<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ちゃんと生きていた〜エレカシ「MASTERPIECE」ツァー in Zepp東京2日目〜

よかった。
よかったよ。
なんか、なんて言っていいのかわかんないけど、終わった時にホッとしちゃった。
なぁ〜んだ、もう、やめてよね〜・・・という安堵の一息。
エレカシ「MASTERPIECE」ツァー、東京2日目。

コンサートなんて水物だし、その出来だとか善し悪しだとか、そんなの本人だってお客さんだって評論家だってじつは何がホントなんだかよくわからない。「手応え」と「反応」がもう違うしな。
基準なんてないんだから、そんなのどーでもいいんだわ、結局。
でもまぁね、好きなアーティストのコンサートは自分にとっていつだって「いいもの」として体験したいもの、疑心暗鬼とか要らぬ緊張とか過度な心配とか、いろいろ付きまとうのも仕方ないさね。
この大食いの自分が、この日はコンサートに向かう途中緊張して何も食べられなかった。自分の本番前だってそんなこと絶対ないのに(笑)。

「大地のシンフォニー」はまた一段と堂々とゆったりと歌われた。ぶつ切り感はもはや無し。オープニングのせいか、宮本さんの声はちょっとまだ辛そうかな、と思いかけたが、いやいやもっと聴いてみなきゃわからん、と。
「優しい川」は私もライブ初。今回のツァーでは、たぶん最近もっともやってなかったⅡのナンバーをきっちり押さえてきてくれたのかな。こうやってちょっとずつ、ライブで聴けた曲が増えていくのはやっぱり嬉しい。
続いての「化ケモノ青年」ではもうイントロでお客さんが湧きに湧き、宮本さんもまだ3曲目だっていうのにすごいノリノリ。楽しかった。ここでもう、すごくいい声。♪ウィスキーも!日本酒も!・・・何でもかまわねえ!♪と盛り上がる。合間の手拍子がフロアほぼ全員きっちり揃ってたのが「さすがワンマン」感があった。
この日はセンター後方のPAの位置で見ていたので、お客さんの動きが手に取るようにわかって圧巻。

そう、スタンディングでは前に行くばっかりが楽しいわけでもなく、まあ、どういうふうに楽しみたいかによってそれぞれが決めればいいんだけど、後ろで見る利点はいっぱいあることを再確認した次第。特にセンターにいれば当たり前だが音のバランスがよく、スピーカーからの距離もあるので耳がヤラれない。ステージ上の出演者がまんべんなく見える。総合司会が上下奥と動き回ってもいつでも視界から外れない(笑)。メンバーどうしの絡みも見える。チカチカライトが近くで見るより効果的。
そしてPAさんの隣りにいると、そのお仕事ぶりもちょっと見えたりして面白かった。下手すればセトリも見えちゃうくらいのところだったけど、特に開演時、メインPAさんの後ろに陣取るライティングスタッフとのキューややり取りで、その瞬間の緊張感をもちょっと共有できちゃったりして、それはそれで楽しかった。

ステージは初日同様無駄なMCもなく淡々と進んでゆく。
リズムをずらしたり、拍いっぱいに伸ばしたりする自由さが増えてる気がした。それだけでもう、すごく気分が良さそうで、ノッてる感じが伝わってくる。
初日とても力強かった「約束」が、この日は柔らかい、諭すような説得力になってた。そのふたつはきっと紙一重なんだと思った。そしてこれは作った宮本さんにとって、本当に大事な歌だってことが伝わってくるようだった。
パンチのきいた「ココロをノックしてくれ」から「Darling」への流れは、ギター交換のための間があるとはいえ、やっぱりかなり強烈だ。ラストの、音源でいえばピアノのパートがギター2本で弾かれるアレンジが好き。
そんなに速すぎなかった「穴があったら入りたい」はそれでもやっぱりノリノリで、この日も♪御同輩♪の呼びかけが切々と歌われてた。

「眠れない夜」が終わると「てって」が始まる。
帰宅してからいろいろひっくり返してみたら、この曲は2008年の日比谷野音以来だったらしい。奇しくも同じ6月28日。私が初めて行った野音だ。メンバーの間を渡り歩きながら、軽快な時間。
お客さんがすごく嬉しそう。
そして相変わらず座りにくそうな「高い」ニュー男イスでの「珍奇男」。フジイさんのテルミンが映える。インプロコーナーで再び振られた成ちゃんは初日よりもアクティブなことをやっていた。何度も振られると段々地味になってしまうのだけど。
成ちゃん、ポイントでもっと前に出てきていいのになあ、ベースだからこそ・・・と思ってしまうのは、自分が目立ちたがりの低音弾きだからだろうか・・。

「ワインディングロード」の前に簡単なメンバー紹介。トミ、再びマイクを向けられるも、後方には結局何も聴こえず終い(苦笑)。
相変わらずかっこいい「ワインディング」から「七色の虹の橋」へ。これ、ホントにいつ聴いてもいいんだよなあ、生が。♪きっと世界で一番幸せだったふたり♪が、この日はこれ以上ないってくらいいい声で最高だった。
「世界伝統のマスター馬鹿」はやっぱりかなり割れた声を使ってて、こちらが慣れてきたせいか(!)ちょっとずつ歌詞も聴こえてきたかな。♪come on!♪のとっかかりの「カ」のアタックがクリアですごくかっこいい。

ところでこの曲には「金輪際」ってコトバが出てくるんだけど、その前日の朝の情報番組に一青窈さんが出ていて歌っていた新曲にこの言葉が使われてて、そこで加藤浩次さんが(テリー伊藤さんだったっけな?)「金輪際なんて言葉を歌に使う人なんて他に誰もいませんよ〜!」と言ってたのを聞いて「そんなことないよ〜、なんだよ〜、加藤浩次、エレカシ好きを公言するなら新曲ちゃんと聴けよ〜」とか思ってしまった・・・。
ちなみにタイトル覚えてないんだけど「Darling」という言葉がいっぱい出てくる歌だった(笑)。
くだらない余談。

大好きな「飛べない俺」。初日よりマイクのエコーが効いてる気がした。高いCのファルセットもよく聴こえて、キーボードも落ち着いた印象でとてもよかったなあ。
この日聴いててふと思ったのだけど、♪この世の 中には♪だとずっと聴こえていた部分、歌詞カードみると♪この 世の中には♪という表記なんだよね・・・。
どっちなんだろ、ホントは。なんかちょっとニュアンスが違ってくる。
「我が祈り」のチカチカライト、正面から全身に浴びて見てると、ラストのほうで本当にトリップしそうになった。怖いけどちょっと気持ちいい。

