天国への階段

e0081334_7205914.jpg

本番があった日は一睡もできないことが多い。
本番前日はぐっすり眠れるんだけれどね。
e0081334_7262948.jpg

前日までの雨が嘘のように晴れ渡った13日金曜日。
マンドリン&チェンバロユニットの5回目のライブ。
自由学園明日館は、いつ行っても美しい佇まい。
コンサートに集まったお客さんが、そこも楽しめるということがなんか嬉しいのだ。
別に私の家ではないのにね(笑)。

100人くらい来て下さるかな〜と見込んでいて、フタを開けてみたら140人超のお客様。
感激です。ありがとうございました!
もともとゆる〜い感じのコンセプトでやってはいるのだが、その暖かい雰囲気はひとえに好意的、好奇心旺盛に聴き入ってくださるお客様が作り出してくださるものだ。
今日はステージを客席の床面に設置してもらったので、距離も近く音響的にもナイスだった。
e0081334_730425.jpg

エピックから石渕さんにお花が届く。
いつもいらしてくださるお客様(岐阜や群馬などからも!)、友人知人、学生さんやそのご家族、ブログで知って申し込んでくださった方などのほか、コンドルズやザ・コンドルズのメンバーも駆けつけて下さった。じつにありがたいことです。

リハが終わる頃、美しいこの講堂を西日が包んだ。
楽器も包まれた。
e0081334_7343643.jpg

ただいまゲネプロ中(今日アシスタントをしてくれた、うちの学生さんがたまりさんが撮ってくれた)。
e0081334_736218.jpg

今回はより自分たちの「やりたいこと」を思い切ってやってしまった、という感じだったかな。
私にとっては曲作りも弾き語りもアレンジも、どれも思ってもみなかった体験。
クラシックと呼ばれるジャンルの音楽家がこれほど「分業化」されてしまった現代、曲を書き、歌詞をつくり、歌い弾きまくるロックやポップスのミュージシャンを見るにつけ、あ〜やっぱり音楽家はこれだよな、と思う。
私はとてもそんなところまではやり遂せないけれど、でも「できたらいいな」ということをともかくやってみることは楽しいし、やってみると色々とわかってくる。
なんだか・・・いまさら、の話だけれど。

今は兎に角、誰かひとりでも多くの人を楽しませたい。
幸せにしたい。
私がいつも誰かにそうしてもらっているように。
[PR]
Commented by at 2008-06-14 13:56 x
素敵な時間をありがとうございました!
「ドロップ」はこの前のパーティーで、みんなで観た小林賢太郎さんを思い出しながら聴いてました。。。
Commented by ちゃんぐむ at 2008-06-14 15:14 x
チェンバロに陽があたってるの、いいですね~。
このチェンバロには何回もお目にかかっているせいか愛着がわいてきました。この会場なら昼間にコンサートをやっても素敵ですね。
昨日は本当によかったです。オリジナルの曲も多くて充実してました。ありがとう!!
Commented by saskia1217 at 2008-06-14 16:45 x
みなさま、いらしてくださって本当にありがとうございました!
聴いて下さった方の感想を伺うのは、いつもとっても楽しみです。
今回は特にオリジナルがいくつもあったので、同じタイトルからそれぞれのお客様が何を想像されてるのかな〜というのが楽しみでした。
わたしの「ドロップ」はカタカナ表記ですが、もちろん賢太郎氏を思い出していただいてもOKです(笑)!
Commented by スノウ at 2008-06-15 00:02 x
初めてライブに行きましたが、とても素敵な時間を過ごせました。「ドロップ」好きだな~と思いながら聴いていました。私も小林賢太郎氏を思い出してしまいましたが。
「天国への階段」も素晴らしかったです。
また聴きに行きますね。ありがとうございました。
Commented by きょろ at 2008-06-15 07:43 x
素敵なライブをありがとうございました。
お2人の波長がピタリと合いつつ、それぞれに個性が光って、
温かい雰囲気に包まれた素晴らしいライブでした。
選曲もオリジナリティーあふれていて非常に楽しめました。
ケーナの音色もチェンバロ&マンドリンに溶け合っていましたね。
次の企画が早くも待ち遠しいです!!
Commented by saskia1217 at 2008-06-16 03:45 x
スノウさま
初めていらしてくださったとのこと、ありがとうございます。
「ドロップ」気に入っていただけてよかったです。
賢太郎氏を思い浮かべる方が意外と多くてビックリです(笑)。
じつは「ドロップ」のタイトルは「Drop」を観に行く1ヶ月ほど前につけて、「どんな舞台なんだろう」とワクワクして待っている頃に書きました。
次回もまた楽しんでいただけるよう、面白いプログラムを組みたいと思っています。どうぞまたお越し下さいませ。

きょろさま
お忙しい時間を縫ってのご来場、ありがとうございました!
そうですね、表現においてオリジナルよりも前に出るものはないと思います。
もっともっといいものが作れるよう、今後も全身から絞り出そうと思います・・・
Commented by mariko at 2008-06-16 22:24 x
会場の熱気もあり、皆さんが楽しんで演奏されていたのが伝わってきました。初の生歌声を聴けましたし、オリジナルの曲が美しかったです。簡単に作曲、編曲してしまうところがすごいです。ありがとうございました。
Commented by saskia1217 at 2008-06-17 01:02 x
marikoさま
お客様のくださる空気がなんともいえなく心地よかったです。
作曲、アレンジはけして「簡単」にはできないです。短時間で完成したとしても、書いている間はかなり絞り出さなければなりません。で、書けたとしても実際にリハでその楽器でやってみるまでは、それがいいかどうかはわかりませんし、音を出してみてまた何度も書き直すこともあります。
そういう作業がスラスラと出来てしまう人もいるのでしょうが、私はかなり考えてしまうほうですね・・・
また機会がありましたら、是非聴きにいらしてくださいね。
Commented by みほ at 2008-06-20 22:54 x
ライブから早いものでもう1週間経ってしまいました。
遅ればせながら、素敵な演奏会をありがとうございました。
岐阜県から山を越えて演奏を聴きに出かけた者です。

あの週、大切な方が亡くなり、「天国への階段」と言う言葉がリアルに響いたりしましたが、あの日の夕陽も、会場も、そしてもちろん音楽も、心に残るステキな時間(空間)でした。
アメイジング・グレイスでは思わず涙がこぼれてしまったくらいです。

マンドリン、チェンバロ、ケーナ。この組み合わせは初めて聴きましたが、心に響きますね。次回も是非出かけたいと思っています。
遅くなりましたが、一言お礼が言いたくてお邪魔しました。
Commented by saskia1217 at 2008-06-21 16:30
みほ様
コメントありがとうございます!
遠くからライブを聴きにいらしてくださって、本当にありがとうございました。
ダンスであれ演劇であれ音楽であれ、その場所に出かけてそれを受け止めたいと思って下さる力が、ステージからの返球を引き出す、その現象こそが「ライブ」の換え難い魅力です。
その場で同じ空気を吸っている1人1人の胸に過ることも本当に様々ですが、そのどれもが大切な宝物だと思います。
「天国の階段」も、あの楽器編成も、私にとっては初めての試みでしたが、楽しんでいただけて本当に嬉しいです。
次回の内容は未定ですが、もしまたご都合がつくようでしたら是非お越しください。もっともっと楽しいプログラムを、知恵を絞って考えておきます!
by saskia1217 | 2008-06-14 08:06 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(10)