いつもの花

e0081334_2441739.jpg

昨日、所用で実家に行ったら、庭にはいつのまにか春の花がいっぱい。
中でも梅はきれいで香りもいい。
この梅の木、こどもの頃はよく登って遊んだ。その頃は周りに住宅が少なく日当たりも良かったので、木も大きく花もたくさんついて、毎年実を収穫して梅干しやシロップ漬けにしていた。
日当たりが悪くなったとたんに花の数ががたんと減り、木自身も年をとって小さく痩せていった。が、相変わらずこんな、昔と変わらない花をいくつかつけてくれる。
e0081334_24447100.jpg

沈丁花も香りがいい。
この花を使った遊びといえば、落ちたての花を集めて、何故か(笑)潰して水分を取り出し、それを水でちょっと薄めて「自己流香水」を作っていた。

今日はちょっと寒かったけど、もうすぐこの梅の木に、いつものうぐいすが来るといいなあ・・・
[PR]
Commented by 馬酔木 at 2007-03-09 21:10 x
沈丁花、今日このブログのおかげで、職場でも咲いているのに気づきました(ここのところ忙しく、目もくれず歩いていたらしい。) 立派なお宅なんですねえ…。御実家って、中学の時と同じ御住所ですか?
Commented by saskia1217 at 2007-03-09 23:32
そうです、同じです。時々行ってます。犬に会いたくて・・・・!
金木犀もそうですけど、沈丁花も姿が見えないのに先に香りに気がついて、在処がわかるってことが多いですね。
by saskia1217 | 2007-03-07 02:45 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217