今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

都会

e0081334_2248506.jpg

所用で午後から品川へ。
東京生まれ東京育ちでも、殆ど足を踏み入れない地域がある。
足立区、葛飾区、江戸川区、大田区・・・・
渋谷から先、品川、目黒、五反田なども馴染みが薄い。
馴染みが薄いところは、なぜか「寒い」イメージがあるのは何故だろう?
「第一京浜」と聞くだけで、とっても寒々しい。

約束の時間より早く目的地に着いたので、ちょっと不思議な細い階段を昇ってみる。
傍らには薔薇のアーチのあるお庭のある家。
なんと、ドンピシャ、夢でデジャブの風景だった。
実際今日は寒かったが、品川の高台はやっぱり一段と冷たい風が吹きすさんでいた。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-31 22:50 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

スカッとしたこと

昨日のスマスマに、大好きなジェーン・バーキンが出ていた。
正確には、スマスマの「BISTRO SMAP」のコーナーね。
月曜夜に家にいる時は、大抵この番組、見てます。

で、バーキンは私物のエルメスのバーキンバッグを手に登場。
テレビで見る限り、黒のそのバッグはぎっしりと物が詰まり、口が閉まらないほど。
中からは靴下、エルメスの財布、自分で書いた(ポルトガル語でした)歌詞カード(というよりA4大の紙にバ〜〜っと書いたのをばさばさと何枚も)、カセットウォークマン(「何故今どきこれなのか」という中居くんの問いに「これしか持ってないの。それに録音してすぐ聴けるからこれが好きなの」とバーキン。まったく同じセリフを、同様にカセットウォークマンを持ち歩いている日本のとある有名な女優さんも言っていたっけ。)・・・

最後に料理対決の勝者であるキムタクと草なぎくんに、彼女がプレゼントしたのが、バッグ「バーキン」。
「これって男性でもがつんと使えますか?」というキムタクの質問に、彼女はやおら新品のバーキンバッグをスニーカーを履いた両足でこれでもかこれでもかと踏みつけながら「そう、こうやって・・・自分仕様にしていくのが素敵な使い方よ。綺麗なまま飾っておくなんてつまんないわ。もちろん長い間使うのよ。」と。

バーキンがいくらするのか、そういうことに疎い私はわからないのだが、その「超高級品」のバッグが彼女に踏みつけられる図は、なんともいえない爽快感があって、じつに「あっぱれ」だった。ホントにスカッとした。SMAPのメンバーはさすがに若干引いていたように見えたけれど。

ジェーン・バーキン、やっぱり素敵。
もちろん、彼女「だから」かっこいい、様になる、許される、ってこともあるだろうけど、こと「なにが大切か」という話においては、私は彼女の生き方とポリシーの前にただただ頷くばかりだ。

スカッとしたことをもうひとつ。
今日、大切な大切な「くじ」に奇跡的に当選!!
これで私の2008年は無事に12月まで続くこととなりました(爆)。
人間いいことがあると、やたらと人に優しくなったり、やたらとおサイフの紐がゆるんだり(笑)、いろんな現象が起こりますが、でも目の前が光でいっぱいになった幸せをバネにまたいろいろとがんばろうと、単純にも思った今日1日でありました。
めでたし、めでたし。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-30 00:36 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)

「運」がいいことは今まで時々あったが、
「くじ運」はまったく良くない。
昔からそうだ。
当たらないことに慣れてしまっているので、はずれてもさしてショックは受けない。
今年の年賀はがきお年玉くじも例外にあらず。
またまた「切手シート」が2枚(笑)。
ありがたいですけど、もちろん、これも。

いいんだ、年賀はがきは。
今まで積もってきた膨大な「はずれ」が、もっともっと肝心なときの「大逆転大当たり」に変換してくれるなら・・・・笑。
ええ、その「肝心なくじ」の抽選結果は、明日、明日です。
2008年が3月で終わってしまうのは、避けたいんですよね(苦笑)。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-28 18:01 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

