今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なんとなく観る

e0081334_230072.jpg

e0081334_222924.jpg

e0081334_230139.jpg

先日たまたまチケットをいただいたので行ってきた。
ホイッスラー展。
閉幕までもう数日しか無かったけど、今日の夕方だけ空いていたので、お仕事終わりにサーッと横浜まで。
横浜美術館、初めて。
e0081334_22292131.jpg

好きな画家の展覧会は、どんなに忙しくても、そして多少遠くてもいつもがんばって行く。
そしてがんばって観てしまう。
思い入れがある分、期待も大きいし、無意識に自分の感動や満足を前提にしてしまうから、些細なことに不満や期待はずれや、小さな怒りまでもが起こることがある。
でも今日は、まず自分からは行かない展覧会だったから、ふわふわした気持ちで、楽〜な気分で。
会期最後なのでそこそこ混んでいて、作品はかなり小さなエッチング、ドライポイントなども多かったから人垣が二重三重にもなってなかなか観るのが大変だったりしたけれど、普段ならたぶんストレスになってしまうそんな状況も、今日はな〜んかゆる〜く流せて、じっと列になって全ての作品を順番にキッチリ観ようとする多くの人たちをすり抜け、空いてるとこからフラフラとあっちへこっちへと。

また、ホイッスラーはそうやって観ることが相応しいような、淡くて、もやっていて、優しい画が多かった気がする。
有名な「赤と黒」のような強烈であるべき色でさえも、強烈さからはほど遠い柔らかい色彩の付いた画も素敵だったけれど、私には、多くの小さな小さな版画群のほうが魅力的に思えた。
特に最初のほうに展示されていたものは作品保護のために照明がかなり暗く、人も多く、近くで観られなかったものも多かったのだけど、ちょっと遠くから観たってそのモノクロの世界は、どれもギュッと、キュッと、シュッとしていて、小さな小さな四角に吸い込まれそうだった。
端正で、凛としていた。

イギリスとフランス。
その混じり方と、どちらもアリなしたたかさと。
いくつかの海の画を観ていて、昔オルガンのワークショップで1週間ほど滞在したことのあるノルマンディーのDieppeを思い出していたら、彼自身そのあたりを描いたことがあったとか。

ココロに重く引っかかるものはなかったから、お土産は何も買わずに帰ってきた。
どれも、「モノ」になったあれこれは、どうでもいいものに思えた。
e0081334_22262132.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-02-28 00:36 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(1)

突然て素敵

e0081334_1872732.jpg

ポカポカしてた冬の日。
仕事終わりに、突然赤羽にいくことに。
そうだ、ずっと行きたかったんだ。
迷わず決めて電車に乗り込んだ。

明るいうちからの、おでん屋立ち呑み。
丸健水産。
テレビのドキュメンタリーに取りあげられてまだ日が経っていないから、混んでるかなーと思いながら。
普段はまず、そういうタイミングでは行かないのだけど(笑)。
おやつの時間くらいで、ちょうど混雑の狭間だったのか、運良くテーブルが空いていた。
いつもはあんまり日本酒を呑まないけど、ここはどうしてもカップ酒でいきたい。
しかも、赤羽の地元の酒蔵、23区で唯一の造り酒屋「小山酒造」の「丸眞正宗」でなくては。

大根、卵、しょうが天、厚揚げ、そしてお店オススメのスタミナ天。
カウンターでお酒を受け取っていると、一番隅で一人呑んでたおじさんが「お、それはね、この近所の小山酒造のお酒なんだよ。美味いよー」と声をかけてくれた。
「ここ、いつも気になってたけど来たことなかったんですー。今日やっと来られて!」
「そりゃよかったねえ」とおじさんニコニコ。
お店のお兄ちゃんだけじゃなく、おじさんにも「はい、いただきまーす!」って言っちゃった(笑)。
なんか、うれしい。

テレビでやったから、並んでたお客さんのなかには地方からいらしてた方もいたみたい。
おでんのタネは土地によって違うから、隣りに並んでた別のお客さんに色々質問して「あれはね、東にしかない『ちくわぶ』ってやつですよ」と教えて貰ってた。