ほどなく始まったアンコールには、まず「今宵の月のように」。
久しぶりで聴いた気がする。なぜかこの曲には黒シャツが似合う気がする。最近はこれを、身じろぎしないで聴くようになった。動かずにジッと聴きたくなるんだ。周りがどんなにノリノリでも・・・。特に大好きな2番冒頭の歌詞を、この日も静かに噛み締める。
♪定めなき世の 定めだぜ♪が聴こえるや否や、フロアがどよめく。みんな喜んでる。
「so many people」これは盛り上がらないわけない。飛び跳ねないわけはない。お客さんは完璧に出来上がってた。
そこからの「ガストロンジャー」。インプロコーナーでの宮本さんのキーボードは、初日よりもさらにヴァージョンアップ、ヒートアップして、かなり長い時間本格的に弾きまくっていた。かっこいいリズムや、たまにコンテンポラリー的な何か・・・・爆発?
宮本さん、成ちゃんのベースのネックのフレット部分を両手で押さえて弾かせないようにしててつい笑っちゃったのだけど・・・しかも何度も。気の毒じゃん〜(苦笑)。何の罰ゲームですか。

「ファイティングマン」のイントロが始まると「ああ、もう終わってしまうんだ」感がドッと押し寄せてくるという、定番の流れ。
一筋の寂しさと、ライブで貰ったいろんなものに埋もれる幸福感と。
この日、お客さんの満足がZeppいっぱいに充満したことを体感、嬉しさと満足と安心とちょっぴりの反省と。

水曜のコンサートは・・・あれは・・・何だったのでしょう、宮本さん。
真剣に歌っていたのはよくわかったのに、声、音、ステージング、なんだか生きている人間の体温がうまく感じられなくて。こちらのせいかもしれませんが。
この日の宮本さんは「ちゃんと血が通ってた」感じがしたんだよね。笑顔とか言葉のサービスとか、そんなことは全然望んでないし、必要もないと思うのだけど、2日目はかなり違っていたから。
「血が通ってて生きてる人で、感情もあれば、自分の意志で言葉や音を発する、そこにちゃんと存在するじゃないか」みたいな実感、実体が感じられて嬉しかった。
なんか・・うまく言えない。

ラスト、ハケ際に「東京〜〜〜!!」って一声叫ぶ。
そんなことにもやっぱり、ああ、なんだか全てが戻ってきた、と心の口角があがる自分もいた。
ファンて、ほんとにめんどくさい(笑)。
[PR]
by saskia1217 | 2012-06-30 01:36 | エレファントカシマシ | Comments(4)

キーボード万歳〜エレカシ「MASTERPIECE」ツァー in Zepp東京初日〜

e0081334_118887.jpg

エレカシのツァー、東京初日を聴く。
延期で平日となったので出足が鈍いかなと思いきや、時間前にはフロアも結構埋まっていて、皆都合つけて来たんだろうなあと思いつつ。

「大地のシンフォニー」からスタート。
一段とゆっくりのテンポで丁寧な運びだったけど、そのせいか息が短くて切れ切れな感じ。宮本さん、喉回復してるかな〜、今日はどんな声かな〜と期待しながら聴く。コンサートが進むにつれて声が良くなっていくことが結構多い気がするので、そう願いながら。
外野の素人の戯れ言で、ホントに失礼なんだけれど。

この日の本プロでアルバム曲の他に演奏されたのは「悲しみの果て」「脱コミニュケーション」「ゲンカクGet Up Baby」「金でもないかと」「珍奇男」。
MCはほぼ無く、一度のメンバー紹介くらい。その時「延期になっちゃってすみませんでした・・・」と宮本さんがトミにマイクを向けるも、トミもほとんどしゃべらず笑顔のみ(笑)。
サポのフジイさんには「スーパーギタリスト!・・・ちょっとしゃべりました・・打ち合わせとか・・・」客席笑。(新潟で「まだしゃべったことありません」と言われたらしい)

始まってからもうずっと淡々とプログラムをこなしていく感じ。
「約束」はビート感が一段と強くなっててメロウな空気はもう影をひそめてた。
「ココロ・・」のイントロが相変わらずかっこいい。
「Darling」はなんかすっごく真面目な感じになってた。固めでしっかりな印象。
「穴があったら・・」のアッチェレランドはそれほどスゴくはなかったにしても、ラストに向けての連呼はなかなかで「穴があるから入りたい」とか「穴があったら入れて欲しい」とか、どんどんヴァリエーションが増えてってる(笑)。音源で受けるマッタリした感じとは全く違う曲になってるね。
それがまたライブのいいところ。

「ゲンカク・・・」「金でもないかと」は私はライブ初聴き。とはいえ、いつも聴いている曲なので初めて聴く気がしない。ということはまた、宮本さんの歌い方も基本的にあんまり変わらずにいるってことなんだろうな。ライブでやるのは珍しい曲だったのだがMCも一切なし。
♪しわをふやして 髪の毛もぬけて〜♪と、今のエレカシが歌うのはやっぱりどこか感慨深い。いや、笑い事じゃなくて本当に。だってこれを20代で歌ってたんだから。

今思い返してみてやっぱり良かったと思ったのは「七色の虹の橋」。
単に私が弾き語りが好きなせいもあるのかな。この日も印象に残った。
「世界伝統のマスター馬鹿」とラストの「我が祈り」は・・・かなりガナッてました、宮本さん。
以前の「悪魔メフィスト」と同じ経過をたどってるのか?
シャウトを越えてた。ガナッてもいいんだけど、それも魅力のひとつなんだけど、個人的にはやっぱり「声」と「言葉」が聴きたい・・・というのは♪我が儘なファンなのかな〜♪

今日は宮本onキーボードをちゃんと見て聴きたかったので、ちょい下手の前方で聴いてみたのだけど、その「飛べない俺」はやっぱりよかった。
ガッツリ座って歌い始め、和音でリズムを打つのも気持ち良さそうだった。Bメロでどうしても立ち上がってしまうのは、熱してくる部分で座ってると歌いづらいのかもしれないな〜、なんて。
大好きな♪たしかに感じる〜♪のCのファルセットが出づらかったのが、個人的には至極残念。殆どがすっごくいい声で素晴らしかったから余計。

