<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

棄憶

・・・というタイトルのお芝居を見てきた。
恵比寿siteにて。
野木萌葱さんの脚本、板垣恭一さんの演出(夏に参加したサードステージのWSで教えていただいたのだが、そのブログでこの公演を知ったというわけでした)。
ご出演は男性ばかり7人の俳優さん達。(有馬自由、大内厚雄、山本佳希、有川マコト、工藤潤矢、酒巻誉洋、熊野善啓の各氏)
今日が初日で、11月4日まで。

もしかしたら、演劇を観に行ったのは小学生か中学生の時の「演劇教室」以来だったような気がしてきた。
ここ半年くらい舞台というものにいろいろ注目してきたけれど、ストレートプレイに関しては生の舞台に全く行ってなかったのだ。(先週はテレビで「シェイクスピアソナタ」を観たけど・・・で、正直あまりよくわからなかったんだけれど・・・凹)
今日使っていたのは劇場でなくてギャラリー。そこに60人くらいの仮設客席。
ステージは激近。ちょっと神楽坂のセッションハウスみたいな、演者と客の目がすぐ合っちゃうような規模とスペース感だが、あれを全て真っ白にした状態なので「ガラーン度」がもっとある。たしかに声(音)の響きはやたらといい。そしてそれが「旧陸軍軍医学校跡の廃墟」という設定とぴったり合っていたのが効果的だったのだが。

舞台は1948年の日本。出て来るのは全て医者、医学者。
重いといえば重い話で、七三一部隊を思わせるエピソードや、帝銀事件や戸山人骨事件を彷彿とさせるモティーフが出て来る。
そんなわけだから、当然、残酷で生々しくて狂気のような話や言葉がザクザク叫ばれるのだが、約80分のお芝居が終わったときに不思議と重苦しい気分にはならず、なぜかこう優しくて穏やかな気持ちになったというのが本当のところ。

演劇にはド素人の私は、作品にも作家にも役者さんたちにも、これっぽっちの予備知識もなく観に行ったのだが、開演直後はその距離感も相まって、音響的にも視覚的にもいろいろと「ビックリする」ことによって、心ならず現実に引き戻される瞬間もあった。が、そのうちにすっかりそのリズムや空気に身体が乗っていって、違和感なく同化できた気がする。それがとても心地良かった。

どちらかというと、そのストーリーを味わうとか考える、とかではないところで、このお芝居を「楽しんでいた」気がする。役者さんたちの動きとか声とか息とかを客観的に楽しむ瞬間もあったし、なんというか全てがはっきりしていて、とても「わかりやすかった」のだ。変な言い方なんだけど。
お話自体は難しい、重いテーマを扱っているのに、その「明晰さ」のお陰で無駄な「深刻さ」が無くなって、大事なことだけがスッキリと浮かんでいた感じ。

ん〜〜。
ということで
そんなお話でしたが
「面白かった」
と言ってもいいですよね?

今日のオマケ
そうそう、あとこの公演はもともと別の作品が予定されていたのだが、今月中旬になって演目が変更になったのだった。そこで出演者も2名増えたりしたのだが、いや〜〜そんな短期間にこんなにいっぱいセリフを覚えるなんて・・・とド素人の私はそれだけで感動してしまう。
いやいや、音楽家も時々そういうことあるから、同じといえば同じなんですけど。
でも・・・やっぱりスゴイ!

いつもの謎
それから、私の場合、何故かわからないのだが、キャストが男性ばかりの舞台、つまりお芝居やコントやダンス全般なんだけど、観ていてとっても落ち着くんですね。すんなり入って行きやすいというか、ひっかかりを感じなくて済むというか・・・
なんでだろう????

