カテゴリ:コンサート・スケジュール( 18 )

現在、出演が決まっているコンサートスケジュールです。
各コンサートの詳細は随時補足、更新、またこの日程以降の情報も追ってアップしていきます!
お問い合わせはコメントにて随時承りますので、どうぞご遠慮なくメッセージをお送りください。

個人的メッセージ、個人情報を含む場合は必ず「非公開コメント」にチェックを入れて下さい。ブログ主である管理人しか見ることができなくなります。



ムシカ・ポエティカ/受難楽の夕べ ヘンデル「ブロッケス受難曲」 NEW!
2017年4月1日(土)17時30分開演(17時開場)
三鷹市芸術文化センター 風のホール
入場料(全席自由)/一般4000円 学生2500円
お問い合わせ・ご予約/菊田音楽事務所042-394-0543

G. F. ヘンデル「ブロッケス受難曲」HWV48
(ドイツ語上演・字幕付き)

指揮・福音史家ほか/淡野太郎
イエス/浦野智行
シオンの娘/淡野弓子
ほか

管弦楽/ユビキタス・バッハ
合唱/ハインリヒ・シュッツ合唱団

※チェンバロで出演

[PR]
by saskia1217 | 2017-04-01 00:00 | コンサート・スケジュール | Comments(71)

以前ブログでも記事を書きました、読売日本交響楽団の50周年記念、モーツァルト「レクイエム」、広島の原爆記念日当日の当地での演奏会の全曲が、本日深夜に放映になります。
私はオルガンを担当しましたが、出演者にとってもとても感慨深いステージでした。
語りは吉川晃司さん。
ラストは指揮者カンブルラン氏による、特別バージョンになっています。
是非、ご覧ください!

読響シンフォニックライブ
17日(水)日本テレビ 深夜2時29分〜(90分の拡大版)
28日(日)BS日テレ 16時〜

モーツァルト「レクイエム」(全曲/ただしラスト部分は指揮者による特別版)
2012年8月6日 広島・上野学園ホール
指揮:シルヴァン・カンブルラン(常任指揮者)
ソプラノ:森麻季 
メゾ・ソプラノ:山下牧子 
テノール:鈴木准 
バス・バリトン:久保和範
朗読:吉川晃司
合唱:広島平和祈念合唱団
[PR]
by saskia1217 | 2012-10-17 20:07 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

e0081334_2211449.jpg

石渕聡さんと私のユニットでお届けしてきたマンドリン&チェンバロライブで、たくさん委嘱作品を作ってくれたアンドウマユコさん。
ライブのたびに大評判で「楽譜はないんですか?」というお問い合わせなどもよくいただきました。
マンドリンも鍵盤も自由自在に弾きこなすアンドウさんですが、彼女がずっと活動を続けてきたキーボードユニット「ダブルドリブル」のCDが、昨年暮れにリリースされました!

「ダブルドリブル」はアンドウさんと、スガヤケイくんのお二人によるキーボードによるユニットで、1台ないし2台の鍵盤楽器を使い、2人(ダブル)で即興(アドリブ)をすることから「ダブルドリブル」と命名され、これまで都内のライブハウス、カフェ、クラブで活発に演奏活動をしてきました。
私も何度かライブに伺いましたが、本当に素敵な音楽を紡ぎだしてくれる素晴らしいユニットで、毎回本当にホレボレ聴いてしまいます。
このCD「モノトーン」には、キーボードの演奏で2005年から2010年の新作まで、もちろん全てオリジナル作品が収録されています。

「モノトーン」
2011年12月22日リリース
DDC-001 ¥2100(税込)

1. nakameguro
2. cis minor
3. amembo
4. the day of St.Martin
5. yuki
6. 080502
7. 紫の花が咲くころ

どこにでもありそうなのに、他のどこにもなく
そしていつでもどこにでも置いておきたい音。
朝の光差すオフィスのデスクの上に
午後の暖かいリビングのテーブルの上に
雨降る夜更けに・・・
色とりどりの心のたべもの。

ご自分で楽しむにも、またプレゼントにもピッタリ!
詳細はアンドウさんのHP、または以下のメールアドレスよりお問い合わせ、お求めください。
ダブルドリブル/アンドウマユコHP
info_doubledrible@yahoo.co.jp
[PR]
by saskia1217 | 2012-01-24 19:30 | コンサート・スケジュール | Comments(2)

今年1月から好評放映中のNHK「ぴあのピア」
私も少し演奏でお手伝いしました。見て下さった方もおありかと思います。ありがとうございます。
その特集番組が、この連休に放送されることになりました。
私が演奏している、C.P.Eバッハ「チェンバロとピアノのための二重協奏曲」も再放送されます。
1月にお見逃しになった方、是非是非ご覧くださいね!
楽しくピアノ音楽を辿って行ける、とてもいい番組ですよ。

