カテゴリ:コンドルズ( 53 )

千の目、千のナイフ

昨日は夕方から「千の目(まなざし) 蜷川幸雄&近藤良平 対談」を聞きに、与野にある彩の国さいたま芸術劇場に出かけた。
この劇場には、ポジティフオルガンが入ってすぐの頃の「オルガンミニコンサート」の企画と演奏を担当させていただき大変お世話になったし、それ以外の本番でもよく音楽ホールに出演する機会もあり、よく通ったので、なんとなく愛着がある。
与野本町というのは時間的には家からそんなに遠くはない。歩く時間を入れてもこの劇場までは40分くらいだろう。でも埼京線って駅間が長いせいか、何故かとっても遠く感じるんですね。
でも「世界の蜷川」と、あの近藤さんの対談ときいて数週間前に申し込み、ホクホクと出かけていった。

この対談シリーズは、今年1月1日付けでこの劇場の芸術監督に就任された蜷川幸雄氏が毎回ゲストを招いて催すもので、昨日は、氏演出のシェイクスピア作品「間違いの喜劇」上演後、ほぼ1時間の予定で行われた。私は残念ながら劇のほうは見ずに、対談だけを聴いた。

蜷川さんに関して、特に演劇に詳しくない私は、世の中一般の人がもっているイメージとか情報しか持ち合わせていなかった。ダンスカンパニー「コンドルズ」の主宰者、振付家でもある近藤さんに関しては以前からこのブログで書いているが、TVのドキュメンタリー以外では近藤さんの「声」をきいたこともなく、だいたい彼が「しゃべっている」イメージがどうしても浮かばないので、それが見てみたくて応募したのだった(笑)。

平日の午後だというのに、会場である小ホール(360席ほど)はほぼ満員。それも見たところ学生、主婦など色々な世代の人たち。殆どは上記のお芝居を見た後にそのまま流れてきたお客さんらしかったので、蜷川さんのファンが多かったのだろう。が、中には明らかに「近藤さんファン」とお見受けする方々も・・・(観察していると何となくわかるんですね)。

定刻より数分前にステージに登場した蜷川さん。「なんだか会場がし〜んとしてしまったので、出てきてしまいました・・・」
そして、この対談シリーズのタイトルになっている「千の目(まなざし)」について語られた。
「昔、かなり過激な演出をしていた若い頃のある日、映画を見ようと、とある映画館に入った。すると1人の若い男性が『蜷川さん、ぜひお話したいのですが、外に出てくれませんか』と執拗に言ってきた。仕方ないので一緒に外へ出て、喫茶店に入った。するとその男性はテーブルの下でいきなり、ジャックナイフを突きつけてきてこう言った。『蜷川さん、あなたは「希望」を表現していると思いますか』『いいえ、そうは思いません』『そうですか、よかった。もしそうであったら、僕はあなたを本当に刺すつもりでした』・・・そこで、初めて思った。劇を見に来て下さるお客様は皆、「眼差し」とともに「ナイフ」も隠し持っている、それを忘れてはいけない、と」
(詳細は違っているかもしれませんが、大体はこのようなお話でした)

な〜るほど。ステージとお客さんの間には、いつも「切るか、切られるか」のような切迫した命がけの真剣勝負がある。この前ここにも引用した近藤さんの言葉「見に来てくれたお客さんが、明日会社を辞めてしまうような、そんなステージにしたい」にも通じるところがある。

ほどなく近藤さんが登場。Tシャツにオレンジのパーカというラフなスタイルに深めのハンチングをかぶり、リラックスした軽やかな足どりだ。やはり午後のお芝居を見ていらしたそうだが、蜷川さんの希望で、二人は終演後対談までの間に、敢えて会わなかったという。ある程度の偶然性が欲しかったらしい。
二人は世間話のように話し始め、近藤さんのお仕事ぶりの紹介として、コンドルズの昨年のステージのビデオ、それに続いて蜷川さんの作品である映像(ジャニーズの二宮くんと松浦あややが出演)が流された。
ホスト役の蜷川さんは殆どずっとしゃべりっぱなしで、時おり自虐的な事をおっしゃって会場を湧かせていた。結局1時間強、お二人の雑談のような感じで終始。それはそれで楽しかったのだが、本当はもっとお二人の仕事における信念や、実際の方法論や、舞台裏なんかを聴けたら良かったなと思ったのも事実。以下、印象に残ったこと。

