2017年 06月 28日 ( 7 )

さくひんてん

e0081334_19372128.jpg

石とか枝とか〇〇とか××とか…
何で書いたの〜?
って会話で埋まる神楽坂パレアナ

何で書いても
いつ見ても
どこで見ても
誰が見ても…
どんな気持ちで観ても
有吾さん

わたしはスプーンで書きました
ひさしぶりの神楽坂
いろんな想い
やっぱりうれしくてなつかしい
e0081334_19372193.jpg

e0081334_19372244.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:34 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

たとえばなし

法華経に「放蕩息子」の譬え話があってビックリ!
信解品第四の「長者窮子」。
結末と、話の言わんとしてることは違うんだけど。
父=仏、子=仏子、財産=法華経
だから、一部は微妙に似てるとも言える。
一時は聖書と法華経、出典が同じなのでは?という研究もされたらしい。
面白いね〜

しかーし!
臨済、天台の坐禅は座布団轢くから、痛くなくていいなぁ(笑)
…って、天台宗でも坐禅するって知らなかった!
正しくは「止観」ていうそうだけど。

だけど坐禅会って、何故どこもかしこも警策が弱いんだろう…(除く・永平寺)
いつも行ってるお寺では、警策も直堂からは授けないことにしているそうで、残念至極。
(一般人相手だと、今日日、いろんな問題になるのを避けたり、なかなか気遣いがタイヘンらしい)
でもそれじゃ意味ないよね。
自己申告だけじゃ、わからないことあるから。
専門道場がそんなんでどーする!
って思うわ、ほんと。


いやいや
とか言ってるうちは
ダメダメなのです
自分だよ、自分!
[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:32 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

宗派

e0081334_19321674.jpg

そう
はからずも今まさに
まさに全部が
こういう感じなのだが

金剛峯寺御用達を
これでいただいて大丈夫かどうかは…

わからない
e0081334_19321766.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:29 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

あかりつかい

e0081334_19292818.jpg

ちょっと前の話。
渋谷にて舞台照明のWS!
予てからずっとやりたかったがなかなか日程合わなかったのが、ようやく希望叶って。

いつもコンドルズの舞台でため息出るアカリを作ってらっしゃる坂本明浩さんが先生。
先生なのに、「あーしたいこーしたい」というワガママいっぱいの受講生の文字通り手足となって、灯体動かしたり配線変えたり、汗だくで走り回って…
途中で気づいた
「坂本さんを『使ってる』なんて!(笑)」

「ゴボ」という、あかりに挟んで模様を出す金属製の板を全員が自作しました。
カッターやら千枚通しやらトンカチやら、不器用な私には禁断の道具ばかり…
数分でネタを完成させ、早速ライトに仕込んで映していただいて感激!
でもこれってモノより「映し方」なんだなーたぶん(笑)
キッチリした形だけじゃなくて、擦れたり微かだったりした切り方も、あかりになると味があって綺麗なんだなー
…でもゴボって何語なんだろ
e0081334_19292923.jpg

ど素人には基本的用語さえわからないシーンもありつつ
最後のコーナーは5〜6人ずつのグループに分かれ、役者さん2人による3分半ほどの作品に、20分くらいの相談で照明プランを考えて完成させる、っていう初心者にはちょっぴり無謀なスパルタ(笑)
同じ班には照明経験者の若者が3人もいて、なーんとなくのイメージしか言えない私なんかの意見をどんどん具体化してくれて心強かったです
e0081334_19293074.jpg

いろーんなことが面白かったけど。
「(ライトが)8台でも600台でも一緒」っていう坂本さんの言葉。
パイプオルガンと全く一緒だー、って!
ストップが4つしかない楽器も40ある楽器も、
コンビネーションの基礎や重ね方のセンス
オンオフ(キューとアウト)のタイミング
一つ一つの音色(ライト、色、ネタ)を丁寧に扱うこと…
一緒だよなー!
たくさん入れればいいってもんじゃない(と、最初はよく言われたなー…チェンバリストの性)
量もキューづくりも「やりすぎない」

あ、あとね
一番心に残ったシーンがサビ(ピーク)
ってコトも!
作曲とか、通奏低音の右手作りとか、そうだもん!(笑)

ふだん坂本さんがプロとしてどんなに緻密に、そして敢然とあかりづくりに臨んでらっしゃるのか、お話は伺ってはいたけど、今日はそれをもっと実感できたかなぁ。
e0081334_19293174.jpg

いやー、タイヘンなんだなー、照明家って。
ありがたいし、すばらしいし。
劇場では今度はもっと細かいとこが気になりそうで楽しみ!
機会があればまたやってみたいな、できればもっとユックリで(笑)
e0081334_19293128.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

お返し御礼行脚

e0081334_19240966.jpg

お守り御礼行脚シリーズ。
こんにゃく閻魔さんの源覚寺、久しぶりで来た。
閻魔様に会ってから、本堂のご本尊にご挨拶。
録音のお経が流れてて…
あ、木魚後打ち!
ここが浄土宗のお寺だったことにいまさら気づく

塩地蔵、いつ来ても凄い。
江戸時代も今も、人間の生への願いの強烈さを感じる。
e0081334_19240925.jpg

e0081334_19241047.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:20 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

ビール

e0081334_19204188.jpg

春の緑のビールに続いて、お友達の安田有吾さんが字を書いています。
夏のビール。
谷川俊太郎さんの書き下ろしの詩。
ブルーが綺麗。

呑んだよ。
んー、ちょい苦め、ラガーっぽいのってやっぱり日本の夏のビールの宿命なの?
個人的には春のほうが香り馥郁、好みかな。
美味しかったけど。
缶は素敵よ。

でもって車内
あの…松潤のファンていうわけじゃあないんです
違うんです、違うんです
そうじゃなくて…
あの〜
なんかスミマセン…笑

詩を繰り返し読んでみる
上書き…
出来ないときも
あるよね…
e0081334_19204368.jpg

e0081334_19204396.jpg



[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:15 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

コールさん

懐かしい方がまた一人逝かれた。
元・ドイツ首相のヘルムート・コールさん。

CSU/CDUバリバリのバイエルンの街に住んでた時、広場に遊説にきたコールさんの演説をよく聞きに行ったな。
日本みたいにコロコロ首相が変わらないから、私のドイツ時代はほぼ全てコールさん時代。
最後シュレーダーさんに変わったとき、フレッシュに感じつつもやはりちょっぴりさみしかった。

今でも印象に残る場面。
失業率がひどく落ち込んだ時代、街頭演説で
「オイ!そこの洋梨(Birne)野郎!オレたちに仕事くれよ!このヤロー!」
とヤジる人たちを指し毅然と
「そこで叫んでる若者たちにも仕事を…」と、筋道立てて政策説明し、サラリとねじ伏せる姿には長く首相を務めた熟練政治家の威厳があった。
働く外国人という個人的な立場からは「失業率改善のため外国人を半分にする」政策の保守派コールさんには、まぁ微妙な気持ちではあったけど。
でもやっぱり懐かしい。

「ありがとう、ヘルムート・コール、もう十分だ」
政権交代するときのSPDのスローガンは、今となってはコールさんへの感謝とお別れの言葉に。
尊敬と親愛の念がこもった後継者シュレーダー氏の追悼コメントにも温かさがこもっていた。

合掌。
[PR]
by saskia1217 | 2017-06-28 19:07 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217