<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

彷徨っていると夜空

e0081334_031248.jpg

歩いているとすぐ夜になる。
遠くから見ると夢のようなものが、麓では迫り来る夜光生物。
ウネウネの首都高も、首に巻き付いてきそうで怖い。

でも、つい立ち止まって見入ってしまう。
急ぎ足でまわりをかすめていく、たくさんの雑踏。
こんなに、こんなに綺麗なのに。
e0081334_0354516.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-02-26 00:35 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ときどき雨

e0081334_2321897.jpg

e0081334_23213336.jpg

雨があがらないと、お散歩にも出られニャイよぉ。

e0081334_23275689.jpg

でも雨だと人が居なくていいね。
大通りに挟まれた信じがたい静謐の谷ではただ、その花の色と同じように少しずつ違う何本もの梅の香りだけが唯一の知覚。

e0081334_23315075.jpg

そしていつか必ず、雨はあがる。
平地からパワータワーとスカイツリーがいっぺんに見える場所があるなんて奇跡。
[PR]
by saskia1217 | 2011-02-24 23:33 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ふうん

e0081334_22551772.jpg

ユニクロのカーゴのCM、あ〜こりゃどう考えてもFPMだなあ、と思ってたらやっぱりそうだった。
ふうん。
いつも殆ど近くにない音楽だけど、久しぶりに耳に入ってくると鮮烈。
・・・とそこで何故かいきなり、何年ぶりか(!)でラーメンズ、いやGolden Balls LiveのDVDを見てしまう(笑)。

「世界の終わり」のキーボーディストが高校の後輩にあたることを知った。
ふうん。
そうだったのかぁ。
なんかちょっと・・・嬉しい。
[PR]
by saskia1217 | 2011-02-23 23:00 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ファミレス

e0081334_075035.jpg

最近のファミレスは、ドリンクバーのカップさえこんなに可愛い・・・・。

気分もボケボケだったせいか、またボケちゃった(笑)。
[PR]
by saskia1217 | 2011-02-23 00:08 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

待ってるよ

e0081334_19233453.jpg

今晩、パンダが上野に着くんだって。
上野はあっちこっちでリニューアル中。
公園や美術館が綺麗になるのはまだまだ先だけど、とりあえず春休みはパンダなわけですね。
きっとものすごい人出なんだろうなあ。

パンダといえば、私にとってはやっぱりカンカン&ランラン。
「立ち止まらないでくださ〜〜いっ!」の、あのセンセーショナルな日。
ずっと東京に住んでたのに、私は結局見に連れて行ってもらえなかったなあ。
実際あのテレビ中継を見て子供心に「あんな列に並ぶなんて」と思った・・・かどうかはよく覚えてないけど、親に「見に行きたい!」と言った覚えもないしなあ。

東京オリンピック、開通した東海道新幹線、大阪万博・・・結局ぜんぶ行ってない。
どうやら我が家には、そういうメジャーなところに出かける習慣はなかったみたいだ。
山とか川とか海とか温泉とか、いわゆる「旅行」にはずいぶん連れていってもらったから、そういう思い出はたくさんあるのだけど。
そういえば、目と鼻の先の豊島園をはじめ、後楽園遊園地とかディズニーランドとかシーとかにも、いまだかつて一度も行ってない。
けど、高麗の巾着田とか埼玉の森林公園とか秩父とかさきたま古墳とか吉見百穴とか・・・そっち系のトコロにはよく車にのって家族で出かけた。

ん〜。
やっぱり私の「人混み嫌い、行列嫌い」は「三つ子の魂百まで」なのかも・・・。

だからきっと、今回のパンダも見に行かないんだろうな〜、たぶん(笑)。
週に数回、動物園前を通り過ぎながら、心のなかで挨拶かな。
でも、待ってるよ!
無事に着くといいね。
e0081334_1941075.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-02-21 19:41 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

レディオなんとか

昨夜18時59分にハチ公前、結局何もなかったのは残念でした。
レディオヘッド。
あれは何だったんでしょう・・・?

