今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

2017年 04月 17日 ( 3 )

禅に浸る(つづき)

(つづき)
見たことあったけど名前がわからなかったもののいくつかが判明したり(笑)。
e0081334_06433882.jpg

e0081334_06433899.jpg

e0081334_06433938.jpg

e0081334_06434013.jpg

パソコンコーナーでゆっくり映像をみた後「正法眼蔵」自筆を見る。
小筆で書かれたその文字は、柔らかくしなやかで、道元禅師の厳しくて固いイメージ(!)と少し違う印象。
まだまだとま口までしか読んでないあの膨大な書物を、またどんどん読み進んでいきたい気持ちになるし、小筆の稽古もしたくなる(笑)。
e0081334_06354476.jpg

e0081334_06354525.jpg

e0081334_06354527.jpg

使われている紙も相当繊細で凝ったものらしく、道元禅師の気構えが伺えるとのこと。
永平寺の資料館でオリジナルをみた「普勧坐禅儀」の複製も。
e0081334_06354615.jpg

スペースはこじんまりしているけれど、2時間みてもまだまだ細かく見たくなる、ものすごく充実した博物館でした。
またイベントやレクチャーなんかに来てみたいな。
楽しい時間、満喫できて感謝でした!
e0081334_06434012.jpg

e0081334_06434124.jpg

e0081334_06434100.jpg

e0081334_06434217.jpg


e0081334_06434364.jpg





[PR]
by saskia1217 | 2017-04-17 06:26 | Comments(0)

禅に浸る

以前からずっと行きたかった駒澤大学禅文化歴史博物館。
ちょうど今読んでいる道元禅師「正法眼蔵」の自筆の一部が展示されているというし、楽しみに訪ねた。
折しも入学式シーズンで、桜満開のキャンパスにはサークル勧誘の人のアーチができていて、そういう絵に描いたような「キャンパスライフ」には縁のなかった弱小芸術系出身の私は、歳に似合わずドギマギしながらその華やかな人いきれを通り過ぎ、やっとのことで博物館に辿り着いた。

現在改築中でホロをかぶっているが、ライト風のノスタルジックな建物は入口も素敵。
e0081334_06254902.jpg

e0081334_06255025.jpg

中に入ると、ヒンヤリとした空気に誰もいない静けさ。
外の賑やかさから一気に別世界。
折しも花祭り前で、正面には花御堂。
お参りして熱い甘茶もいただく。
e0081334_06255129.jpg

1階は、天井の八角形の明かりとりの下、広いスペースにたくさんの展示。
最初に目を引くのが右手に鎮座している一仏両祖の須弥壇。
e0081334_06255103.jpg

e0081334_06255277.jpg

e0081334_06255238.jpg

おみくじが置いてあったり!

面白かったのが、曹洞宗で使う鳴り物コーナー。
e0081334_06255385.jpg

葬儀でよくみる鼓(こ)とか鐃鈸(にょうはつ)なんか、間近でなかなか見ることないし、手にとって鳴らして見ることができて楽しい。
目覚ましの振鈴で鳴らす鐘はやっぱりかなりの音量で、誰もいなかったからよかったけどなかなか吃驚。
柝(たく)は食事前の偈文を思い出して懐かしかったり。

ほかにもコーナーごとに、仏教の歴史、お釈迦様の生涯、雲水さんの生活や単、行鉢についてなどわかりやすく展示されていた。
さすがに、両祖の紹介や、曹洞宗の歴史と教勢の時代別の移り変わり、同じ禅宗である臨済宗や黄檗宗との関連などは詳細で面白かった。
すべて「道」とつくものはまず禅と関係があるときくけれど、それらの紹介も興味深かった。
(つづく)
e0081334_06255373.jpg

e0081334_06255495.jpg





[PR]
by saskia1217 | 2017-04-17 05:17 | Comments(0)

写真展

e0081334_05094702.jpg

2008年5月3日、渋谷公会堂(当時はCCレモンホール)。
気になって気になって、1週間前にmixi(懐かしい!)で譲っていただいたチケットで聴いたエレファントカシマシ。
あれから何年かはたしかに、すべての中心にエレカシがいた気がする。

だいすきなバンド、そして宮本さんというミュージシャンの魅力。
バンドも宮本さんもいろいろあって
世の中もわたしもいろいろあって、今。
やっぱり、ありがとうと、だいすきと、よろしくねと。

今年は30周年記念で8ヶ月くらいかけて全47都道府県をくまなくまわるエレカシ。
初めていく土地のファンは本当に嬉しいだろうなぁ。
東京ラブの彼らが殆ど東京に居ないのはなんとなく寂しいけど
東京凱旋も楽しみに
さぁ、がんばろうぜ!

先日池袋パルコで開かれた写真展。
平日夕方、ひとりで、また二人連れで、どこかおずおずとたくさんのパネルの間を巡るひそやかなファンの人たち。
コンサート会場で感じるのと同じ、なんだか控えめで、でも真摯な空気が、いかにもエレカシ…って雰囲気でした。
その日数時間後に宮本さんご本人が会場に現れたときも、キャーどころか皆後ずさりしたというから(笑)
e0081334_05094882.jpg

e0081334_05094900.jpg

e0081334_05094937.jpg

e0081334_05095038.jpg

e0081334_05095032.jpg

e0081334_05095187.jpg

e0081334_05095155.jpg

e0081334_05095219.jpg

e0081334_05095335.jpg



[PR]
by saskia1217 | 2017-04-17 04:42 | エレファントカシマシ | Comments(0)