キャッチボール

「世の中に自分の作ったものを発表するということは、相手がいて初めて成立する行為です。それがプロともなれば、その相手を選び切ることなんてできません。プロになる、ということは、腹をくくる、ということでもあるんですよ」
(KKP=小林賢太郎プロデュース ♯3 「PAPER RUNNER」より 
室岡さん演じる、とある出版社の漫画週刊誌編集長のセリフ)

そうね。
私の場合、世の中の人に何かを供給はしていても、作品そのものをゼロから作っているわけではないから、クリエイターという意識は殆どない。
でも、ひとつのイベント、一夜のエンターテイメントをひとつの作品として見れば、それを企画して演出して発表する、っていう行為としては同じ気持ちかもしれない。
お手柄も、しでかしたことも、全て自分の責任。どんなに喝采を受けようと、たとえネット上であること無いこと、どれだけ悪く書かれようとも、そこまで全部ひっくるめて。

「ラーメンズは客を選んでいる」と、テレビによく出るような芸能人からよく、決まり文句のようにそう言われるけど(今はもう言われないのかな?)、どう考えてもそんなことはないわけで。
彼らがいうのはもちろん「ネタで客を振り分けている」って意味なんだろうけど、供給する側が自分の表現したいことをやるのが悪いわけはない、何一つ。
ただ、投げっぱなしはプロじゃない。相手の反応、相手の気持ち、伝わったのかどうか・・・で、どうすればいいのか、が考えられるのが表現者だろう。
要は「相手あっての」ってことなんですな。キャッチボール。

今はもう大昔の、第7回公演「news」の全国ツァー千秋楽公演の楽屋で、開演10分前に黙々と前日の会場アンケートを読みふけっている小林賢太郎さんの姿をみて(ドキュメンタリービデオ「news-NEWS」)、あの編集長のセリフがそのまま彼の声として聞こえてきたのでした。

P. S.
KKP公演「TAKE OFF」東京公演、先行予約当たりますようにっっっっっっ!!
[PR]
by saskia1217 | 2007-07-31 23:58 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