<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

要・創意工夫

e0081334_1456956.jpg

本日の豊洲セトリ。
このパイプオルガンコンサート、弾き始めてからもう3年くらい経つが、自宅にある楽器と違って日々新しいプロを開拓するのがなかなか難しい。
…というのは言い訳なのだが。

それでも毎回ちょびっとずつだが色々と新しい曲を投入。
今日は大すきなジェーン・バーキンが初登場。
にしても、時代的にはお客さんをかなりふりまわす15分かも(笑)。
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-31 14:56 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

語尾変化

e0081334_13153721.jpg

ひどくないか〜、この語尾変化(笑)。

クーパンて。
パンて。

クーヘンが泣く・・・・。
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-30 13:16 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

総武線の果て

e0081334_22353451.jpg

四街道にて本番。
船橋よりも千葉よりも先の会場に、朝10時にスタンバっているのは結構辛い(苦笑)・・と思っていたが、もっともっと遠いところからのメンバーもいらして脱帽。

総武線にあんなに乗ったのは初めてだった。
秋葉原から千葉までずううううっっっと。
平井とか下総中山とか都賀とか聞いたこともない駅をたくさん通過。
下総とか上総とか付くのってよくわかんないけどスゴイ感じがする(笑)。なんか戦国時代みたいだ。
千葉って広いんだなあ〜。
(それにしても未だに「外房線」とか「内房線」の位置関係がよくわかりません・・苦笑)

検見川とか稲毛とかに住んでるお友達がよく「東京に出る」って言うのだが、その感覚がやっとわかった気がする。
でも電車に「乗りっぱなし」は好き。おまけにたくさん川を渡るのも素敵。
いつものiPodシャッフルが「今宵の月のように」になったときに大きな川にさしかかった。
それが「江戸川」であってけして「荒川」ではない(↓PV参照)のは百も承知のうえでちょっとばかしいい気分に。

久しぶりのヴィヴァルディ「四季」。
四街道の市民文化センターはいわゆる「古い建て方」の多目的ホールで、今では珍しいオール畳敷きの楽屋では押し入れから座布団を出して敷いたりしてくつろげる〜、のだが、ステージから客席への響きの点ではなかなかの苦労も。
でも客席に笑顔がたくさん見えたし、やっぱり「四季」はいい曲!
何度弾いても、いい曲。

今日のオマケは荒川河川敷と京浜東北線鉄橋

[PR]

by saskia1217 | 2010-05-29 22:57 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

oとaとe

e0081334_2344301.jpg

今日銀座に出現した長大な行列2つ。
iPadと、ユニクロ。
新発売と、創業記念セール。

テレビのニュースでもトップになるほどの騒ぎ。
派手なカウントダウンとともに、2日前から並んだお客とハイタッチする店員・・・こわいよ〜。
ちょっとうとうとしながら夕方のフジのニュースを見ていたら「行列の中には、芸能人の方の姿も・・」というナレーションとともに画面に映ったのは、まっ黄色のTシャツに緑のバンダナ(ターバン?)姿のラーメンズの仁さんじゃあないですか!!
あんまりにもビックリしてソファから立ち上がってしまったよ。
日テレでもNHKでもテレ朝でもなく、フジに「ラーメンズ 片桐仁さん」のテロップというレア感!
(ま、単身でドラマには出てらっしゃいましたけど)
記者「何に使いたいですか?」
片桐さん「あ〜、それが、特にないんですよね〜、ははは」

