいいから好きな展覧会にいってレポートを出すのが習慣だったので、それで何度か。
よく覚えてないけど、安井曾太郎とかだった気がする。

いやー、よく見た!(笑)
絵画、彫刻など、160点ほどが一気にドーン。
入り口はいってすぐの「美術館の歴史」コーナーも面白かったな。
ブリヂストン美術館は昔から、音楽関係の催しも多かったから、古いポスターや写真のなかに、かの有名な「実験工房」とか、清瀬保二、入野義朗、早坂文雄・・・懐かしい芥川也寸志さんや間宮芳生先生や・・・そんなお名前を発見してしみじみ。
何より、石橋氏の情熱とパワー。

部屋から部屋へ、ひとつひとつ見ながらゆっくりと歩いていく。
平日昼間だから、あんまり人も居なくてゆったり。
作品の横にひとこと添えてある解説が、少量なのに的を得ていて、誰にでもわかりやすいのに感心。
ガイドをきかなくても、これくらいあれば最小限の情報が得られる。

出かける前にみた広告から、ふだん私が好んで見るルネサンスやバロックの作品は含まれず、嫌いじゃないのだけど正直あまり親近感をおぼえない印象派やポスト印象派、中くらいの好き度(笑)のフォービズムやキュービズム、に焦点があたっているみたいだったから、ふーん、どんなものだろう、って感じで出かけた。

けど、やっぱり、見ると圧倒されちゃうんだよねー。
最近はちょっとは心が広くなったのか(笑)、なんでもからっぽな気持ちで受け入れられるようになったから、この日みた作品はどれもみな、あっちからワタシに向かって「突進」してきたり「歩み寄って」きたり、「囁いて」きたりしてきた。

とりわけズドンときたものは、何度もみておきたくて、歩みを返したりして、かれこれ3時間くらいいたかなあ。
ウロウロ、フラフラ、ズンズン見回って。
コトバをかきとめたり、座り込んだり。

いちばん心に残った順に、いくつか書き留めとく。

ルオー「郊外のキリスト」
時空を超えたシーンのような、いやいやあくまでも日常のひとかけらのような、どっちにも見える不思議。「その部分」の光と温度。

ボナール「桃」
けっして「大好き」と思っていた画家じゃあなかったのに、そしてこの絵も心惹かれない色もあったのに、桃が、桃が光っていて、それも緑とオレンジに光っていて、その部分の絵の具の感触ももう一ミリも「他には可能性がない」素敵さで。
桃のところだけ見に何度も引き返しちゃった。

ピカソ「馬」
これもすごかったなあ。小さな絵なんだけど。ザ・写実なんだけど、捉えられた「一瞬」が、空気がキューッと一点に吸い込まれてる。

浅井忠「グレーの洗濯場」
いままでノーチェックだったことが自分でも吃驚だった画家。
この人好きだ〜って、この日思って、売店で画集や伝記を手にとった。
端正というか、バランスがすてきで、色も好き。
樹々の音や水の温度なんかが伝わる。ふかい緑がうつくしい。
もうひとつの「縫物」も好きだった。
画集をみると、侍の姿や、戦場にころがる兵士の死体なんかを、油絵で描いたりしてる。
この人の作品、もっとみたい。

藤田嗣治「ドルドーニュの家」
フジタは人物より静物のほうに惹かれる。
モノクロのあたたかさ。わずかな色のアクセント。
カタチと線と濃淡から来るリズム。端正な歪み。
ぜんぶが納得。
かっちりと、そしてやさしい。

ひとしきり絵画や彫刻を見て、いきなり「第4室」の入り口を90度にザクッと入ると、そこにいたのはエジプトの彫像たち。
おどろいた。
なんて圧倒的なんだろ。
パルミュラの「人物像」。
数々の動物のカタチの神々。なかでも見入ってしまったのが、鳥の姿をした「ホルス神」の浮き彫り。
すごい。
同じリズムで続く線の波。
場所によって深さが微妙に変えられている影のバラエティさ。
うわー。

ほかにも「お!」と思ったものがいくつか。
山下新太郎「供物」の瑞々しさにも惹かれたが、同じような感情がルノアール「少女」にも湧いた。
ルノアールは母がとても好んでいたので小さい頃から画集でよくみていたけど、じつはあんまり好きだと思ったことがなかった。けれどこの「少女」はよかった。
服と瞳のブルーが美しい。
同じ作者でも、作品によって感じることは違うよね。

