2017年 06月 06日 ( 2 )

しあわせ


e0081334_20191949.jpg
学びって大切。
「勉強」とはまた違うもの。
それが、生きていくことや日々の全てを支えるものであるなら尚更。
知りたいことを知ることができたり、疑問に答えが与えられたり、驚いたり、共感したり、感動したり。
それはもう最高の幸せで、心が温かく満たされて、揺るがなくなる。
心がすわる。

そして何よりも。
それを頂けるご縁と教えてくださる方に、ただただ感謝しかない。
ありがたい。
ありがたくてじーんとなる。

なんだけど。
頂けるありがたさはもちろんだけど、
それが自分から先はどうなっているかなんて、
今まで考えたこともなかったな…
ちょっと吃驚だった。
e0081334_20192522.jpg




[PR]
by saskia1217 | 2017-06-06 20:02 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
さてさて、大きな神宮2つを含めてもう4つの神社を見て回った。
16時すぎ、そろそろ陽の色にオレンジ色が混ざって来ていた。
疲れてはいないが、車移動とはいえ、もうずいぶん歩いた気がする。

当初の計画では、この日は「鹿島神宮に行く」ことだけだった。
それが張り切って朝一から出かけてきたおかげで、「東国三社」のうち2つも行けた。
慌てて回らなくても神社は逃げないし、何かひとつ残しておいたほうがご縁が繋がっていいかな〜なんて呑気に思っていたのだが(以前の私なら躍起となって「ぜったい3つ回る」と言い出していただろうが)
三社のうちのあとひとつ「息栖神社」を友人がナビ検索すると・・・意外と近そうだ。
もちろん、ここまで来て一つ残すっていうのも・・と思っていたので、勢いでとりあえず行ってみることにした。

鹿島から走る事20分。
こんもりとした森の一角が見えて来る。
ぐるっとまわって案内板通りにいくと駐車場と鳥居が見えた。
車を降りると時間も時間だからか、辺り一面静寂・・・
神社から出て来た人がひとり、車で去っていく。
ほう、これが息栖。
こじんまり(それでも普通の神社にくらべたら大きい)した鳥居と、まっすぐ奥に紅い拝殿が見える。
拝殿までの参道はそう長くない。
いよいよ夕暮れになってひっそりと誰もいなくなった境内。
鳥居をくぐったあたりから、なんだかものすごくいい香りがする。
なんだ?どこだ?
モッコク?のような木の白い花の香りだった。
まだ17時前だったが社務所も、そして拝殿正面もすでに閉められていて中は伺えなかったのは残念だったが、それでもお参りできてよかった。

御祭神は岐神(くなどのかみ)、香取鹿島の両神とともに国譲りの舞台で活躍した。
そして、その神々の乗り物だった天鳥船(あめのとりふね)も一緒に祀られている。
ほかに住吉三神が相殿。
いずれも「旅」「航海」「交通」守護の感じがプンプンするね。
そうこうするうちにも、地元の方らしき人々がポツリポツリとお参りにいらっしゃっては、さっと帰って行かれる。一日を終えてのご挨拶だろうか。
いかにもそこに住んでいる人たちの神社、という感じがよかった。
e0081334_01100356.jpg
e0081334_01102124.jpg
拝殿を背に戻る。
摂社のお稲荷さんに寄り、鳥居のところまで戻って来たら、この先水路のほうにご神体の井戸があるという。
折しも、日没の薄明かりに包まれた水面と空が、クリーム色に輝いている。
これは行くしかない。

そこはなんとも神秘的な場所だった。
鳥居が三つ、中央が大きく両脇のは小さい。これこそが息栖神社の一の鳥居。
そこから水路が川(常陸利根川)のほうに延び、水門がついている。
e0081334_01110033.jpg
e0081334_01104406.jpg
e0081334_01105335.jpg
説明書きを読むと、向かって左が男瓶、右が女瓶で、井戸の形も違うらしい。
なにより海水の中に淡水が湧いているという不思議。
伝説では、息栖神社が他の場所から移って来たとき、このふたつの井戸も寂しがってついて来たという。
除いて見えたらラッキーとか、いろいろ謂れはあるらしい。
地元の方がそのすぐ先の方でノンビリと釣り糸を垂らしていた。
ちゃぷちゃぷいう静かな水音以外、何も聞こえない。
静寂。

あとから考えたら、この静かな時間にこの一番小さな神社を訪れることが出来て良かったな。
大きな神宮を2つも見た後だったから、余計しんみりして心に沁み入った。

千葉と茨城を股にかけて、あわせて5つの神社を巡ったこの日。
大きなお社、雄大な森と戦いの神たち。
地元に大切に守られてきた、歴史の長い知られざる旧社たち。
ひっそりと佇む船の神様と不思議な井戸。
とても楽しかった。
この日スルーせざるを得なかった神社、お寺たちも、いつかまた来てみたい。
(あ、あと営業時間過ぎてしまって見られなかった「麹」のステーションも!)

車を出してくれたお友達にただただ感謝!


[PR]
by saskia1217 | 2017-06-06 01:40 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217