雨は降らないって言ったのに、空がかき曇って来た。
でも、どうしても行きたくて荒川まで行く。
お気に入りの場所。
河川敷はさすがに風が強い。
ものすごく寒くなって、大粒の雨が降り出したので、急いで街へ戻る。
天気予報を信じて傘を持って来なかったので、アーケード街へ。

・・・からの、「鯵家」さんという、鯵料理のお店で、今度は鯵フライ定食。
固すぎて口の中を切らないように気をつけながら食べる、学食の鯵フライとは違って(苦笑)、鯵の身はホクホク、衣はさっくさくの揚げたて。
お漬け物や、つみれ入りの赤出汁も美味しかったな。
お店を出るとまだちょっと雨で寒い。

・・・からの、ドトールの温かいコーヒー。

おでん、お酒、鯵フライ、コーヒー。
赤羽、荒川、すずらん通り、一番街。
いろんなささくれがとれていく。
いろんな苦しさも溶かされてく。
いろんな不安も、いろんな悲しみも。
ま、そんな大げさなものでもないけど。
でこぼこが平たーくなる。
こんなヒドイお天気なのに(笑)。

赤羽LOVE。
e0081334_1875069.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-02-24 18:08 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

雨水

e0081334_16354126.jpg

神社検定のツイッターで梅とメジロの写真を見かけ、
ほー、二十四節気「雨水」かぁ
…なんて思いながら買物に出た。

青い空。
近所の神社の前を通りかかったら、梅の花のいい香り。
囀りが聞こえ、近づくと、小さい白い花をたくさんつけた枝にメジロが2羽。

スマホのカメラで撮ろうとしたが不調で撮れず、諦めて買物へ。
帰り道再び通りかかると、メジロはまだそこで嬉しそうに鳴いていた。
そっと近づいたが、気付いたメジロは驚いて近くの電線に退避。

大丈夫だから戻っといで〜!

しばらくじっと立っていたらメジロは枝に戻ってきた。
いいなぁ。
いい香りのなかで歌ってる。
ただそれだけで、そうやって生きてるだけで、楽しそうにみえる。
なんだか、泣きそうになった。
e0081334_163541100.jpg

e0081334_16354265.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-02-19 16:11 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

太陽

e0081334_2344492.jpg

このあいだ横浜の、日中韓のダンスフェスティバルで、山海塾のステージを短時間だったけど観て以来、一度「舞踏」のちゃんとした公演を観に行きたいとずっと思っていた。
あの時はかなり遠目でかすか〜な感じで観ていたのだけど、とても印象的だったから。
かなり以前、セッションハウスで高橋悠治さんが弾くバッハの「フーガの技法」で笠井叡さんが踊る、という作品を観たのこともあったけど、あれも「舞踏」だったのかなあ・・・よくわからないや。

1月の「とさか計画」の公演の打ち上げで、その日のプログラムに挟み込まれてたダンス関係のチラシを、近藤さんや皆がハラハラと見ながらあれこれ話していたとき、そのなかに大駱駝艦の公演チラシがあった。
気になったからもらってきて、すぐチケットを申し込んだ。
今までいろんな団体のHPをチェックしてはいたのだけど、そんなに公演がなかったり、タイミングが合わなかったりだったから、今度こそ。

冷たい雨の夜、吉祥寺駅から歩いて会場に向かった。
夜じゃなければ、素敵そうな「武蔵野八幡神社」に寄ってみたかったな。
20時開演で、1時間強の公演。
こないだNHKの爆笑問題の番組で映像でしか見た事なかった、小さな会場。
「小屋」っていう雰囲気と、古い木造の独特なニオイと、黒い押し入れに居るような狭い心地よさは、ワクワクとリラックスを両方もたらしてくれる。

塩谷智司さんの「太陽」という作品。
まだ公演期間中なので、中身の描写はしないけど。
え〜と。

白かった。
黒かった。
そして他の色もあった。
客席はほぼいつも真っ暗だったから、作品のシーンごとに付けられたタイトルは見ないままだったけど、終演後に残ったのは「生命」「熱」「回転とねじれ」のようなもの。
ものすごく、ねじれてた。