おなかいっぱい。
充実しまくり。
これで800円なんて、申し訳ないくらい。
しかも、3月中は学生さんは無料とか。
太っ腹ー。

3/31に展示換えがあって、今度はこの美術館の目玉である青木繁の代表作や、黒田清輝、藤島武二の他の作品も登場するらしい。
5/17まで。
ぜひぜひ!
e0081334_2594159.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-03-28 03:00 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

不思議の時間のわたし

e0081334_2331322.jpg

別役実さんの「不思議の国のアリスの『帽子屋さんのお茶の会』」の舞台を観にいってきた。
演出・美術が近藤良平さん。

別役さんの作品は正直、そんなに知らないのだ。
けど、「別役実のコント教室」という著書は愛読している。
ラーメンズが好きで好きでたまらなくて、「コント」って何だろうと考えてばかりいた頃、自分でコントを書いてみるってのはどうだろう?なんて思ってた頃、よく読んでいた本。

今日はな〜んの予備知識もなく観にいった。
別役さんと近藤さん、そして北九州で上演した(今回の東京は再演)という、私にはまったく始めて拝見する役者の方たち。
だからね、なんかまっさらな気持ち。

街は春。
けど、なんだか釈然としない。
心が重い。
本心に逆らってみたり、自己嫌悪のループに捕まったり。

劇場の座席に身体を沈めて開演を待つのはいいな。
たとえ客席のあちこちに知った顔を見かけたとしても、作品がまわっている時間だけは、まるっきり一人になれる。
ありがたい。
劇場は守ってくれる。

すてきな光。
おもしろい動き。
いろんなトーンとスピードの声。
ダンスとセリフと、動きと歌。
舞台の色や、全部が絵本みたいな世界や、ラストに素朴な歌が歌われるところとか、いつか新国で観た長塚圭史さんの作品を思い出すようなテイストもあったけれど、でもやっぱり近藤さんなんだなあって思ったな、見終わったとき。

冒頭で現われてちょっぴり驚いた「見慣れない」学ラン姿の女性ダンサーと、見慣れた学ランの近藤さんがガッツリ踊るシーンや、ラストで全員が踊るダンスの爽快さ。
自分も踊りたくなるようなダンス。

「不条理」が近藤さん色にカラーリングされても、それは、そうでないものには変わらずにひとつの「不条理」として残る。
これが例えば、音楽やダンスや、カラフルな衣装や照明や舞台装置が無かったとしたら、それはきっと違う姿の「不条理」になるんだろうし。
(わたしたちが思い浮かべる「不条理」はそっちに近いのかも)
楽しい、きれい、おもしろい、だけじゃなくて。
う〜んなるほど、と大人が勝手に納得するような「いかにも」な伏線や、意味ありげなシニカルさがそのまま残るのじゃなくて。
セリフそのままの「不条理」が音として意味を成すだけのものじゃなくて。
さんざん楽しい場面が続いたあとのしんみりが、ただのセンチメンタルやせつなさだけになるのじゃなくて。

やさしさ。
押し付けない、「かんがえる」ヒント。
時間や毎日が、それでも続いてゆく、という日常・・・お話そのものは非日常なのに。

吉田トオルさんの操る音楽も素晴らしかった。
シンセやキーボードをあんなに扱えたら楽しいだろうなあ。
劇伴としてのシーン挿入の諸々は、ほんとうにドンピシャで。
ガッツリ音楽、シーンBGM、効果音・・・
創る、ってすばらしい。

ある意味ダブルであってダブルでない・・というキャスティング上、大勢の役者さんはみな素敵だったけど、印象に残ったのは使者と眠りネズミ、というのはやっぱり、この2役だけシングルだったせいなのかな。
どちらも、キーになるポジションだったしね。
しかしそんなところも、うまく出来てるよなー。

「みんな・・・なんかあったら・・・・コンサートに行こう!」
いつかのライブで、エレカシの宮本さんが曲の途中でこう叫んだことがあったけど、なんだかごちゃごちゃになったときは、とりあえず何でもいいから出かけていって、舞台や映画やコンサートの座席に身を埋めてみるって、やっぱりすごくいい方法なのかもしれない。
[PR]
by saskia1217 | 2015-03-22 23:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

その時間

e0081334_21103628.jpg

今日の「その」時間、たまたま私が居たのは神社。
昼からのリハが思ったより早く終わり、帰宅してから散歩に出直した。
実家でいただいていた王子稲荷の火伏せの凧、昨年の分をまだお返ししていなかったことが気にかかっていたから、凧をリュックに入れて、あかるい空の下を歩き出した。

