カテゴリ:コンサート・スケジュール( 18 )

「コンサート情報」ではありませんが、とっても面白そうな(!)公開講座のお知らせです。

本日6月2日から6月25日まで、東京・目白を中心とした「MEJIRO BA-ROCK MUSIC FESTIVAL 2006」という古楽中心の音楽祭が開かれます。
目白にある様々な個性的な施設を使った音楽会シリーズですが、その為に来日中のオーストリアのヴァイオリニスト、指揮者であるグナール・レツボール氏による公開講座が、下記の要領で開かれます。
実は昨日急遽、この講座の通訳でお手伝いすることになりました(笑)ので、急にご案内です!

2006年6月5日(月) 11:00〜17:00
会場 日本聖書神学校・教室(目白駅より徒歩約10分)
講師 グナール・レツボール Gunar Letzbor
聴講料 1000円
お問い合わせ アルケミスタ(担当/武田、西嶋)
080-3455-7140 mejiro-fest@alquimista-mr.com
会場地図、受講者、受講曲、講師プロフィールなどその他の詳細はこちら←クリック
お申し込みになれば、どなたでも聴講できます。

ヴァイオリンやバロックヴァイオリンを弾かれる方のみならず、「バロックヴァイオリンなんて見たことないけど一体何が違うのさ?」という方、「古楽は好きだけど、実際のレッスンって何するんだろう?」という方、興味をお持ちの方はぜひお出かけ下さい。
ヴァイオリンソロだけでなく、後半はチェンバロとの曲もありますので、室内楽のレッスンとしても学べると思います。

目白は美味しいレストランやケーキ屋さん、おしゃれで歴史的な建物に溢れた、とっても素敵
な街です。お時間のある方、お散歩ついでにお出かけになってみたらいかがでしょうか?
なお、音楽祭全体の詳細はこちらからどうぞ↓
目白バ・ロック音楽祭 公式HP
[PR]
by saskia1217 | 2006-06-02 17:57 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

以前「コンサート情報」でお知らせいたしました、オイリュトミー公演「金の弓」ですが、出演者の健康上の理由により、延期(公演日未定)になりました。
とても残念ですが素敵な作品になることは必須ですので、新たに公演日が決まりましたら、またこちらでもお知らせしたいと思います。

今回の延期をお詫びするとともに、またご案内できることを心から願っております。
[PR]
by saskia1217 | 2006-05-28 02:47 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

 東洋英和女学院有志の会 メサイアを歌う会 
〜アーリーサマーコンサート Bachのカンタータ〜

日時:5月27日(土)15時半開演(15時開場)
会場:東洋英和女学院中高部 新マーガレット・グレイグ記念講堂(六本木)
       地図はこちら
指揮:辻 秀幸 
ソプラノ/佐竹由美  テノール/鏡 貴之  バリトン/箕輪 健
管弦楽:東京バッハカンタータアンサンブル
合唱:メサイアを歌う会

入場料:1,500円

曲 目:J. S. バッハ「 教会カンタータ」78番・140番
         「2つのヴァイオリンの為の協奏曲」

バッハのカンタータの中でも名曲として有名な2曲、そしておなじみの器楽曲「2つのヴァイオリンのための協奏曲」というプログラム。私はオルガンを担当します。
合唱団は東洋英和女学院卒業生による女声合唱団です。ソリスト、オケのメンバーは気心知れた長年の音楽仲間である「芸大バッハカンタータクラブ」の先輩や同輩、そして後輩。心置きなく清々しい気持ちで演奏できそうで、私もとても楽しみにしている演奏会です。
初夏の土曜日の午後のひととき、お時間のある方は是非是非お出かけください。
[PR]
by saskia1217 | 2006-05-24 18:02 | コンサート・スケジュール | Comments(4)

昨年にひきつづき、今年も、金玲希さんとキム・ハヌルさんによるオイリュトミー公演で、音楽のお手伝いをすることになりました。今回もバロックヴァイオリンの桐山建志さんとの共演です。今回も宇都宮、東京の2回公演です。よろしければ是非お出かけ下さい!

オイリュトミー公演「金の弓」

2006年6月4日(日)17時開演 宇都宮Be off
2006年6月25日(日)18時 東京・光が丘IMAホール
全自由席 前売4000円、当日4500円

H.I.F. ビーバー「ロザリオのソナタ」より  ほか

オイリュトミー・朗唱:キム・ハヌル、金玲希
ヴァイオリン:桐山健志
オルガン:広沢麻美
ほか
チラシはこちら
(主宰者から頂いたPDFファイルが上手く添付できないので、とりあえず桐山さんのHPからご覧下さい。すみません!)
      