でも、新曲いいからいいや。

とか言ってたらこんなものが。
小林賢太郎さんの「レディチ」も真っ青(笑)。

[PR]
by saskia1217 | 2011-02-19 20:32 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

上から目線

e0081334_1215950.jpg

いいお天気。
やっぱり池袋はホッとする。
あったかいからすこし歩こうか。
[PR]
by saskia1217 | 2011-02-19 12:15 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

モダン

e0081334_235956.jpg

珍しく、用事のあるお出かけ。
ものすごく久しぶりにマネージャーさんに会いに、事務所のある神楽坂へ。
早めに出て、赤城神社に寄る。

改築してたことや、その後「ちい散歩」で紹介してたので知ってはいたけど・・・。
わ〜、なんだこの近未来本殿。
ガラス張りで、ちょっと海辺の結婚式場みたいだ。
素敵は素敵なんだけど、以前の佇まいとのあまりのギャップに打ちのめされる・・・。
隣にドーンと建つマンションとその下に併設されてるカフェもオシャレ。
e0081334_23594383.jpg


でも、昔↓のほうが私は好きだったなあ・・・。
ちょっと残念。
神社って、そこに漂ってる空気とか目に入ってくる色とかって大事なような気がする。
e0081334_054138.jpg


夕刻からは、神楽坂裏の素敵に美味しいお蕎麦屋さんで和を満喫。
久しぶりに大人の会話を堪能。
フレンチもいいけど、やっぱり和の街、神楽坂。
この街もまた、底知れない。
[PR]
by saskia1217 | 2011-02-17 23:59 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

銀色の時代

昨日の朝、日テレで偶然見て、ものすごく見たくなったので行ってきた。
出光美術館。
きっとおんなじことを思った人で混むんだろうな〜、と思いつつも。

有楽町から行くつもりが、山手線が東京駅でほんの一時停まってしまい、面倒くさいのでそこで降りて和田倉門交差点あたりからお堀端の日比谷通りを歩く。
東京駅はまだ改修中で悲しい姿だったが、晴天のお堀端は気持ちいい。
e0081334_19294540.jpg


出光美術館に到着。
e0081334_190349.jpg

琳派芸術−光悦・宗達から江戸琳派/第2部・転生する美の世界

第1部もあったんですね、知らなかった。
展示換えをして第2部が始まったばかり。
テレビで見た、銀の屏風がどうしても見たくて行った。

琳派といっても、教科書に載ってた尾形光琳とか俵屋宗達くらいの知識しかなかった私。
今日は酒井抱一と鈴木其一を中心としたたくさんの展示にクラクラ。
屏風といえば金屏風のイメージが強く、実際第1部にはそういう感じのが展示されていたらしい。
見逃したのは残念だったが、個人的には銀のほうが好きなので今回来られて本当によかった。

江戸も後期になると、屏風も金よりも銀が流行ってきたらしい。
銀は時間がたつと黒く変色してしまうので、今回出品されている目玉の酒井抱一「紅白梅図屏風」のように銀色が残っているのは珍しいらしい。
銀色はこの時代にも「月」やそのイメージと密接に関わっているそうで、やはり幻想的というか、日本人が好むちょっと陰りや寂しさをたたえた渋さを持っていることから、心惹かれる人は多いような気がする。
細くか細く繊細に描かれた白梅、太い幹で力強く表現された紅梅。
おそらく光琳が誰かの金屏風の裏に描かれたのではと考えられているが、これだけでもいつまででも見ていられるくらい魅力的。

同じく人垣が出来ていたのが、抱一の「風神雷神図屏風」。宗達の原画を光琳、抱一(他にも鈴木其も)が模写したことで有名。その3つが解説で比較されていたが、模写といっても描いた人によって微妙に構図や表情が違うのが面白い。

