ヴォルフガング・ツェラー オルガンマスタークラスのご案内

ドイツのオルガニスト、ヴォルフガング・ツェラー氏が来日、演奏会とマスタークラスが開かれます!(すべて終了しました!)

ルネッサンス、バロックから現代までの信じられないほど幅広いレパートリーを、素晴しい感性と揺るぎないテクニックで弾きこなす、世界でも類を見ない素晴しいオルガニスト。国立ハンブルク音楽大学教授として教鞭をとっておられます。私のオルガンの師匠でもあります。
今回は所沢市民文化センター ミューズアークホール、聖グレゴリオの家、という2つの全く異なったタイプのオルガンを使っての企画。演奏会だけでなく、マスタークラスもとても興味深いものになるでしょう。(マスタークラスでは私も通訳としてお手伝いします!)
最高のオルガニストを日本にいながらにして聴ける貴重な機会です。是非是非お出かけください。

演奏会 「ドイツ・オルガン音楽の神髄」
3月10日(土) 15時開演(14時30分開場) 所沢市民文化センター ミューズアークホール
(リーガー社製 75ストップ)
S席 2000円  / A席  1500円 / B席  1000円
〜バッハからロマン派へ〜
メンデルスゾーン 「オルガンソナタ 変ロ長調 op.65-4
シューマン 「ペダル付きピアノのためのスケッチ」より
ブラームス 「フーガ 変イ短調」
ロイプケ 「オルガンソナタ ハ短調 『詩編94番』」
J. S. バッハ 「トッカータ ホ長調 BWV 566」
ブラームス 「間奏曲 op.116-6」
レーガー 「序奏とパッサカリアとフーガ op.127」
ほか

3月11日(日) 15時開演 聖グレゴリオの家(東久留米) (アーレント社製)
全席自由 2000円(110席限定)
〜バッハへの道〜
ケルル 「トッカータ イ調」
シャイト 「パッサメッゾ(新タブラトゥーラ集より)」
シャイデマン「前奏曲 二調」
ブクステフーデ「<ラ・カプリチオーザ>による変奏曲 BuxWV 250」
ドゥーロン「左手のためのガイティーリャ」
ブルーナ「右手のためのディエント・パルティード」
H. de.カベソン「甘き想い出」
G. ムファット「トッカータ 第3番『オルガン音楽の練習より』」

チケットのお求めはミューズチケットカウンター 0429-98-7777
 
*****************************************************************************************************************
マスタークラス「ドイツのオルガン音楽」(通訳付き)
3月12日(月)10時〜16時 所沢市民文化センター ミューズアークホール
3月13日(火)10時〜16時 聖グレゴリオの家

レッスン曲(予定) 
北ドイツ・オルガン音楽(ブクステフーデ、シャイデマン他)
バッハ
メンデルズソーンのオルガンソナタ、ブラームスのオルガン作品
レーガーの作品(op. 52、59、60、129、135b)より

聴講(1日) 一般2000円、学生1000円、オルガノン会員1500円
受講受付は既に締め切られていますが、聴講は定員なし、お申し込み不要です。どうぞ直接会場にお越し下さい。
   
[PR]
by saskia1217 | 2007-03-14 00:00 | コンサート・スケジュール | Comments(0)