視覚的に面白かったこと。
指の先の使いかた。
顔(表情、特に目玉の動き)。
足の裏全部を使わない立ち方や歩き方、だからまっすぐ立ったり歩いたりしないシーンがたくさんあっておもしろい。
物体としての身体は、照明を当てられて細かい筋肉の影が印象的。
コミカルなシーンもあって、ちょっと息も抜けるし、笑いも起こる。
「舞踏」って聞いてイメージするのとは一番遠いところかも。

観終わって。
出てきた人(モノ?)たちはみんな、すごく優しくて、温かくて、自分の味方みたいに思えた。
激しい動きや恐ろしい表情とは別に、ポジティブな熱、みたいなもの。
あとから、あ〜、それ「太陽」なのかな、なんて、ね。
寂しいとき、あるいは、目覚めてまだ頭が世界に溶け込めないときに観ると、溶け込んじゃうというか、すくわれちゃうというか・・・そんなステージ。

お客さんには外国の方もちらほら。
開演前アナウンス(生)が英語でも行われる。
賑やかなアメリカ人らしきグループは最前列で楽しそう。
私の前にはフランス人のおじさん。日本人のダンサーさんらしき方と、開演前から文化的な会話。そして終始身動きひとつせず見入ってらした。
私の隣りはドイツ人の若い女子2人組。真剣に観ていたけど、終始ゴソゴソと身動き(苦笑)。うんうん、これって、ヨーロッパでコンサート聴いてるときと一緒なんだよね。彼らは何故か、日本人みたいに「息を止めるみたいな集中」の仕方をしない。
客席も、観察しがいのあるバラエティーさだった。

ま、たぶんきっとまた、他の作品を観に行きたくなるだろうな。
いつかまた、思い立ったときに、フラッと。
e0081334_2344415.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-02-18 02:29 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

はつうまのきつね

e0081334_220722.jpg

ああ、なんて久しぶりに歩いたことか、染井霊園。
ここは本当にいい。一歩足を踏み入れると、空気が清らか。
目に飛び込んで来る景色のうち、空の占める面積がちょうどいい。枝の占める割合がちょうどいい。
蕾はまだまだ固いけど、たぶんもう、あっという間にここも人で賑わうことだろう。
e0081334_2202937.jpg

毎年のこと、王子稲荷神社の初午の凧市に出かけること。
参道にはたくさんの露店が並ぶ縁日がたち、卵焼きを売る扇屋さんの列もいつもよりずっとずっと長くなる。
それが今年は祝日だった。建国記念日。
そして見事な晴天、そして暖かかった。
お社にお参りするのに多少の列に並ぶのはいつものことだけど、さすがに今年はもうちょっとタイヘンなんだろうな、と早めに出かける。
午前中だったけど、その列の最後は参道のかなり手前のところまで伸びていた。
ちょっと甘かったかな(笑)。
でもまあ、ゆったりできる日だったから、時間を気にせずにノンビリと並ぶ。

お好み焼き、たこ焼き、焼きそば・・・並んでいる両脇からは、ものすごくいい匂いが迫ってくる。
射的、くじ引き、お面屋さん・・・
鈴カステラの、超スピードで鉄の型にかっきり生地を流し込む名人芸に見とれているうちに、やっと門前まできた。ここまでおよそ40〜50分。
行列に並ぶのは(そしてそれが食べ物屋さんだと特に)だいっきらいなので普段はゼッタイやらないが、この日ばかりはきちんとお参りして実家に届ける火伏せの凧をゲットするべく、おとなしく並んだのだ。
たくさんの警察官が、打ち合わせをしながら誘導と警備にあたっている。
門前ではいくつかのテレビ局が、お昼のニュース用だろうか、取材のカメラをまわしていた。
e0081334_222115.jpg

社へ向かう急な階段の手前で、例年通り入場規制をしていた。
さらに15分ほど待つ。
無事のぼって短くお参りし、今度は凧の列にならぶ。
そしてお神籤は大吉。
e0081334_225181.jpg

e0081334_2264995.jpg

そう広くもない境内は、凧や縁起物などを売る露店でギッシリいっぱい。
今年も、可愛い狐に扮した子供達のお神楽が奉納されていた。
王子稲荷坂から白い狐たちがいっせいに降りてくる様は、真昼にもかかわらずちょっと不思議な冷やっこさがある。
e0081334_2285552.jpg