・・・・仁さん(爆)。

パソコンを始めたときからずっとMacしか使ったことがないから、アップル製品にはそれなりに愛着があるし、そういう機器にも興味が全くないわけではないけど、iPadには全然だな(笑)。
無線LANとか、職場じゃあるまいし自宅をそこまでネット環境にしようと思わないし(ノートパソコンを有線で使っている、ということ自体がもはや笑われる対象になるらしい・・・)ようやくiPodを買った身にとっては、最低限の、それでも真新しい真っ白なMacBookと、シルバーのiPodで十分すぎる。

iPodは必要だと前から思っていたけれど、iPhoneには必要性を感じず遠巻きに眺めていたところからすると、つまり私は「アプリ」というものにまったく興味がないのだ。
電話機能もなく、話題の「書籍機能」もまだ完全に網羅されていないiPadの現段階の「売り」は、結局殆どアプリなんでしょ?
(「アプリ」が「アプリケーション」の略だと知ったのは最近のことであった・・・笑)
ネット上を色々眺めることは大好きだけど、Twitterなどの「つぶやき系」に参加するなんてとてもじゃないけど面倒だし、mixiのアプリを使ったりゲームをしたり・・・は世界の外だ。
本だって雑誌だって、それからメモとったりも「紙じゃなきゃいや派」だしね。

「o」で十分。
「a」は要りませぬ。
ましてや、日本円にして9000円ほどの中国の「iPed」は論外(笑)。

※写真は記事とは全く関係ありません(笑)。
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-29 00:01 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

「先日の『情熱大陸』も見ました!・・色々考えさせられましたし、とっても刺激を受けました」と私が言うと、田中さんは「そうですか〜、どんなところが面白かった?」と言いながら手元にあった紙を裏っ返してすかさずそこにメモをとりだした。
その姿勢に、やっぱりすごいなあ〜、と感動しきり。

・・という夢を見た(笑)。
夢はよく見ているのだと思うが、目を覚ましたときにそれを覚えている確率は人並みだと思う。
これはかなりクリアに覚えていた。
劇場の楽屋通路を歩いていると、爆笑問題の田中さんの姿が。迷わず話しかけてみたら色々と話題が出て来て盛り上がる。そのうちに太田さんが登場、ちょっと怖いな〜と思いつつも田中さんがいたのをいいことに色々と質問。意外と(失礼!)フレンドリーに話していただいて満足。

爆笑問題じつは大好きで、彼らの番組は見られるときはいつも見ているし、特に太田さんの本は結構読んだ。なので、夢とはいえちょこっと嬉しかったです。
彼らにゆかりの深い阿佐ヶ谷はほぼ毎週足を運ぶ馴染みの街。彼らの事務所は教会にいく道の途中にあるので、商店街をお二人で歩く姿や、銀行ATMで社長さんである太田夫人や田中さんをお見かけしたこともあった。実際お声をかけたことはなかったけど、そんなわけでな〜んとなく勝手な親近感もあったりして(笑)。
でもなんで、敢えて昨夜みたのかなあ?
情熱大陸をみたのは先週のことだったのに。
謎。

謎といえば、音楽家としての自分の能力に疑問を感じる、長い間ずうっと解けない謎が。
この曲、リリース以来100回以上は聴いてるはずなのに、イントロ(前奏)と歌の入りとのリズム関係が、自分の中で未だに合いません・・・。
わ〜〜ん、いったいどこが拍の頭なの〜〜?
私、リズム感わるすぎ。


オマケ
埋め込みできなかったPVはここをクリック!・・・CD音源でも謎は解けず(苦笑)。
が、このPVは最高にカワイイ!
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-26 22:35 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)

梅雨前

e0081334_18341714.jpg

私が生まれる前から実家の庭の真ん中にあるこの梅の木。
小さい頃はよく登った(笑)。
毎年梅酒も浸けてたし、梅干しとか梅ジャムとかイヤんなるくらいドッサリあったなあ。

さすがにもうヨボヨボで、ここ数年は実の数もすっかり減ってとても梅酒どころではなくなっていたが、なんか今年はワサワサなっている。
なんでだ?
と思ったら、父が「人工授粉」したらしい(爆)。

庭の梅の木の「受粉」て。
その発想に乾杯。

お陰で今年は何かしら「梅食品」ができそうだ。
今から楽しみ。
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-25 18:38 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

蘇る人間ルター

e0081334_17144669.jpg

雨の日曜日、ペンテコステの午後。
晴海トリトンスクエアの第一生命ホールにて、宗研合唱団の演奏会。
だいたいにおいて、お天気の悪い日のコンサートはお客様の入りはあまりよくない。
が、昨日の客席はステージ上から見てもほぼ満員。
圧巻。

