9つの宝石

・・・という名前のカレー「ナヴラタン・コルマ」を、もうだいぶ昔、インド料理屋さんで食べたことがあった。
最近会話のなかでこの名前を耳にしたら、なんだか急にまた食べたくなってしまった。が、どこで食べたのか思い出せないのだ。たしか赤坂か六本木か・・・その辺りだったか?
レシピを探し当てられれば自分で作るのだが、調べてもヒットしない。
ヒットするのはレトルト商品だけ(笑)。
e0081334_1474352.jpg

で、面倒くさいので、滅多にやらない「お取り寄せ」をした。
まあこういうちょっと珍しいモノの場合、あちこち探しまわるより結局は早くてリーズナブルに済む。
どうせなので、ついでに大好きな「パラク・パニール(ホウレンソウとチーズのカレー)」と、チャパティの素になるアタ粉も一緒に注文。
ホウレンソウのカレーはレシピもすぐ見つかるし、それに入れるチーズ(パニール)も牛乳とレモン汁だけで簡単に作れるんだけどね。

今日は「ナヴラタン・コルマ」をチョイス。
トマト、にんじん、ピーマン、グリーン唐辛子、カリフラワー、玉ねぎ、インゲン、グリーンピースなどの野菜に、パイナップルやレーズンなどの果物、そしてカシューナッツや芥子の実などのナッツ類と、豆類がいっぱい入ったトマトベースのカレー。小さめに切ったパニールもミルクも入ってる。そしてにんにく、しょうが、ターメリック、コリアンダーなどの香辛料。
なにしろ辛いもの好きなので、カレーだって普段はゼッタイ「かなり辛口」ばかり食べるのだが、野菜カレーに限ってはこの甘口が好きだ。(パイナップルとかナッツ類には辛口より甘めのほうが合う気がする)

インド料理屋さんで食べるナンはやっぱりタンドール(石釜)がないと作れないし、インドの家庭でも日常ではチャパティを作るらしい。作り方は簡単。アタ粉は少し褐色の全粒粉で、それに水を入れて耳たぶくらいの柔らかさに捏ね、うすく伸ばして油を使わずにフライパンかオーブンで焼く。1ミリくらいの厚さなので、すぐに焼ける。ちょっと焦げたくらい、少し膨らんできた感じがベスト。焼きたてにはバターを塗っても美味しいけど、カロリーが気になる人はそのまま(笑)。そのままでもすごく美味しいのだ!

捏ねて丸めて・・・
e0081334_1505147.jpg

伸ばして・・・
e0081334_153255.jpg

いただきま〜す!
e0081334_153277.jpg

やっぱりタイカレーにはタイ米だし、インドカレーにはチャパティかナンですなあ。
一度これをやってしまうと、日本の白いご飯では食べられなくなる・・・。
(日本のカレーにはやっぱり白米ですが)
やっぱりいいなあ、アジアごはん。
カレー、ばんざい!

ところで。
今日の「へえ〜」
ガネーシャってシヴァの子供だったんですね・・・
知らなかった。
[PR]
Commented by ざんま at 2009-03-07 02:33 x
ごぶさたしております!
本格的ですね◎
実はナンでカレーを食べたことがないので、今度試してみます*
Commented by saskia1217 at 2009-03-07 17:47 x
ざんまくん
お久しぶりです(笑)。お元気ですか?
ナンとかチャパティはもちもちしてて美味しいですよ〜。
日本のカレーにも合うし、簡単に作れるからオススメです。
粉じゃなくてほぼ出来てるレトルトもあるんじゃないかな。
ぜひお試しください!
(あ、夏頃コンサートしに日吉にまた行きますよ〜)
by saskia1217 | 2009-03-06 02:04 | くいしんぼうメニュー | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31