展覧会場だとどうしても、ガラスケースの向こうの大きな屏風をつっ立ったまま眺めてしまうが、これはもともと和室にあるものだよな〜と思って、何となくしゃがんで見てみた。
花鳥風月もそうだが、この風神雷神図などは見る角度によって全く受ける力(角度)が違う。
しゃがんで見ると、迫り方がまったく違う。

他にも心に残った作品がいくつか。
其一の「芒野図屏風」。
e0081334_1948485.jpg

銀地に墨で描かれていて、靄の部分は銀箔。これが見事だった。
何度も見たくなって3回もここに戻ったくらい(笑)。
ススキの形が皆殆ど同一なことから感じるリズムと、墨の濃さと銀粉によってゆらゆらした感情的なものが同居している。

日本の花鳥風月の絵を見ていると、なんとなくオランダのスティルレーベンを思い出してしまう。
そういう意味では其一の「蔬菜群虫図」にはビックリ。
世界観が似ている。
構図とかより、その細密さの持つ魅力。
歴史的事実としての関係性はあるのかな?
e0081334_2005363.jpg


他にも、原羊遊斎の「草花蒔絵四方盆」のびっくりするような抽象的なデザインも印象的。
そしてたくさんあった「季節の絵」において、1月の絵にタンポポやスミレがあったり、秋の絵で桔梗の替わりに朝顔があったりするのも、現代の季節感のイメージとは違って面白かったし。

2時間ほどたっぷり見てから、銀座でお昼ごはん。
インド料理やさんで、ランチの3種のカレーと焼きたてナン。
激辛(トマトと唐辛子ベースにお肉)、中辛(茄子、トマト、豆の酸味の強いカレー)、マイルド(ココナツミルクにチキンとピーマン)。
インド料理、身体にいい感じが好き。
e0081334_20181932.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-02-16 20:21 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

ミステリー

今日、家でぼ〜っとしていたらチャイムが鳴って、いつもの宅配便のお兄さんが荷物を届けにきた。
Amazon。
ん〜、何か注文したっけ?

記憶がないのでとりあえず開けてみた。
マイケル・ジャクソンのDV「This is it」ディレクターズ・カット版。
ん〜、注文したっけな、いや、してないよな〜。
宛先は間違いなく私だが、それ以外の情報がまったく記載されていない。
ん〜、夜中に寝ぼけてクリックしたっけなあ?
念のためAmazonのサイトで過去の注文をチェックしてみたけど、やっぱり注文の痕跡はない。

で、カスタマーセンターに電話をかけた。
調べてもらったら「誰か他のお客様」が購入して私宛に発送したらしい。
でも「個人情報なんたらかんたら」で購入者の名前などは一切教えてくれない。
替わりにその人物に「お届け先の方が困っているので連絡してください」というメールを送ってくれるというのでお願いした。

ん〜、何の予告もなく、しかもマイケル・ジャクソン(笑)を私に送ってくる人は、いくら考えてみても思い当たらない。
こりゃ、よっぽどのマイケル・ジャクソン信者か、でなければ「お前、たまにはなんか別の音楽(笑)も聴けよ!」的な超親切な人かもしれない・・・でも、そんな人いないよなあ・・・と、午後いっぱい妄想しきり。

数時間たって携帯が鳴った。
その「誰か」だった(笑)。
ま、親しい友人だったんですが、自宅宛にするところを間違って、以前登録したことのあった私の住所を指定してしまったらしい。
解けてみると、なんのことはないフツーの出来事でしたけどね。
で、マイケル・ジャクソンは無事に今日中に友人に手渡すことができ一件落着。
よかったよかった。
でも、数時間とはいえ、いろんな妄想ができてじつは楽しかったのも事実。
なんでも、気分が楽しくなるネタになり得るんだなあ。

ん〜。
でも最近、身辺でミステリーが続くので、これもその一連の何かなのかと思ってしまった(笑)。
ほんと、毎日はミステリー。
[PR]
by saskia1217 | 2011-02-16 02:02 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217