アンコールには比較的すぐ突入。
そのまま始まったのは「友達がいるのさ」。嬉しかった。このツァーで聴けるとは思ってなかったから。とはいえ、いつもの「東京感」はちょっと薄かった気も。
♪明日も、明後日も、明々後日も、来週も、来年も〜!♪
「俺たちの明日」になったら、俄然楽な感じで声がスパ〜ンと出てて気持ちよかった。アンコールの時に声が最高なのはよくあることだけど。(楽器の演奏でも同じく、精神的に開放されるせいもあるからかな)
♪おんなじ星しか見られねえ〜♪って言ってました(笑)。
そして「ガストロンジャー」から「ファイティングマン」への流れ。
この日のお客さんは、オープニングでちょっと興奮してて(トミに会えて嬉しいという空気)その後ちょっとおとなしめになってたんだけど、さすがに最後は盛り上がってた。
仙台では気がついてなかったのだけど、「ガストロンジャー」でフジイさんがテルミン使ってて、それがかなり前面に出て効果的で、すごく面白かった。正直あの形の(コンパクトな)テルミン見たのは初めてだったかもしれない。
「ガストロンジャー」の後半インプロ部分では、成ちゃんやトミが順番にソロを振られてたけど、成ちゃんが思うように自由にアドリブ出来にくい感じだったのがちょっと残念。宮本さんは結構煽って結構長いこと何度もチャンスをあげていたんだけど、不発気味だったかなあ。宮本さん自身のキーボードのアドリブは楽しかった。どの楽器弾いても結局「その人」の音楽が出るんだよなあ。
トミのインプロはかっこよかった。この曲の前半、まだそんなに熱してないところだったのに、トミのスティックが大きな弧を描いて客席上手のかなり遠くまで飛んでいってて吃驚。
石くんは結構どの曲も楽しそうに弾いてたのが印象的。
フジイさんは、石くんを常に感じながらピリピリ合わせていってる緊張感が伝わってきた。宮本さんのいつもの「もういっちょ〜」とかがあると「もう一回繰り返すのか、はたまた先にいっていいのか」みたいなドキドキ感。

無駄がなくコンパクトで真剣なコンサートだったけど、ちょっとだけ暗い印象も受けたような。宮本さんはいつものようにすっごく丁寧に一生懸命な姿勢でステージを作っていってたけど、うっすら、ほんとに少しだけなんだけど、何か奥のほうにネガティブな・・・というか満足していないようなものがあったのかな〜なんて思ってしまった。
もちろんイヤな感じとか不快感はなかったんだけれど、ちょっとした鬱屈感というか。
音楽的にもっともっと違う、ん〜、もしかしたら望んでいるものがもっとあったのかな〜、とか。
いやいや、これも外野の無責任な一ファンの勝手な感想です。
もちろん、ツァーはまだ続くのだからきっとまた色々変化、進化していくのだろうな。それがまたツァーの醍醐味でもあるから。

何よりも、メンバーの皆さんの健康、宮本さんの喉(!)がベストであるように。
そしてエレカシの音楽が、発信する人たちの今現在のベストの姿であるように。
それを願うばかり。

・・・ってまた、余計なおせっかい。

全20曲、約2時間。
今日もありがとう、エレカシ。
これからも楽しみにしてます。
e0081334_1294618.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-28 12:10 | エレファントカシマシ | Comments(0)

あてなき散歩、仙台の午後

e0081334_161263.jpg

日曜、仙台に着いたのはお昼頃。
せっかく来たのだから、夕方のコンサートまでの時間、某かの神社を訪ねようと思っていた。
前回来たときは大崎八幡宮にいってとっても素晴らしい時間を過ごしたのだが、そこ以外となると結構迷った。
ちょっと調べると、行ってみたいと思う神社はいずれも駅周辺にはなく山の中、もしくは結構遠いところが多い。本格的な観光をするつもりはないし、スタンディングのライブ前に体力消耗したくない(笑)。
北山の寺社巡りはちょうど紫陽花や菖蒲で見頃らしかったが、日曜で人も多いのではと、結局もっと近間の仙台東照宮に行ってみた。

バスじゃなく、あえて「仙山線」に一駅乗ってみた。
単線、しかも1時間に2本しかなくてちょっと吃驚。下車したときに帰りの電車の時間を調べておく。
「東照宮駅」を降りて歩き出すと、もう見えてくる鳥居。伊達忠宗が奉納したもので国の重要文化財。
月1回の骨董市にも運良く出会えた。
骨董、というより古道具のような、褞袍とか古い徳利や生活食器、明治時代の勘定書やハガキ、古銭・・・一軒一軒眺めていると結構面白い。
e0081334_16351025.jpg

鳥居をくぐると長い長い石段がなだらかに続き、その先には同じく重文の「随身門」がそびえている。両側には立派な石灯籠がズラッと並ぶ。この灯籠が素晴らしい。地震対策のために置かれたコーンの色が残念ではあるが。
e0081334_16393955.jpg

門は真下まで行ってみると結構な迫力。
e0081334_16425475.jpg

e0081334_1644446.jpg

e0081334_16441644.jpg

手水舎は県の有形文化財。
古くて渋いが、水はセンサーで出てくる(!)。
e0081334_16464328.jpg

拝殿もいい色をした古さで、中も風通しの良さそうなシンプルな造り。
e0081334_16484429.jpg

e0081334_16485759.jpg

ちょうど修復中だった本殿は全景を見ることが出来なかったが、千木と鰹木がドッシリしつらえられた棟は何とか覗くことができた。
e0081334_1651138.jpg

e0081334_16511855.jpg

舞殿も年代を感じさせる。閉まっていて残念。
e0081334_16515871.jpg

だいぶゆっくり見て回って、それでもまだ時間がたっぷりあった。
一瞬北山まで足を伸ばそうかと思ったが、行ったら行ったできっと5〜6箇所、寺社を見なくては気が済まなくなりそう(笑)、時間も中途半端。
いいや、この辺をちょっとぶらぶら歩いてみよう、と地図情報もないまま正真正銘の「ぶらり散歩」。

