<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

やりくり上手

過去、日本人がいったいどれだけ多くのものを外国から取り入れてきたか、については今更あれこれ言うまでもないが、今この時期、メディアや街で目立つのが、アメリカのお祭りである「ハロウィン」だ。

このお祭りが日本で当然のようにカレンダーにのるようになったのは、ここ数年のことだろう。もともとケルトのお祭りだったものがアメリカに渡り、キリスト教(カトリック)とうまく結びついて、カボチャのランタンとか、仮装とか、不思議な怪しさを持ったお祭りへと変わって行った。
東京ディズニーランドが出来、そこで近年ハロウィンのイベントが行われるようになったことも、このお祭りが市民権を得るのに一役かったという。

昨日は阿佐ヶ谷の商店街で、子どもたちが大勢ハロウィンの仮装でくり出しているのを見た。商店街の多くのお店は、ペットショップから和菓子やさんに至るまで、ハロウィンのオレンジと黒の目立つオブジェやポスターで飾られ、もはやここは日本なのかと目を疑うくらいアメリカンだった。

子どもたちも楽しそうだったし、夏休みと七五三、クリスマスの間にあって、この時期家族一緒に楽しめるイベントもないこともあって、こうやって過ごすのも何もいけないことではない。が、なんとなく違和感があるのは、歳をとったせいだろうか(笑)?
ハロウィンは、翌日11月1日の万霊節があってのことだと思っていたので、クリスマスのないクリスマスイブのようで、何だかやっぱりヘンな気分だ。
ヨーロッパでは祝わないハロウィン、それでも近年ドイツなどでは、アメリカの影響で子どもたちの間がカボチャの仮装をしたりして楽しんでいるらしい。

さて、今日は10月30日。
明日31日がハロウィンである。万霊節を前に、死者がいっせいによみがえる日。
いっそ、迎え火でも焚いたほうがしっくりくるのかもしれない(笑)。

(ちなみに今日10月30日は「初恋の日」だったらしい。
な、なぜ????)
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-31 00:01 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

食のビックリ2景

ほぼ1ヶ月ぶりにいった礼拝の後、友人3人と、阿佐ヶ谷の可愛い洋食やさんでまったりとランチ。
肝心のメイン(牡蠣フライ)は撮るのも忘れていたが、サラダの上にちょこんとのっていた、このおかしな野菜がどうしても気になって・・・
e0081334_1275433.jpg

友人のひとりによれば、これは「りゅうきゅう」という野菜だそうで、今いろいろ調べてみたら、高知(沖縄、ではなく)の名産だということが判明。土佐料理のなかでも有名な「野菜寿司」にも用いられたり、酢の物でのおなじみの、地元ではポピュラーな野菜だとか。見たことも聞いたこともなかった!
もとはこんな感じ↓
e0081334_285259.jpg
e0081334_29795.jpg
もっともこれは高知での呼び名で、正式な名称はさといも科の葉柄専用の品種『ハウスイモ(蓮芋)』。蓮ににた淡緑色の長い茎の部分だけが食用で、芋は食べないとのこと。断面はスポンジのようにごくごく小さい穴が一杯あいていて、食べるとサクサク。そのものの味はあんまりしません。そのままだと灰汁が強いので、ちゃんと処理しないとダメらしい。
は〜、見たことないもの、食べたことないもの、日本にもまだまだあります。

(「りゅうきゅう」についてはこちら↓何故かうまくリンクできなかったので・・・すみません)
http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/15/1502/gairo/shohin/ryukyu.html

そして午後から夜は、新宿の事務所で、来年2月のコンサートの打ち合わせ。
やることがトロい私、今週中に処理、決定すべき事項が山ほど出来てしまった・・・でも楽しみですけどね。
そしてマネージャーさんと一緒に、車で数分の美味しい中華やさんで夕食。新国立劇場からも近いとあって、お店には役者さんの色紙もいっぱい。
ここの巨大餃子はかなり有名らしい。
e0081334_1514327.jpg

焼きたて、ジューシーですごく美味!
この他に、中華風のピクルス(レンコンや生姜入り)、ピータン豆腐、カシューナッツと鶏の炒め物、青菜と湯葉の塩ラーメン、長崎風チャンポン(なのに麺は堅やきそば風)など、どれも美味しかったな。
だけど美味しいもの食べてる時って、何故あんなに幸せなんだろう・・・?
あんなに最高の瞬間はありませんよ、ホント。

