今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

いろいろな人と

e0081334_2115031.jpg

そんなわけで、鹿児島みやげ「さつま揚げ」を味わいながら、週末いくつかのお仕事。

昨日は、都内の某スタジオでチェンバロ愛好家の方たちのグループで公開レッスン。レクチャーに続いて1人30分のレッスンを6人という、かなりの駆け足だったが、皆さんが選んできてくださった曲もバラエティに富んでいて、私もとても楽しい時間だった。
レッスンをしていると、日頃自分が弾いている曲についてもちょっとした発見があったり、聴きながら新しいアイデアが浮かんだり、ということも多い。
そんなわけで、レッスンするのはかなり楽しいと思っている私にとっては、初めてレッスンする生徒さんたちとの交流は、コンサート会場での聴衆の方との出会いと同じくらい大切なのだ。

今日は宗研合唱団の、ドイツ演奏旅行前の試演会。
バッハのカンタータ2曲、テレマンのモテットなどをピアノで伴奏する。
バッハのカンタータのオケパートをピアノ(もしくはチェンバロ)で弾くのは、なかなか難しいものがある。特に初期カンタータは、ライプツィヒ時代のものとは全く違う独特の書き方のせいもあって、弾きにくさはまた格別。そのかわり、この時期独特の、天上的に美しい弦楽器の音型やオーボエのソロ、映画音楽かと見まごうばかりの和声進行などを手のうちに出来る幸せは味わえる。普段は通奏低音というスコアの最下段から、「いいよな〜、なんだかんだ言ったって、オーボエが一番美味しいじゃん・・」と指をくわえて見上げているのだから。もちろん、右手でどんなに歌ったって、オーボエの突出力は到底表現できっこないのだが・・・。

う〜ん、「負け犬のオーボエ」・・・・
(あれ??)
[PR]
by saskia1217 | 2007-07-30 02:33 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)
Commented by mjfh0916 at 2007-07-31 17:38 x
昔バッハの合唱をやっていたことがあります。いつもピアニストの方がオケパートはもちろん、時にはそれぞれの声部も交えながらさらさらと弾いておられて、感心していましたが、なるほど、そういう楽しみもありましたか!もしも~ピアノが~♪最近つくづくそう思います。

週末駅前のデパートで鹿児島物産展を発見!私もさつま揚げとついつい白くまを買ってしまいました。ベビーなのに330mlも入っていて、2人で分けてもかなりあっぷあっぷでしたが、やっぱりおいしかった!ですよ。
Commented by saskia1217 at 2007-07-31 23:16
おおお、白くま、召し上がったのですね。
やはり、夕食さつま揚げ→デザート白くま、というのが正統的なんでしょうか(笑)。
最近は物産展も多く、東京でもいろいろ手に入りますよね。私もどこかで白くま、ゲットします!

ピアノ、ぜひチャレンジなさってくださいね〜!