駅横の踏切を越える手前に、古くて素敵な山門が見えるので入ってみる。
e0081334_16553476.jpg

天台宗・眺海山仙岳院。
東照宮の別当である。つまり建立も同じ頃(1654年あたり)。
門の外から垣間見える庭、深く美しい緑と静謐な空気に、思わず引き寄せられて入ってしまうような素晴らしいお寺。
そんなに広くない境内には複数のお堂やお地蔵様や仏様、いろんな種類の草木が所狭しと並んでいる。
たくさんのお地蔵様の向こうにあるのはログハウス(!)の観音堂。
中には仙台三十三観音11番札所の「小萩観音」。
e0081334_1714826.jpg

こちらは昭和に立てられた「瑠璃堂」。
ご本尊は薬師如来。入り口は開け放たれていて、蠟燭が灯され、奥に仏様の姿が見える。
だ〜れも居ない。訪ねてくる人もない。何の音も聴こえない。
お線香の香りに包まれて、仏様をじっと見入る。
e0081334_178035.jpg

境内の一番奥には本来の「本堂」。一度焼失した後1766年に再建されたもの。
ご本尊は釈迦三尊像だが、ここは残念ながら閉まっていて拝見できず。
e0081334_17103483.jpg

静けさを満喫した後で山門を出、再び車の往来の多い道を南へと歩いてゆく。
踏切を渡ってすぐ左側に、なにやらこんもりした緑と山門を発見。
これは覗いて行かねば。
e0081334_17141733.jpg

天台宗・延寿院。
さっき訪ねた仙岳院の傍院として1660年に建立。
すごいよ、ここの見事な神仏混合具合は!
感動ものだ。
山門を入り短い参道の途中に、この大きな鳥居。
e0081334_1717405.jpg

すぐ右手には形、枝振り、葉の付き方が素晴らしく美しい、桜とおぼしきご神木。
e0081334_17191883.jpg

境内に入ってゆくと、突然、真っ黒い子猫が左から右へと走り抜けてゆく。
それ以外は人影もなく、ただこの大きな桜の木が風にそよぐ音ばかり。
すぐそこの表通りには車も人も行き交っているのに。
別世界。
e0081334_17215762.jpg

小さな本堂は、古く、時代の香りがする。
ご本尊は浄円房大権現。
浄円房とは、韋駄天のような足を持ち、師が死の床に付いた時に好物の最上の豆腐を求めるとすぐさま最上までの往復を走り抜き、生涯で羽黒山まで238回往復し78歳で入寂したという何やらスゴイ存在。その霊験にあやかって足の病気などを治す力があるとされてるらしく、お参りした人の願掛けだろうか、本堂にはたくさんの草鞋やスニーカーなどの履物が。
e0081334_17253939.jpg

境内にはほかにも、耳の不自由な人や耳の悪い人を治してくれるという延命地蔵も。
お賽銭をあげ、真ん中に小さな穴が空いた直径3センチほどの土器(かわらけ)を地蔵堂の壁につけられた釘に差して願掛けをするようになっている。
薄曇りの影のなか、お堂のなかにあげられた蠟燭の灯りが不思議な空気をつくっている。
e0081334_17484971.jpg

そしてもうひとつ、浄円房が羽黒山から持ち帰ったという「疣神尊」も。
こちらは疣を治してくれるそうで、願掛けのための小石がたくさんあがっていた。
e0081334_17312127.jpg

歩いていると、それなりにいろんな素敵なものに出会う。
下調べもせず地図も持たず、本当にぶらぶらするのもいいなあと思った、仙台、小雨の午後。
今回行かなかった北山あたりは、また次回にとっておこう。
まだ行く所を残しておく、ってことは、次にまたそこを訪れるご縁がある、ということだから。
焦らず、ゆっくりと。
すべては、そう、本当に、人も物も景色も歴史も、すべて「縁」だから。
e0081334_17343621.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-26 17:34 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

moonlight magicで眠れない夜〜エレカシ「MASTERPIECE」ツァー in 仙台〜

総合司会、大活躍。
本プロ16曲にアンコールが5曲、約2時間のタイトな音楽の時。
MCも殆どなく、簡単なメンバー紹介が1回と、「仙台〜!」コールが数回。
ずうっと「音楽だけ」がグイグイ進んでいった一夜。

今月いっぱいで営業を終えるZepp仙台の最後を飾るコンサートでもあった。
エレカシのニューアルバム・ツァー第3夜の昨日。
私はここでエレカシしか聴いたことがないけれど、この会場そして仙台の街、駅、新幹線とひっくるめて大事な思い出がたくさんある場所なので、よそ者ながらもちょっと感傷的になる。
夕刻から、半袖では寒いくらい涼しくなってきた仙台駅前は、開場を待つ多くの人の「気」でそこだけちょっと気温が高かった気がしたくらい。
ソールドアウトしていたらしく、通りかかりの人が「チケット売ります、って立ってる人いないかなあ」と言いながら通り過ぎてゆく。

東京で初日を迎えるはずだった今回の全国ツァーがメンバーの体調不良で日程がずれたので、私にとってはお初の「MASTERPIECE」ライブ。
楽しみにしてでかけた。
仙台のお客さんはとても真摯で、真面目で、中身は熱いなあといつも感じるのだが、昨日はやはりフロアで開演を待っている時間の緊張感と集中力の高まりがあって、ただコンサートのかなり後半になってからようやく柔らかくなってきたというか、熱し方がとてもゆっくりだったように思った。
当然ニューアルバムからの曲が中心で、それをライブでは初めて聴くということになるから、どちらかというと聴き入っちゃってすぐには入り込めないのも仕方ないのかもしれない。
本プロラスト5〜6曲あたりから宮本さんもかなり客席を煽っていたみたいに感じた。そうなるとみんなすぐに温度が上がるのだけど。

メンバーが登場するや否や、アルバムの代表曲でもある「大地のシンフォニー」がいきなり始まる。
宮本さんの声がちょっと疲れているようにも感じる。ベテランのプロでもやっぱり移動付きの連チャン本番て体力消耗が非常に著しいと思うなあ。
♪ページェント♪の歌い方がクリアで美しかった。
ギターサポートの、現在The Birthdayの藤井謙二さんの音を初めて聴く。私はギターのことってからっきしわからないのだけど、とっても太くてがっしりした印象だった。藤井さんの音なのか、PAのせいなのか、最初から全体的(特に2本のギターの音)なサウンドがちょっと固めで乾いていて、音量は結構大きいんだけど全体の響きがまとまりにくいというか、割と空洞感があるというか、それぞれがひとつに溶け込まない感じがした。あるいはそういう意図での設定だったのかもしれないし、自分が居た位置のせいかもしれない(前後左右ほぼ中央にいたのだけど)。
よく言えばコンサート終了までずっと「骨太」で荒削りな音のイメージだった。キーボードがなかったことも大きかったのかな。
それにしても、藤井さんの緊張感がヒシヒシと伝わってきたステージでもあった。

