<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

待降節の南国

e0081334_015137.jpg

冬、もう冬だよ。
秋はいったいどこにいたんだろう?

待降節第1日主日、キリスト教の教会暦では今日からまた新しい1年が始まる。
1年の中でもしかしたら一番好きな季節かもしれない。
ただ、私の好きな待降節は、たぶんもっともっと寒くて暗いものだ。
涙が出るほど厳しくて辛い空気と気持ち。
でなかったら、クリスマスの目映さと暖かさが味わえない。

今日の2枚。
今朝早く奏楽に向かう途中、まだシャッターの閉まっていたはちみつ屋さんの前で見つけたイタリア。
「君よ知るや南の国」・・・
そんなコトバが口をついて出た。
ゲーテの「イタリア紀行」がまた読みたくなった。
e0081334_013853.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2009-11-30 00:03 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

e0081334_043213.jpg

朝は家でチェンバロをさらい、午後3時間ほどオルガンをさらってから、夜からヨガ。
オルガンはペダルの練習ばっかり集中的にガ〜〜〜〜ッとやっていたせいか、足にかなりの疲労感を抱えたままヨガへ行く。
かなり疲れていたので、ひさしぶりのフロークラス(動きを殆ど止めずに1時間半通すクラス)を乗り切れるか、ほのかに不安だったのだが。
終わったら足がかる〜くなっていたよ。
さすがヨガ。あなどれず。
というか、ヨガをもっと信頼しよう、って話。

↑今日の一枚も「足」。
いつも同じ柄の靴下がかぶるヨガ友。
今日は色までお揃い。左が私、右がヨガ友。
ヨガ友=ユニ友、ヒートテック友(笑)。

ヒートテックにはちょいと暑かった晩秋の一夜、
空にはぼんやり、ちょっと太った半月。
[PR]
by saskia1217 | 2009-11-28 00:43 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

落ち着け!

e0081334_20123847.jpg

ここ数日、同じようなことが何度も起こった。
スケジュールがタイトになってくると、とかくパニックに陥りやすい自分。
冷静にみれば、大した忙しさではないんだけど。
座右の銘2つのうち1つが「慌てる乞食は貰いが少ない」なのに・・・治らないんだな、これが。
(ちなみにもう1つは「当たって砕けろ」)

最近、意識的にか無意識なのかもはや自分でもわからないのだが、衣類や靴など身につけるもののほとんど全てが黒い。それが諸悪の根源(笑)。
3日前、リハに出かけるときに羽織ったフリース、黒。ちょっと急いで出がけにクローゼットから掴み出して着て出た。駅まで行ったところで、それが数年前に買ったかなり着古したフリースだと気づく。あ〜ん、先週買った新品(もちろん黒)のほうだとすっかり思っていたのに・・・。
この日ちょっと寒かったので、より温かい新品のほうがよかったのに(涙)。

今日、仕事に行くのに履いたブラックジーンズ。
トップスの長さに合わせて、ブーツカットのスキニーを履いたつもりだった。が、履いていたのはストレートのスキニーだった・・・。
ん〜、ブラックジーンズ、知らないうちに5本たまっちゃったからなぁ。
今朝は突然暖かくなったせいで、出がけに急に服を替えたのが運のツキ。

この他にも数回「黒まちがい」が起こった日々。
もちろんね、他人が着てる服なんて、そう誰も見ちゃあいません。
でもなんか自分では落ち着かないし、一日中ほのかな「残念感」が伴う(笑)。

落ち着け、自分!
自戒の念を込めて。
(いろんな意味で・・・)
[PR]
by saskia1217 | 2009-11-25 20:32 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)
e0081334_1921977.jpg

冷たい雨に見舞われた木曜日の夜。
「マンドリン&チェンバロナイト♯9〜Skeleton's Skeleton〜」が終了。
あの寒さの中、おまけに平日にもかかわらず、お忙しいなかお越し下さった皆様、本当にありがとうございました!
「こんな寒い日はお家であったかくしてワインでも飲んで・・」なんて自分を想像するだけで、お客様には本当に心から感謝するばかり。

いつもよりお客様は少なめだったけど、皆さんのニコニコ顔がステージからよ〜く拝見できて、楽しい気分が上乗せされて気持ちよく弾いていました。
いろいろ思うところはあるけれど、それでもまた音楽の持つ本質というか不思議な力を感じた一夜。
次回はもう10回目。今回以上に楽しい夜にできるよう、頭をひねります。
10回目は2月6日、今度は土曜日なのでもしかしたら少しお出かけいただきやすいかな〜と思っています。
今回聴いて下さった皆様、まだお目にかかったことのない皆様、1人でも多くの方と楽しい時間をご一緒できたらと思っています。
詳細決定しましたら、またこちらのブログにアップしますので、お楽しみに!