お二人の共通点
映画好き、バイク好き、そして

「作品において『即興』はあまりしない」
近藤さん「その才能を多く持っている人はいいんです。でも、自分を含めて、そうでない人の場合、即興が多くを占める作品にしてしまうと、結局はあまりいいものは生まれてこないから」
蜷川さん「才能のある役者には安心して任せられるんです。例えば、大竹しのぶ。でもそういう人は滅多にいません」

そして・・・「人の作品を見ない」
近藤さん「よく他の方のダンス公演にご招待いただくんですけれど、なかなか行けないし、行かないんですよね〜」
蜷川さん「僕は他人の作品は見たくないね。そんなの見るんだったら、映画を見る」
ふ〜ん。いつ頃からだったろう、私も人の演奏会に殆ど行かなくなった。学生の頃は、古楽だろうが現代音楽だろうが、オペラだろうが、ありとあらゆる音楽会に出かけたものだ。その頃「特に自分の専門の楽器の演奏会は聴く気がしない」という同業者の話を聴くたびに、何故なんだろうと不思議で仕方がなかったが、今は自分がそうなってしまっている。別に蜷川氏のように「そんなもの聴きたくない」ということではないのだが、昔に比べてそういうモチベーションが落ちてしまっているんだろう。それともう1つ、ある程度の年齢になると、自分のしている仕事にある程度の型が出来て、それで少し安心してしまうということもある。その「型のようなもの」は、社会的にだんだん要求されてくる教育という仕事の面においても、また演奏家としての自信、確信にも繋がるから、必要なものでもあるが、一歩間違えると「独りよがりの時代遅れ」になる危険もある。時には反省しなくてはいけないな。

もうひとつ、近藤さんのお話で面白かったこと。
移動には殆どいつも車を使うという蜷川さんに対し、近藤さん「僕も電車は使いませんね。本来電車に乗るのは大好きなんです。もちろん満員電車が好きな人はいないと思うけど、ちょうどいい塩梅の人数、例えば10人くらいでも、僕はどうしても一人一人を観察しちゃうんですね(笑)。あんまりにも面白いから、その人の仕草とか、表情とか、雰囲気とか、隅々までじ〜っと見ちゃう訳です。そうすると、結局仕事に行くまでに既に疲れちゃう(会場爆笑)。だから僕はいつもバイクなんです。バイクっていろんなことがちょうどいい。人の会話も半分聴こえそうで聴こえないうちに、自分が通り過ぎる。あ、可愛い女(こ)がいるなあ、と思っても、思ったとたんにふゎ〜っと通り過ぎて、一瞬のいい思い出、みたいになるんですね(笑)。それがまたいい。」

近藤さん、私も電車に乗ると見ちゃうんですよ、人のこと。どこに住んでて、どんな仕事してて、どんな家族がいて、過去どんな人生を送ってきて、今からどこに行くところなんだろう・・・なんてね。だから本を読んでいても全然進まない(笑)。
私ももしかして、バイクに乗り換えたほうがいいのかもしれない・・・・(怖)。
[PR]
by saskia1217 | 2006-02-09 20:47 | コンドルズ | Comments(2)

始動・・・その理由

e0081334_272223.jpg

学校勤めはしていても、基本的に自営業(?)のせいか、「始動」という点ではいつも遅れをとっている。
つまり、休み明けに世の中が動き出しているのに、自分だけまだ休み(気分)ということが多い。これはちょっと良さそうに思えるのだが、実は、始動が遅れれば遅れるほど、その立ちあがりが悪くなってくるので、「きちんと働き活動する日常生活」に戻るリハビリが、もっともっと必要になってくるのだ。