「特集ぴあのピア
 ピアノの夜明け 〜チェンバロとフォルテピアノの響き〜」
放送予定日:4月29日午前10時30分から12時 衛星ハイビジョン
     5月4日 午後16時30分から18時 衛星第二
[PR]
by saskia1217 | 2007-05-04 18:00 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

話題沸騰中(笑)のシュニトケですが、さる1月9日の読響演奏会(サントリーホール)がテレビで放映になります。詳細は以下のとおり。
私がお手伝いしたシュニトケのヴァイオリンソナタ第1番(弦楽合奏版)は、バッハへのオマージュが隠れた透明感溢れる「静」と、スパイスのきいたリズムが各パートを行き来する「動」が相まって紡ぎだされる名曲。
ヴァイオリンソロは読響コンサートマスターの小森谷巧さん。熱演です。(チェンバロも健闘しております・・・)
読響正指揮者に就任されたばかりの実力派、下野竜也さんの棒での、おなじみの名曲ドヴォルザークの「新世界」も圧巻。
深夜の放送ですが、是非是非ご覧ください!!

「深夜の音楽会」
3月14日(水)深夜1時50分〜2時50分 NTV4ch(日本テレビ)
指揮:下野竜也
ヴァイオリン:小森谷巧
シュニトケ/ヴァイオリンソナタ第1番(弦楽合奏版)
ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界から」
[PR]
by saskia1217 | 2007-03-15 02:50 | コンサート・スケジュール | Comments(6)

ドイツのオルガニスト、ヴォルフガング・ツェラー氏が来日、演奏会とマスタークラスが開かれます!(すべて終了しました!)

ルネッサンス、バロックから現代までの信じられないほど幅広いレパートリーを、素晴しい感性と揺るぎないテクニックで弾きこなす、世界でも類を見ない素晴しいオルガニスト。国立ハンブルク音楽大学教授として教鞭をとっておられます。私のオルガンの師匠でもあります。
今回は所沢市民文化センター ミューズアークホール、聖グレゴリオの家、という2つの全く異なったタイプのオルガンを使っての企画。演奏会だけでなく、マスタークラスもとても興味深いものになるでしょう。(マスタークラスでは私も通訳としてお手伝いします!)
最高のオルガニストを日本にいながらにして聴ける貴重な機会です。是非是非お出かけください。

演奏会 「ドイツ・オルガン音楽の神髄」
3月10日(土) 15時開演(14時30分開場) 所沢市民文化センター ミューズアークホール
(リーガー社製 75ストップ)
S席 2000円  / A席  1500円 / B席  1000円
〜バッハからロマン派へ〜
メンデルスゾーン 「オルガンソナタ 変ロ長調 op.65-4
シューマン 「ペダル付きピアノのためのスケッチ」より
ブラームス 「フーガ 変イ短調」
ロイプケ 「オルガンソナタ ハ短調 『詩編94番』」
J. S. バッハ 「トッカータ ホ長調 BWV 566」
ブラームス 「間奏曲 op.116-6」
レーガー 「序奏とパッサカリアとフーガ op.127」
ほか

3月11日(日) 15時開演 聖グレゴリオの家(東久留米) (アーレント社製)
全席自由 2000円(110席限定)
〜バッハへの道〜
ケルル 「トッカータ イ調」
シャイト 「パッサメッゾ(新タブラトゥーラ集より)」
シャイデマン「前奏曲 二調」
ブクステフーデ「<ラ・カプリチオーザ>による変奏曲 BuxWV 250」
ドゥーロン「左手のためのガイティーリャ」
ブルーナ「右手のためのディエント・パルティード」
H. de.カベソン「甘き想い出」
G. ムファット「トッカータ 第3番『オルガン音楽の練習より』」

チケットのお求めはミューズチケットカウンター 0429-98-7777
 
*****************************************************************************************************************
マスタークラス「ドイツのオルガン音楽」(通訳付き)
3月12日(月)10時〜16時 所沢市民文化センター ミューズアークホール
3月13日(火)10時〜16時 聖グレゴリオの家

レッスン曲(予定) 
北ドイツ・オルガン音楽(ブクステフーデ、シャイデマン他)
バッハ
メンデルズソーンのオルガンソナタ、ブラームスのオルガン作品
レーガーの作品(op. 52、59、60、129、135b)より

聴講(1日) 一般2000円、学生1000円、オルガノン会員1500円
受講受付は既に締め切られていますが、聴講は定員なし、お申し込み不要です。どうぞ直接会場にお越し下さい。
   
[PR]
by saskia1217 | 2007-03-14 00:00 | コンサート・スケジュール | Comments(0)

2月16日ライブ迫る!!!

e0081334_22551299.jpg

2月16日のライブ「あ・い・た・い」が一週間後に迫りました!
当日弾くチェンバロやオルガンの準備も万端、あとは私がちゃんと弾くだけです(笑)。
弾けば弾くほど自分でも楽しくなって来る曲ばかりで、こんなことは滅多にないかもしれないです。素敵なアンコールもご用意しました!


