今日から

日本独自の感覚「年度」、今日がその始まりであることに、その暦に殆ど関係ない仕事をしている私は毎年全く気づかない。
今日もそうだった。

・・・のだが、仕事に行くとき、JRの駅のホームから喫煙コーナーが綺麗さっぱり無くなっているのを見て、今日がその「区切りの日」だということに気がついた。
タバコの煙はどちらかといえば苦手だが、健康状態が速攻悪化するほどでもないから、同席した人に「いいですか?」と言われて断るほどではない。まわりの友人知人では、ここ数年の間に完全禁煙した人がびっくりするくらい多いけれど、愛煙家も実際まだまだいる。
とはいえ、集団で吸われるホームのあの一角はやはり嫌いだったので、なくなったのは個人的には嬉しい。
でも考えてみたら、嫌煙家のうち、本当に体質的に受け付けられない人は別として、「路上で見ず知らずのおじさんが吸っている」のは許せないけど「好きな人が吐き出した煙なら気にならない」って人も結構いるんじゃないのかなあ(笑)・・・

帰宅して珍しくテレビをつけたら、途端にサン○リーから新発売の焼酎の新CMを見たぞ。
なるほど、これも今日からか。
映画の次はCMタイアップですか、エレカシ。
今月末に出るアルバムにも含まれる「はなうた」・・・で、それが商品名だそうで。
(ん〜・・・「鼻歌」と「花/華歌」とかかってる??)
田辺誠一さんと大塚寧々さんご夫妻が、これでもかとピンク色に咲き誇る木々の下に佇む豪華な画面。
(大塚寧々さんは一番好きな女優さんの1人。このお二人といえばどうしても、映画「ライフ・イズ・ジャーニー」を思い出しますねぇ・・・監督が田辺さんで、大塚さんが出演されたショートストーリーの相手役がラーメンズの小林賢太郎さんでした)
ところでテレビCMの15秒ヴァージョンでは、一体どんな曲なんだかさっぱりわからない感じですが、サン○リーのサイトこちらでは、60秒ヴァージョンでほぼフルで聴けるようですね。
アカウントをお持ちの方はこちらでも。

私には・・・・「新しい季節へキミと」や「絆」よりも、この曲のほうが近く感じる。
画面から受ける一種女性的な華やかさと、バックに流れるこの曲のバランスにちょこっと違和感も感じるが、それはとりもなおさず、宮本さんの声が本来持っている力強さや太さが前面に出ている、ということに他ならないのかもしれない。
それにしてもこのところ「今のこの路線はなんなの?」というファンの声が多く聞こえてくることもあって、どうもモヤ〜ンとした気分でいたが、今日本屋さんで読んだ「bridge」のロングインタビューからは、ここ最近のお決まりのお客様風インタビューからは全くわからなかった「なぜ宮本さんが今こうなのか」ということが初めてはっきりわかったような気がした。
そうかあ・・・・
いいとおもいます!(笑)

雷が鳴っている。
外は春の嵐。
いよいよ到来か。
[PR]
by saskia1217 | 2009-04-01 20:17 | エレファントカシマシ | Comments(0)