<   2011年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

空に音楽

e0081334_2373538.jpg

♪ミミミ〜、ミミレレ、ミミ〜ミ、ソ〜♪
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-31 23:11 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
土曜の夜、フジテレビ「FACTORY」の番組収録を観覧にいき、住所不定無職、スガシカオ、miwa、真心ブラザース、サンボマスターそしてエレカシを聴く。
これだけのアーティストを無料で聴けるのは素敵なのだが、テレビ番組収録のお決まりで(特に)観覧客の待ち時間が地獄のように長い・・・と承知で行ったせいか、過酷は過酷だったものの倒れるほどではなかった。とはいえ、待ち時間含め正味8時間半、一度としてしゃがむこともなく立ちっぱなし(しかもぐしゃぐしゃに密着状態で汗まみれ)、トイレも行かず食事もせず、水のみで過ごしたというサバイバル経験は、何だかわからないが今後の妙な自信に繋がった気もする(笑)。

エレカシ以外初めて聴くアーティストばかり、なかでも印象に残ったのはスガシカオさん。
歌がうまいし声が好きだった。アコギ1本で数曲歌ってくれたのだが、短いMCや立ち居振る舞いなどのステージングに余裕があって、ベテランしか持ち得ない安心感があって心から楽しめた。
素敵な歌い手さんはたくさんいるんだなあと。

17時すぎに始まった収録、エレカシが登場したのは21時30分ちょっとすぎ。アンコールも含めて11曲を力一杯披露してくれた。小さなライブハウスのようなスタジオはアーティストとの距離が近く、いつものように下手上手手前奥と縦横無尽にパフォーマンスしてくれる宮本さんの目力までもがしっかりと届く。名演でした。
放送はCSフジテレビONEで2/18(金)21〜23時、地上波フジテレビで2/23(水)26時25分〜だそうです。

昨日日曜日はコンドルズのさいたま公演を観る。さいたま芸劇でのコンドルズはいつもとても楽しみだ。何かが違う気がするから。だから、劇場の持つ空気や力ってほんとにスゴイ。
ダンス部分にとても充実感があって、作品全体はコンパクトな印象なのに落ち着いた「作品感」。
使用されてた音楽も日本語のロックや、いつもの洋楽(レディオヘッドなど)、昔の世俗曲など盛りだくさん。・・・とあるシーンで私のCDを使ってくださっていたのはサプライズ。吃驚しつつありがたく鑑賞。シュールなシーンになってて楽しかったです。近藤さんのセンスにあらためて脱帽。
そして近藤さんのソロから全員へと広がってゆくラストのダンスシーンの冒頭で、今いちばん私の胸の鼓動が速くなるギターのイントロが聞こえてくる。
エレカシのニューアルバム「悪魔のささやき」の冒頭曲「moonlight magic」。
ダンスがソロから全員に移り変わって行くところで音量がぐっと上げられ、曲が中断されることなく宮本さんの声と言葉が最後の一言まで鳴り響く。
涙でダンスがよく見えなかった。

まさに尋常でない週末。
人生結局のところ日々同じことの繰り返しなのに、その折々に起こることといったら恐ろしくなるくらいのサプライズばかり。
これだから人生飽きないよね、なんてつぶやける余裕さえなく、まともに翻弄される自分が情けない。
でも結局は感謝のみ。
神様の真意は・・・愚かな人間には到底わからない。

な〜んて、曙のグラデーションに浮かぶ見事な三日月と明けの明星に、訊いてみたりする氷点下の朝。
e0081334_129826.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-01-31 12:50 | コンドルズ | Comments(2)

なぐさめ

e0081334_21244926.jpg

仕事おわりに目に飛び込んでくる光景。
高いところから眺望できる歩道橋は、予想もしない景色を運んでくれる。
たとえそれが何の変哲もない日常の画であっても、夜がそこに不思議な魔法をかけてくれる。
e0081334_2127754.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-01-28 21:27 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

収録

e0081334_2112762.jpg

今日は、NHK「名曲アルバム」収録。

バッハの農民カンタータは超ひさしぶり。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-28 21:12 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

土地

e0081334_2310792.jpg

姿よりも先に香りでもってその存在を知らせてくれる草木ほど尊いものはない。
毎年まっ先に勇敢に花を付けて季節が移り変わることを知らせてくれる、この1本の梅の木。
今年もまたひっそりと、知らない間に白い花が開いていた。
ありがとう。