長めのイントロがだんだん整っていくうちに、リズムやハーモニーの目鼻立ちがジワジワ出来てきて、聞き覚えのある大好きなあの曲になだれ込んでいった2曲目「moonlight magic」。
嬉しかった。
たしかに、キーボードがなく藤井さんのガッツリした音が入ったこの日の「moonlight magic」は、この曲にずっと抱いてきた透明なイメージが消えて、もっと現実感のある生身の曲に変身していた。
それでも好きな名曲。
・・・と、その流れで「おはよう こんにちは」に行くとは!
このあたりだったかなあ、早くも宮本さんが成ちゃんの帽子をガバッと取っちゃってたのは。
「東京からまんまで宇宙」はフェスでも聴いてたけど、昨日はそんなにアップテンポではなくしっかりめな演奏。

そうそう、昨日はずうっと「しっかりめ」だった。最初から最後までずうっと、どの曲もどの曲も、バラードも弾き語りもガリガリロックも、宮本さんすごく丁寧に、自分にもお客さんにも噛んで含めるように大事に大事に歌ってた。
気を緩めることもなく、緊張感がずうっとあって、まっすぐ投げかけられる音楽。真剣、真面目が1本貫いてた。具体的な「どこか」とか「自分」に向かってというより、空(くう)のどこか一点に向かって捧げられていたような。

骨太な「まんま」が終わると、美しい「約束」が続く。
今回のアルバムは重ね録りのコーラスが結構多いから、ライブでどうやるのかな〜って興味津々だったのだけど、これもところどころコーラスを抜いて歌われてて、こちらはどうしても心の中で自動的にコーラスを重ねながら聴いてしまう。
クッキリと丁寧な♪ベイビー♪の連呼。

「ココロをノックしてくれ」のイントロはほぼ音源に近く、底にあるリズムのワクワク感が嬉しい。サビでお客さんが突き上げる拳が、本当にノックしているように見えて楽しかった。
そして、ライブでどうなるんだろう、と楽しみにしていた「Darling」。
ストリングスもピアノもなく、そしてトミがドラムを叩く「Darling」はどんなだろう、って。
甘いのか、甘くなくなるのか?
そうだなあ、けっして「甘く」はなってなかったなあ。でも、しっかりしたビートの落ち着いたテンポの上で、あたたかい「弾き語り風」な、ほんとに語りかけてる歌になってた。CDで聴くより大人っぽい感じ。甘いヴァージョンもすごく好きなんだけどね。

ものすごく速かった「穴があったら入りたい」。速い、速いよ〜!(笑)
長いイントロから、ようやく歌が入ってきて、そしてラストまでがひとつの大きなアッチェレランド。ハモリがなくてちょっと寂しいとこもあったけど、サビの「曜日」を連呼してくところでお客さんの腕がまるで練習したみたいに揃ってたのが、なんかすでに完成された「振り」みたいで面白かった。こういう「振り」的なものが平然と実行されてるのが、最近のエレカシの特徴かもしれない(笑)。
♪御同輩♪も、いつのまにか宮本さん&お客さんのコールアンドレスポンスになっちゃってて、楽しすぎた。

そして、元気になったトミのドラムが冴える「眠れない夜」。
「good morning」の曲って、こうやって挟まるだけで、コンサートの流れがグッと引き締まるのがかっこいい。
♪俺は時々戦う前から勝負を避けて/奴等に勝利をもたらす/チクショウ〜♪のシャウトを2回もやってくれて、興奮したぜ。
考えたらこれ、ライブで聴くの初めてだった。

この日最高!って思った曲のひとつ「ゴクロウサン」。
やっぱりこれもすっごく速かったんだけど、歌も動きも!
でもなんだろう・・・ノリノリでアイロニックなのに上滑りしない諧謔。楽しすぎる。
脈拍数あがってくるのが自分でわかる。
つづく「珍奇男」ではとうとうあの年代物の「男イス」が新調された模様で、宮本さんは「ん・・・イス、たけぇな。」とつぶやき、ちょっと腰掛けにくそうだった。「珍奇男」ですら(!)テンポ遅めで丁寧な印象。
成ちゃんやトミが次々と、スポットを浴びながら順にソロをやっていく。
(ところで当ブログ、時々「検索ワード」のランキングを見るのだけど、先週だったかエレカシの札幌コンサートの直後、「机さん」という検索をかけてここにいらした方が結構な数あったみたいで・・不覚ながらかなり笑っちゃいました。初めて聴いたらタイトル知らないこともありますもんね)

音源にはない素敵なイントロがついてた「ワインディングロード」。
これはちょっとワイルドな響きがしたですね、歌い方もサウンドも。
そして、この日特にスゴくいいと思った「七色の虹の橋」。♪誰の人生だってMasterpieceさ♪の「マスターピース」の声と発音がとっても印象的。透明で、優しい響き。まるで「今夜の一言」みたいな特別感があって吃驚。

「世界伝統のマスター馬鹿」をあらためてじっくり聴きながら「あ〜、これ『おかみさん』に出てくるオジサンがこの曲では主人公になってるんだ」と再認識。「おかみさん」男ヴァージョン。
この曲の次はもう絶対に他の曲は持って来られない、というちっぽけな私の思いが叶った「飛べない俺」への流れ。
宮本さんは淡々とキーボードの前に歩み寄り「弾き語りです」とマイクを引き寄せて座る。
しばしいろんなハーモニーを鳴らしながら、イントロへ。
和音をしっかり掴みつつ力強く歌いながら、Bメロでなぜか中腰・・・座っていられなくなったのかな。
個人的には宮本さんがギター以外の楽器を弾いているのがとっても好きなので、キーボードを初めて聴かせてもらえて(キーボード弾きとしては・・笑)すごく嬉しかった。
なんかね、何を弾いてもそこに「歌」があって、そしてこういう音楽をしたいっていう意志がバ〜ンって出るんですよね。スゴイ。
そして、アルバムラストのこの曲からの流れで、アルバムオープニングの「我が祈り」へという、秀逸のラインナップ。冒頭の♪心のポケットにしまった秘密シークレット♪の声の色が、ライブ独特の語り方でゾワッとしたですね。「悪魔のささやき」ツァーで初めて「悪魔メフィスト」を聴いたときのショックをちょっと思い出していたのだけど、そのかなりの絶叫度は気迫とかインパクトはもちろんすごくて、でも贅沢をいえばもうちょっぴりだけ「歌」がきこえたらもっとよかったのにな〜と。

