いい人

昨日、秋らしくいい感じの涼しさの日曜日。
午後からオペラ稽古のお仕事。
夜からマンドリンリハ。もうちょっとで本番です。

電車内。
つり革に掴まって立つ私の目の前には20代くらいの男性。
座席に浅く斜めに座って両足を威勢良く前に投げだし、思いっきり大声で携帯電話「通話中」。
まあ、よく見かける、所謂「自分の部屋かっ!」状態の人間。
周囲の人の「またか・・・」という空気も相変わらず。

「は〜・・・ってか、俺もう着くしぃ〜・・・てか、それでよくね?・・・うぜえんだよな〜・・・」
・・・と会話は弾んでいたらしいのだが、その男携帯を手にしたまま、やおら立ち上がって私と私の隣りに立っていた人の間にいきなり手を伸ばした。
なんだなんだっ?!
彼はその後ろに立っていたおじさんを突っつくと、床を指差した。

床には1万円札が一枚。
おじさんは急いでそれを拾って、男に頭を下げた。
どうやら乗ってきたその時に、落としたらしい。
男はそれを見ていて、すぐに知らせたのだ。

いったいこの男、
いい人なんだか、悪い人なんだか・・・

「いい人」「悪い人」という括りそのものが虚であることを百も承知で、それでも人間は、どうしたって他人をそのどちらかに振り分けたくなる、いや、無意識で振り分けている気がしてきた。

・・・ということで、今日のオススメ。
ラーメンズのコント「百万円」。
是非どこかでご覧ください。
ちょっと深〜いコントです。
[PR]
by saskia1217 | 2007-10-15 15:51 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)