あ、2月のコンサートについては、もうちょっとしたらここでもご案内しますので、お楽しみに!
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-30 02:00 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

いい方法

全国各地の200以上の高校で、必修科目の授業が行われていなかったことが明るみに出て大騒ぎになっている。
このままだと現3年生が全員卒業できないとか、卒業式までのあと80日で70時間もの世界史の補習授業を行うとか、卒業式をずらすとか、とにかくとんでもない騒動だ。

1校や2校ならともかく、これだけ多くの高校で同じことがなされていたということが「今更わかる」というのもヘンな話だが、だからといって、年度も後半に入った今の時期に、あと数ヶ月でこれを規則にはめて補おうというのも、あまりいい方法だとは思えない。

だいいち、必修科目を省いていたのは今年度に限ったことではあるまい。200いくつの高校のうち、多くは、既にもう何年か前から同じことが起こっていたのだろう。それなら、必修科目を履修せずに卒業してしまった何千人もの生徒たちの卒業まで、厳密には取り消さなければならないのではないか。
それはもう不可能だから、現3年生が・・・さあこれから受験に集中しようという、この正念場の時期に、毎日放課後、受験科目「でない」科目の授業を受けさせられる、という、どう考えても合理的でない「つじつま合わせ」の犠牲にされるのは、あまりにもかわいそうに思う。
こんな方法を考えだすこと自体、いかにも「生徒のことを考えているようで、じつは考えていなかった」各高校の本質を現しているように思えて仕方がない。

文科省も、安倍総理も、「どうすれば一番よいかを検討する」とか言っている場合ではもはやないと思うのだが・・・。
現3年生にとっては、じっさい今日明日から、いったいどうすればよいのか、何をさせられるのか、一刻も早く決めて欲しいだろうと思う。
自分がもしそんな立場になったら、どんなに不安で腹立たしいことか、想像してみればわかると思うんですよね。

今は少し変わっているのかもしれないが、私が通っていた高校は音楽科だったため、その点「学習指導要領」の最低ラインを保ちながら、音楽関連の科目(専攻実技、副科実技、和声、対位法、音楽史、ソルフェージュ、聴音、合唱、合奏など)がその間にぎっしりつまっているカリキュラムだった。
精一杯工夫された時間割だったと思うが、例えば当時の「共通一次」の一部出題範囲であった数学ⅡBは、うちの高校では履修できなかった。数学でいえば普通科で1年で終わるはずの数学ⅠAを2年かけて履修するようになっていた。
「社会」や「理科」では、細分化された科目を自分で選ぶ自由はなかった。やりたかった「生物」という授業は存在せず、理科は全員自動的に「物理」「化学」のみ。そして社会は「世界史」「倫理社会」のみ。地学や日本史はなかった。つまり殆ど全員が受験する「共通一次」では、その4科目以外で受ける生徒は、「自分でやるしかなかった」という状況だったのだ。
それでもきちんとガイドラインには達していたのだから、学校も生徒もがんばっていたな〜と思う。

受験科目でない科目だって学校が工夫して取り込むことは可能だろうし、もしそうなっていれば生徒は否応無しに授業を受けることになるわけで、まぁ、学校も軽く考えてはいたんだろうな〜とは思う。

で、こんな時期から、どう考えても無理のある補習なんぞをやって、生徒の不安をあおりつつつじつまを合わせなくても、文科省も、今年度はこのまま見逃して、来年度からキッチリ改正するなんてことは出来ないのでしょうかね。どっちにしろ、こういうことになったのも、「学習指導要領」が現実とかけ離れていたからなんでしょうから、それを考え直すことも含めて、この際キリのいい時期までゆっくり検討したほうがいいのでは・・・???