今日の不思議
お芝居のカーテンコールって(今日はカーテンなかったですけど)、ああやって出演者が横にパッと並んで、1人ずつあるいは2人ずつ挨拶をして、全員でもう一回お辞儀してハケて終わっちゃう、ものなんですか?
もう一回1人ずつ出て挨拶したり、アンコールしないものなの?
お客さんの拍手が続けばそうなるんでしょうか?
作品にもよるのかな?
何回も呼び出されるカーテンコールに慣れている自分としては、あれ、あれ、あれ〜〜??って、ちょっと寂しかったです、はい。笑。
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-30 03:36 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(4)

ひとつだけ、でいい

e0081334_0325077.jpg

このところ、テレビをつければやっていたボクシング界のいろいろ。
そして今日見たのは、「責任」をテーマにした5時間生番組。これは、ビートたけし、爆笑問題に加えて、久米宏、小倉智昭、テリー伊藤各氏、という、普段から私が非常に好感を持っている「歯に衣きせぬ」面々が出演だったので、ちょっと覗いてみた。

いろいろ見ていて思った。
やっぱり結局のところは、ただただ一言、

誠意

なんだなあ。

謝ることも、責任をとるということも、仕事をすることも、社会的モラルも、あらゆる人間関係も。
やっぱり全てがこの一言に尽きるのではないか、と。
これひとつで、大抵のことは乗り切れる、それも最高のかたちで乗り越えられるのではないか、と。
じゃあ「『誠意』さえあれば(or あると言えば)何をやってもいいのか」とツッコまれそうな気がするが、ひょっとしたらそうなのかもしれない。
と、まあ、何が誠意なのかって個人差、イメージの相違はゼッタイあるから難しいけど。
犯罪の範疇になってしまったらマズいですけど、ね。

でも、ことプラス方向の事柄に関しては、う〜ん何だかわからんけど上手く行かないぞ、って時にはちょっとだけ胸に手を当てて、それが足りなくなっていないかどうか、考えてみようか・・・
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-28 00:34 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

大きい秋

申し分なく素晴しい秋晴れ。
雨が多い水曜にしては、最近毎週晴れが続いている。

そして、♪ちいさい秋♪ならぬ、「おおきいこと」が流行っているらしい(笑)。
e0081334_012072.jpg

「デカイのすよ〜〜」

行きたいっ!
しかも・・・
e0081334_035620.jpg

これはどうやら、とくべつな「大」らしい・・・(爆)。

そしてお隣の科学博物館では、なんと昨日から
大ロボット展が開幕!
もしかしたらこっちは本当に「デカイのすよ〜」なのかもしれないぞ。
科学博物館だし・・・(笑)。
せっかく上野でやってるのに、最近は美術館も博物館もゆっくり行ってない。
動物園も行きたいのにな〜。

それでも少し一段落した日々。
来週はお芝居を2本見に行きます。
そのひとつ、KKPは今夜がいよいよツァー最終地である東京初日。
ながいながい東京公演、どきどきしながら来週を待ちます。

授業の前にインフルエンザの予防注射。
今年もまた、だいすきな冬がやってくる!
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-25 00:20 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

都心

e0081334_2231564.jpg

都心も都心、宮内庁までお出かけ。
かねてからお約束していた、とある展示会へ。
普段馴染みのない分野、テーマでも、いろいろお話を聞いたり、資料を読んだりすると面白いものだ。

今日知ったなかで特に面白かったこと。
昭和20年の空襲の際に焼失してしまった皇居のなかの「山里正殿(鹿鳴館、ニコライ堂、岩崎邸、古川邸などと同じジョサイア・コンドルの設計)」「御座所」が、これはもしやドイツのどこかの街にレジデンツ(宮殿)?と見まごうばかりの外観だったこと。
無くなってしまって勿体ないなあ、見たかったなあ。
和風の瓦屋根に洋風の煙突がついていて、シャンデリアの下がった天井の高い部屋には立派な暖炉があったりするのがスゴイ。
へぇ〜。