金玲希さんとキム・ハヌルさんによるご案内です↓
***************************************************************************
オイリュトミー公演『金の弓』のご案内
     
みなさま、ご無沙汰しております。お元気ですか?
この度、オイリュトミールイズでは、雨宮テイコの詩集『レモンの窓』より「ヒヤシンスの空」「虎」「金の弓」およびビーバー作曲『ロザリオ・ソナタ』『8つのバイオリン・ソナタ』をオイリュトミー作品にすることになりました。水晶のように透明で硬質な言葉とバロック・バイオリンとポジティウ゛オルガンにより奏でられる「魂を打ち震わせる」ビーバーの音楽、それらとオイリュトミーとの出会いを、ご高覧賜りたく、ご案内申し上げます。

  真夜中 言葉が来た
      眠りからか闇からかはわからなかったが
      <言葉とは何か>眠りの中でも
      考えていたのだった

      眠りのむこうには人の目がよく見のがしてしまう
      宇宙のほんとうのすがたが現れていた
      そこから放たれてくる微細な波が
      夢みる人のたましいに星々の花粉を送り込んでいた
      ・・・・・・・・     
                雨宮テイコ作「金の弓」より

詩人雨宮テイコの「内的な痛み」から紡ぎ出された言葉の背後に感じとれるものは、
私たちが、ふだん何気なく見ている自然や宇宙から、様々なメッセージが語られているということです。
私たちひとりひとりがまったく孤立してしまっている今の世の中にあって、
”よりどころ” となるようなものは何も無いかもしれません。
しかし反対に、そのような”よりどころ”を見いだせない魂であればあるほど、
命懸けでそのようなメッセージに耳を傾け、そのことばを聞き取ろうとするでしょう。
そしてそのような過程で、他者(鉱物、植物、動物、人間、星々・・・)と新たに出会うことができた魂は、それをひとつの「美的な体験」として受け取っているのだと思います。
なぜなら、その出会いには、「宇宙のほんとうのすがたが現れ」出るからです。
雨宮テイコの言葉はそのことを私たちに「あかし」てくれています。 
 
ビーバー作曲『ロザリオ・ソナタ』は、全16曲からなる大曲です。
前回の公演『ロザリオ』では、ソナタの「6番、10番、16番」を作品にいたしましたが、
今回は、『ロザリオ・ソナタ』から1番<お告げ>、4番<イエスの神殿への拝謁>、13番<聖霊降臨>、
『8つのバイオリン・ソナタ』から5番です。
世界で初めてのオイリュトミー作品化です。
ビーバーは、その難解な調弦法<スコルダトゥーラ>により、
天上的な美しさをもった深い音色を生み出しましたが、
それはきっとメタモルフォーゼした「星々の花粉」なのでしょう。
それを弾きこなすことのできる奏者は世界でも稀有ですが、
今回も前回の『ロザリオ』公演に引き続き日本の室内楽をリードする桐山建志さんと
オルガンの名手広沢麻美さんが演奏して下さることになりました。

宇宙ロゴスの現れである雨宮テイコの言葉と「ロザリオ・ソナタ」を、聖杯としてあろうとする『金の弓』に受け取る事が出来たらと思っています。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
尚、公演の日程、チケットの申し込みなどはチラシをご覧下さい。

                             2006年2月26日 オイリュトミールイズ                                     キム・ハヌル 金 玲希
[PR]
by saskia1217 | 2006-04-10 19:14 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

第3回 相愛チャペルコンサート

『ソプラノの歌声とオルガンの調べに包まれて・・・』

フランク「天使の糧」
シューベルト「アヴェ・マリア」
ヘンデル「オンブラマイフ」
ヘンデル「メサイア」より
モーツァルト「アレルヤ」
バッハ「主よ人の望みの喜びよ」
アメイジング・グレイス
賛美歌  他

ソプラノ 高橋節子
オルガン 広沢麻美

2006年1月22日(日) 14時開場 14時30分開演
日本基督教団 相愛教会 礼拝堂
(三鷹市牟礼4-3-46 電話0422-43-1642)
車でのご来場はご遠慮ください。母子室あり。
終了後お茶の用意があります。

日曜の午後、閑静な武蔵野の教会で、誰でも一度は聴いたことのある名曲を味わってみませんか?ソプラノの高橋節子さんは芸大時代からの音楽仲間、カンタータクラブでもずっと共演していました。様々な分野で活躍中ですが、特にリート、宗教曲のスペシャリストです。どうぞいらしてくださいね!
[PR]
by saskia1217 | 2006-01-08 20:12 | コンサート・スケジュール | Comments(1)

クリスマスのご案内

e0081334_15493320.jpg

「コンサート」ではありませんが、私がオルガニストをしている教会の、クリスマスのご案内!
詳細はこちら
日本基督教団 阿佐ヶ谷教会

ここ数年は24日の夜の礼拝で弾いてましたが、今年は25日、クリスマスの朝の礼拝で奏楽をします。クリスマスの朝って、「明けた〜〜〜〜っっ!」って感じで、明るくってほんとに素敵ですよ。イヴとはまた違う雰囲気のお祝いを味わいにいらしてください!