お稲荷さんには、この独特なひんやり感がある。
それが好きなんだな。
e0081334_2294439.jpg

e0081334_2295889.jpg

e0081334_230920.jpg

お神楽の音を背に稲荷の坂を下り、これも恒例、大好きな石鍋屋さんに寄って(店内で食べるための列は50人ほど!)ものすごく美味しい瓦煎餅「王子装束榎木稲荷の狐の行列」の味噌味とピーナツ味をお土産に買い、ちょっとお腹もすいたので甘酒を飲みながら日向で一休み。
装束稲荷は、大晦日に関東中から集まった狐さんたちが稲荷神社に行く前に身なりを整えたという小さな可愛いお稲荷さん。しばらく行ってないなー。
石鍋やさん名物のくず餅は、また今度来た時に。

帰り道に見たお参りのための列は、来たときの3倍以上にもなって、参道を折り返してJRの高架の下までになっていた。
地元の人も「初午でこんなのは今まで見たことない」って。
そりゃ、DJポリスも出るわけだ(笑)。

同じ日でも、いつもと変わりなくそれはそれはひっそりと、静寂な空気を保っていた、大好きな神社にもご挨拶。
いつもの夏みかんが見事な実り。
ここの福禄寿と御衣黄が開くのは、まだまだずっと先だな。
e0081334_2393343.jpg

e0081334_2402830.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-02-14 02:47 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ドラマティック

e0081334_272753.jpg

今日は、友人の一人が趣味で学んでらっしゃる「義太夫三味線」の発表会に出かけた。
すでに4年ほど習ってらして、何度かお誘いいただいていたのが、いつも都合がつかず、今日は初めて拝聴。
新宿駅からすぐの「ほり川」という、ビルの8階にある、お稽古場?演舞場?みたいな小さな和の空間。
あんなところにあんなスペースがあるなんて。

えーと、三味線にはいくつか種類があって、使う音楽にもこんなのあんなのがあって、地方特有の楽器もあって・・・
で、歌舞伎に使う楽器にはこんなのがあって、浄瑠璃っていうのは人形とかこんな楽器とか語りとか・・
大学の「邦楽概論」とか「日本音楽史」とかでやんわり習ったけど、私の知識はそこ止まり。
お能、狂言はかなり好きなので昔からそこそこ観に行ってるけど、浄瑠璃は数回だけ、歌舞伎は全く観たことがないので、三味線は私にとっては意外と馴染みのない楽器なのだ。

今日ご出演の三味線弾きさんは、みな門下のお弟子さんたちなのだが、共演の浄瑠璃は全員プロの女流の太夫さんばかり。
演目は11あって、ピアノの発表会と同じく、後ろにゆくほど経験も深い方が難しい曲を弾く、という構図。
結局最後まで約3時間半、10演目を拝見したが、もちろん知らない曲と内容ばかり、でも全く飽きずに面白く見聴きした。

黒紋付の上に羽織る「肩衣」が美しかったり、曲に合わせた柄だったり。
語りの方がお持ちの謡本(というのかな?)が、神保町の大屋書房で見るような和綴じの筆文字のいい感じだったり、見台の房が立派だったり(あの房は義太夫ならでは、なんだって)、視覚的にもいろいろ楽しい。

三味線は、個人ごとの楽器の違いを越えて、その音質や音量やニュアンスが全員違うのが面白かった。
いっぱいさらうと右手首が疲れそうだなー、とか、ちょっと間違えちゃってそれがすぐ顔に出ちゃったりとか、竿を押さえる左手がガタガタ震えていたりとか、生徒さんならではの緊張感も伝わって来て、皆さんのガンバリに拍手。
何が「良い」のか私にはわからないけど、プロの方の弾き方は「上体は殆ど動かず、左腕、左手、右手がすべるように自由に動く。顔の表情もあまり大きく出さない」というイメージでいたのだけど、生徒さんの中にはギターを弾くように上体や右腕が揺れている方もいたり、顔の表情の作り方も少々現実味を帯びていたり・・・
そういうのも鍛錬なのかなあ。

