気になること

どこからきたのか?
どこへいくのか?

そう、その川は。

昨夜、偶然テレビでかなり面白い番組を見た。全て空撮による映像で、東京の色々な姿を捉えるというもの。東京以外の面白いスポットなんかもあったが。
いや〜、素晴しかった。近年稀にみるハイクオリティの番組!
(というか、個人的な興味にぴったり答えてくれた、ってだけかも)

あの「春の小川」のモデルとなった、東京のどまんなかを流れている「渋谷川」の話は、いつかの「トリビア」でもやってたので有名だが、その川を東京湾の河口から上流にさかのぼって空から検証していた。
恵比寿、渋谷、原宿、代々木あたりを流れるこの川、その源流は新宿御苑の池らしい。渋谷駅や東急東横店の真下を流れており現在は多くの場所でフタがされているが、地上に姿をみせている場所もあり、いわれてみれば「あ〜、この川見た事ある」という光景もあった。
渋谷西武のA館とB館の間にだけ地下通路ではなく空中通路になっているのは、この支流である「宇田川」(宇田川町という地名、たしかにあの辺りです)が地下を流れていて通せなかったため、らしい。う〜ん、ワクワクしますねえ。
昭和30年代まで渋谷の町の表を流れていた川。なるほど、いわれてみれば北斎の浮世絵にも水車小屋とともに描かれてもいるなあ。

川の源流がどこなのか、特に、いつも見慣れているこの川はどこから来ているのか。
子どもの頃から今に至るまで、私は川を見るたびにそのことがもの凄く気になるのだ。
地図に載っている川は調べればすぐわかるからいい。でもこのようにフタをされて消えてしまった「川」は今現在の地図ではわからない。
今ではそういうことを調べ上げた記事が写真入りでネットで公開されていたりするので、そのいきさつはすぐ知ることができるのだが、本当は地図を見ながらその川を自分の足で辿れたらどんなに楽しいだろう、と思う。

そんなことを思いながら通勤途中の車内で永井荷風の随筆を読んでいたら、こんなところにブチ当たった。

「市川の町に来てから折々の散歩に、わたくしは図らず江戸川の水が国府台の麓の水門から導かれて、深く町中に流込んでいるのを見た。それ以来、この流のいずこを過ぎて、いずこに行くものか、その道筋を見きわめたい心になっていた。
これは子供の時から覚え初めた奇癖である。何処ということもなく、道を歩いてふと小流れに会えば、何のわけとも知らずその源委がたずねて見たくなるのだ。来年は七十だというのにこの癖はまだ消え去らず、事に会えば忽ち再発するらしい。雀百まで躍るとかいう諺も思合されて笑うべきかぎりである」(永井荷風「葛飾土産」より)

なるほど。
こういうことを考えたりして楽しんでいる人、じつは結構いっぱい居そうである(笑)。
荷風はまた同じ作品中で、その頃すでに埋められてしまった東京のいくつかの川を覚え書きもしており、その最後をこう結んでいる。

「こんな事を識すのも今は落した財布の銭を数えるにも似ているであろう」(同上)

もう無くなってしまったものを、いつまでも懐かしんでいる・・・
取り返すことの出来ないものを思うことはあるだろう、ただそれを悔やむのはつまらない。それを惜しんで大切に思い出すのは素敵だ。

昨夜のその番組では、職場である母校のある上野公園、子供の頃から親しんだ豊島園付近、よく歩く新宿駅の両側、そして渋谷、東京タワー、六本木などをバリバリ空撮してみせてくれ、息を呑んで見入っていたのだが、昼、夜、それぞれの姿を見ていると、東京が妙にかわいく、そこに住みそこで動いているたくさんのちっぽけな人間がいかに活き活きとしているかが胸に迫ってくるようだった。そしてやっぱり、生まれ育ったこの町が好きだなあ、と思うのだ。たとえ、どんなにその姿が変わったとしても。
漆黒の空に真っ赤な姿で立つ東京タワーや、深夜の歌舞伎町の白く光った道を真上から見ながら、なんだか涙がこぼれてしまった。
[PR]
Commented by mjfh0916 at 2008-12-05 18:40 x
そうか、、、東京はaskia様のふるさとなのですよね。どんなに変わっていこうとも、自分を育ててくれた街に変わりないんですよね。
私は、実家へ帰るときに、飛行機の窓から地図を片手にずーっと下をみています。地図どおりに山脈や川、平野、海岸線も確認できることを発見したときは、当たり前なのに感激したりして、、、。最近は新幹線に5時間以上も乗って同じことをやってて、さすがに疲れました(笑)
新宿の西口、初めて歩いたときにはどうも腑に落ちず、探検してさらに帰宅後に復習したことを思い出して笑えました。
Commented by saskia1217 at 2008-12-06 00:35
飛行機から見る景色は、地図そのものの形をしているので感動しますよね。川の蛇行や湖の形、海岸線などは本当に楽しいです。
新幹線から、とはスゴいですね。かなりの重労働になりそう!
・・・
新宿は私にもいまいち謎です。苦手ですね。
でも「復習」は結構大事だし、何よりも歩いてきたところを後で地図で見るのは面白いことこの上ないんですよね。
でも、復習してもまたすぐ変わってしまうことが多いのも、東京の困ったところです。
by saskia1217 | 2008-12-04 03:14 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217