もちろん24日夜の「聖夜賛美礼拝」は、とってもいい雰囲気。キャンドルの光の中で、馴染み深いクリスマスの賛美歌を一緒に歌える、とっても素敵な夜です。聖歌隊や子供の聖歌隊、パイプオルガン、と音楽三昧。
カップルもシングルも、ご家族連れも、ぜひぜひお出かけください!

今年はなんと24日が土曜日、25日が日曜日という「正調クリスマス」(笑)。たとえばドイツなどでは言うまでもなく、クリスマスは25〜26日の二日間で、両方とも休日になります。だから何曜日であっても、その日の朝に「クリスマス礼拝」ができる。でも日本の、特に多くのプロテスタント教会では残念ながらそういうわけにもいかず、例年は「25日前の一番近い日曜日」に「クリスマス礼拝」をすることになります。つまり、20日だったり21日だったりするわけで、それはまあいいとして、一番許せないのは(!!)24日のイヴ、すなわち「聖夜賛美礼拝」が、「クリスマス礼拝」の後にやってくる、というとんでもない事態がしょっちゅう起こっている、ということ。怒、怒、怒・・・・・ありえない、ぜったいありえません、こんなこと! 日本基督教団、なんとかしてくださいよ〜〜!
[PR]
by saskia1217 | 2005-12-17 15:50 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

e0081334_20545259.jpg

2002年以来、いつもクリスマスにお手伝いしているコンサートです。出演は慶應義塾大学の学生さんたち。一般教養科目として音楽を履修している皆さんが、オーケストラと合唱を担当します。
私は、ポジティフオルガンでお手伝い。昨年入った、草刈オルガン工房作のポジティフオルガンのやわらかい音は、とても素晴らしいものです。
入場無料、お近くの方、お暇な方は、ぜひお出かけくださいね。
詳細はこちら↓

**************************************************************************
慶應義塾コレギウム・ムジクム演奏会
2005年12月21日(水) 16時45分開演 慶応義塾大学日吉校舎 来往舎イベントテラス
入場無料

シュッツ:私たちに平和を与えてください
H.Schütz:Verleih uns Frieden genädiglich
シュッツ:我らの支配者に平和とよき力を与えて下さい
H.Schütz:Gib unsern Fürsten und aller Obrigkeit Fried und gut Regiment
シュッツ:かくして、我、天に昇り行く
H.Schütz:So fahr ich hin zu Jesu Christ
モーツァルト:交響曲第36番 「リンツ」(K.425)
W.A.Mozart: Symphony No.36 in C major K.425 "lintz"
モーツァルト:ミサ曲 ハ短調 K.427(417a)より
From W.A.Mozart: Mass in C minor K.427(417a)

演奏
オーケストラ指揮:石井明
合唱指揮:佐藤望
慶應コレギウム・ムジクム・オーケストラ
慶應コレギウム・ムジクム・合唱団
広沢麻美(オルガン)
[PR]
by saskia1217 | 2005-12-15 20:55 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

日本基督教団 阿佐ヶ谷教会 チャーチコンサート
「武久源造 オルガン演奏会」

10月30日(日) 午後2時開演(1時30分開場)
阿佐ヶ谷教会礼拝堂
入場無料(自由献金)

曲目
ブクステフーデ  「テ・デウム」
J. S. バッハ  「オルガン小曲集」より
メンデルスゾーン 「オルガンソナタ第6番」
ほか

主催: 日本基督教団 阿佐ヶ谷教会
杉並区阿佐谷北5-18-10
電話 03-3337-5879

詳細はこちら
http://www5.ocn.ne.jp/~asgych/con05.htm

阿佐ヶ谷教会HP
 http://www5.ocn.ne.jp/~asgych/

このオルガンについて
http://www5b.biglobe.ne.jp/~organ-ex/tokyo/asagaya.htm
[PR]
by saskia1217 | 2005-10-02 18:50 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30