ぎっしり

e0081334_12254717.jpg

先日ドイツからのお土産にいただいた「プンパーニッケル」。
ライ麦100%のドイツの黒パン。
もはや普通にイメージする「パン」ではなく、「穀物を潰したものをくっつけて固めたもの」と言った方がいいかも。「くっつけて」はありますが、パリっと焼き固めているわけではなく長時間(15時間くらい)蒸し焼きにしてあるものなので、普通に手に持つとハラハラと崩れます。よ〜く見ると麦の粒がぎっしりくっついてるのが一目瞭然。
厚みは大体3〜4ミリ。形は長方形や丸いものなど色々。普通よくあるのは12×10センチくらいの長方形。ちょっと見た目には薄くて頼りないですが、一枚食べるともうお腹いっぱいになっちゃいます。なので、ドイツでは、朝食よりも夕食に食べることが多い「重たい」パンの部類に入ります。
のせる物は自由。チーズ、ハム、サラミ、サーモンなどのほか、キュウリ、ピクルス、ラディッシュ、パプリカなどの野菜も合います。
もちろんジャムやはちみつもOKですが、私が好きなのはクリームチーズの上にベリー系のジャムをのせるパターン(写真)。ちなみにこれは先日豊洲のスーパーで買ったオーストリーのHimbeer(木いちご)のジャム。フルーツ100%で美味。

プンペルニッケル、最近はいろんなスーパーで売ってますね。
どうぞお試しください!
(特に「繊維」を必要としている方にオススメ!)
[PR]
by saskia1217 | 2007-08-04 12:26 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217