カウントダウン

このところドラッグストアやスーパーでは、いかにもといった風情で掃除用品がガンガン特売されている。
テレビの天気予報ではアナウンサーのお姉さんがしきりと「今週の週末は、大掃除にはうってつけの晴天です」なんてニコニコと呼びかけている。

しないですよん、大掃除なんて(笑)。

そう、私は毎年、大掃除というものをしない。
一日かけて家全体をすべて掃除するなんてめんどくさいことはまっぴらなのだ。
大掃除のひとつの大きな目的(意味)は、一年の締めくくりにあたって身の回りを綺麗サッパリとさせ、一年の汚れを落すと同時に心もスッキリ、美しい心身で新年を迎える、ことなんだろう。それはよ〜くわかるし、実家に住んでいたときはやっぱり家族総出で大掃除をしていた。

なんだ、じゃあお前は普段完璧に家中をピカピカにしているのか、と問われれば、そうでもないと答えざるを得ない(笑)。が、困らない程度にいつもちょこちょこと掃除はしている。一旦気がついてしまうとその時にやってしまわないと嫌なタイプなので、気がつくと夜中にシンクを磨いていたりする。たぶん大抵の人が年末にしかやらないような「カーテンの洗濯」とか「冷蔵庫の掃除」とか「ガス台や換気扇の油汚れ掃除」なんかもそれに含まれる。だから、意外と家のなかは汚れないのだ。はっはっは。

ここ数年、特に時期的(暦的)なものに「キッチリとしたけじめ」をつけることにそんなに重要性を感じなくなった。それがいいのか悪いのかはわからないが。
そういう「区切り」は人それぞれ違うと思うし、自分の中にはそれなりに折々で「区切り」を感じてはいるから、いいのかもしれない。私の場合、それが必ずしも「大晦日〜元旦」や「始業式」や「誕生日」ではないというだけの話である。

今年は不況のせいで年末年始に外出する人が減っているらしい。
もともと子供の頃からそういう習慣のなかった私は、いわゆるその時期のイベントに参加したことも殆どない。だから「年越しカウントダウン」に参加したこともない。(一度だけあったが、それは主催者の都合上時間を繰り上げたものだったので、リアルタイムではなく結局深夜前には帰宅した。)
そんな私も、じつは今年は出かけていきたい場所がいくつかあったのだ。

本日29日の下北沢、30日の幕張、31日の大阪と新宿。
ううううう。
あんな人たち、こんな人たちの出るカウントダウン、行きたかった・・・・。
でも、年末年始は親孝行とペット溺愛コースを選択。
大晦日、妹はオケの仕事でそれこそカウントダウンしているし、私は犬を撫でながら紅白でも見ることにしよう。今年はおそらく、出演歌手と曲目をほぼ全部知っているはずである(笑)。
いやいや、それにしてもよく遊んだ1年だった。

皆様、よいお年を。
[PR]
Commented by mjfh0916 at 2008-12-30 14:27 x
やらなくてはいけないと思いつつ、こうしてお邪魔をしてコメントまで、、、。まったくどうしようもなくずぼらで、やらなくてはいけないことをぎりぎりまで伸ばしてしまう性格の私です。来年こそはきっちり早め早めに!を目指そうと毎年思っているのですが、、、。鬼に笑われてる証拠ですね(涙)
Commented by saskia1217 at 2008-12-30 23:18 x
私もモノによってはけっこうギリギリまでやらないほうですよ。心配性、小心者のくせに、です。
昨日は「年内に」という力に背中を蹴られ(笑)、2月ライブのクリムゾン
のアレンジを済ませました・・・
やっぱり何かしらにジリジリ押されないと、人間行動に移れないですよね。でもそう考えると、逆に「やっぱりその時で間に合うんだ」ということにもなります・・・。
楽天的すぎですかね??笑
by saskia1217 | 2008-12-29 18:53 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)