浄瑠璃を語った方達も、もちろん一流の方ばかりなので皆さん素晴らしく、またそれぞれの魅力があって楽しかった。
どなたの語りも、それはそれはドラマティックで、ちょうど上手い落語家さんの噺に引込まれちゃうのと同じように、もう引込まれまくり。
生き別れ、とか、人殺し、とかそんな話が多いのが義太夫らしいけど、それを一人で、いま目の前で起こっているかのような臨場感をつくっちゃう。
「日本のドラマティック」ってスゴイ。
日本人は表現が下手とか小さいとか平面とか、舞台表現が苦手とか、西洋音楽やっているとずっと言われ続けてきたことが、チャンチャラ可笑しい。
そんなわけないでしょ。
そうそう、個人的には、竹本越孝さんという方の語りがものすごく好きでした。

演目は、トリの「本朝廿四孝・奥庭狐火の段」が好きだったなあ。
もう、なんか、大好きなお稲荷さんのことばっかり考えてた(笑)。
今週初午だなー、王子稲荷さんの狐穴は・・・とか(笑)。
演者さんたちがお召しになってた肩衣が白地に赤の狐火で、それはそれは鮮やかで。

あとね、今日ずっと聴いてて思ったこと。
雨にもかかわらず、本当に満員のお客さんで、しかも長時間の発表会は「出入り自由」、ペットボトルのお茶とお菓子もいただけたり、お世話する方達がひっきりなしに廊下を行ったり来たり、どんどんやって来るお客さんたちや案内の方の話し声もする。
ステージで音楽が鳴っているときに他の音がする、何かが動いている、ということがまず考えられない西洋音楽の習慣からしたら「なんだよ、これ」みたいに感じる人もいるんだろうけど、不思議なことにそういう感覚にはならないんだよね。
集中して演奏し、集中して聴いているのに。

屋内では履物を履かずに歩く。足音は最小限だ。
木と紙で出来た家と部屋、襖の開け閉ての音はごく薄いので、語りの声や三味線には何の影響もない。
金属で出来たドアではこうはいくまい。
顔を近づけてのひそひそ話より、三味線の音のほうがずっと大きい。
それから「芝居」を観るとき、「演芸」のイメージとして、飲食や移動が伴う可能性も多々ある、ということ。(これは西洋のバロックオペラだって、同じなんだけどね)
うまく出来てるなー、と思った。

新しいことやりたがり、な私もさすがに「三味線やろう」とはなってないけど(笑)、でもこれから機会があれば、もうちょっと聴いてみてもいいかなー、と思えた一日でした。
久しぶりに浄瑠璃も観たくなりました。

さ、今月はまだ「今まで観たことないものを観にゆく」よ!
たのしみ!
e0081334_272761.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-02-09 02:05 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
e0081334_1165591.jpg

e0081334_117359.jpg

1984〜94年ドイツ大統領を務めた、ヴァイツゼッカー氏の訃報をきく。

この統一後初代の大統領は、統一後初のDAAD留学生だった私たちを大統領官邸ベルリンのベルビュー宮殿に招待して下さった。
ドイツ全土から、この時は芸術系専攻の留学生のみが、チャーターされたバスでベルリンへと向かった。
宮殿内、大統領がホールに姿を見せると、世界各国からの大勢の学生たちが我先にと殺到し、彼はあっという間に人垣に取り囲まれた。
私はラッキーにも近くにいくことができ、一言二言交わすことができた。
自己紹介をすると「どの街に勉強に来たのですか?」と尋ねられ、「ヴュルツブルクです」と答えると、「ああ、とても素敵ないい街だ。私の親戚も住んでいるよ。しっかり勉強してください。」と笑顔で仰った。

ただの学生だった私にとってはまさに一大事だった。
たくさんのシーンに満ちていたドイツ生活を想うとき、真っ先に思い起こすとても大事な思い出の一つ。


過去に目を閉ざす者は現在も見えなくなる」


去ってゆく先人から教えられることはたくさんある。
[PR]
by saskia1217 | 2015-02-01 01:17 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)