チケット、まだ間に合います!!
みなさま、どうぞ「友人知人恋人愛人家族親戚郎党」(このグッとくるフレーズは、コン○ルズの毎回のチラシのなかで、最も好きな一節です・・・笑)お誘いあわせのうえ、是非是非お出かけください!!
お申し込みはこのブログ記事↓のコメント、またはオフィス・アルシュ(03-3320-2174)まで。ブログでは前日まで、またオフィス・アルシュでは当日までご予約受け付けています。また当日券もありますので、急に思い立った方はぜひふらりとお立ち寄りください!
[PR]
by saskia1217 | 2007-02-17 00:01 | コンサート・スケジュール | Comments(8)

★広沢麻美 キーボード・ライヴ 「あ・い・た・い」終了しました!
2月16日(金) 19時開演 日本福音ルーテル東京教会(大久保) 3500円
ブログ予約ご優待、たくさんのお申し込みありがとうございました!2月1日現在、定員に達しましたので、割引販売のみ締め切らせていただきました。
なお、通常のチケットお申し込みは引き続きこちらでも受け付けておりますので、どうぞご利用くださいませ。お申し込みの際にはこの記事の「コメント」欄にお名前とご希望枚数を記入し、必ず「非公開コメント」の欄にチェックを入れてご予約ください(管理人のみ閲覧可)。チケットは当日受付にご用意させていただき、受付にてご精算いただくかたちになります。なお、チケット郵送ご希望の方は送り先をご記入ください。
注: コメント記入の際入力を求められる「パスワード」は、書き込まれる方がそれぞれお好きなものを設定してください。後で変更や削除の際に必要になります。・・・お待ちしています!!


J. S. バッハ 「ファンタジー (ピエス・ドルグ) ト長調」 「オルガン小曲集」より
      「平均律クラヴィア曲集 第1巻より ハ長調」「イタリア協奏曲」
G. ベーム 「天にまします我らの父よ」
D. ブクステフーデ 「哀歌」 「プレリューディウム ト短調」 
G. F. ヘンデル 「私を泣かせて」 「 調子のよい鍛冶屋の主題による変奏曲」

「ヴェニスの愛」
「パイナップル・ラグ」
「ハリー・ライムのテーマ」

オルガン/チェンバロ 広沢麻美

※2002年のバッハ「ゴルトベルク変奏曲」以来、ほぼ4年ぶりのソロコンサート。今回はオルガンも弾いちゃいます!五臓六腑にグッとくるパイプオルガンの名曲を、そして、テレビで街角で耳に残る曲を、見た目にも美しいチェンバロにのせてトーク付きでたっぷりおおくりします。
ぜひこの同じ時間、同じ場所で、ご一緒にたのし〜い時間を過ごしませんか!

お問い合わせはオフィス・アルシュまで。
[PR]
by saskia1217 | 2007-02-17 00:00 | コンサート・スケジュール | Comments(35)

「コンサート情報」でもお知らせ中の、2月16日「広沢麻美キーボードライヴ」、このブログにてご優待お申し込みを受け付けておりましたが、おかげさまでたくさんのお申し込みをいただき、2月1日現在で定員に達しましたので、ご優待でのお申し込みは締め切りとさせていただきます。
お申し込みとたくさんのコメントを、本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

ですが(!)、通常のお申し込みはまだまだ大変余裕がございますので・・・引き続きこちらのブログでもお申し込みいただくことができます。ご予約の方法については、↓の記事の赤字の部分をご覧下さい。
お忙しい時期とは存じますが、金曜日の夜の2時間、色とりどりの「鍵盤ワールド」に是非是非いらしてくださいね!
[PR]
by saskia1217 | 2007-02-01 01:08 | コンサート・スケジュール | Comments(2)

先日収録しました、NHK・BSの新番組「ぴあのピア」の放送日が決まりました!
1回に10分という短い番組ですが、1月〜12月の1年かけて、ピアノの歴史やレパートリーを紹介していくという、なかなかスケールの大きい番組です。1月8日から始まります。

私が出演するのは次の3回です。
日記に書いたとおり、ソロの回は浜松楽器博物館所蔵のブランシェ(1715年)を弾いています。見た目にも美しい素敵な楽器です。
本放送は朝早いですが(笑)再放送も何回かありますので、お時間のある方は是非ご覧下さいね!

1月11日(木)バッハ「フランス組曲」第5番より (ソロ)
1月16日(火)ラモー クラヴサン組曲より(ソロ)
1月19日(金)C.P.E.バッハ「チェンバロとピアノのための二重協奏曲」変ホ長調より (ピアノフォルテは小倉貴久子さん)

放送時間は
月曜〜金曜 BShi 前7:35〜 7:45
(再)月曜〜金曜 BShi 後9:50〜10:00/BS2 後6:45〜6:55
   日曜    BShi 前6:00〜6:50(1週間まとめて)
[PR]
by saskia1217 | 2007-01-20 00:00 | コンサート・スケジュール | Comments(6)