バッハのカンタータ37番、ト短調ミサ、モテット、カンタータ80番というプロは、量的にも精神的にもじつはかなりのボリューム。
魚介類のパスタ→白身魚のムニエル→ピザ→ビーフステーキ、って感じかなあ。
そう、ある意味「メインメイン・・・」て感覚です。
しかもオケ的にはいちばん体力や神経を使う80番が最後だったので、休憩後も全く気が抜けない。
そして通奏低音チームにとっては、コンティヌオのみのアリアがいくつかあったのも集中力の持続にちょっとした努力が要ったかも。
でも、1年間かけて全力で取り組んでこられた合唱団の熱意が、特に80番の力強い歌詞と音楽に後押しされて伝わってきたお陰で、こちらもまさに「悪魔に立ち向かうぞ〜」というパワー全開モードで演奏できた気がする。
バッハがすごいのは置いておくとして、やっぱりその向こうにルターのとてつもなく大きく強靭な精神がド〜ンと貫かれていて、演奏する人間もそれを聴く人間もそれに打ちのめされざるを得ないという展開。
今まで何度も経験して想定範囲内とはいえ、変わらぬその事実にあらためて脱帽。

考えてみたら、新しい第一生命ホールのステージで弾いたのは初めてだった。
お客としては時々足を運んでたのだが。
ちょうどいい塩梅の客席数に明るい照明、お客様とあまり遠すぎない暖かい距離感。
弾きやすいハコでした。
e0081334_17151255.jpg

[PR]

by saskia1217 | 2010-05-24 17:53 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

おひさしぶり

e0081334_21521668.jpg

最近めっきりパスタを食べることが少なくなった。
炭水化物はお昼に摂ることが多いのだが、その時間に家でゆっくり料理する時間があまりなくなったからかもしれない。
そんなわけで先日のお昼ごはんに久しぶりに作ったのは、トマト、ベーコン、タマネギをベースにしたスパゲティ。
なんとな〜く彩りが欲しかったので水菜を山盛りにしてパルメジアーノを振ってみた。
自画自賛ながらとてもおいしかったのでした。
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-19 21:52 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

春の宵

e0081334_22245897.jpg

昨夜は宗研合唱団のコンサートのための初リハで、荻窪の杉並公会堂へ。
改築されたのは知っていたものの、何年かぶりに行ったらすっかり奇麗に、というか全く別の建物になっていてビックリ。
(でも「○○すぎなみ」とか妙な名前に変わってなくて良かった・・・「公会堂」って響き、やっぱりいい)

今日は夕刻から大学の部会へ。
仕事の行き帰りに上野公園を通るのはいつも、これより早い時間かもしくは遅い時間。
こんな光の空に出会ったことはなかった。
一瞬にして変わってしまう春の空。
光と闇がその取り分を綱引きしながら、そして地に映る影が交錯しながら、時は闇へとすべり込んでゆく。
その下をただ素通りしていくのはあまりにも勿体ない。
時刻が過ぎるのも忘れてカメラを360度のまわりじゅうに向ける。
夜からの仕事や用事はどうしても出かけるのが億劫になってしまうけど、一歩外へ出ればこんないいこともあるってわけだ。
e0081334_22332422.jpg

e0081334_22331268.jpg

[PR]

by saskia1217 | 2010-05-18 22:36 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

仕事日和

e0081334_14285418.jpg

豊洲のオルガンコンサート、本日のセットリスト。
初めて「クラシック」プロと「ポップス&即興アレンジ系」プロを回によって完全分割してみました。
弾く側はこのほうが若干やりやすいかなぁ…?
ある意味ノリの持続が簡単ですからね。
ま、私の場合その辺あんまり関係ないんですけど(笑)

しっかし…いい天気!
いい天気すぎる!
つくづく、今日は富士のスピードウェイに居たかったなぁ~…
くすん。
[PR]

by saskia1217 | 2010-05-16 14:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)