パン

e0081334_1381140.jpg

だいすきなカンパーニュ。

私の住む界隈には、消費者金融、パチンコ屋、マッサージと指圧、歯科医院、コインパーキング・・・は十分すぎるくらいあるのだが、その分絶対的に足りないお店もある。
和菓子屋、ケーキ屋、そしてパン屋。
これは結構悲しい。

と思っていたら、駅前のハンバーガーやがいつの間にか、イートインの付いた広くて綺麗なパン屋さんになっていた。美味しいかどうか試そうと、先日買ってみた。
このカンパーニュは焼きたてでホカホカと湿っていたので、紙袋に入れて別に保存用のビニール袋をくれた。なかなか美味しかったので合格。
で、じつはこのほかにカレーパンをひとつ買ったのだが、なんとそのカレーパン、中身のカレーにお肉がゴロゴロ入っていて、ちょっと辛目でもの凄く美味しかったのにビックリ。
あんなカレーパン、はじめて食べた。特にお値段が高いわけでもなく、庶民的な価格なのに。
今度から毎回カレーパンを買ってしまいそうで恐い・・・・

今日は教会でのオルガンソロの本番が無事終わり、冷たい風の吹く阿佐ケ谷の街でアシスタントや友人とお茶を飲んで帰宅。
帰ってテレビをつけたら、橋本弁護士が大阪府知事に当選やら、白鳳が朝青龍に勝ったとか、今日1日でなにやらすごいことがいっぱい起こっていた。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-28 01:55 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

狐に・・・

・・・つままれたよ(笑)。

フジ土曜ドラマ「SP」最終回を見る。
11時頃の開始時から見て、12時ちょい過ぎにいつものオープニングテーマが初めて鳴ったとき、そこが今日のドラマの冒頭だとマジで思ってしまいました。
だってお話の意味がすぐにはわからなかったから。
いや、緒形が何か黒いんだってことはさすがにわかりましたけど、でも、それで?
それからすぐいつものV6のエンド曲が流れて、エンドロールが流れ始めたときに、やっと「あ、終わり???」と気がついた有様。

は〜、ダイドンデンガエシのつもりなんでしょうけど。
そして次シリーズ、あるいは映画版、あるいはウワサどおり「踊る大捜査線」との合作・・・
いろんなことのためなのかもしれないけど。

これでいいのか?・・・・・日本のドラマ。
いや、こういうテイストのドラマが何を目指しているのか、全く想像できないわけではないが。
ある意味、「夢落ち」よりヒドかったかも。
う〜ん。

いや、期待しすぎちゃっただけか。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-27 01:26 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

あの白い犬とカンタータ

某携帯電話会社のCMで大人気の「あの白い犬」。
しゃべる「その犬」は、手をつないで輪になってしっぽを振るシーンや、お風呂で洗ってもらって至福の表情をするショットで、大人気らしい。

そのCM、また新しいシリーズが流れ始めた。
学割ヴァージョンらしい。
数日前にテレビをつけていて、いきなり流れてきたそのBGMに思わず振り返っちゃいましたよ。
バッハのカンタータ第140番「目覚めよと呼ぶ声がきこえ」の、冒頭の合唱曲の導入部分。
あのオーボエの繋留が美しい前奏部分だ。

バッハの音楽はそうでなくてもあっちこっちで聴こえてくるけれど、「トッカータとフーガ」でもなく、カンタータ147番の「主よ、人の望みの喜びよ」でもなく、平均律第一巻のハ長調プレリュードでもないところがビックリだ。

なんか、「あの犬」とカンタータが妙にマッチしていて可愛かった。
カンタータ、万歳!