(写真は当日の会場リハにて)
[PR]
by saskia1217 | 2009-11-21 19:29 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(5)

フルーツマジック

e0081334_2234434.jpg
e0081334_224198.jpg

今日一日で起こった、果物がらみのサプライズ2つ。

だいすきな林檎。
無駄に大きなものをちまちまナイフで細切りにするよりも、小振りなものを丸ごとか2つ割りで皮付きのままかじるほうが好きなので、滅多に売っていないそのタイプを見つけて即買い。しかも99ショップ!しかも5個入り(笑)。
割った時のこの上ない幸せは、この蜜。
小さいのに林檎全体が甘くて美味しかった。

最近は果物の「種なし」が多い。
改良を重ねて、種はなく、甘く、柔らかく、大きくなっていくばかりのオバケ果物。
キモチワルイ。
今春話題になった巨大イチゴに至っては、ちょっと背筋がゾッとする。

先日いただいた柿。
割ってみると可愛い種がいくつも出てきた。
柿は、切った時に種がどういう感じで割れるか、も楽しみのひとつ。
なんと、小学校の理科の教科書でみた通りの「種子の図」がいきなり出現。
ちょっと感動。矢印して「胚」とか書き込みたいくらいだ(笑)。

果物を割ったその一瞬から、けっこうハッピーな一日が生まれる。
[PR]
by saskia1217 | 2009-11-18 22:16 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

街の色

e0081334_22182229.jpg

だいすきな街、池袋。
東口は赤、西口はオレンジ・・・だとすると、南口はブルーかグリーンか?
e0081334_22552025.jpg

でも、小さい頃から変わらないイメージなのは北口。
北口はグレー。
その空の先に続く北池袋、板橋や王子、赤羽のそんな漠然としたイメージ。
デパートもショッピングセンターも、大型家電店もない。
ただ首都高だけが威圧的にグルグルと渦巻いている。
けしてそこが「暗い」というのではなくて、晴れた日でさえ僅かに青を含んだシルバーのような、そんなどこか落ち着いてくすんだ印象。
実際は違うかもしれない、いや違うんだろう、自分がその街に降り立てば確かに違う。
だけど「北口の色」は今でも、私の中では変わらないままだ。
そして、東や西が刻々と色々な色に変わっていく中で、そこは実際に変わらずにある。

冷たい雨の降る日は、そのグレーがただいっそう濃くなるだけ。
e0081334_22561214.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2009-11-17 22:56 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

まいにち

e0081334_0324214.jpg

木曜本番のマンドリン&チェンバロライブの最終リハが昨夜終了。
おお、これでもう本番か?!
日付が変わる頃に何とか帰宅するも、あまり眠くならずにまたDVDと考え事。
朝風呂かと自己突っ込みするような時間に湯船に浸かっていると、久しぶりに詩にするコトバがポッカリ浮かび、忘れないように慌てて書き留めているとまたまた時間が経つ。
ほっておくと夜型になるのに、何時であれ起床後すぐのヨガを死守するものだから、何だか頭がフラフラする。
でも踏んでも蹴っても倒れないように元気な自分が、自分で不思議。

出かけるとき、音楽を持っていくか本を持っていくか、いつも真剣に迷う。
MDなどというもはやあまり見かけなくなった機器を使って音楽を聴いているもので「どっちも」という選択肢はない(苦笑・・でも本当はそうしたい)。仕事によっては楽譜や靴や筆記用具などでカバンがかなり重くなるので、このチョイスは結構重要なのだ。じゃないと真面目な話、肩を痛める。
雨の日は本(MDのイヤフォンとかカバンの肩掛けベルトとか傘がややこしいことになるから)。
電車に乗る時間>歩く時間、のときは本。逆だと音楽。
家で音楽を聴き過ぎてる場合・・・本。
聴き過ぎて、もう聴くものがなくなっちゃった時・・・本。
本番に向かう時・・・音楽(目を疲れさせたくないから。でも間違ってもクラシックは聴かない。「ド〜ンと行け〜」系のロックがベスト。)
・・・とかパターンはいろいろ。
結論。結局聴いているものは毎日同じですね(笑)。
そして読んでいる本のラインナップも同じですね(笑)・・・今は太宰の短編集「きりぎりす」。

久しぶりにテレビをつけたりすると、色々なことが舞い込んできて鬱々としたり、クラクラしたり、考えが膨らんだり。
900日の逃亡生活を経た容疑者の人生。
若くして犯罪に巻き込まれ命を落してしまった人の人生。
天寿を全うした大物俳優の人生。
海で、旅行先で、自分の家で、その命の明暗が分かれた人たちの人生。
久しぶりに電話で話した旧友の人生。
大好きな大好きな尊敬する人たちの人生。
日々出会う仕事仲間や生徒、そして家族の人生。
もう随分会っていないお世話になった先人たちの人生。
毎日ちいさなことを順番にこなして前に進んでいく、それでもそれなりに一生懸命な自分の人生。

幸せって。
たくさんの夢があって、でも全部は叶わないから。
音楽にだけはいつも夢をいっぱい詰めて、1人でも多くの人に伝えたい。
一瞬の魔法に賭けたい。
他にできることなんて私にはひとつもないから。
やるしかねぇな〜!