昨日は、細かく効果的だった照明使いも印象的。
アンコールでまず「俺たちの明日」。フロアも一瞬で(実際の明りのみならず)明るくなる。
本プロの間、コンサートあたまや最後の激しい曲で、ん〜、宮本さんちょっと高音苦しそうだ、というか音が無くなってる・・とちょっと残念に思ってたのが、アンコールに突入したら一掃されててすっごいいい声。喉が馴染んでる感じがして、気持ちよかった。
「悲しみの果て」でお客さんが一斉に沸き立つ。みんなホントに好きなんだ、この曲。

そして「桜の花、舞い上がる道を」。
その日仙台までの車窓のお供のi-Podのシャッフルで、はからずも2時間足らずのうちにこの「桜」の3ヴァージョンを全て聴いてきた私は、ちょっとしたビンゴ気分も手伝って嬉しく味わう。
両手を広げて歌うスタイルも、ちょっと懐かしい。
そこからの「ガストロンジャー」も格別。尋常じゃない超速の踊りが昨日もすごくて、それでソロを振られた藤井さん、ビックリしてなかったかなあ、なんて。
宮本さんの指示がいろいろ飛んでて、藤井さんと石くんのデュオとか、成ちゃんに「チョッパー、チョッパー」って言ってたり・・・・
私詳しくないのでよくわかんないんですが、チョッパーってスラッピングのことだよね?
成ちゃんがスラッピングで弾いてるのってあんまり見たことなかったような気がする。宮本さんはだいぶ長い間これでもかこれでもかって、成ちゃんにそれを強くリクエストし続けてた。
で、ご自分もキーボードでインプロのソロ挟んでて、それがすっごく良かったなあ。
宮本さん、ライブでもっとキーボード弾いて下さい!

ラスト、お決まりといっちゃあお決まりの「ファイティングマン」への流れ。
最初ちょっとおとなしかったお客さんたちも、さすがにこの頃は盛り上がってた。いつものように前後左右走り回ってた宮本さん、最後に近いサビで銅鑼のとこに駆け寄り、一発。

とにかくずっと歌いっぱなし弾きっぱなし、与え続けっ放しの2時間。
密度が濃くて充足感でグッタリ。
私たちも、そして出演者もたぶん抜け殻になっていただろうな、いつものごとく。
初めて生で聴いたアルバム曲たちが、そして藤井さんのギターinエレカシが、これから先のコンサートでどんな姿になっていくのかが、とても楽しみでならない。
Zepp仙台の最後の勇姿を目に焼き付けつつ、新幹線に乗り込む。
たくさんの思い出を作ってくれた仙台は、この最後の時までまた新たな忘れがたいシーンをプレゼントしてくれた。
ありがとう、仙台。
[PR]
by saskia1217 | 2012-06-25 19:31 | エレファントカシマシ | Comments(0)

ふくらみすぎる妄想

さだファンとエレカシファンに。

楽しみにしていたフジテレビ「MUSIC FAIR(ミュージックフェア)」をみた。
こないだ大々的に還暦記念のコンサートをしたさだまさしさんの、そのオマケのお祭りみたいな企画で、その時とはまた違うアーティストが次々とさださんとコラボしていた。

以前書いたように、私は妹の影響で10代の頃さださんの歌を毎日毎日膨大に聴き続けたおかげで、その頃の曲は(あの長大な)最終コーラスまで全て歌えるようになってしまっていた。もちろん、聴いてるうちに大好きになっていたからなのだけど。
何よりも歌詞が好きだった。やっぱり私は「歌詞」に弱い。そしてもちろん、メロディーも好きだった。さださんの「声」よりも、そっちのほうが好きな要素として強かったかなあ。
コンサートにも何回か足を運び、たまたま知人の紹介で楽屋のさださんをお訪ねしてお話できたこともあった。高校か大学の時だったかなあ。今考えたらとんでもないことだったのだけど。
何年間もラジオに毎週ハガキを送り、コンサートのステージでその逸話を紹介してもらったおかげで本にも収録されたと狂喜していた妹は、その後20年近く経ってから幸運なことに何度か仕事で共演、さださんと目出度く昔話も出来たらしい。

その後私はさださんの歌を聴くことはなくなってしまったので、「身体に染み込んでいる」のはアルバムで言えばせいぜい「風のおもかげ」「Glass Age」くらいまで。その辺だともう薄々かなあ。
「ADVANTAGE」となると殆ど記憶が無い。
今となっては、結構好きな、あのトーク番組でそのお姿を見るだけになってしまっていた。

なので今日、エレカシ宮本さんとの「共演」をドキドキして待った。
普通なら私は宮本さんに、誰かのカバーをやって欲しいと思うことは殆どない。
好きなミュージシャンだからこそ、たとえそれが宮本さんが尊敬するミュージシャンの曲であっても、それはそれで素晴らしいことはわかるんだけど、それほど興味が湧かないのだ。
けれどやっぱり、あれだけ好きだったさださんの曲、それも「主人公」。
期待が膨らんだ。

よかった。
素敵だった。
緊張感はあっても、まるで自分の歌のようにしっかり歌い上げていた宮本さん、1番のラストで伸ばした声がまるでベルカントのようで驚いた。あんなの聴いたことなかったから。
のっけから「ガイドブック」の太い子音が分厚くって、「生きる」が力強くって!
さださんファンからしたら「あの〜、これもっと軽く歌ってくださいよ」だったかもしれないけど(苦笑)、サビの素晴らしさは圧巻で、特に一番最後に3度上をはもっていた宮本さんの声が素晴らしかった。
おそらく日本の音楽界で圧倒的な「高音域」を得意とされるお二人、その歌い上げ感はハンパない。
いいものを聴かせてもらえてホントによかった。