暖かい日差し。
梅の香り。
めじろの声。
笑顔で御朱印を待つ人たち。

4年前の「その」時間は、本番に出かけるべく家にいたが、その前日は一日中、古地図を手に赤坂あたりの神社と坂めぐりをしていたっけ。

今日もあちこち歩いて、目に入るいくつもの半旗。
たまたま生きている自分を、だいじに。
どんなことがあっても。
もっともっと自分をだいじに。
目と目を合わせ、笑いあった人みんなが、どうかだいじに守られ続けますように。
e0081334_21103725.jpg

e0081334_21103848.jpg

e0081334_21103845.jpg

e0081334_21103941.jpg

e0081334_21132381.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-03-11 21:06 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
e0081334_1285674.jpg

2004年春にコンドルズが上演した「沈黙の春」。
その頃私はまだコンドルズなんて知らなかった。
2007年の公演「沈黙の夏」、その時はもう夢中で観た。
そしてその大人っぽい世界に、大好きな大好きなコンドルズの意外な一面を見た気がした。
背筋がゾクゾクしてめちゃくちゃ感動したのを覚えている。

今日、そのコンドルズの「沈黙の春」を観てきた。
池袋の東京芸劇・シアターイースト。
小さくて落ち着いた、ステージの高さが可動式な、そしてブラックボックスという素晴らしい劇場。
ここは改修以来はじめて来た。

観終わって、コンパクトでスッキリした印象。
感動、はしなかった、正直なところ。
「感動」とはちょっと違う、不思議な心地よさ。
こちらのテンションも、もう高揚しまくって劇場に向かうことはなくなっていることもあって、いい意味でクールに観られるということもあるのかな。
もちろん、楽しかったし、面白かったし!
でも爆笑はしない。今日のお客さんも爆笑はなかった。ずっと、くすくす笑いが続いていた。
そういう作品だったんだなあ、と。

観終わったときに、すでにもう、何が起こっていたかなんて全て忘れちゃってた。
何一つ、覚えていない。
帰宅して、ぼーっとしていたら、いろんなシーンがばらばらに蘇ってきてはいるけど。

副題の「6.66」の意味は最後までわからなかったダメ観客ですが。
ネタバレするので詳細はかけませんが、ラストあたりの一連のシーンで、ちょっとラーメンズの「CHERRY BLOSSAM FRONT345」を彷彿とさせたり。
「こんどうさ〜ん」

初めてコンドルズを観る友人ご夫妻とご一緒したのだけど、ほんとはもっとダンスがあるのよ〜、ほんとはもっとコントとかでめっちゃ喋るのよ〜、ほんとはもっと・・・なんて思いつつも、まあ、こんな初体験もあっていいのかなあ、と。
「コンドルズ」を観るのは久しぶりだったので、個人的にはもっとダンスが観たかった気もしたけど、これはまあ、そういう作品だから仕方ない。

感動、じゃなかっったらなんだったんだろうね。
それとは全然ちがう面白さ。
終演間際になって、この一連の動きと音(あれば、だけど)が、90分かけて言いたかったこと、がわかったような気がした。

7年前に見た「沈黙の夏」、それは13年前の「沈黙の春」のリアレンジだったものだけど、それはそれまでに知っていたコンドルズのイメージをひっくり返すような驚愕があったけれど、その再演であった今年の「沈黙の春」は、「夏」で受けたイメージよりももっと、子供というか、天真爛漫というか・・・
「夏」ではその「沈黙」の持つシリアスさが、ある種の恐怖をもたらすほどであったけど、今年の「春」はちょっぴり存在するシリアスさはそこまで「恐怖」ではなく、ちょっとした「警告」のような、ほんのちょっとだけ、チクっとする痛さだけだ。

淡々と演り、淡々と観てゆくなかでの、ずっと満たされているやさしさ。
やさしいんだ、とにかく、すべてが。
気がついたら、ずっと側にいてくれた友達に気づいた、みたいな感じかな。

そうか、春ってこうやってやってくるんだっけ。
コンドルズは夏に元気、っていうイメージだけど、
コンドルズはちゃあんと、春も持って来てくれる。
[PR]
by saskia1217 | 2015-03-08 01:29 | コンドルズ | Comments(2)

タイミング

e0081334_1642235.jpg

あった!
みつけた!

山積みになってた頃はさして興味もなく素通り。
SNSで友人知人たちが次々と話題にし、大人気で一時生産中止、品薄とネットで見かけると急に欲しくなる。
あんなにゴロゴロ売ってたスーパーやコンビニで、殆どタッチの差で買えない始末。

探すと見つからない。
忘れているとひょっこり出会う。

おきまりの日常。
人生いろいろ。
[PR]
by saskia1217 | 2015-03-04 16:33 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217