P.S.
木曜日のライブ、チケットまだまだ受付中デス。
当日券もありま〜す!
今回のインプロは、わたくし音楽歴4○年にして「初挑戦」。
ドキドキです。
[PR]
by saskia1217 | 2009-11-16 01:00 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ハノン

e0081334_1122941.jpg
e0081334_1135059.jpg

e0081334_1142286.jpg
本当は「アノン」とフランス語読みするべきなんだろうが。
もう日本じゃ「アノン、て誰よ?」って感じでしょうねえ。

もちろん、あの「ハノン」が書いたんじゃあありませんが。
これ、書かれたアメリカ本国でも日本でも好評らしい。
すごく楽しいのである。もう、ずう〜っと、夢中で弾いちゃう(苦笑)。
オススメ。

まあ、この譜面をそのまま弾いてる段階だと「だから、何?」ですが、
これをベースにいろんな調で、そしてそこここで部分的にサッと出せるとかっこいい。
そしたらきっと、本物だな。

道は遠いのだ(笑)。
出来ないことがまだまだまだまだ多すぎる。
「人生がいくつあっても足りない。」
[PR]
by saskia1217 | 2009-11-13 01:15 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

無条件で愛される


無条件に心打つものは愛される。
いつでもどこででも誰からも。

来年1月の演奏会でフォーレの「ラシーヌ賛歌」を弾くので、今日はその音源を捜して動画サイトを覗いていた。
(「賛歌」とはいっても「ラシーヌを讃え」ているのではなく、詩の作者がラシーヌ。
『神とともにあり、我らの唯一の望みである言葉よ』(訳:萩原英彦)から始まる、神を讃える詩。)
本番で私が使うのは松本のザ・ハーモニーホールの大きなオルガン。
この曲、オリジナルはオルガン又はピアノ伴奏だが、後にオーケストレーションもされているので音源としてはオケ伴奏の方が多いように思う。
大学図書館や他の資料館などでも、オルガンで演奏しているものは殆ど見つけられなかった。

で、あの巨大動画サイトに行ったらこの曲が160件ほどヒットした。
驚。

有名な曲だし、合唱といえばアマチュア人口も異常に多いからとは思っていたが、これほどとは。
100件くらいまで1つ1つシラミつぶしに見ていったら、何とまあ、世界の果てまで老若男女、という感じ。
プロの音源から、地球の裏側の国の小さな教会のコミュニティが急に集まって歌ったようなアカペラ版、はたまた結婚式中のパフォーマンスまで。
歌っている言葉も、原語のフランス語から、英語、スペイン語、韓国語、日本語・・・
オケ伴奏、ピアノ伴奏、キーボード伴奏、チェロアンサンブル、ブラス伴奏・・・

・・・の中からオルガンヴァージョンをかいつまんで聴く。

やっぱりねえ。
何度聴いても飽きないほどいい曲なんですよ。
そして、それが「誰にでも同じように」いい曲なんですよ。
誰にでも作れるようなメロディーなのに、誰も書かなかった・・・そういう音楽のひとつ。
モーツァルトもエレカシもそうなんだけどね。

この曲、十分ロマンティックなんだけど、特にオルガンで弾く時は美しい音色で淡々と弾いた方が曲が生きるような気がする。

100種類以上聴いて、今夜夢に出てきそうだ(笑)。
でも、出てきてもきっと気持ち良さそうだ。

オケ版も素敵。

[PR]
by saskia1217 | 2009-11-11 00:43 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)

特別な列車

e0081334_23184282.jpg

夕方、立て続けにラッピング車両を目撃。
JR池袋駅、山手線命名100年+明治チョコレートに再度遭遇。
ピカピカでなんかいい。
反対廻りのホームから夢中でカメラを向けていたら、まわりで電車を待っていた人たちが一斉に携帯を取り出して撮り始めたのがちょっと可笑しかった。

で、じつはこの約15分ほど前、私鉄N駅で「銀河鉄道999」の見事なラッピング列車も目撃。
紺色の車両にメーテルがデカデカと描かれていた。
あたりが暗くなってから遭遇すると、これがなかなか雰囲気あり。
が、これは自分が乗る列車が間髪入れずに滑り込んできてしまったため撮影できず。
残念。

ホームでドッキリがあるとちょっと楽しい。
e0081334_23191456.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2009-11-09 23:20 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217