ま、難しい問題です。
問題になった高校の3年生の皆さんには、こんなことにめげずにがんばって欲しい。
それだけです。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-27 23:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

朝ごはん

e0081334_2211179.jpg

最近の朝ごはん、こんな感じです。
基本的に果物ばっかり。
あとは豆乳か100%ジュース、それにコーヒー。
ヨーグルト。

果物はなるべくたくさんの種類を。
この日は、ふどう(甲斐路)、バナナ、それにリンゴ。
食べていても楽しいです。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-23 22:11 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

人形町

人形町に行ってきました。
大好きな鶏料理のお店「玉ひで」でお昼をいただくのがメインイベント。
人形町は滅多に行かないけれど、「玉ひで」のほかにも、だあいすきなドイツパンやさん「タンネ」があるので、私にとっては夢の町(笑)。

明治座に至る甘酒横町には、和菓子屋さん、漬け物屋さん、お煎餅屋さん、お豆腐屋さんなど、風情のある昔ながらの店舗が並ぶ。
e0081334_030575.jpg

このポストでさえ、ひとタイプ昔のです。なんだか既にもう懐かしい。
e0081334_0321278.jpg

「ばち屋」さんもあったよ!!
e0081334_0213295.jpg

「玉ひで」はお昼の親子丼が有名で、毎日ものすごい行列ができる。テレビや雑誌でもおなじみだ。今日は土曜日とあって、また一層の混みよう。
e0081334_0122736.jpg


今日は親子丼ではなくお鍋をいただくことにしていたので、予約時間に2階のお座敷に。もう随分昔、子どもの頃、お昼の親子丼を何度か食べにきたことがあるが、その頃はまだ古いお店だった。たしか入り口が土間のようになっていて帳場があり、そこに貫禄のある年配の女性が座っていた。大きめの座敷に相席で座って、美味しい親子丼を食べたことをよく覚えている。
お店はすっかり新しくなっていたが、内装は昔ながらのぴかぴかの床と、飴色の階段、そして神棚。なんだかホッとする感じ。

仲居さんが作ってくれる東京軍鶏の「軍鶏鍋」は、お肉も柔らかく、割り下もしつこくなくて美味しくいただきました。その肝心のお鍋は食べるのに一生懸命で写真撮ってません(笑)。
その後の「お食事」は、せっかくなので白いご飯ではなくて「親子丼」にしてもらいました。
e0081334_0425975.jpg

柔らかい中にも歯ごたえのある軍鶏と、とろとろの卵。美味です。
お箸置きも可愛い。(この卵タイプの他に、鶏タイプもあり)
e0081334_183923.jpg

お腹がいっぱいになった後は、近くのパンやさん「タンネ」へ。
ここのドイツパンは、ドイツ大使館やDAADのパーティーも御用達。以前、大使館のパーティーで食べたパンがあまりにも美味しくて、思わずその「出所」を質問。ここのパンだという話をきいて早速買いに行ったのが始まり。
近所でないのが、ホントに残念でなりません。
本当はその日の朝食べる分だけ、毎日買いにいくのが理想。でもせっかく来たので、仕方なく複数買って、帰って冷凍・・・・それでも十分美味しいけれどね。

それから日本橋に出て、マンダリンオリエンタルホテルの37階のラウンジで珈琲を飲んでから、帰りました。
いいお天気の東京散歩。
またあの辺に行ってみよう。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-22 00:57 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

秋サラ

e0081334_1461210.jpg

「冬のソナタ」ならぬ「秋のサラダ」。
加熱したカボチャを入れてみましたよ。
上に大量に載せたのは「つまみ菜」。(これって袋に入ってる状態だと小さいのに、開封するとドバ〜ッっとものすごい量が出てきます・・・食べ切るのが大変なのだ!)

夕食をサラダとか野菜炒めなんかにすると、翌朝身体が軽くて調子いいですよ。
ご飯やパン、パスタなどの炭水化物は無し。とはいっても豆類や芋類を摂ると、結構充実感あります。
例えば、サイドメニューに豆腐や納豆を食べたりする。メニューがサラダだけの場合は、ミックスビーンズ(ひよこ豆やキドニービーンズなんか)の缶詰を入れたり。物足りないな〜って時は、チーズを削ったり細かく切って混ぜたり、スモークサーモンや缶詰のお魚(ツナ、オイルサーディンなど)、鶏ささみを茹でて割いたやつとか、ゆで卵なんかを載せたりすれば、かなり豪華。

それにドレッシングを作るときには、大好きなマヨネーズを惜しげもなく入れたり、胡麻でコクを出したり、使うお酢の種類を変えてみたり(玄米黒酢、ワインビネガー、バルサミコなどのフルーツビネガー、レモン汁など)、ハーブの組み合わせを違えてみたりすると、全然違う味になるから飽きません。

サラダ、万歳!!
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-21 01:49 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

カオスの秋

e0081334_1194788.jpg

目下、4つのプログラミングを同時に考慮中。
それぞれ本番は、11月、12月(2件)、2月。
やることが遅い私・・・・
かぁ〜〜〜っ、早くしなきゃ!

