今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

負け犬

今日の上野公園はまさに一面が「最高の瞬間」。
真っ青な空をバックに、そこここに立つ銀杏のどの木からも、黄色く光る小さな小さな扇がひっきりなしに降り続けていた。その下ではオカリナで「いつも何度でも」を吹く大道芸人さん。あたたかな陽射しと噴水。犬を連れた人たち。
いつまでもその中に居て、目をつぶっていたかった。

大学での今年最後の授業を終えてから、合唱団CANTUS ANIMAE(↑コンサート情報参照!)の練習へ。ペロタン、バッハ、シュッツ、モーツァルト、ルターを合わせる。共演の桜井さんはヴィオローネとガンバを両方持ってらして、色々と試す。バスが付くとやっぱりいいですね。歌っている人も気持ちいいと思うし、鍵盤弾いている方にとってもすごく楽。
しかし、ペロタン「地上のすべての国々は」とか、デュファイ「もしわたしの顔が青いなら」なんて、高校の音楽史の授業で習った曲ばっかりで、ものすごく懐かしかった。

27日のコントライブ、その夜のオールナイトのDJ(?)イベント、両方とも見事にチケット争奪戦に敗れて以来、非常な「負け犬感」にべっとりと取り付かれていたが、某オークションサイトにてそのチケットが4〜5倍の値段につり上がっている(しかも20〜30名の入札者が・・・)のを目の当たりにすると、自分のなかのざわざわが急激にずど〜んと冷めていくという事実。
それはもしかして案外いいことなのかもしれない・・・(笑)。
だって、それって、それって、何か違わない???
わかる、わかるよ、その気持ちは。
でも、でもね、やっぱり出演者たちはそれは決して望まないはず。

そんなこんなでやっとカサブタが出来つつある今日この頃。
・・・と、昨夜いきなりこんな情報を見つけ、なにかこう、狐につままれたような気持ちに(半笑)。
なに?
なんですか、これは・・・?
ま、聴いてみてから、いろいろ言いましょ(笑)。
[PR]
by saskia1217 | 2007-12-13 03:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)