女王陛下万歳

・・・という感じで、始めてみました。
今日の豊洲のオルガンコンサートのプログラム。

ららぽーと豊洲では、ちょうど今1周年のいろんなイベントが行われている。
オルガン・プロムナードコンサートでは、楽器の故郷にちなんで「イギリス」をテーマに、今週一週間おおくりしていて、今日はパーセル、クロフト、ギボンズ、スタンレーなどの他、冒頭でイギリス国歌「God save the Queen」をど〜〜んと、最後にビートルズの「ヘイ・ジュード」をアドリブ満載で弾いて、結構楽しかった。
気のせいだろうか、いつも弾いてる楽器なのだが、イギリス国歌を弾いたとき、あのオルガンがいつもと全然違った輝いた響きを出しているように思えて、ちょっとゾクっとした。
朗々、というか、キラキラ、というか。命があるような、というか。
気のせいかなあ???

秋の気分のせいか、あまりにも美味しそうだったので購入。
高知産らしいです。
甘くなくて、お芋の味がちゃんとして、すごく美味しい。
これは・・・大ヒット!!!
(よぉく考えたら、「土佐名物」の「さつま」って・・・笑)
e0081334_254573.jpg

[PR]
Commented by あひるん at 2007-10-13 08:45 x
お久しぶりです。シュターデよりもっと田舎に滞在してオルガン弾いていたら、まだ気持ちが社会復帰できないでいます。

「女王陛下万歳」。それは、ほんとに楽器が喜んでいるのだと思いますよ。ふるさとの曲だもの。
私は10月11月の豊洲はお休みさせてもらっているんですが、12月はイギリスのクリスマスものをプログラムに入れて、楽器をイイコイイコしてあげようかな。
Commented by saskia1217 at 2007-10-13 10:04
あひるん様
あ〜〜、「社会復帰できない」ってよ〜くわかります・・・
全てがあまりにも違いすぎて、最初着いて行けないですよね。
豊洲の楽器、コンディションも良くていい感じですよ。気候もよくなりましたしね。いつかあひるんさんの演奏の時に伺いたいです・・・
by saskia1217 | 2007-10-13 02:04 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31