そして、あの森鴎外が宮内省図書頭として、現在の「書陵部」が担当している仕事に関わっていたこと。(ちなみに元号の考証もしていたが、多忙により退職後、後任によって「昭和」と決まった)
へぇ〜。

皇居の中はすっかり秋の装い。
秋晴れの空の下の東御苑は、様々な季節の草木に溢れて清々しい。
その中を歩いて、有楽町にできたばかりのショッピングセンター「イトシア」に行ってみる。
平日だというのに、マルイの入り口は黒山の人だかり。ちょっとだけ中に入ってみたが、どの階ももの凄い人、人、人。
人の多いところが一番苦手な私。
人気のドーナツ屋さんの前に・・・いや、もはや「前」ではない、そこから数十mも離れた店外のスペースにまで延々と伸びた行列を横目で見ながら、早々に外に出る。

「いくら人気だからって、ドーナツにあそこまで並ぶか〜〜?」
食いしん坊のくせに、レストランや食品店に「並ぶ」ことは大嫌いな私は、いつものようにそんなことを思いながら、ちょっとだけ冷たい目になっていたに違いない(笑)。
が、その瞬間ふと思った。
「いや、もしあれがラーメンズのチケットだったら・・・・」(笑、笑)

一昼夜でも並ぶだろうな・・・(笑、笑、笑)。
たとえ通行人に冷たい目で見られたとしても・・・。
ドーナツが大事な人だっているのである。
e0081334_2232224.jpg

(お堀にたたずむ白鷺)
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-23 22:27 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

異空間

午前中仕事をし、午後から久しぶりに川崎に出かける。
ミューザ川崎・シンフォニーホールのオルガンを聴きに。
学生時代からの親友、オルガニストの吉田恵さんのリサイタル。

(んんん、川崎は「ミューザ」で、所沢は「ミューズ」だったのか。
なんだかどうしても、液体石鹸だの、シャンプーだの、そんな語感・・・笑)

川崎は意外と近い(笑)。
とはいえ、普段山手線からあまりはみ出ない生活をしているので、京浜東北線に乗るだけでもちょっとしたワクワクである。
(おまけに「新橋」「蒲田」などを通るのである・・・「ら」ではじまるコンビのファンとしてはプチ興奮感が味わえるのだ・・・笑。)

しかし、この「ミューザ川崎」、ホールの内部がカタツムリかヤドカリのように、ぐるぐるとゆるやかに巻いた螺旋状の傾斜になっているので、人によっては座席を探し当てるのが極度に難しいらしい。おまけに座席の並びに傾斜があるので、個々の椅子はステージに対して平行に設置されていても、床そのものが斜めになっているので、何とも言えない不思議な感覚なのだ。
ちょっとした「斜めの日」状態である(笑)。

ここのオルガンは絶対に2階か3階の中央で聴くのがベスト。
今日は3階で聴いた。
メンデルスゾーン、レーガー、リスト。
レーガーを聴くのは本当に久しぶりだった。
「夕食にステーキを何人分も平らげ、ビールをがぶ飲みした挙げ句、市場に出かけてソーセージをバカ食い」していたというレーガー。
素敵な曲もあるんですよ、もちろん(コラールの編曲とかね)。
でもね・・・・

時々でいいや・・・・(苦笑)。

私には何かとtoo muchでした、やっぱり。
(吉田さんは熱演でした!)

オマケ
川崎ラゾーナ(こちらはLazo=絆、とZona=地域の合体語だそうで。最近は何でも地名+横文字、なんですな)に初めて踏み入れた。円形の庭を中心にぐるっと陣取ったたくさんのお店やレストラン。夜だったせいもあって月が見えたり、イルミネーションのなか噴水が踊ったりしてなかなか楽しかった。日曜夜のレストランは満員過ぎで唖然だったが・・・
ソニプラでの戦利品。ドイツで大好きだった懐かしい甘いものたち。
e0081334_317587.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2007-10-22 03:17 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

マンドリンライブ終了

e0081334_1846359.jpg

昨日、マンドリン&チェンバロライブ、終了しました。
ブログでお申し込みいただいた方、また会場にお越しくださった方、すべてのお客様に心より御礼申し上げます。楽しんでいただけましたでしょうか?
ありがとうございました!

