甘い歴史

e0081334_22163231.jpg

コンビニに寄ると、明治のミルクチョコレートの復刻版が売られていた。
心の底からチョコが好きだが、そうしょっちゅうは買わない。で、買う時はどうしても、ちょっと贅沢をしてもスイスやドイツやベルギーのチョコを買ってしまう。カカオの香りや「これでもか」というしつこいほどの深いチョコ感(?!)においては、日本のチョコはどうしても「薄い」。
・・・実際の「厚み」もね。
でも、最近日本のメーカーのマカダミアナッツの入ったチョコが結構美味しいので、それを買おうかと店に寄ったのだが、その棚の一番上に5〜6種類の「明治ミルクチョコレート」が並んでいた。一番古いのが1926年版。どれもお馴染みのえび茶色だが、文字のデザインがちょっとずつ違う。そしてこの1940年のパッケージだけが赤い。どれを買おうかと迷ったあげく(中身はいずれも現在のレシピと分量なので変わりはないのだが)これを手に取った。

1940年、昭和15年。
翌年には太平洋戦争がはじまる。「贅沢は敵だ」というスローガンが浸透してきた頃だ。
そしてこの2年後、1942年、このチョコレートは時局緊迫のため製造中止となってしまう。
そんなことを思いながら食べるチョコレートは、いつもより甘くて美味しい気がした。

2/1のマンドリン&チェンバロナイト、準備は着々と進んでます。
先日、パーカッションの那須野さんとの2回目のリハを終了。
さらにさらに、見た目も音も面白い、見たこともない不思議な楽器が続々登場!
これを目の当たりにするだけでも、かなり興奮すること間違いなし、ですね。
次回のリハではまたその不思議なモノたちを写真におさめて、ここでお伝えできればと思ってマス。
チケット、絶賛受付中です!
[PR]
Commented by ちゃんぐむ at 2009-01-27 13:42 x
1日はそんなに色んな楽器を使うんですか!とても楽しみです。あと5日ですね。
Commented by saskia1217 at 2009-01-27 20:59 x
そうですね、ドラムセットは使いませんが、そのかわりになかなか珍しい、見た目にも楽しい楽器が勢揃いです。
お楽しみに!
by saskia1217 | 2009-01-25 22:43 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31