詩→詞

歌というものには必ず、歌詞と呼ばれる言葉がついている。
ついている、という言い方は歌に失礼だ・・・
いや、ついている、のではなくて、時には言葉が先にある。

世の中にある「歌」のすべては「まず言葉があって、そこに音楽を付ける」という方法で作られたものだと、つい最近まで本気で思っていた。「後付け」と呼ばれる、音楽に言葉を乗っけるという作り方があるということ(むしろクラシック以外の音楽ではそっちのほうが多いということ)を知ったのは、ごくごく最近のことで、それはまあ、目から鱗というか、寝耳に水というか。

「歌」の「詞」になるものにもいろいろあるけれど、形の整った韻文だけじゃなくて、もちろん散文だって「つぶやき」だってなんだって「歌」になることができる。
たいていは曲を聴いたときに初めて「詞」を知ることになる。そしてモノによっては、それからCDについてる歌詞カードなどでそれを目から読むこともある。あの瞬間がとても好きだ。目からそのコトバたちが入ってきたとき、その味わいは一歩前に、一段深く、そしてひと幅広くなる。

もうずっとずっと、私を酔わせてやまない歌がある。
エレファントカシマシの「歴史」
大好きなアルバム「扉」のなかの一曲。(このアルバムもまったく全ての曲が入魂の傑作だ。)
何回も何回も聴いてきた後で、つい最近になってアルバムを買い、初めて歌詞カードを読んだ。
ビックリだ。普通の文章だもの。これがどうやって「こういう曲」になっちゃうのか・・ん〜〜。
詩が先か、曲が先かなんてことはもはや、どうでもよくって。というか、もはや渾然一体。
どう考えても神がかってる、この曲。

こんな詩が歌えるのは、ほんと、この人しかいないだろうな。
[PR]
by saskia1217 | 2008-05-13 01:10 | エレファントカシマシ | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