2016年 11月 11日 ( 1 )

杜の都

もうだいぶ前のことなんですが、仙台に行ってきました。
かつての「やまびこ」感覚だと東京から2時間、と思って乗ってたら、大宮の次が仙台って・・・
1時間20分で到着「はやぶさ」速すぎ!

鉄子ではないがついつい撮ってしまう。
そういや「こまち」って昔、車内で「あきたこまち」の焼きおにぎり売ってたけど、今でもあるのかなあ。
お味噌が焦げてて美味しいやつ。
なんか可愛い画。
チュッ❤️
e0081334_19241258.jpg
e0081334_19240360.jpg
仙台はバブルの頃ほんとうによく仕事に行ってたのだけど、最近は殆ど機会がなかったからものすごく久しぶり。
マツコさんが絶賛してた「ずんだ茶寮」のずんだシェイク、仙台行ったらゼッタイ飲もうと思ってたら、新幹線の改札出たすぐ目の前にあって(笑)迷わず直行。なかなか空気冷えてたんだけどね。
イートインもあって、緑を貴重にした綺麗な店内。
美味しかった!
e0081334_19290320.jpg
本番会場は東北大の川内キャンパスにある萩ホール。
仙台城跡なので高台にあって広くてステキ。
そのバブリーな頃のお仕事では、このお隣の宮城県美術館によく来てたっけ。
地下鉄が広瀬川を渡る時が気持ちいいんだ。
日中は東京と同じくらいに感じたけど、朝晩はさすがに寒かった。
紅葉し始め。
e0081334_19341284.jpg
e0081334_19342304.jpg
e0081334_19343566.jpg
e0081334_19345279.jpg
e0081334_19352046.jpg
e0081334_19350148.jpg
e0081334_19351006.jpg
仙台フィルに伺ったのも久しぶり。
今回は指揮者なしの弦アンサンブル。
前半はヴィヴァルディ「2つのヴァイオリンの協奏曲」とピアソラのバンドネオン+弦合奏を数曲。
後半はヴィヴァルディ「四季」とピアソラ「ブエノスアイレスの四季」を季節をバラして交互に、という面白いプログラム。
いつもは前半冒頭で1曲弾いてサヨナラ、なのが今回は全乗り(笑)。
仙台フィスコンマスのお二人(神谷さん、西本さん)のリードも見事で、それぞれの曲に対する熱意も感じられたし、バンドネオンの三浦一馬さんも本当に見事。
みんなで話し合ってリハを築いていくって古楽の人たちには当たり前のプロセスなのだけど、ふつうのオケの人たちにはもしかしたらあんまり得意じゃない場合もあったりするのが、このオケは一人一人が考えて意見を言いながら作り上げる力があるんだなあ、と感心。
じつに気持ちのいいリハ、本番でした。

楽器は仙台在住の製作家、林裕希さんのフレンチ。
あんまり頻繁に弾いていないというお話で、リハ初日に触ったときはまだ生っぽく眠ってましたが、リハでガンガン弾いてるうちに(!)目を覚ましてきたようでした。
e0081334_19461825.jpg
オケの中央にチェンバロを置くことは多いのですが、蓋を全部取らねばならず、つまり楽器としての本来の姿が失われる=響かない、わけで、今回はかすか〜にそうとわからない程度にPAを入れました。
で、後半は赤、黄、緑、紫と場面に応じて照明が変わり、ステージ後方からの光をまともに受ける私の譜面台は数字を読むのが非常に難しかったのですが(苦笑)、ソロを受け持つパートにピンスポが当たったりするのはそれなりに面白く、ヴィヴァルディ「秋」の2楽章や(あれ・・・まあ「ソロ」ではないんですが)、ラストのピアソラ「夏」の最後の最後にみんなの音が消える頃、ヴィヴァルディ「春」の冒頭を回想のように弾く・・という美味しいおシゴト場面でもその光を浴びて弾きました。
いいね、ピンスポ(笑)。
一度やってみたいのは、ステージ奥からの逆光で自分がシルエット、お客さん目つぶし、ってやつなんだけどね(笑)。
e0081334_19551753.jpg
今回は何処かを訪ねる時間は全く無かったのですが、合間に仙台在住のお知り合いにちょこっと会うことができ、束の間のお食事。
いつも牛タンでも・・と(笑)、今回ははらこめしと油麩を。
e0081334_19460380.jpg
e0081334_19461091.jpg
そして。
まだまだ復興支援!
まだまだ、です。
がんばれ東北、がんばろう日本。
e0081334_19463535.jpg


[PR]
by saskia1217 | 2016-11-11 19:56 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30