新しいプログラムを弾くのはやはり楽しいです。
お客様の声をきくと、やはり自作やインプロヴィゼーションに好評をいただいたようです。
楽器の組み合わせだけではなく、内容的にも「一点もの」でありたいですね。
今後はクオリティの向上と、より高いオリジナリティの追求という方向で
やっていきたいと思っています。

よろしかったら、是非次回もお出かけください。
またお会いしましょう!
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-19 18:46 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

改善

なかなか改善されないもの。

「公」のものが「民」になった時の、サービスの質や、組織の体勢・体質。

今日、仕事仲間からエクスパックを受け取った。朝から留守だったので、戻ったお昼頃「不在通知」にあったフリーダイヤルに再配達の申し込みをした。同じ今日の夕方指定である。
その2時間の間、家を空けないで、お風呂も入らないで待った。
来ない。
リミットを過ぎたころ、電話が鳴った。
所轄の本局から「こちらの手違いで、まだ配達しておりません。これから伺ってよろしいですか」
はああああ・・・・なんだそりゃ。
「あとどのくらいで来ていただけますか?」
「そうですね〜、40分くらいかかるでしょうか」
はあああああああ・・・・いつもその局のあたりまで歩いている私。徒歩でも20分だけどな。
やっと配達員が到着。
「どうも、遅くなりまして〜」
はあああああああああ、それだけですかあ?

だからね、早くて確実でもっと安い「宅○便」しか使わないんですよ、私。
でも相手から来る荷物は、選べないからね。
何とかしてください、このぬる〜い感じ。

ちゃんと改善されているもの。
それもひっそりと、知らないうちに。

知らなかったのは私だけなのかも。
牛乳パックの容器上部にある「切り欠き」。
目の不自由な人が、牛乳と他のパック飲料を区別するためにつけられた目印の切り込みだ。
1995年の調査をきっかけに、今では義務づけられているシステムだそうだ。
携帯電話や電話の子機やテレビのリモコンの数字盤の「5」についてるポッチとか、シャンプーのフタのギザギザとかは知っていたけど、これは知らなかった。

何故知ったか。
先日ちょこっと目にした「情熱大陸」。
デザイナー佐藤卓氏の代表作が、あの「おいしい牛乳」。
いったいどんなお仕事をされている方なんだろう?
・・・と、HPを拝見していて、知った。
ふうん、なるほどねえ。
知りたい方は↑クリック!

いろんなことが良くなればいいのに。
そんな未来が来ればいいのに。
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-17 00:55 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

いい人

昨日、秋らしくいい感じの涼しさの日曜日。
午後からオペラ稽古のお仕事。
夜からマンドリンリハ。もうちょっとで本番です。

電車内。
つり革に掴まって立つ私の目の前には20代くらいの男性。
座席に浅く斜めに座って両足を威勢良く前に投げだし、思いっきり大声で携帯電話「通話中」。
まあ、よく見かける、所謂「自分の部屋かっ!」状態の人間。
周囲の人の「またか・・・」という空気も相変わらず。

「は〜・・・ってか、俺もう着くしぃ〜・・・てか、それでよくね?・・・うぜえんだよな〜・・・」
・・・と会話は弾んでいたらしいのだが、その男携帯を手にしたまま、やおら立ち上がって私と私の隣りに立っていた人の間にいきなり手を伸ばした。
なんだなんだっ?!
彼はその後ろに立っていたおじさんを突っつくと、床を指差した。

