2017年 07月 04日 ( 1 )

あの人の字

e0081334_19245359.jpg
e0081334_19250132.jpg
e0081334_19250794.jpg
「あの人、こんな字!〜歴史上の人物たち・日本篇〜」
マゴマゴしてるとまた会期逃しちゃうので(笑)開幕早々観てきた。

書道博物館久しぶり!
いつ来てもシーンと貸切状態、またはひっそりじっくりゆっくり観る人がポツリポツリ…なのがこの博物館の素敵なところ、大好きな場所💕
(ま、最初に知ったのはエレカシ宮本さんのラジオでのトーク「なんかねー中国のよくわかんないすごい硯とかいっぱいあるんですよー」だったわけだが😅)
e0081334_19251332.jpg
お目当ては空海、逸勢、嵯峨天皇のお三方、あと大好きな東風…だったのだけど
意外なものに出会えたり惹かれたり。

最近知った江戸時代の僧・慈雲の作品をはからずもみつけて、その「カッスカス」の掠れ具合に自然体を感じたり(「動揺揚古路(日常生活に真実を発見する)」はその柔軟で大らかな教えを彷彿とさせる)
藁の茎を束ねた「みご筆」というものを愛用していたそうで、そうか、昔から筆って毛ばかりじゃなかったのね😉

「貸してある鷹を返してくれ」という用件のみ簡潔な書きっぷりが気短かさも感じさせる信長、対照的に、墨が少なくなってもバサバサせず落ち着いた品の良さで字をまとめる伊達政宗…
主君浅野内匠頭が松の廊下で吉良上野介を切りつけた事件を、大石内蔵助宛てに緊急に文に認めた赤穂藩士の書は、美しい書体ながら段々と行間が乱れてくるのに鬼気迫るものがある。

すっっっごく僭越ながら私の字にちょっと似てる!…というか傾向がね、理想のような?とびっくりした細井広沢(こうたく)の書。

あたたかい句とともにやさしい絵もかかれ、署名の横に小さく「画も」と書き添えられたのが可愛い小林一茶の作品。

小野道風の「秋萩帖」はウットリ何度も観に戻る。
ほんと、やっぱり大好きだぁ😍
いつまででも見ていられる…

空海さんのは、あの益田池完成の際の碑銘の模本の法帖。あのフシギな書体。見れば見るほどオモシロイ。
ほかに伝とされる「隅寺心経」は緻密でかっちりと揃った文字が少し意外。
その空海さんの流れをくむ大師流を学んだ真言僧・松花堂昭乗の書は良かったなぁ。

でも今日一番感銘を受けたのは、最澄さんの「空海請来目録」
空海が唐から持ち帰った品の目録で、オリジナルは東寺にある。
スッキリと端正で緻密で、連綿ないのに流れていて動いていて。
ただの品物の羅列のはずなのに、何かを訴える書状のような血の通った叙情さえも感じる。
なんだろう、空海への眼差しだろうか。
細かくみていると、恵果や空海の名も目に入る。「海」の字のサンズイが「水」の形で「毎」の下に書かれていたのがおもしろかった。

石碑や刻石、墓誌や仏像、また青銅器や甲骨文、硯などがある本館の常設展は今まで何度か観てきて同じ展示なのだけど、仏像や鰐口、磬、香炉、瓦経などは今みると一段と面白く興味深く楽しめた。
仏像のところに貼ってある「触っても御利益はありません」「触らないの、観るの!」て注意書きがいつも笑っちゃう。
つい撫でちゃうんだね、人間(笑)
e0081334_19252474.jpg
しかし。
昔の人はほんとみんな素晴らしい字を書かれるのだなぁ。
お坊さん、文人はじめ、総理大臣、政治家も!
突然訪ねた相手が留守で、後日「お目にかかれず残念、奥様にお会いし用件言付けました…云々」などというちょっとした日常の計らいや、正岡子規が大親友中村不折の結婚の際に「すこしばかりかつおぶしを」と贈った添え状…
今ならまず手紙は書かないであろうシーン、会いたい時にすぐ会えなかったり、用事が伝わらなかったり、すこしばかりタイムラグのある時間の流れ方を思うとき、時間がかかっている間に自分の気持ちが整ったり、相手のことをおもったりできたんじゃないかなー
e0081334_19254827.jpg

なーんて思ったりして、ゆーっくり帰路についたら、なんと早速電車が事故で運転中止。
にやにやしながら、歩いたり別の線に乗ったり…結果、根岸薬師寺の名残にぶち当たったり、思いがけないランチにありついたり、朝顔市に行き当たったり。
日々冒険、すべてはお引き合わせ、ご縁だね。
e0081334_19261020.jpg
e0081334_19244667.jpg
e0081334_19431353.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2017-07-04 19:44 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217