P.S.
「主よ、人の望みの喜びよ」など、バッハ、ブクステフーデ、クレープスのオルガン曲を弾くコンサート、今度の日曜日が本番です!
日曜午後、お時間のある方、ご近所の方、是非おでかけください。入場無料!(自由献金)
詳細は↑コンサート情報をご覧ください!
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-24 23:37 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(4)

「こんにちは」

仕事に行く途中、近所の、とあるコンビニに寄った。
買い物をするためではなく、ATMを利用するためである。
入り口の自動ドアを入るや否や、カウンターの中から店員さんの声が響く。

「いらっしゃいませ、こんにちは〜っ!!」

どこのコンビニでも聴き慣れた、元気のいい挨拶とその言葉。
作業をしながらの店員さんと目を合わせたわけではない。が、背後からであってもそういう声が響くのは悪いものではない。
私はもともとお店に無言で入って行くのがあまり好きではない。
今日も、店員さんのその声に、全く自然に「こんにちは〜」と挨拶を返していた。
用事が済み、同じドアから店を出ようとした。
自動ドアが開くとともに同じ店員さんの声が聞こえた。

「いらっしゃいませ、こんにちは〜っ!!」

私、出て行くところだったんだけどね(苦笑)。
他には誰ひとり、店内にはいなかったし。

自動ドアの音に反射的にいつもの挨拶をしてしまったのか、はたまた「ありがとうございました〜」というのと単に言い間違えたのか。あるいは私の姿が見えないところにいたのかもしれない。
まあ、そんなことはどうでもいいし、まったく悪気はなかったことに疑いはない。
が、半分可笑しくもあり、半分ちょっぴり悲しくもあった「マニュアル」社会の切れ端だった。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-23 21:29 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(4)

帝王と巨匠

数日前、テレビの普段滅多に観ないチャンネルをつけたら、突然カラヤンのアップが目に飛び込んできた。
おおおお〜〜、懐かしい。
あの、目をつぶって両手の平を内側に向けたシルエット。あたかもテレビカメラの画角まで把握しているかのような、あの完璧な姿。

で、なにやらくら〜い曲が鳴っていた。
一瞬で、ぜったいに私の大好きな曲だということはわかった。
なんだっけ、この曲・・・・

あ。
「アルプス交響曲」だ!
R. シュトラウス。
ほんと〜に好きなんです、この曲。
中学のとき「2つのアルプス交響曲」というLPをお小遣いで買って毎日聴いていた。
作曲者自身の演奏と、たしかもう1枚はケンペだったかな、2枚組だった。
日の出から曲は始まり、ひとりの登山者が山にのぼり始め、お花畑や危険な斜面を通り、嵐にあい、自然の驚異と素晴しさを経験して下山するまでの描写が、すぐ目の前にスクリーンがあって壮大な映画を観ているように鮮明に表現される。日の出のテーマが、日の入りでは逆になっていたり、本当に良く出来ているんですよね。
この曲、編成ももの凄く大きくて、風の音を出すウインドマシーンなどの特殊効果のための装置やパイプオルガンまで、かなりの人数が必要なのだ。
テレビで見たカラヤンの映像はベルリンフィルのホールだったが、指揮者より前方にチェレスタなどがせり出していて、あの大きなステージが満杯だった。

カラヤン。
中学生のとき、カラヤンが大好きだった私は毎日学校で、クラスのベーム派の友人達と「どっちがいい指揮者か」論争ばかりしていた(笑)。
いうまでもなくこの二人は当時の指揮者の中の二大巨頭。
カラヤンは「帝王」、ベームは「巨匠」と呼ばれて、特に日本のファンを二分していた。
カラヤンが亡くなったとき私は大学生になっていたが、彼が日本に縁が深かったせいもあってサントリーホールで夫人を迎えて追悼式典が行われ、私は芸大の合唱団と一緒にパイプオルガンでモーツァルトのレクイエム「ラクリモーザ」を弾いたのだった。演奏しながら、彼が絶対のヒーローだったそんな中学時代が脳裏に蘇ったのを覚えている。

カラヤン、ベーム、バーンスタイン。
ケンプ、リヒテル、ホロヴィッツ。
みんな、もういないんですね・・・
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-19 02:14 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

ラップとかDJとか・・・

正直、わかんないんですよね、聴いたことないから(笑)。
DJって・・・DJって・・・
クラブミュージックって・・・クラブミュージックって・・・・

なに〜〜っっ????