床には1万円札が一枚。
おじさんは急いでそれを拾って、男に頭を下げた。
どうやら乗ってきたその時に、落としたらしい。
男はそれを見ていて、すぐに知らせたのだ。

いったいこの男、
いい人なんだか、悪い人なんだか・・・

「いい人」「悪い人」という括りそのものが虚であることを百も承知で、それでも人間は、どうしたって他人をそのどちらかに振り分けたくなる、いや、無意識で振り分けている気がしてきた。

・・・ということで、今日のオススメ。
ラーメンズのコント「百万円」。
是非どこかでご覧ください。
ちょっと深〜いコントです。
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-15 15:51 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

女王陛下万歳

・・・という感じで、始めてみました。
今日の豊洲のオルガンコンサートのプログラム。

ららぽーと豊洲では、ちょうど今1周年のいろんなイベントが行われている。
オルガン・プロムナードコンサートでは、楽器の故郷にちなんで「イギリス」をテーマに、今週一週間おおくりしていて、今日はパーセル、クロフト、ギボンズ、スタンレーなどの他、冒頭でイギリス国歌「God save the Queen」をど〜〜んと、最後にビートルズの「ヘイ・ジュード」をアドリブ満載で弾いて、結構楽しかった。
気のせいだろうか、いつも弾いてる楽器なのだが、イギリス国歌を弾いたとき、あのオルガンがいつもと全然違った輝いた響きを出しているように思えて、ちょっとゾクっとした。
朗々、というか、キラキラ、というか。命があるような、というか。
気のせいかなあ???

秋の気分のせいか、あまりにも美味しそうだったので購入。
高知産らしいです。
甘くなくて、お芋の味がちゃんとして、すごく美味しい。
これは・・・大ヒット!!!
(よぉく考えたら、「土佐名物」の「さつま」って・・・笑)
e0081334_254573.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2007-10-13 02:04 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

喧嘩はやめて

後期授業開始。
仕事を終えて、すっかり秋らしくなった上野公園を帰る。

山手線に乗り空いている席に座って少ししたころ、斜め前くらいに立っていた男の人が自分の目の前の窓を少し開けた。
車内はそんなに混んではいなかったが、たしかにちょっぴり空気がムッとしていた。
夕方だったので結構風は涼しかったが、他のお客もそれほど嫌な顔をしていなかった。
私自身はといえば「冬でも窓を開ける」派なので、どちらかというとありがたいほうに近かった。

すると、その男の人の前に座っていた人(やはり男性)がやおら立ち上がって、バタンという音とともに勢い良く窓を閉めたのだ。そしてこう叫んだ。
「開けるとうるさいんだよっっっ!!」

はあ?????
まだ「寒いので閉めたいんですけど」とか言えばいいのに。
周りのお客は一斉にそちらを凝視。空気が凍り付いた。
立っていた男性はうろたえて、回らない呂律でこれまた変なセリフを吐いた。
「俺にはほら、あれ、あれ、そうそう、携帯電話の着信音のほうが、よっぽどうるさいんだよ!」
(って、何も鳴ってはなかったですが)

はあああああ?????
違うでしょ。会話が。

それからその2人は、まさに売り言葉に買い言葉で延々と喧嘩を続けていた。
いつ殴り合いになるか、くらいの勢いだったので、いざというときのために私は目で壁を追い「非常停止ボタン」をそれとなく探していたのだが・・・
結局、立っていた方の人が捨て台詞を残して同じ車両内の数メートル先に移動し、そこで窓を開け始めたところで一旦騒ぎはおさまり、次の駅で座っていた方の男性がこれまた捨て台詞を残して降りて行ったことで、結局は大変な事態には至らずに皆ホッとしたわけだったが。

どっちもおかしいよ〜〜。
最初は座っていた人が完全におかしいと思ったが、受け答えしていたもう1人も完全におかしかったし・・・
なんでしょうねえ。
せっかくの秋の日にそんなにイライラしなくても。
ホクホクの焼き芋でも、その2人に差し上げたかったです・・・
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-11 02:24 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