南国体験

昨日、鹿児島より帰京。
あ〜〜〜〜、暑かったぁ〜〜〜!!
その一言。
暑い、というより「蒸し暑い」。とにかく、息苦しかった〜。
地元の方も「こんなに蒸すのはそんなには無い」とおっしゃってたけど、それでも・・・

そんなわけで、体力気力を使い果たし、今日は廃人と化しておりました。
少しずつ写真などをアップするとしますか。

18日、飛行機で鹿児島空港へ。
ちなみに機内のニュース映像で、仕方ないとはいえ、その日朝の「ブラジル、航空機着陸失敗炎上」のニュースをど〜んと放送してるのって、気持ち的にどうでしょうねえ??(苦笑)
鹿児島に降り立つと、むわ〜〜っと暑い。
空港から市内まではバスで1時間弱かかる。市内ホテル近くの停留所まで、10分おきにバスが出ているときいていたが、ちょうど来たバスはその停留所には停まらないらしい。その後は20分後だというので、市内の位置関係や停留所名もまったく知らないまま、とりあえず市内に行こうとそのバスに乗る。
空港すぐ脇にはフェニックス(?)の木がいっぱい。南国っぽいなあ。
じつは九州は生まれてこのかた2回目。数年前に一度だけ福岡に演奏会で数日間滞在したのみ。こんなに南に来るなんて、ちょっとワクワク。そうか、自分史上、日本最南端かも。

高速を降りたところで、後ろから軽い衝撃がありバスが急停車。なんだなんだ?
そのままなんの説明もなく10分ほど停車。なんだなんだ?
お客さん同士の会話から、どうやら後続車に追突された(されかかった?)らしく、ちょっともめていたらしい。結局なんの説明もないまま(いいのか〜〜?)発車、無事市内着。
右も左もわからない繁華街に放り出されたが、そこは日本のいいところ。日本語が通じるのだ!(あたりまえだ) 
そこは「天文館」という、鹿児島市内いちばんの繁華街で、ホテルはそこから歩いて6〜7分だった。

チェックインした直後に主宰の方から連絡をいただき、早速本番会場のザビエル聖堂へ。
オルガンが早く見たかったので、その夜少し触らせていただくことになっていた。
これがその聖堂。
e0081334_1914417.jpg

聖堂の前、道路を挟んだところが「ザビエル公園」となっていて、もともとそっちに聖堂はあったらしい。記念碑そして「キリスト教伝来の地」のプレートと記念像。このプレートによると、「キリスト教伝来」にまつわるこのあたりのいろんなピンポイントを訪ねるルートもあるようで、非常に興味はあったのだが、もうそういうのは純粋に観光に来ない限りは望めないので、諦めてプレートだけで巡った気分に・・・(涙)。
e0081334_19161434.jpg

e0081334_19174449.jpg

e0081334_1917420.jpg

聖堂の歴史、その他は上のリンクをクリックしてご覧下さいね。
現在の聖堂はコンクリート製のモダンな建物。中は天井の高い、静謐な空間。音響も抜群。
何故にこの赤い光?(ちょっと目にきます)と思ったら、そのステンドグラスの色は「赤がザビエルの情熱と殉教者の血」、青が「海の色」を現しているんだとか。ちゃんと意味があったんですね。
オルガンはスウェーデンのチュール社製。
e0081334_19295293.jpg

規模や弾き心地は、普段私が弾いている東京の阿佐ケ谷教会のものととても似ていたので、ちょっと安心。
しかし、圧倒的に響きがいいので、弾いていてすごく心地いいんですね。

その日の夜は、ストップのバランスなどを確認し、2時間くらい軽く弾いて退陣。
疲れていたのでホテルの部屋でコンビニ弁当。
鹿児島1日目の蒸し暑い夜は更けたのでした。
[PR]
Commented by あひるん at 2007-07-22 22:39 x
南国からお帰りなさい~。鹿児島カテドラルは、演奏会や結婚式や練習で何度か弾かせてもらってます。あの空間、好きです。
ところで、ザビエルの記念碑、気づいてましたか?「フランシスコ・ザビエ」になってるの…。「ル」はどこに行ってしまったのでしょう???(笑)
そろそろ、飲み会の設定しましょうね。(^_^)
Commented by saskia1217 at 2007-07-23 13:06
あひるん様
そうなんですよね。「ル」が無いんです。
書いてみたら字数がひとつ邪魔だったとか・・・ん〜。
発音的にあんまり「ル」が聞こえないからこれでいっか〜、とか????(笑)
飲み会、やりましょう。
by saskia1217 | 2007-07-22 19:32 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31