みんなのうた

昨日の夜は、カザルスホールへオルガンを聴きに出かけた。
大学時代からの友人、吉田恵さんのバッハ全曲演奏会の一環。
クリスマスにちなんだ曲が多く盛り込まれ、ホールの前には大きなツリー。
お客さんもいっぱい。
彼女もいつものように力演、快演、すてきな音楽会だった。

「○○全曲演奏会」というような企画をたてて、それを実行する人を、私は本当に尊敬する。
オルガン曲の場合なら、彼女のように一年に2回ずつやっても全部で12回、全て弾くのに6年かかる。
バッハの曲は素晴しいし、大好きだ。だけれど私の場合、企画した当初はそう思う力があったとしても、そのモチベーションを数年間持ち続けるのは多分不可能だ。絶対途中で嫌になるだろう・・・断言できる(笑)。
きっと飽きっぽいのだろう。その時興味があったことに、その時持っている全ての駒を使い尽くしてしまう。そして、次にその矢印がどっちの方向に行くかなんてことは、自分でも到底予測不可能、想定外なのだ。

だから、自分の意志を貫く企画を、常に真摯に着々と力一杯こなしていく人を見ると、ただもう単純に「すごいな〜」と思ってしまう。
少しは爪の垢を煎じて飲んだ方がいいのかもしれない。

今日、素敵に晴れた日曜の午後は、阿佐ケ谷のライブハウスで友人のライブを聴く。
フランス語の語学学校でもう10年近く前に知り合った彼女は、きちんとお仕事をしながら、語学やシナリオの勉強もし、音楽活動もしているという、ホントにヴァイタリティーの塊のような人。本当にスゴい。でもそれなのに、ちっともキリキリした風がない。まさに出来た人なのだ。
かっこいい。

ヴォーカルスクールで知り合ったという2人の女性とユニットを組んだそのライブは、じつにまったりとした雰囲気に終始。それぞれがオリジナル曲も披露し、個性が楽しめたし、気持ちも安らいだ。音楽っていいよな〜、と素直に思える一瞬。
そうだよな、本来、こういうふうに「何気ない」ものなんだよね。
何気ない、というのはもちろんスカスカということではなくて、自然、っていうこと。
自分で詞を書いて、曲をつけて、ギターを弾いてそれを歌う。
いいなあ、こういうふうに何故、出来ないかな????

連日、みんなの「うた」を聴いて、いろいろ思ったことでした。
[PR]
Commented by きょろ at 2007-12-10 19:29 x
昨日はライブに来ていただき、ありがとうございました!!
細かい反省点は多々ありますが、楽しくやれたと思っています。
いつも、「ほのぼの」とか「まったり」とかいわれるんだけど、
本人は結構必死だったりします(笑)
でも客席にいい空気が伝わったのであれば、本当に嬉しいです♪
早速のメールもありがとうございました!
後でゆっくりお返事書きます。
Commented by saskia1217 at 2007-12-11 20:54
きょろさま
コメントありがとうございます。
本当に楽しいライブでした。
「必死」な感じなんて全然わかりませんでした・・・(笑)
メールもありがとうございました!
by saskia1217 | 2007-12-10 01:25 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30