でも1曲1曲、演奏時間を計りながら組み立てていくので、やっぱり時間かかっちゃうんですよね。欲張りだから、つい曲が多すぎちゃったり。
コンサートも腹八分目がいいのです。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-20 01:22 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

天国

e0081334_1113133.jpg

山手線全駅のなかで、最も昇降客数の少ない駅、鶯谷。
寛永寺の墓地を背中にかかえ、昼も夜も妙に風通しのよい細長いホームには、真冬でも♪ホーホケキョ♪という、うぐいすの美声がスピーカーから響いたりする、妙な明るさがある。
ホームをはさんで、しっとり静かな高台の墓地側と、ネオンの灯る怪しい言問通り側とのギャップもたまらない魅力だ。

日曜の夜、その「いかがわしい側」にひさしぶりに足を運んだ。東京キネマ倶楽部、THE CONDORSの東京ライヴ「ニュー・キネマ・パラダイス」である。このレトロないかがわしさ、ニオイはこのバンドにピッタリ。(渋谷もいいけど、阿佐ヶ谷とか吉祥寺とか大塚とか谷中とか、ちょっと違う感じのライブハウスでもやってほしいな〜。)
メジャーデビュー後初めてのライヴということで、お客さんはもちろん、きっと出演者の側もひと味違う高揚感があったのではないだろうか。
いつものように満杯のフロアの前に姿を現したメンバー9人からは、決して力んではいないのだけれど、なにか一本筋の通った気迫のような、決心のような、そんなオーラを感じた。

でもやっぱり、最初っから楽しかった。なんであんなに楽しいのかなあ〜。
コンサートのあたまっから「一発かます」のって、なかなか空まわったりすべったりしやすいものだけど、そこがお客さんのノリが違うロックだと、やりやすいのかな〜なんて羨ましくも思う。
(開演してステージに出て、お客さん全員がカチッと身を固くして座っている前で、「お〜い、みんな元気か〜ぁ、いくぜぇ〜、ついてこいよ〜っっ!」ってなかなか弾けないものなのよ、ね・・・ほんと悔しい)

リラックスしまくって聴いて歌って踊って笑って手を叩きまくっていたので、曲順とか曲名とか(笑)細かいことは殆ど覚えていないのだけど、やっぱり今度も楽しいことがいっぱい起こって、ひとつひとつを楽しみ尽くしました。

たとえば・・・・
ビジュアルは『サラリーマン体操』風の「こんどうさんちのたいそう」。
まず近藤さんがフロアの皆に、振りの説明をじつにゆる〜〜い感じでされたのがとってもいい感じ。そして「皆さん今日もお疲れさまです!」のセリフで始まったと思ったら、真っ赤なランニングを着た藤田さんと光二郎さんがお手本を踊る、んですが光二郎さんが振りを間違えたり。なにが可笑しいかって、フロアに立錐の余地もないくらいぎっしりの状態で、700人(?)だかのお客さんがいっせいに「こんどうさんちのたいそう」をしてる、その光景。
5〜6列目にいた私は、後ろや横のひとに「あ、スミマセン」「あ、ゴメンナサイ」とか言いながらガンガンぶつかりまくってましたよ、ほんと。
それでも、「パート1」でまだよかったのかな(笑)。