我ながら本当に怠け者である。
できれば一日中、家でぼ〜っと本でも読んでいたい。
しかし、世の中は昨日あたりからすっかり動いている。

ということで、お正月何もしていないのに何故か疲れ気味の身体に鞭打って、朝早めに起き、教会までオルガンの練習にいった。
いざ練習を始めてみたら、今月末に迫る本番のプログラム(近日中にアップします!)の準備に焦ったりして、結局飲まず食わずで5時間半弾き続けてしまった。
ところが私、寒いところで楽器の練習をすると、どこかが硬直するらしく、必ず後で肩や腰に痛みが襲ってくる。いつも後の祭りだ。どうも「やる」か「やらない」というスイッチしかないらしい。我ながらいつも困っている。もっとコンスタントに着々とやる習慣をつけよう。
・・・と今年の抱負を思ってみたりする。

今日、ちょっとがんばってしまったのには、じつは理由がある。
お正月の2日深夜、教育テレビの「劇場中継」で、私が心底共感するダンスカンパニーコンドルズの昨年の渋谷公会堂ライブ(チケットが4分で売り切れたという伝説あり)の再放送があったのだ。
で、録画したのを昨夜見てしまったのである。

や〜〜〜〜、こりゃほんとにもう、なんというか、あ〜〜〜〜・・・・!!!

言葉にできないのである。
以前ここに、このグループの主催者である近藤良平さんのソロ公演の話を書いたことがあるが、あの感動の原点ともいえるものが、パワー100倍になって再び襲ってきた感じ。
といっても、こういう気持ちって、誰でもいい、誰かに伝えたい、誰かに共感してほしい、などと思っても、実際それを体験してもらわない限り伝わらないし、もちろんその人が共感するかどうかなんて全くわからないし、そんなこと一人一人いろいろだろうし、いくらこんなところですごいすごいと騒いでいても、それは所詮独りよがりというもんだ。
(ブログというのは、基本的にそういうもので出来ているのだから仕方ないけれど、客観的に見ると「なんだかな〜」といつも思うのだ)
ま、私にとっては一生に3〜4個あるかないかの大きな出会い、ってことはわかってもらえると思う。

で、私が彼(彼ら)を知るきっかけになった番組「情熱大陸」で、近藤さんはこう話していた。
「自分たちの公演を見て『楽しかった』『面白かった』『すごい』だけなら、あまり意味がない。見てくれた人が、次の日に会社を辞めてしまうような、そんなインパクトのあるステージにしたいと思う」
は〜、でも、そういうステージだと、私は思いますよ。
いろんな嫌なこと、ずっと自分の腰が重かったこと、目的意識が薄れてしまうこと、自分でどうやってもモチベーションが高まらない、一体自分は何をやっているんだろう、自分は何をしていきたいんだろう・・・そんな気持ちから、両手のひらにすくわれて一気に暖かくて速い空気の流れに乗せてもらったような、そんな「優しいけど、厳しい平手打ち」。

そうだ!
私はやっぱり、何か「創りたい」って思っていたんだっけ。

・・・ということで、私、遅ればせながら、やっと始動いたしました!

(あたまの写真は、コンドルズHPからお借りしました)
[PR]
by saskia1217 | 2006-01-06 02:09 | コンドルズ | Comments(2)

「誓いの休暇」

・・・という舞台を見に、三軒茶屋のシアタートラムに出かけた。
今や大人気の近藤良平さんのダンスのステージ。

とはいっても、小劇場に出かけるのも、近藤さんのステージを見るのも、ましてやクラシックバレエ以外の「舞踊」を見にいくのも、今日が生まれて初めて。
もちろん、そんなに有名な近藤さんのお名前すら存じあげなかった。
・・・・・2ヶ月前、時々見ているTBS「情熱大陸」でまったく偶然に、近藤さんと彼の率いるダンスカンパニー「コンドルズ」のドキュメントを見たのが、事の始まり。
最初何か他のことをしながら見ていたのだが、そのうちに吸い込まれるように見入ってしまい、10分もするとなんだかわからない素敵な気持ちに取り憑かれ、