だいすきな番組「ブラタモリ」、今日は特に思い入れの深い土地を巡っていて感動。
子どもの頃から親しんできた池袋。
明治時代にここがなにもない場所だったこと、池袋村の話は小学校の頃学校で教わったりして多少は知っていたが、あらためて当時の写真などを見るとその変遷に殆ど胸の奥がじ〜んとするほど感慨深い。
巣鴨、染井はいつものお散歩コース。
死んだらここに埋まりたいと思うくらい好きな染井霊園の池の跡の話や、江戸時代の植木屋さんの話、ソメイヨシノの話、どれもしみじみと再確認。
板橋駅と巣鴨駅間の旧中山道も、歩くにはちょうどいい距離で面白いものもいっぱい。
私もとても大切にしている寛永7年の切絵図もふんだんに活用されててちょっと嬉しく、いろんな地図を引っ張りだしてきて楽しんだ。

何がどう作用しているのかわからないけど、自分がなぜかストンとはまり込める土地というのがあるんじゃないかな。
生まれた土地、育った土地、長く住んだ土地・・・その力も大きいけれど。
理屈じゃなくて、匂いとか心地よさとか違和感のなさとか。
きっと人の数だけ、そんな場所があるんだろうな。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-27 23:33 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

どちらでもなく

e0081334_21514787.jpg

息を呑むグラデーション。
真冬の夜明け。

「どっちでもないもの」が大切なことは多い。
白黒つけたい人間にとっては辛いこともすくなくない。

ただ、明けでも宵でもそこに必ず光る星があることが、
すばらしい救い。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-25 21:54 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

e0081334_23263244.jpg

吃驚。
烏龍茶にも立つんだ・・・
茶柱!

あるのかなぁ、いいことが。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-23 23:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

立ち止まる時間

e0081334_2194448.jpg

燃える空がすき。
どこまでもどこまでも歩きながら、それでも
月とか雲とか夕日とか、どうしたって立ち止まる瞬間が多すぎる。

昔はよく、停まっている車にぶつかる子どもだった。
高校生の頃、学校の帰りに電柱に激突して目を腫らし、お岩さん状態で病院に直行したこともあった。
よく拾い物もするので、どうやら上ばかりでなく下を向いていることもあるようだが、どっちにしてもまっすぐ前を向いて歩くのは今でも苦手みたいだ。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-23 02:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

月光の魔法

e0081334_22335776.jpg

その魔法は本当に効く・・・
そんな気がする、満月の夜。

ちょっと高いところから。
東京は綺麗。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-20 22:34 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

好きな時代

e0081334_22423538.jpg

あ〜っ!
だいすきな噴水池がっ!

現在、上野公園は場所をジリジリとずらしながら大規模改修中である。
上野公園の主役ともいえるこの池も、ある日突然こんな姿に。
水が抜かれ、重機でどんどん掘られている。
まるで発掘されてるみたい。

発掘といえば、小学生の頃わたしはずいぶん考古学者に憧れていた。
当時ものすごい「邪馬台国ブーム」が沸き起こっていて、そういうのにすぐ影響される私(苦笑)はすっかり卑弥呼と邪馬台国にハマって、小学生には到底理解できていなかったと思われる本を山ほど買い集め、複数の説で喧々囂々としてた「日本人はどこから来たのか論争」にいちいち熱くなっていた。
なので遺跡発掘現場なんかを見ると、自分もあの中に入ってスコップとか刷毛で作業してみたいと以前から思っていた。もちろん、あれは腰を痛めるし、かなりの重労働なのだけど。
主要な仕事は専門家が担当するのだが、聞いた話ではアルバイトやパートさんも多いらしい。

中学の修学旅行は、京都、明日香、奈良だった。
明日香村も奈良なのだが、なぜかコースが3つに分かれていて、帰京したあとの授業で「どこが一番印象に残ったか」の質問に「明日香村」と答えた超少数派の1人だった私。
奈良の大仏や京都の寺々にくらべると超地味な、飛鳥寺と飛鳥大仏がほんとうに気に入ってしまったのだ。石舞台の写真もいっぱい撮ったなあ。
日本史のなかで現代日本人が好きな時代といえば、たぶん戦国時代とか江戸時代とか・・あとは情緒のあるイメージの奈良、平安、あるいはいつでも根強い人気の幕末・・・そのあたりだと思う。
この旅行以来、私はやっぱりもっともっと古いほうに惹かれるのだなと再認識した気がする。
かといって、それほど知らないのだけれどね。
あれから明日香には行っていない。
また行こう。

ところで。
古代から現代に至る日本人の身長は段々高くなった、という漠然としたイメージに反して、縄文人は意外と背が高く(現代人と同じくらい?)、一番小柄だったのは江戸時代の人だった・・・
ということを、ごくごく最近知った。
自分の国の自分が生まれたところのことさえ、この有様。
人間、古代から今まできっとそんなに「進化」はしてないのかもしれないな。
[PR]
by saskia1217 | 2011-01-19 23:15 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217