e0081334_19435724.jpg

目出たく年は明けたが、7日の本番が終わるまではどうもそんな気分になれない今年のお正月。

あけましておめでとうございます。
1年が過ぎるのが速かったと嘆き始めてから、もう何年経つだろう。
この、誰もが実感しているであろう不思議な感覚。
若い時に時間が永遠のように長く感じられるのは「過ぎて行く時の一分一秒に起こる全ての事象を、何とかつかまえてやろうと、若い神経が身構えていたことの証し」だと、エレカシ宮本さんは自著で書いていた(「東京の空」より)。
「いやいや今でも十分身構えているさ」と思っていても、今となってはもう、あまりに急すぎる日々の勢いに抗い切れず、時には流され、取りこぼしていることも少なくないんだろう。
悔しいけれど、仕方ない。引き返せないのだから、進むしかない。

進むには夢ばかりというわけにもいかないが、夢がなければ進めない。
・・・ところで初夢は見ましたか?
一富士、ニ鷹、三なすび。そんなに都合良く見られるハズはない。
何年か前に茄子が出てくる初夢を見た事があるが、その年に格別いいことがあったかどうかは覚えていない。大体、見た夢を覚えていること自体、あまりないしね。
今年。2日の夜。
録画しておいて楽しみにしていた東京事変のライブ番組を、寝る直前にこってりと見た。寝る前に見た事した事が夢に影響することは私の場合あまりないのだが、この日ばかりは「こってりと」そのまんまだった。
私は東京事変のメンバーと一緒にライブをしていたのである・・・(笑)。
ううう、恐れおおいったらない。
ちょっと気持ちよかったけど。
(でも、写真家の紀里谷さんが一緒に出てきたのは何故?????)

ちなみに2007年のライブを収録したこの番組、素晴しすぎた。じつは林檎さんソロはずうっと好きだったのだが、「事変」以降の曲をあまり聴いてこなかったのと、秋に行った事変イベントで聴いたときにも正直それほど説得されなかったのとで、なかば半信半疑で見たのだったが。
椎名林檎さんという人は、ホントにいったいどれだけ魅力的なんだろう。詞も曲も歌もMCも容姿もファッションも身のこなしもステージングも・・・実際ステージで拝見した時もそのオーラは半端じゃあなかったですが。見始めると釘付けになっちゃうのだ。男性も女性も惹き付けるその吸引力は計り知れない。
(いかんせん事変イベントの時はPAがスゴすぎてただの大音響しか聴こえず、歌と楽器のバランスも悪くて音楽が全く聴こえなかったんですね。残念だった。)

夢といえば、よく見るのが「横に暴走するエレベーター」の夢。
エレベーターに乗り、気がつくとそれがものすごいスピードで横に、つまり線路の上を走るように爆走しているのだ。いくらボタンを押しまくっても止まる気配はない。怖いことこの上ない。
つい数週間前は、これの国際ヴァージョンを見た(笑)。
私を閉じ込めたまま暴走を続けたエレベーター。速度が緩んだ気配がしたので、力づくでドアをこじ開けると、数センチの隙間から見えたのはロシアの平原に横たわる広大な川・・・。巨大な鉄橋の上らしい。その後無事到着した極寒の駅へ降り立ち、かけずり回って帰る方法を捜す私。どこをどうやってここまで来たかを土地の人に聞くと、イタリア→スイス→スペイン→フランス→ベルギー→オランダ→ドイツ→チェコ→ポーランド→ロシアなんて感じで、ジグザクと移動してきたらしい。すったもんだあった挙げ句、結局なんとかヒッチハイクに成功するところで夢は終わる。
横に暴走する金属の箱・・・・・怖いですよ。

2日の午後、電車の窓から見事な影富士を見た。私が生まれたその町の名前には「富士」が付いている。そう、本来町のあちこちから富士山が綺麗に見えたのだ。夢には出て来なくても、お正月に富士山が見られるのはやっぱり心が弾む。空のかなたに小さいその姿を見るだけでも神聖でありがたい気持ちになる。いいお年玉だった。

そして箱根駅伝。初優勝した若者たちの、あの輝いた笑顔。あたかも絵に描いたようなその映像のさわやかさは、テレビドラマと違ってあくまでも深く真実だ。

夢を見よう、今年も。
夜も、そして朝も昼も。
[PR]
Commented by at 2009-01-04 22:18 x
あけましておめでとうございます!

わたしの初夢は、M明先生のレッスンでした。しかも、なぜかベートーベンのソナタ(よりにもよって「嘆きの歌」)・・・
Commented by がたまり at 2009-01-04 23:39 x
私は、いつ落ちるか分からないエレベーターに長時間乗る夢を、最近しょっちゅう見ます。
豪華なホテルにあるような、アンティーク調の金色の、鳥かごのような形で、外が見えて明るくて、たくさん花が飾ってあって、本当に夢のように美しい箱なのです。
その中で私は、落ちる時の恐怖(ジェットコースターも飛行機も苦手)を少しでも軽減するために両手をつっぱって、ものすごい速さでどんどん上がって行く、そんな夢です。
前後のシチュエーションはいろいろなのですが、、恐怖と美が混同した不思議な夢。
すみません、ふと思い出したのでずら~っと書いちゃいました・・・。
Commented by saskia1217 at 2009-01-05 00:33
夢も十人十色ですね〜。どっちも結構怖いかも↑(笑)・・・。
どうせエレベーターの夢みるなら、そういう美しいエレベーターがよかった・・・私のはホテルの厨房にある巨大冷蔵庫みたいな無機質の金属製ですよ・・・こわ。「美」のかけらもありません。(でもロシアの川は美しかった・・・)
夢日記つけてる人っているけど、後で読んだら結構面白いだろうな。
私は書き付けるほど頻繁には覚えてないんですが・・・「事変ライブ篇」は結構強烈でございました(笑)。
Commented by ざんまりお at 2009-01-06 04:12 x
秋のライブは実際もうちょっとクオリティ上げられたんじゃないかなって思いました。曲も使い回し的なものばかりでちょっと残念だった記憶があります!
それにしても事変と一緒に演奏できる夢なんてすごいですね!僕もそんな夢がみてみたいです...。先生の担当楽器は何だったんですか?笑
Commented by saskia1217 at 2009-01-06 14:59 x
そうでしたか・・・。私にはあのライブが「初・事変」だったので印象が強かったんですよ。

で、私はキーボード弾きながら図々しくもメインを歌ってました(笑)。林檎さんはどこにいらしたんだろう・・・?!
でもキーボードって・・芸がなさすぎ(苦笑)。夢なんだからせめてかっこよくギター弾いていたかったです。
寝る前にはぜひライブ映像をガッツリ見てみてください。夢がみられるかも!
by saskia1217 | 2009-01-04 19:45 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(5)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30