「この人のステージ、ぜったい見る」

と勝手に決心していた。

もちろん番組では彼の踊りそのものや、練習風景とか、ご家族と一緒のプライベートタイムとか、プロジェクトが創られていく様などがとりどりに紹介されていたのだが、一番面白かったのはインタビュー。どんな会話だったのか実はよく覚えていないのだが、「ダンスはあなたにとって何ですか」というようなレポーターの質問に、近藤さんはものすごくオモシロイ表現と言葉で、実に楽しそうに「ダンス」を語っていた。にもかかわらず、その答えにリポーターは「?」「ん〜、よくわかんないですけど」という反応だったのだが、それを聞いていた私にはじつにわかりやすい、共感できるもので「うわぁ〜、それそれ!!」と、自分勝手にウキウキしてしまったのだった。
で、番組が終わらないうちにネット検索してみたら、「コンドルズ」の公演はその放映当日が最終公演終了日。残念! で、これもあまり頻繁にはないという、近藤さんのソロ公演をすぐその場で申し込んだ。

三軒茶屋なんて高校時代以来だ。世田谷線の駅に隣接した劇場付近は、何となくアートの匂いがあって素敵。
実はこのソロ公演(5回公演)、あの番組終了直後すぐに売り切れたらしい。知っている人は知っている、そうでなくても「オモシロそう」という私みたいなのが殺到したのだろう。「コンドルズ」の渋谷公会堂の公演など、4分で売り切れたこともあるという。今日も当日券で立ち見が出た。私の席は一番後ろの端から2番目。もしかしたらほんとにギリギリだったのかも。

パンフレットやチラシは各座席の上に置かれており、入り口でばさばさしないのもいい。コンサートと違って、開演前にうっすらと音楽が流れ、ステージには摩訶不思議なオブジェが照明を浴びている。いいなあ、こういうの。わくわくするよね。

1時間30分、休憩なしのソロ。ステージにのってるほうは大変だろうな〜、と思いつつも、やっぱり楽しかったな〜。満員のお客さんは、マチネーのせいもあるだろうが、実にいろんな年代、いろんな服装、家族やカップル、独りで来る人、ほんとにバラバラ。開演前は、空気が妙に張りつめることもなく、席が埋まるにつれて、やわらかで静かな期待感が広がる。何だかとっても、らく〜な感じ。

「普通に来て、普通に楽しんで、普通に帰る」
いいなあ、こういうエンターテイメント。

そう、「ダンス」を観に行く、と思っていくと、ちょっと違うかも。感覚としては「お笑い」とか「落語」を観に行く感じでいくと、とっても近いかな。踊りのステージというと、音楽以外は何も聴こえてこないのかと思ったけど、近藤さんはまずのっけからピアノを弾き、そのうちハーモニカ、ギター(これはスタッフも裏で共演していた部分も?)、アコーディオン、トイピアノ、とどんどん弾きまくり、歌も歌うし、ちょっとした吐息のようなセリフも吐く。バナナも食べるし、客席とキャッチボールまで・・・!!
がっちり振り付けされているであろう(でも即興に見えるような)ダンスに集中する場面、パントマイムのような時間、お笑い芸人のネタのような一幕、そしてひとり芝居・・・の総合ステージと言ったら、想像してもらえると思う。

真剣「なのに」オモシロい、オモシロい「のに」真剣・・・・
このステージを創るのに、きっといろんなプロセスがあって、この1時間半のうちの一瞬一瞬も
、アーティストは超真剣なのだが、それがちっとも「創った感じ」がせずに、ましてや「何かの意味を表現している」のでも「押し付ける」のでもなく、かといってピリリとした瞬間がいくつもあって、そのバランスがほどよく、すごいなあと思った。

「いいものには、人は必ず集まる」
こういうのを見ると、明日にでもコンサートしたくなるんですねぇ、私。
もう随分、純粋に自分の企画だけの演奏会をしていないけど、この気分が薄れないうちに重い腰を上げるとするか!

近藤良平さんのブログ
http://www.kondosan.com/

コンドルズのHP
http://www.condors.jp/

オマケ
会場でもらったチラシの山は舞踊、それに演劇関係ばかり。珍しくて、帰宅してから1枚1枚じっくり鑑賞。どれも美しくて面白い。そして似たようなものがあまりなく、みんな色々だ。ふだん見慣れている音楽会のチラシはどれも似たようなものが多くて、実はいつもあんまりじっくり見る気もしなかった。
もちろん「それらしい」ってことも大事だけど、それよりもっと「素敵!」ってほうが大事なんじゃあない??
[PR]
by saskia1217 | 2005-11-13 00:53 | コンドルズ | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217