あんまりよかったので、見終わってから数十年ぶりにさださんの歌を次々と聴きまくりながら、「あ〜これも宮本さんが歌ったらかっこいいかも」という妄想がとまらない。
そういう思いは、たとえ妄想といえども双方のアーティストに対して結構失礼なことだと個人的には思っている。
なのに、今日ばかりは妄想をとめられなかった。
許してください〜。

結果。
歌い上げる壮大なバラードは、歌詞さえ違和感なければいい感じになりそう。そして文語調の詞の曲だともっといいかも。
でもちょっと春告鳥は無理だな(苦笑)。
さださんの曲は歌詞も音楽も振れ幅が大きすぎて(笑)、こっぱずかしいくらい甘酸っぱいものや、コミカルすぎるものはやっぱり無理。
なのだが、数年前までの宮本さんなら考えられなかった、生や人や愛について「ストレートに」語るものも、ここ最近の新曲の流れから違和感なくいけそうな気がするんだな、これが。
私個人のなかでしっくりくる上位いくつか。

「防人の歌」は完全なる怒りの歌になるだろうなあ。
太く歌ってもらえたらかっこいい。


「道化師のソネット」
これも最近の宮本さんが歌ったら違和感ない。特にサビを歌い上げる曲はいいかも。歌詞もしっくりする。宮本さんに「ピエロ」のイメージはちょっと無理だけど。
発売から30年も前かあ。映画は泣いたなあ・・・キグレサーカスの実在したピエロを演じていた方のお話で、さださん主演だったっけ。


そして「胡桃の日」。
これは間違いなく3本指に入る。
すっっごいロックにしてくれそう。


「まほろば」は、詞も音楽も想定内だ。
これもすごくロックになりそうだけど。
歌詞のあちこちに思い当たるフレーズや、言い切ったような厳しさにエレカシの感性がちょっとよぎる。
なによりも、ラストが♪満月〜〜!♪なのがドンピシャ。


「天までとどけ」は、ちょっと前までの宮本さんなら恥ずかしくって想像できなかったタイプの歌詞だけど(笑)、今歌ってくれたら、まるで「to you」ばりの爽やかさで打ちのめされそうだ。
ラストのハイDも難なく出してくれるだろうし!


意外にすっっごくいいかもしれないのは「加速度」。
これ、本当に本当に好きだったなあ。
この歌詞を宮本さんが歌った時の違和感がそんなに大きくない。
あっちこっち、音楽的にちょっと椎名林檎さんが歌ってるイメージも浮かんじゃう曲なんだけど。
サビのコード進行とメロディーライン、あと最後の♪あ〜う〜♪が宮本さんが歌ったらワイルドでよさそうだよなあ。


弾き語りなら「最終案内」あたりもいいかな。


「ひき潮」は歌としては素晴らしくなりそうだけど、歌詞がちょっと違うね。
そこが、東京出身の宮本さんと、若くして東京にやってきて遠くに故郷を持つさださんを決定的に分かつところだな。
たとえフィクションとして聴く場合を想定しても、やっぱりあり得ないほど宮本さんと東京の絆は深すぎる。

ホントにひさしぶりにさださんの歌をあれこれ聴いて、やっぱりちゃんとみんな覚えてるもんだな〜と。
やっぱりなんだかんだ言って、さださんの歌は私の青春の大きな部分を占めていたのかもしれないと、今にして思う。
こんな楽しい曲もあったなあ。早口でよく歌ったなあ。
これはもう、どう考えても、宮本さん云々以前に、さださんしか歌えない(笑)。

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-23 22:32 | エレファントカシマシ | Comments(0)

お稲荷さん

e0081334_12201494.jpg

東京でお稲荷さん参り。
この日は台風直撃の予報だったんだけど、ずっと前から約束して楽しみにしていたので、早めに行って早めに帰るということで決行。
私にとって「東京のお稲荷さん」といえばまず王子なのだけど、そういや「東伏見」っていう駅の名前には子供の頃から馴染みがあったのにな〜と思いつつ、今さら東伏見のお稲荷さん初体験。

駅前から大きな赤い鳥居。
駅横の交番で訊かなくても自ずから道は明らかなんだね。
この鳥居をくぐって線路沿いに歩くと、すぐにまた次の鳥居が現われる。
e0081334_1224487.jpg

住宅地にこの大きな鳥居のインパクトはなかなかだ。
なだらかに広がる住宅地と黄色い西武電車、線路沿いには季節の草木・・・
どこかのんびりしたこの武蔵野の風景は、生まれ育った土地の空気がしてすごく懐かしい。
e0081334_130541.jpg

参道の表示があるこの道、住宅や小さいお店などが並ぶごくふつうの通りだが、両側に大きな桜の木が道に張り出して何本もたっている。
昔は桜並木だったのだろうな、この参道は。
e0081334_137549.jpg


雨がパラパラ降り出してきた頃、東伏見稲荷神社に着く。
結構大々的に改修中。
e0081334_13143350.jpg

e0081334_1315315.jpg

ちょうど月末は大祓なので、ここにも茅の輪が。
東伏見稲荷は、昭和4年に京都の伏見稲荷から勧請されたというので、それほど古くはない。大きな神社だけど、意外なことに社格はなく旧無格社。
流造の曲線が美しい。
e0081334_13154837.jpg

大きな舞殿。
松の木と広がる空が、東京にいることを忘れさせる。
e0081334_1317042.jpg


拝殿本殿の後ろには、お稲荷さんに付き物のお塚。
ちいさな伏見稲荷みたいになってて、大きくはないけどそこそこの数のお塚をめぐることができる。
この神秘的な不思議感がお稲荷さんの魅力。
e0081334_13175952.jpg

小さなお社には名前が付いているものも、お社がなく小さな祠だけだったり、樹の前に依代だけがおいてあるような小さなものも。
e0081334_1325476.jpg

でもここはお稲荷さんの宇迦御魂大神だけじゃなく、音曲や芸能の神様である大宮能売大神もお祀りされているから大事なのだ。
雨の神社もまた、一興なり。
[PR]
by saskia1217 | 2012-06-23 14:05 | 感じろ、考えろ、思え!

