ポエム

いい詩なんて、そうしょっちゅう書けるもんじゃない。
でも、いい詩にはしょっちゅう出逢う。

「・・・・・
弱き人のその肩に
やさしき言葉もかけられず
人を思ううちが花よと
わずかに己れをなぐさめた
・・・・・」

自分には何かが足りない、という焦燥感。
滑りの悪いコミュニケーション。
いっぱいいっぱいの生活。
まわりが蟻のように働きまわる中、1人、部屋で動かない自分。
いつかはやってくる最期のとき。

「・・・・・
ああ平和なるこの生活が
なぜ我らを蝕むのか
・・・・・」

そしてこの詩はこう終わる。

「・・・・・
流るるドブの表を
きらりとさせたる夕陽あり
俺はこのため生きていた
ドブの夕陽を見るために
ドブの夕陽を見るために」

そうなんだ。
何故知ってるの?
そんなことがあったんだ。
だから言葉が刺さってくる。

宮本浩次「偶成」(アルバム『生活』)より。
明日は、雨が降ろうが槍が降ろうが、日比谷野音ライブ。
雨天決行。
エレカシの言葉と音が土砂降りの、初夏の夕暮れ。
[PR]
by saskia1217 | 2008-06-28 02:20 | エレファントカシマシ | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