与野本町

e0081334_146524.jpg

コンドルズの公演「大いなる幻影」を観てきた。
この間の青山公演は行けなかったので、かなりひさしぶり。
与野本町の駅前には、あいかわらずの見事な薔薇。

この薔薇、何度見たことだろう。
一昨年のコンドルズ、昨年のコンドルズ、今年のコンドルズ。
そして、彩の国芸劇で自分のコンサートのリハや本番がこの季節だったとき。
なんだかいろんなことがフラッシュバック。

上演時間約1時間半という「さっぱりめ」の公演だったけど、殆ど全くの「新作」だったので、今までにないエッセンスが入っていたり、小林顕作さんが他の公演でお留守だったこともあってコントよりもダンスが多めだったり。
近藤さんがコント(っぽいコーナー。しゃべらないけど動きのみのコントのようなもの。)に参加するのは凄くいいと思いましたね。ホント、とってもいいんだもの。今後は台詞のあるコントにももっとたくさん出てくださるといいな。
公演後に読んだパンフにも書いてあったとおり、橋爪さんと青田さんの印象が強い(!)舞台だったですね。昨年だったかな、「このメンバーにこれはありえないだろう」ということを敢えてやる、というコンセプトがあった公演があった。その時「意外なことをやった」のは、古賀さんやオクダさん、そして橋爪さんだったのだけれど、今回は上記のお二人。どちらもインパクト大。特に青田さんのシュプレヒコール、けっこう好きでした!

それと。
あのちょっとシリアスっぽいモノトーン映像のバックに、いきなりあの前奏が・・・!
心臓ばくばくしちゃいました。
エレカシの「翳りゆく部屋」だぁ〜〜っ!
今いちばん好きな曲だし。昨日もうちで熱唱してたし(笑)。弾きまくってはうるうるしてたし(爆)。
ん〜。いくらなんでも直球すぎる。肝心の映像が目に入ってきません(スミマセン)。
カテコのときも「俺たちの明日」。
毎日エレカシ三昧な今の私には、じつに心臓に悪い選曲でした・・・
あの選曲は反則でしょ、やっぱり!

全体的にはコンパクトな感じ。
重すぎなくて、でもおもしろいものは細かくいろいろと詰まっていて。とっても丁寧に創られていた印象。
私はダンスに関してまったく素人だけれど、今回のダンスは、今まで何年かコンドルズを観てきてイメージとして焼き付いてきたいくつかの「典型的な動き」のようなものにはもはや支配されていず、もっと新鮮な面白い動きがたくさん入っていて、ちょっと目を醒まされた感じがした。それがちょっと嬉しかったですね。
上演時間は短く感じても、キラキラしている何かが入っていたら、もうそれでいいと思う。

あ〜、キラキラしたい!
いろんな意味で(笑)。
(やっぱり白い閃光の中でライブしたい!・・・・そうじゃなくて・・・・)
[PR]
by saskia1217 | 2008-05-19 02:04 | コンドルズ | Comments(0)