DJって、ラジオのパーソナリティの意味しか知らなかったですよ、ついこの間まで。
ヘッドフォンして手でLP回してキシキシいわせてるのは見たことありますよ、テレビとかでね。
それも「DJ」ってやつだってことは知ってたけど、クラブとか行ったことないし、生は見たことないし・・・(暮れには行き損なったし・・・ぶつぶつ)。その「DJ」を養成する学校もあることも知ってはいたし、それを目指す若者なんかもテレビでよく見た。
それでもやっぱり「それが一体なんなのか」不思議で仕方がなかったので、最近になっていろいろとその正体を調査。
ふうん、へ〜、なるほどね〜、そうか仕組みはわかった。その技術もスゴイんだってことも。
でもさ・・・・
何で????(爆)
何でわざわざ????

きっと生で見たり聴いたり楽しんだりすれば、その素敵さとか良さが体感できるんだろうけど、知識として知るだけじゃ、私にとっては「ビーチバレー」と同じくらい、その存在意義を理解するのが難しい。あくまでも「個人的に」ですよ。「存在価値がない」わけじゃなくて。
まだ謎です。

ラップはね、昨年KREVAとか色々聴いたもので、それなりに好きなものと全然好きになれないものもハッキリしているってことが判明。基本的にちゃんと綺麗に韻を踏んでて、それでいて歌詞が素敵でメッセージ性があるのがいいです、私は。考え抜かれた言葉っていうのかな。あと「声がいい」方が断然いい。もちろん、音楽の部分もいいな〜って思えないと。

ん〜、まあそんなわけで。
単に気になるパフォーマーだというだけで、もうすぐコレが手元に入荷予定(笑)。
このミュージシャンの方はその世界では有名な、世界的に活動されている方なので(って、私はほんの少ししか拝聴したことないんです)、まあとりあえずどんなものなのか聴いてみましょうかね。
正直、半分は「怖いもの見たさ」です。
だって・・・
試聴してみたら、なかば納得、なかば謎、だったのでね(笑)。

毎日思ってます。
世の中、まだまだ飽きないな〜〜、って。
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-17 02:31 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ここ数日の不思議ちゃん

1月9日の慶應日吉キャンパスでの演奏会から、今日の宗研合唱団の演奏会まで、毎日いろんな予定を夢中でこなしているうちに、なんだか
「ああああああっっっっっ・・・・・」
という間に一週間ほどが過ぎてしまった。
(「あっ」ではないのだ。目の前を、左から右へ新幹線が通り過ぎる、あの感じ。
♪うけながす〜♪こともできないほどのスピードで・・・笑)

いやいや、楽しい毎日だったのです。
皆様お世話になりました。ありがとうございました!

ここ数日の収穫、といってはなんですが、リハ会場、演奏会場で見かけたヘンなものをアップ。
e0081334_2273071.jpg

いずれも電気(照明)のスイッチ。
ぼんぼり、って・・・笑。
ちなみに「ろうそく」も照明。ま、これはよく見かけますが。
e0081334_229185.jpg

「プロ仕様」って・・・・
なんのかいっ!!
箱ティッシュを常時必要とするプロって、いったい何のプロだ?
「紙縒りで連続クシャミのできるギネスレコード保持者」とか?

世の中、まだまだ面白いものがいっぱい!

(ところで・・・気分転換のスキン変更。
え?・・・「SP」の見すぎだって??)
[PR]
by saskia1217 | 2008-01-15 02:32 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)