実家の庭。
パンジー、サルビア、南天の花。
こないだの台風で、せっかくなった梅の実は無事落ちないでいてくれただろうか?
e0081334_2338502.jpg

e0081334_2339289.jpg

e0081334_23395658.jpg

e0081334_23402510.jpg
e0081334_2339442.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-21 23:40 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

紫陽花に目眩

e0081334_20371257.jpg

e0081334_20373897.jpg

e0081334_20381682.jpg

e0081334_20384817.jpg

e0081334_20391983.jpg

ここ数日間、あちこちで見つけた紫陽花いろいろ。
つい足をとめてしまうね。

そして最後に、私が生まれた時から今までずっと咲き続けている、実家の紫陽花。
今年は、何ヶ月も前から母が肥料に気を遣っていたらしく、いつにも増してたくさんの花をつけた。
蕾がまた、宝石みたいに綺麗なんだよね。
この地味なガクアジサイに心惹かれるのは、やっぱり「三つ子の魂」なのかもしれない。
e0081334_2042179.jpg

e0081334_20431593.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-19 20:43 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

オルガニスト

e0081334_824710.jpg

東京女子大聖歌隊のコンサート、昨日終了。
幸い雨も降らず、補助椅子をありったけ出してぎゅうぎゅうの満員御礼に感謝。

前半はオケのみの曲、合唱曲、ソリストのアリアなど小さい名曲をたくさん集めてあって、私はいつものようにオケ中のポジティフで通奏低音。
相変わらず、セブン○レブンのコピーは光沢ありすぎでステージでテカって見えない(特に蛍光灯に)という現象に、微妙に身体の角度を変えながら弾く(苦笑)。
鉛筆で書き込んだ数字とかもテカるんだよね・・・どんな照明にもテカらない鉛筆って無いかな〜。

後半はメンデルスゾーン「エリア」から、ソロ、合唱織り交ぜての抜粋、そしてロマン派の合唱曲がひとつ。
ここはずっと2階バルコニー席のオルガンで、オケをサポート。
今回初めてだったこのフランス様式の大きなオルガン、よくあることとはいえ、前方のオケとの時差をどう縮めるかも課題だったわけなのだが。
ふつうオケ中でオルガン弾くときは、弦より飛び出さないよう微妙に「遅れ気味」に弾くクセがついてるもんだからそれをまずリセットし、しかもモニター画面の指揮者の動きと同時でも既に「遅い」から、礼拝奏楽なんかよりももっともっと前に、時には半拍くらい先に弾く。
そんな、経験あるオルガニストなら朝飯前のことにようやくちょっぴり慣れかけた今日この頃。

「エリア」が始まって2曲目くらいだったか、なんか弾いてない音がどこかで鳴ってる・・・気がしてたのだが、ある曲が終わると明らかにひとつだけ鳴り続けてるヤツがいる。
オケも合唱もやんで次の曲にいく間、静まり返ったチャペルにバカのように延びるオルガンの音(苦笑)。
私みたいに経験が浅いと、特に弾き慣れている楽器じゃないと、30以上のレジスターのどれが鳴っているかを瞬時に探し出すのは難しく、「フルート系だな」くらいはわかってもそれがどこのなのかがすぐにわからない。4フィートかもしれないし。
これ以上みんなを待たせるわけにいかん、と、無い知恵を振り絞ってコンピュータのプログラミングを一度リセットし、もいちど入れ直してみる・・・幸い次の曲の楽譜の頭にはコンビネーションを書いてあったから良かった。
治った。
も〜、やめてよね〜(苦笑)。
コンサート始まる前に、ちゃんとオルガン君に「よろしくね」って念送ったのにさ。
鳴りっぱなし現象は冬場の乾燥した時なんかによく起こるんだけど、昨日は何が原因だったんですかね。ひんやりしていたチャペルに湿気満点のお客さんがぎっしり&照明全開、で気温湿度が急上昇したからかなぁ。

そして弾き進めること数曲、アシスタントが「揺れてる」とつぶやくと同時に「あ、なんか揺れてる?私だけ?」
それで、地震に気がついた。
弾いてるとわかんないんだよね〜、特に本番中は。
ま、やめるわけにもいかないので、弾き続けながら様子を伺いつつ。
演奏やめるほど大きくならなくてよかったですよ、お客さん満員だったし。
ただ、おっきなオルガンの下って怖いんですよね、パイプが墜ちてくるから・・・最近はほとんど耐震対策しているとはいえ。
前も礼拝奏楽の最中に地震がきたことがあって、そのときも私は全く気づかなかったのだけど、オルガニスト仲間が「あと30秒揺れが続いたら、声かけに行こうかと思った」と後で言ってたことがあった。
我々は、いちど本番始まっちゃったら、命にかかわることじゃない限りは基本演奏し続ける態勢が染み込んじゃってるので、もしかしたら逃げ遅れることもあるかも。
弾き続けるか、逃げるか・・・問題ですね(苦笑)。

しかし。
いつも思うのだが、オルガニストってほんとにスゴイよなあ。
いくつもの鍵盤やらボタンやらが並んだコックピットみたいなところで、両手両足使って、楽譜と同時にモニターとか鏡とか見ながら、耳は残響や時差を予測しながら・・・そしてアンサンブルにも心を砕く(←自分は普段、ここしかやってないよね)って。
普段オルガンでロマン派以降のものは滅多に弾かないので、譜めくりやストップ操作などをやってくれるアシスタントに付いてもらった経験も今回が初めてだったのだが、その働きぶりにも感動そして「手伝ってもらうってなんて便利なんだろ〜」と実感(笑)。

ともあれ、平和に終了してよかった。
よんでくださった東京女子大の聖歌隊の皆さま、いっぱいのお客様、そして手伝ってくださったアシスタントに感謝。

今度行ったときはもうイジメてくれるなよ〜、こいつ!
e0081334_855875.jpg

e0081334_8552435.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-18 08:55 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

弔旗

e0081334_23282834.jpg

今日、大学に出勤すると、門に大きく立派な弔旗が掲げられていた。
学生時代から今まで20数年とおして、初めてみた光景かもしれない。

今日は寛仁親王殿下の「斂葬の儀」があった。
国立の教育機関だということ以上に、お父上の三笠宮崇仁親王が美術学部で教鞭をとっておられたこともあり関係が深かったこともあったのかな、と思う。

学生さんたちは、何故この旗がたったのか知らない(あるいは気に留めない、または気づかない・・)人も多かったようだ。
ニュースくらい、見ようよ!

すっくと立って咲く花。
e0081334_23453850.jpg

いつもの場所に、いつもの白黒にゃんこ。
今日ばかりは追悼の色にもなって、校門の横に陣取っていた。
e0081334_2348491.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-14 23:48 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