ライブ過ぎ去って

e0081334_238389.jpg

始まってみれば、あっという間に終わってしまう・・・・それがコンサート、特にソロリサイタル、つまり「ワンマンライブ」。

とあるプレイガイドで「ベリーズ工房」と「ポルノグラフィティ」の間に挟まっていて目が点になった(苦笑)「広沢麻美キーボードライブ」は、昨日無事終了。
(↑でもじつは結構うれしかったりして・・・実際そこを見てきてくれたお客さんがいたとしたら、すっごい嬉しいんだけどな・・・いませんよね)

前半オルガン、後半チェンバロ、そして前半「宗教的テーマを持ったシリアスな音楽」、後半「誰もがどこかで聴いた曲&映画音楽やポップス」という、私としては「今弾きたい曲を並べただけ」、世間的にはおそらく「支離滅裂」なコンサートではあったけど、いただいたアンケートやお客様のお話をきくと、それなりに楽しんでくださったようでちょっと一安心。

いつもと違って客席が終始静かだったのが実はずっと気になっていて、その理由を考えれば考えるほどわからず、謎と言えば謎であったけれど、まぁよしとしよう。
とにもかくにも、このお忙しい時期に会場まで足を運んでくださったすべてのお客様、そして美しいお花や素敵なお菓子などをお持ち下さった皆様、本当にありがとうございました。
お客様がいらっしゃらなければ何の意味も持たないこの仕事、ただただ感謝あるのみです。

もしお気に召していただけたなら、そしてまた機会がありましたら、また是非是非聴いていただきたいと思っています!
次はいつになるのか全くわかりませんが、日頃から「こんな曲が聴きたい」「オルガンやチェンバロで、こんな曲弾いたら面白いのでは?」など、なんでもどしどしお聞かせいただきたいと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!
[PR]
Commented at 2007-02-19 00:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saskia1217 at 2007-02-20 02:21
↑M様(アドレスを伺っていなかったので、こちらに返信させていただきますね)
ご来場ありがとうございました!楽しんでいただけたとしたら嬉しいです。「楽しくて体を揺らして」いただけたのは、ほんとうに何よりでした!
金曜日、遠くからお目にかかれるかもしれませんね!(笑)
Commented by あひるん at 2007-02-20 07:34 x
客席が終始静かで「???」ということ、確かにありますよね~。演奏者としては気になりますね。が、決してお客さんのノリが悪いわけでもなくて、心の奥底で受け止めていたのではないか…と思います。"O Mensch"は想いが伝わってきて、美しかったです。(何人か、涙ぐんでいる人がいましたよね…) ラグのときには皆ニコニコ。(^_^) 久々に私もチェンバロ弾きたくなりました。
Commented by じょるじゅ at 2007-02-20 08:58 x
Kozoさんから転送されたメール拝見しました。
ご丁寧に恐縮です。アンケートに書いたとおり、前半のオルガンは精神的な深みを、後半は軽やかなチェンバロの味わいを楽しめました。
イタリア協奏曲の終楽章プレストは興奮しました。
乾いて瓢けたホンキートンクの味わいを感じさせるチェンバロには、レパートリー拡大の余地がありそうですね。
Commented by saskia1217 at 2007-02-20 10:38
あひるん様
たしかにそうですね。私は、ステージからお客さんの様子がわからないと不安というか、なかなかノレないので、小さめの会場ではなるべく演奏中でも客電を明るめに設定してもらっているんですが。
でもあひるん様のご報告を読んで、ちょっと安心しました。
チェンバロ、是非是非弾いて下さいね〜!

じょるじゅ様
アドレスを存じ上げなかったので転送していただいてよかったです。
コンサート終盤、ちょうどアンコールに近い頃には、チェンバロはどうしても少し調律が狂ってきますが、それがラグには程よい感じでいいんだよな〜、と思っていたのでした(笑)。
また何か面白いことができないか、思案中です。また機会がありましたらご来聴くださいませ。
by saskia1217 | 2007-02-18 02:40 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(5)