近藤さんの「サバンナ」の癒される歌詞と歌声に、オクダさんのオリジナル紙芝居がついたのとか、いつもはなかなか聴けないキーボードのトオルさんの歌声、とか、藤田さんの鏡獅子もまっ青の頭の振り具合とか、今まであまりなかった(と思う)光二郎さんのサックスのソロとか、熱演のあまり石渕さんのギターのどこかの何かがいっぱいこっちに飛び散ってきた恐怖とか(!)、勝山さんが「あのねあのね、それでね」と、いつにも増して動物園のゴリラみたいに(ゴメンナサイ、だってホントにそうなんだもの)ステージの左右を往復していたこととか、ギターのコーヘーさんのトイレの鍵の話(すごい同感)とか、なんといってもドラムのコウさんのたったひと言の「ありがとう」の重さとか・・・・とかとか、う〜ん。

新曲3曲。どれも名曲。よかったのは、タイプがみんな違うこと。
歌詞も違うし、リズムもテンポも曲種も違う。
「ビューティフルサンデー」は真っ正面からの名曲。歌詞も音楽も。
「ストロンガー」はリズムが好き。もっと歌詞が聴き取れたらもっとよかったな〜、残念。
インパクトでは一人勝ちの「あいたい」で、メンバーが会いたい人を次々に叫んでいくのだが、妙にリアルだったりするのが心に染み入りますね。勝山さんが会いたい人(Berryz工房とか小倉優子とか)は普段から頻繁に耳にしているので全く驚かないんですが(笑)、近藤さんの「滝川クリステル」っていうのは、なんか心の叫びって感じだったな。でも滝川クリステルさん、私もすっごく好き、私も会いたいぞ。

藤田さんも最後に話していたけれど、男性のお客さんの姿が結構多くて、私も嬉しかったというか、素敵だな〜と思いましたね。先日のダンス公演も高校、大学生くらいから年配の方まで、男性が多かったので「おっ、なんかいいよな〜」って感じてました。
石渕さんの大学の学生さんらしき若者たちも元気に応援してましたが、「今日きたやつはみんなAだ〜〜っ」って叫ぶ石渕先生に対抗して、珍しく「O大学のみんなもAだあ〜〜〜!」とすかさず叫んだ近藤先生が面白かった。
私が教えている学生さんたちも、よくコンサートに来てくれたりするけど、さすがに「みんな優だぁ〜〜!」とは言えないまでも、石渕さんの「ステージの上からしか教えられないことがあるんだ〜!」っていうのはホント、まったく。
つまりそれって、普段あ〜だこ〜だ言ってる自分が真っ裸で孤軍奮闘するところ、そして同時に子どもにかえって楽しみまくっているようなところを、みんなに見せるってことなんだけど、でも不思議と恥ずかしくもないし、いまさらいいじゃない、別に、って感じでもある。

翌日になってもしゃ〜んと鳴っていた耳とともに、記憶もいつまでもぼ〜っとしていて、余韻があまりにも長く続くことにオドロキ、また快感。
うぐいすヴァレーの、あの階段を降りながら、ガラスケースに入ったラメラメのピンヒールパンプスの列を記憶にとどめながら、まだまだ味わえるこの幸せ。
感謝、ただただ全てに、感謝。
音楽って、すばらしい。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-19 02:07 | コンドルズ | Comments(4)

贅沢

e0081334_3491722.jpg

所用で銀座へ。

秋晴れの都会。
空だけ東京じゃないみたい。
銀座じゃないみたい。

「江戸っ子」である母と、久しぶりに千疋屋フルーツパーラーへ。
欲張りな私は、何事も「ミックス」が好き。
・・・で、お昼ご飯に「フルーツ&ハムサンド」。(↑一切れ食べちゃった)
フルーツサンドは大好きなマスクメロンの香りいっぱい。
ハムサンドはレタスしゃきしゃき、ハムしっとり。

なんでもないけど、
なんだか幸せ。

昨日の夜を、ちょっぴりずつ小出しにしながら過ごす時間も、ね。
ふう。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-17 03:50 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

♪「会いたい」♪

e0081334_143570.jpg

頭も心も胃袋(肝臓?)も、ぐしゃんぐしゃんになって帰宅。
耳がき〜〜〜〜ん、といってます。それも右だけ(忠実にスピーカー側・・・笑)。

私にとっては馴染み深い鶯谷にある、東京キネマ倶楽部にて、THE CONDORS東京ライブ「ニュー・キネマ・パラダイス」。

今は何も書けません。
眠ることもできません。

また・・・・次回。
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-16 01:16 | コンドルズ | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217