出張!

e0081334_23295040.jpg

軽井沢に「出張」。
駅近くの大賀ホールは、公園の中にあって目の前は池。
行きの新幹線は言うまでもなく満員、車内は色とりどりの駅弁を食べる家族連れ、通路を挟んで10人あまりの「ババ抜き」で大盛り上がりの若者たち、地図を片手に散歩道の相談をするリュック姿の初老の夫婦・・・

私は列車に長時間乗るのが好きだ。日本国内でも海外でもそう。窓側の席に座って、景色をずっと見ている。できれば何か、その時の気分にぴったりする音楽を聴きながら。
家の近くではあまり見ることのなくなった、何匹も連なった立派な鯉のぼりが屋根の上に翻っている家々が、新幹線の窓からは随分たくさん見えて、何だか嬉しい気分になった。
そうだ、明日は端午の節句。

軽井沢って子どもの頃の旅行のイメージから、随分遠くのイメージがあったけど、今更ながら実はとっても近い。新幹線に乗れば、大宮、高崎、次がもう軽井沢・・・(あっけないよ)。
陽射しが暑く感じられるくらいの晴天でも、駅に降り立つとやっぱり少し風が涼しい。
ホールの周りに立つ桜の木々は、まだ花を付けている。
e0081334_23365962.jpg

そして楽屋にて、リハと本番の間に、定番のこれ↓
e0081334_23375167.jpg

おぎのやの峠の釜めし。昔は横川駅のホームで売っていて、私も電車の窓から買ったことがあったなあ〜。そういえば数年前に一時帰国をした折り、大好きな小諸の温泉宿に出かけたのがちょうど、碓氷峠を走る信越本線がもう最後だという日だったのだが、大勢の鉄道マニアでごった返す横川駅のホームで、この釜めしはその涙の場面に一役かっていたのを思い出す。今は軽井沢駅や横川サービスエリアで売ってる懐かしい形と味。
久しぶりに食べるのが嬉しくて、写真のことなんて忘れてつい半分食べちゃった・・・

コンサートは無事終わって、そのまま駅へ直行、そしてスゴイ人でごった返すホームから新幹線に乗って帰宅。
いやいや、ホントに電車と駅と本番会場、っていういつもの本番パターンに終わってしまった、連休の軽井沢行き。
人がいない時にゆっくり行きたいもんです。
[PR]

by saskia1217 | 2007-05-04 23:42 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)